映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

中村航

トリガール!

映画「トリガール! 」オリジナル・サウンドトラック
一浪して理系の大学に入学した鳥山ゆきなは、なんとなく流されて生きてきた女子大生。入学早々、独特の理系のノリにカルチャーショックを受けていたところ、一目ぼれしたイケメンの先輩・高橋圭に誘われるままサークルに入部してしまう。そのサークル・TBTは、二人乗り人力飛行機で鳥人間コンテストを目指す人力飛行サークルだった。一緒にコンテスト出場を目指そうと誘われたゆきなは、圭とコンビを組むはずが、実際に組むことになったのは、圭の元飛行パートナーでヤンキー風の先輩・坂場大志だった…。

ノリで人力飛行サークルに入った女子大生の奮闘を描く青春ラブコメディー「トリガール!」。小説家の中村航が、母校の芝浦工業大学の人力飛行サークルをモデルに描いた人気作が原作だ。二人乗り人力飛行機という素材がまず新鮮で、訓練や鳥人間コンテストの詳細も、興味深い。毒舌で体育会系の女子大生、ヤンキー系男子学生、王子様系男子学生と、キャラも抜群に立っている。

本作で最も感心したのは、新境地ともいえる個性派ヒロインを演じる土屋太鳳の輝きだ。今まで演じてきたような、ピュアで胸キュンの美人女子(高校生)役に、いいかげん食傷気味だったのだが、今回は、毒舌で、早口、体力に自信があって、大嫌いなヤンキー風先輩と徹底的に張り合う、ずっこけ女子の役なのだから面白い。しかも、これがかなり可愛い。間宮祥太朗演じる、過去のトラウマから抜けきれない坂場先輩に「チビ!」「痩せろ!」と怒鳴られれば、土屋太鳳のゆきなは「てっぺん取るって?!二次元限定のクローズかぶれが!」とやり返す。コンテストに向け体重を落とし、ヘロヘロ状態になれば、唐揚げ欲しさに本気でジャンプするなど、完全に壊れたキャラを怪演。坂場とゆきなは互いにののりしあい反発することで不思議な化学反応を起こし実力を発揮する凸凹コンビなのだ。すったもんだの末についにコンテスト出場の日を迎えるが、本番の飛行中の掛け合いは、青春映画らしからぬ、まさかの展開が待っている。ちょっとしつこい轟二郎ネタや、全員メガネのヴィジュアルなど、やりすぎ感もあるが、それもまたコメディーの妙味である。それにしても鳥人間コンテスト、こんなに熱く過酷なレースだったのか。色んな意味で驚きの痛快作だった。
【65点】
(原題「トリガール!」)
(日本/英勉監督/土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、他)
(奮闘度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

100回泣くこと

100回泣くこと Blu-ray&DVD愛蔵版 (初回限定生産)(オリジナル・レインボー・ミニタオル(Amazon.co.jpオリジナルカラー)付き)
記憶の一部を失った青年と余命僅かな恋人の切ないラブストーリー「100回泣くこと」。設定の無理はこの際忘れて、泣きたい人には最適な1本。

4年前のバイク事故で記憶障害が残り、事故以前の1年間の記憶を失った藤井は、友人の結婚式で佳美と出会い、恋に落ちる。実は佳美は藤井の恋人だったのだが、彼女はその事を打ち明けず、藤井からプロポーズされても、「1年間、結婚の練習をしよう」と言い、一緒に暮らし始めた。幸せな時は続くかと思われたが、佳美に病魔が忍び寄る…。

原作は中村航のベストセラー小説。逆行性健忘症という脳の病は実在し、実話をもとにした米映画「君への誓い」でも描かれていた。つらいのは忘れられた方で、この映画でも恋人の記憶から抜け落ちてしまったヒロインの佳美は、辛抱強く再会の時を待ち、もう一度恋に落ちる努力をする。過去を隠しながらの新しい恋は、嬉しいと同時に、失う怖さをも知っていて不安だらけだ。これだけでも涙ものなのだが、この物語は、涙腺直撃の仕掛けがたくさんある。周囲は二人のためと思って過去を語らず、それは結果として嘘をつくことになるのだが、藤井と佳美の過去を知る友人が「それが本当にいいことなのか」と疑問を投げかけるのも当然だ。このあたりの設定はかなり不自然で、ダメでしょう、というか、無理でしょう、普通、と言いたくなる。たとえどんな過去でも知りたいと願う藤井に対し、佳美はかつて味わった悲しみを二度と繰り返したくない。その上、佳美は重い病に…と、「泣け!」と言わんばかりの展開は、メロドラマの王道そのものだ。だが、演出は過剰な音楽や大げさな演技はなく、むしろ淡々としていて、好ましい。もともと細身の桐谷美玲はさらに痩せ、関ジャニ∞の大倉忠義もスタントなしで大型バイクを運転するなど、主演二人も頑張っている。運命の再会という“偶然”と、死という“必然”が対比する悲恋だが、穏やかなラストシーンには不思議と心が癒された。
【45点】
(原題「100回泣くこと」)
(日本/廣木隆一監督/大倉忠義、桐谷美玲、ともさかりえ、他)
(純愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

100回泣くこと@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ