映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

井上真央

ルドルフとイッパイアッテナ

ルドルフとイッパイアッテナ Blu-ray スペシャル・エディション
岐阜で、大好きな飼い主リエちゃんと幸せに暮らしていた小さな黒猫ルドルフは、ひょんなことから長距離トラックに紛れ込んでしまい、大都会・東京にやってくる。そこで出会ったのは、身体が大きいノラ猫のボスのイッパイアッテナだった。自分がもう故郷に戻れないと知ったルドルフは、イッパイアッテナと共に行動し、ノラ猫として生きていくことを決心するが…。

斉藤洋の名作児童文学を映画化したアニメーション「ルドルフとイッパイアッテナ」。のんびりとした田舎から大都会にやってきた小さな黒猫が、ノラ猫のボスと出会い、友情を深め成長していく物語だ。飼い猫がノラ猫として生きていくことへの挑戦、人間の文字を理解する動物たち、彼らの知恵と友情、そして絆が分かりやすく描かれる。イッパイアッテナという少し変わった名前は、あちこちでいろいろな名前で呼ばれているノラ猫のボスに、ルドルフが名前を尋ねると「俺の名前は、いっぱいあってな」と答えたことを名前と勘違いしてしまうことに由来している。イッパイアッテナは、文字が読めて、人間の心理も理解するなど、生きるために驚くべき知恵を身に着けているのだが、何よりも感心するのは、ノラ猫であろうが、飼い猫であろうが、誇り高く生きる術を知っていることだ。落ち込んだルドルフを「絶望は愚か者のすることだ」と叱咤し、心無い人間が言う「黒猫は不吉」という言葉には「そんなことを言うやつは、教養がないだけ」とルドルフをさりげなく励ます。イッパイアッテナの名言は人間社会でもしっかり通用するものばかりだ。ルドルフを何とかして故郷に帰してやろうと、街の猫たちが苦心して準備を整えるが、そこには意外な展開が。再びイッパイアッテナに出会ったルドルフがこらえきれずに涙を流す場面は、グッときた。井上真央、鈴木亮平らが声優を務めるが、最初は彼らの顔がチラつくものの、次第に役柄になじんでいくのは演技力のたまものだろう。世の中は空前の猫ブーム。しかし、中には、猫好き、動物好きの人間ばかりではないはずで、ルドルフの冒険は少々うまくいきすぎでは?と思わなくもない。あくまでも子どもたちも楽しめるわかりやすいファミリー映画として楽しみたい。
【55点】
(原題「ルドルフとイッパイアッテナ」)
(日本/湯山邦彦、榊原幹典監督/(声)井上真央、鈴木亮平、水樹奈々、他)
(学習能力度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ルドルフとイッパイアッテナ|映画情報のぴあ映画生活

白ゆき姫殺人事件

白ゆき姫殺人事件 豪華版 Blu-ray(初回限定版)
美人OL殺人事件の容疑者とされた女性を巡り人間の悪意が暴走する様を描くサスペンス「白ゆき姫殺人事件」。井上真央の説得力のある演技が映画を引っ張っている。

化粧品会社のOL典子が殺害された。10ヶ所以上刺され、火で焼かれた被害者は誰もが認める美人OLだったことから、センセーショナルに報道される。容疑者とみなされたのは、典子と同期入社で、地味で目立たない女性・城野美姫だった。テレビディレクターの赤星雄治は、美姫と同じ会社の女性社員や学生時代の友人、家族や幼馴染を訪ねて取材し、不確かな噂や憶測を元に番組を作って派手に報道する。美姫が事件直後から姿を消したこともあり、噂や思いこみ、中傷や憶測はネット上で一人歩きしていく…。

原作は湊かなえの同名小説。過剰で無責任な報道は昔から存在するが、本作は現代ならではのメディアによる悪意が充満している。匿名のTwitterが暴走し、犯人探しを加熱させる一方で、個人情報が簡単に流出する恐怖は、実にリアルだ。同級生の女性からの不確かな情報をもとにスクープを狙って無責任な報道をしてしまうTVディレクターの赤星はあまりにも浅はかだが、彼が取材する人々の証言はことごとく食い違うため、真相はなかなか見えてこない。サスペンスという性質上、ストーリーは明かせないが、赤星が聞く数々の噂や憶測、事件直後に姿を消した美姫の過去の回想が錯綜する重層的な構成になっているので、目が離せない。特にヒロインの美姫を演じる井上真央が、ある時は恋人や大切なものを奪われ深い恨みを抱く孤独な女性の狂気、ある時は小さな幸せを噛みしめる控えめな女性の優しさを演じ分けて、非常に上手い芝居を見せる。物語のテーマは、ネットや報道メディアの暴走と、それに踊らされる人々の無責任な悪意の怖さだ。学校や職場、家庭内ですら、人は何らかの階層に振り分けられ、望むと望まないとに係わらずパワーゲームに放り込まれて生きている。城野美姫は果たして本当に犯人なのか、それとも。事件の解決を見る終盤の展開は少々強引な気がするが、ただ一人本当の友情を示した人物が放つ小さな灯りに、少しホッとする思いだった。
【65点】
(原題「白ゆき姫殺人事件」)
(日本/中村義洋監督/井上真央、綾野剛、菜々緒、他)
(メディアの暴力度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

白ゆき姫殺人事件@ぴあ映画生活

永遠の0

永遠の0 豪華版(Blu-ray2枚組) 初回生産限定仕様
特攻で亡くなった祖父の真実を描く「永遠の0」。生真面目な映画だが零戦を美化していないところがいい。

2004年。自らの進路に迷う青年・佐伯健太郎は、実の祖父で太平洋戦争の零戦搭乗員として亡くなった宮部久蔵のことを調べ始める。宮部のかつての戦友たちを訪ねるが、その評判は「海軍一の臆病者」と「誰よりも勇気ある素晴らしい人」という両極端なものだった。天才的な飛行技術を持ちながら、生きることに強く執着した宮部の実像に迫るにつれ、祖父・宮部の思いもよらない真実を知ることになる…。

原作は百田尚樹の同名小説。天才パイロットである祖父・宮部久蔵は、臆病者だったのか、それとも勇気ある軍人だったのか。また、誰よりも生に執着した宮部が、なぜ死を意味する特攻隊を志願したのか。物語は、それらの謎を、現代に生きる青年・健太郎が少しずつ解き明かしていくミステリー仕立てで進んでいく。0(ゼロ)とは零戦のことだが、宮部は自分の卓越した飛行技術を、戦うためではなく戦闘を避けるために最大限利用し、部下にも生きることをあきらめるなと諭す。「生きたい」との願いはそれだけで蔑視された時代に「死ぬのが怖い、生きて家族のもとへ帰りたい」と明言し続けた宮部がいかに勇気ある人間なのかは、現代人ならば簡単に理解できるが、それほど生に執着した彼が特攻を志願したその理由は、戦争の悲劇そのもので見ていてつらくなる。そして彼が命を落とした本当の理由を知ればなおさらだ。戦争の記憶がなくなりつつある今、この物語の最大のメッセージは、語り継ぐこと。真珠湾、ミッドウェー海戦、ラバウル、ガダルカナルと激戦地をめぐる展開が駆け足なのがちょっと惜しい。演技力に定評がある岡田准一は、本作では得意のアクションは封印しているが、裏表のない真摯な人間を静かに熱演している。見所のひとつである空中戦や戦闘シーンは、やはりハリウッドのそれを見慣れた目には物足りないが、今の日本映画では最高レベルで、ダイナミックだ。ラストに流れる主題歌「蛍」が胸にしみる。
【65点】
(原題「永遠の0」)
(日本/山崎貴監督/岡田准一、三浦春馬、井上真央、他)
(家族愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

永遠の0@ぴあ映画生活

謝罪の王様

謝罪の王様 [Blu-ray]
架空の職業“謝罪師”がさまざまなトラブルを解決するハイテンションなドタバタコメディ「謝罪の王様」。おバカな笑いと感動エピソードのさじかげんがいい。

帰国子女の典子はヤクザ相手に追突事故を起こすが謝り方を知らずに事態をこじらせてしまう。そこでプロの謝罪師で「東京謝罪センター」所長の黒島に依頼したことがきっかけで彼のアシスタントになる。二人は、セクハラで訴えられた下着メーカーの社員や、息子の不祥事で謝罪会見を開く大物俳優、ついには国家間に発生した外交問題までも、あらゆる謝罪テクニックを使って、解決していくが…。

脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生、主演・阿部サダヲ。「舞妓 Haaaan!!!」「なくもんか」を手掛けた最強トリオの新作は、謝罪がテーマだ。謝罪師とはもちろん架空の職業だが、謝りたおして何でも解決してしまうというアイデアは、まずは謝っておこうという“日本人気質”を突いていて面白い。クドカンらしさは、ハイテンションのギャグとデフォルメしたキャラクターだが、それは本作でも健在だ。エピソードは6つ。それぞれバラバラのようで、実は少しずつ重なる部分がある。「東京謝罪センター」という名で勝手に呼んでいる喫茶店「泣きねいり」で、登場人物たちがすれ違っていく様と、ある程度の年齢の人間なら謝った過去のひとつやふたつはあるだろうという経験値が、一見バラバラのエピソードが重なるたびに、少しずつ共感を呼ぶ。6つのエピソードがラストで一気につながる展開は、上手くできているなぁと思わず感心。もっとも「わき毛ボーボー、自由の女神!」がキーワードというのは、いくらなんでもおふざけが過ぎる気がして苦笑してしまうが。「土下座を超える謝罪」や「謝るとき、人は誰でも主人公」などの名言(迷言?)には不思議な説得力がある。最後には祝祭的なハッピーエンドへとなだれ込んで、観客のテンションをあげてくれるのも楽しい。バカバカしい謝罪もあれば、本当に人の心をくんで頭を下げるケースも。主人公の黒島がなぜ謝罪師になったのかというエピソードにこそ、その謝罪のエッセンスが詰まっていた。ラストの謝罪ダンス・パフォーマンスまで、たっぷりと楽しもう。
【60点】
(原題「謝罪の王様」)
(日本/水田伸生監督/阿部サダヲ、井上真央、岡田将生、他)
(お笑い度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

謝罪の王様@ぴあ映画生活

綱引いちゃった!

綱引いちゃった [Blu-ray]綱引いちゃった [Blu-ray] [Blu-ray]
大分市の知名度UPのために綱引きで奮闘するヒロインを描くハートフルなご当地映画「綱引いちゃった!」。ドリカムの主題歌「愛して笑ってうれしくて涙して」が軽快で、思わず元気になる。

大分市役所の広報課に務める千晶は、市長から大分市の知名度を上げるため、女子綱引きチームを結成せよという無理難題を押しつけられる。同じころ、千晶の母・容子の勤め先の市の給食センターが廃止の憂き目に。千晶は、もし全国綱引き大会に出場することができれば、センター廃止を撤回するよう市長と約束を取り付けた。まずは給食センターの職員でチーム“綱娘”を結成。だが、集まったのは、一筋縄ではいかない女性たちばかりだった…。

大分市がかつて、競技綱引きで3度も世界制覇を成し遂げた大分コスモレディースという偉大なチームを輩出したこと、さらに、大分市が全国的に知名度があまりに低いということ。このプラスとマイナスの両方の事実を、私はこの映画で初めて知った。ストーリーは、お堅く真面目なヒロインが綱引きを通して個性あふれる仲間たちと絆を結び、成長していくという、女性による女性のためのウェルメイドな物語だ。地方都市の衰退や、介護、失業などの現代的な問題をさりげなく盛り込みつつも、あくまでもストーリーはコメディタッチで進んでいく。思いがけない目標、バラバラの仲間、友情、絆、全国大会。すべてが想定内の展開なのだが、綱引きという、知っているようでよく知らないスポーツの奥深さには驚いた。劇中には、綱引きの奥義が、人生のそれと重なり、思わずハッとさせられるセリフが散りばめられているのだ。「人生は団体戦」、「私たちは一人じゃない」「何も言われなくても助けてあげるのが本当の親友」。少し気恥ずかしいものもあるが、それでも頷ける言葉ばかり。メンバーはそれぞれに問題を抱えているが、亡き夫の連れ子を育てる主婦・絵美のエピソードがクライマックスの盛り上がりに一役買っている。すっかり若手演技派に成長した井上真央の素直な演技が好ましい。脇を固めるベテラン女優もいいし、3枚目路線のイケメンを演じる玉山鉄二のズレっぷりも楽しい。ご当地映画の域を出ないが、完全オリジナルの新鮮さと、けれんみのない物語で、元気をもらえる作品に仕上がっている。
【60点】
(原題「綱引いちゃった!」)
(日本/水田伸生監督/井上真央、松坂慶子、玉山鉄二、他)
(フェミニズム度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
綱引いちゃった!@ぴあ映画生活

八日目の蝉

八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
母性というものの無条件の強さを感じさせる物語「八日目の蝉」。原作よりも、娘からの視点が強調されていることから、新しい世代に希望をつなぐメッセージが感じられる。

不倫相手の子供を堕胎し絶望した希和子は、衝動的に同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐してしまう。その子に薫と名付け、偽りの母娘の逃亡生活は4年にも及んだが、ついに希和子は逮捕される。数年後、本当の両親の元に戻り、本名の恵理菜と呼ばれながらも違和感を持って成長した恵理菜は心を閉ざしていた。ある日恵理菜は、妻子ある恋人の子供を妊娠していることに気付く…。

喪失と再生を描くこの物語に登場する男性は皆、頼りなく無責任だ。だが女性たちは彼らを責めず、自分の力で前を向こうとする。映画は主に大学生になった恵理菜の視点で進行し、彼女がほとんど記憶に留めていない4年間を少しずつフラッシュバックで描いて補完していく。本当の両親の元で、冷えきった生活を送り、心を閉ざした現在と、誘拐犯とも知らず母と慕った女と共に、愛情に包まれて幸せに過ごした過去というあまりに矛盾した対比の構図は、予想外の妊娠に戸惑う恵理菜に、人生とは、幸福とは、母親とは、という疑問を突きつける。「二十四の瞳」の舞台として知られる小豆島の、包み込むような穏やかな風景の中、恵理菜と私たち観客は、ゆっくり心が癒されていく幸せを見出すことになる。善悪を超えた母性を感じさせる永作博美がとりわけ素晴らしい。彼女が演じる希和子が覚悟を決めて娘と一緒に写真を撮る場面は、胸が締め付けられるようだ。物語に明確な答えはないのだが、少なくともヒロインの恵理菜が未来に向けて踏み出したのは確か。そのことが静かな喜びとなって心に残る。
【65点】
(原題「八日目の蝉」)
(日本/成島出監督/井上真央、永作博美、小池栄子、他)
(女性映画度:★★★★★)
チケットぴあ



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

八日目の蝉@ぴあ映画生活

八日目の蝉 【DVD】

八日目の蝉 【DVD】
価格:3,152円(税込、送料別)

ダーリンは外国人

ダーリンは外国人 [DVD]ダーリンは外国人 [DVD]
国際結婚(カップル)に苦労はつきもの。“外国人なダーリン”を持った女性の日常をユーモラスに描くストーリーだが、恋愛の悩みは普遍的なので共感できる。語学オタクの米国人トニーと漫画家を夢見るイラストレーターのさおりは、ひょんなことから付き合いはじめ、同棲するようになる。トニーの外国人目線の素朴な疑問や思わぬ言動に笑ったり悩んだりするさおり。二人はやがて真剣に結婚を考えるようになるが、さおりの父親の反対や、日常生活の摩擦から心がすれ違い始める…。

同名の人気コミック・エッセーを原作とする本作の面白さは、カルチャーギャップだ。改めて知るヘンテコな日本語や習慣などが笑えるのだが、語学オタクのトニーが漢字の美しさに感激したり、日本人らしさと考えている礼儀正しさなど、忘れがちなニッポンの良さをも教えられる。日本人の欧米コンプレックスを指摘する耳の痛い描写もチラリ。だが、お互いの欠点やこうしてほしいと思うことについてきちんと向き合わなければ、わだかまりが生じることは、アメリカ人だろうが、日本人だろうが、関係ない。やがて、ずっと一緒にいたいという気持ちから二人が本当に大切なことに気付いていく展開はセオリー通りで、安心して見ていられる。乗り越えるツールはただひとつ、思いやりだ。気になるのは、さおりがアメリカに行ってからの描写が安易すぎること。今までトニーが日本で味わってきた苦労を、さおりが異国の地で実感する描写があれば良かったのだが。華やかに見える国際結婚も実は苦労の連続なのだが、さおりとトニーという根っから前向きな二人にかかると、苦労さえも笑い話に思える。“ド肝を抜かれる”ほどの目新しさはないものの、「みんな違って当然」という当たり前のことを教えてくれるあたたかい物語だ。劇中に原作者とダーリンがカメオ出演しているので探してみるのも楽しいだろう。
【50点】
(原題「ダーリンは外国人」)
(日本/宇恵和昭監督/井上真央、ジョナサン・シェア、国仲涼子、他)
(雨降って地固まる度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ダーリンは外国人@ぴあ映画生活

僕の初恋をキミに捧ぐ

僕の初恋をキミに捧ぐ スタンダード・エディション [DVD]僕の初恋をキミに捧ぐ スタンダード・エディション [DVD]
純愛と難病という二本柱で、ティーンエイジャーの女子の涙を誘導するラブ・ストーリー。ヒロインの周囲の人間の死亡率はハンパじゃない。医師を父に持つ少女・繭は、父の患者である少年・逞と出会い、幼い頃から互いに惹かれあう。だが逞は20歳まで生きられない重い心臓病だった。「大人になったら結婚しよう」と誓う二人だったが、高校に入学し、逞と同じ病気を患う年上の女性・照や、繭に好意を寄せる同級生の昂らの登場で、二人の思いは揺れ始める。

原作は青木琴美の大ベストセラー・コミックだ。このテの話は飽きられるということはないのか、ほとんど同じ骨格で繰り返し描かれる。とても病人には見えない元気な難病美少年と、やたらとモテるヒロインは、ロマンチック路線を爆走するのみだ。女の子の妄想の域を出ない新鮮味のない物語には苦笑するしかない。だがそんな中にもひとつだけ見所があるのだ。それは後半に登場するドナー提供のパート。植物人間になった病人にも家族がいる。その家族の、目覚めるかもしれないという万に一つの可能性と願いを描くのは真摯な姿勢だ。しかも臓器をもらうその人が友人だったなら。こんな作品で…というのはシャクだが、大いに考えさせられるテーマではある。
【30点】
(日本/新城毅彦監督/井上真央、岡田将生、杉本哲太、他)
(死亡率度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ