映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
英・仏合作映画「パディントン2」

中条あやみ

覆面系ノイズ

歌うことが大好きな少女ニノは、初恋の人で突然引っ越してしまったモモを忘れられずにいた。また海岸で偶然出会って美しいメロディを教えてくれた少年ユズとも離れ離れになってしまう。高校でユズと再会したニノは、彼が所属する大人気の覆面バンド、イノハリに新ボーカルとして参加することに。モモに再会できることを願って自分の歌声がモモに届くようにと、精一杯歌い続けるニノだったが…。

音楽によって結ばれた高校生の男女の三角関係を描くラブストーリー「覆面系ノイズ」。原作は福山リョウコによる人気コミックだ。ニノは、離れ離れになった初恋のモモを思い続けてきたのに、最高の曲を作るユズの才能を尊敬してやまない。高校生ながらプロのミュージシャンとして活動するモモはニノを思いながらも、金になる音楽を作らざるを得ない自分を恥じ、ニノというミューズを想うあまり、作曲に息詰まるユズもまた、自分の気持ちに素直になれない。高校生の恋模様にしてはややこしすぎるのだが、よく見ると、二人のイケメンの間で揺れ動く美少女という、既視感満載のストーリーだ。

歌を目印にしていればきっと再会できる。この設定そのものに無理があり、今の世の中、SNSで探した方がよほど早いのでは、とツッコミを入れたくなる。ニノが、自分が本当に好きな相手は誰なのかを模索するプロセスも何だか違和感を感じる。原作の名場面を取り入れることを意識しすぎたのか、物語のテンポも悪い。それでも、ライブシーンは映画オリジナル曲の新鮮さのおかげで魅力がある。狼バンドことMAN WITH A MISSIONが曲を書き下ろしているので、ファンは要チェックだ。
【45点】
(原題「覆面系ノイズ」)
(日本/三木康一郎監督/中条あやみ、志尊淳、小関裕太、他)
(既視感度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

劇場版 零 ゼロ

劇場版 零~ゼロ~ スペシャル・エディション [Blu-ray]
人気ホラーゲームを実写映画化した学園ホラーミステリー「劇場版 零 ゼロ」。まったく怖くないが、美少女系耽美派映像が満載。

山間の閉塞的な街にあるカトリック系女子学園。ここの寮に住むアヤが部屋に引きこもってから数日後、生徒が次々に姿を消し、水死体で発見される事件が起こる。彼女たちは皆、アヤに瓜二つの少女が写る写真に触れ、呪いを解いてと囁くアヤの幻影に悩まされていた。クラスメートのミチもまたアヤの幻を見るようになるが、ミチの前に本物のアヤが現れる。ミチは幻の正体をつかむため、学園に古くから伝わる、女の子だけにかかるという呪いのおまじないを試そうとするのだが…。

物語のベースは大ヒットホラーゲーム「零〜zero〜」。民俗学者で作家でもある大塚英志の原作を実写映画化したのが本作だ。ゲームは未体験なのだが、映画に関していえば、まったく怖くない。ホラーというより耽美系ミステリー、あるいは切ないラブストーリーという感じだろうか。だがこれを恋愛と呼んでいいものか。映画の舞台は現代だが、過去のある事件が大きく関係する。時代は変わっても、ティーンエイジャーの女の子は、まだ異性との恋愛よりも友情以上恋愛未満の思いに左右されやすく、愛という感情を持て余しているかのよう。女子学園の寮という閉塞的な世界ではなおさらだろう。讃美歌風の歌、美少女アヤとそっくりの少女、午前0時ちょうどに好きな人の写真にキスをすると願いが叶うというおまじない。それらが混然一体となって怪しく美しい呪いと死の誘惑へと昇華していくのだ。それにしても、ストーリーには飛躍が多く、いきなりイタコとは…。映画は中条あやみ、森川葵というティーン雑誌モデル出身の若手女優が、どこか時代錯誤な女子高生を演じている。劇中に印象的に登場するミレイの絵画「オフェーリア」が示すように、常に水をイメージする物語は、ピュアは美少女ホラーらしい演出だった。
【50点】
(原題「劇場版 零 ゼロ」)
(日本/安里麻里監督/中条あやみ、森川葵、小島藤子、他)
(ゴス度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
劇場版 零〜ゼロ〜@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ