映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「アトミック・ブロンド」「バリー・シール」「あゝ、荒野 後篇」「我は神なり」etc.

伊藤英明

22年目の告白 私が殺人犯です

22年目の告白-私が殺人犯です-
1995年、5人の命が奪われる凄惨な連続殺人事件が発生。新米刑事の牧村は、あと一歩のところまで犯人を追い詰めながら取り逃がし、敬愛する上司まで殺されてしまう。それから22年後。突如、事件の犯人を名乗る男・曾根崎雅人が告白本を手にし、盛大な記者会見を開いて、自分こそが犯人だと名乗り出る。不敵な笑みを浮かべる彼は、時効が成立し法では裁けないことを知って、世間やマスコミの前に姿を現したのだった。この美しくも大胆な犯人に、ネットは熱狂し、賛否両論を巻き起こす。マスコミを引き連れて被害者遺族に謝罪するかと思えば、事件を執念深く追う牧村刑事を挑発する曽根崎。だが彼の行動は、日本中を巻き込む新たな事件の始まりだった…。

未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が世間に現れたことで新たな事件が巻き起こる「22年目の告白 私が殺人犯です」。オリジナルは韓国映画の秀作サスペンス「殺人の告白」だ。オリジナル既見のファンには、前半の、犯人である曾根崎の言動の真意については察しがつくだろうが、この日本版リメイクは、その先にもうひとつのどんでん返しを用意している。1995年といえば、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した年。ギラギラした怒りや恨みが際立った韓国版に対し、日本版には深い哀しみと嘆きが漂うのは、国民性もさることながら、理不尽な大惨事が続発した1995年を背景にしたことと無縁ではないだろう。謎解きの詳細は映画を見て確かめてもらうとして、なかなか意欲的なリメイクであることは認めるが、終盤の展開は、どうも納得できない。自分への罰、あるいは歪んだ虚栄心、はたまた心の奥底のトラウマが判断を狂わせたと考えるべきなのか。ともあれ、時効への法制度の変化の意味や、天災、人災、戦争、テロなどが人間の心をいかに深く蝕むかを改めて考えさせられた。藤原竜也、伊藤英明、両名の抑制のきいた熱演には、思わず感服したが、個人的には韓国映画の衝撃に軍配をあげたい。
【60点】
(原題「22年目の告白 私が殺人犯です」)
(日本/入江悠監督/藤原竜也、伊藤英明、野村周平、他)
(どんでん返し度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
22年目の告白−私が殺人犯です−|映画情報のぴあ映画生活

テラフォーマーズ

テラフォーマーズ(初回仕様) [Blu-ray]
21世紀、人口爆発を迎えた人類は、コケと“ある生物”を送ることで火星を地球化させる火星移住計画を実行する。それから500年後、計画の仕上げとして、その生物を駆除するために15人の隊員が火星に送り込まれることに。ワケありのメンバーばかりが集まり、皆、高額な報酬目当てに参加する中、小町小吉だけは勝手に志願した幼馴染の奈々緒に付き合い、火星行きを決意していた。しかし火星に着くと“ある生物”は人型に異常進化した驚くべき姿になっており、凶暴性むきだしで隊員たちを襲い始める。絶体絶命な状況だったが、メンバーの身体には、彼らも知らされていない、ある秘策が仕込まれていた…。

大人気コミック(原作:貴家悠、作画:橘賢一)を映画化した異色のSFアクション「テラフォーマーズ」。どんなジャンルも節操なく(?)手掛ける三池崇史監督は、ついに特撮ヒーローものを作ってしまった…というのが正直な感想だ。異形の生物は、わざわざ“ある生物”とないしょにしなくても、CMや予告編ですでにわかるはず。現実世界でも嫌われ者のその昆虫は、びっくりするほどの進化をとげているのだが、その進化と目的など、全貌は本作だけではまだ未知数だ。主人公たちが昆虫の能力を身に着けているのはスパイダーマン的だが、変身してしまうところや、チーム(というには、皆いろいろ秘密があるが)で戦うあたりは、むしろ仮面ライダー的といえる。原作とは異なるキャラ設定もあるが、それは映画化するにあたってはやむをえないだろう。登場人物全員が笑えるほどの怪演の中、武井咲ちゃんだけはどこまでもビューティフルなんて、ちょっとズルい。原作に思い入れはないが、それでも、映画としてどこかちぐはぐな印象はぬぐえない。続編を見据えたラストで締めくくるが、大丈夫なのか、この映画? コメディ路線に変更してくれたら、嬉しいが、さすがに無理か。ともあれ、このモヤモヤを何とか収束してもらうためにも完結編は必見となった。
【55点】
(原題「テラフォーマーズ」)
(日本/三池崇史監督/伊藤英明、武井咲、山下智久、他)
(変身度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
テラフォーマーズ@ぴあ映画生活

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ Blu-ray 豪華大木エディション
都会育ちの青年が林業を通して成長していく青春コメディ「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」。矢口監督は相変わらず目のつけどころがいい。

毎日お気楽に過ごしていた18歳の勇気は、彼女にフラれ大学受験にも失敗。進路も将来の見通しも何もない彼は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することになる。携帯の電波も通じないド田舎の村での暮らし、凶暴で粗野な先輩ヨキのしごき、命の危険にさらされる過酷な林業の現場に、もう耐えられないと逃げ出そうとするが、気の強い美女・直紀と出会い恋してしまい、村にとどまることに。やがて勇気は底抜けに明るい村の人々や100年先を見据える壮大な林業の魅力に触れて、少しずつ変化していく…。

原作は三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」。村の名前“神去(かむさり)”とは神と住む村の意味らしい。さらに“なあなあ”とは「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」などを意味する方言だそう。いったいどんな物語なのかと気になる本作は、林業をテーマにした異色の青春エンタテインメントだ。男子のシンクロや航空業界、ロボットと、マニアックな専門職を取り上げてきた矢口史靖監督らしい、爆笑と感動のエピソードが、明るいタッチで描かれている。一般には林業を深く知る人は少なく、都会っ子の主人公の目はそのまま観客の視点となる。厳しい山の環境や慣れない過酷な作業に心身ともに折れそうになる勇気が、やがて村人の人情や林業の魅力に目覚めて成長するプロセスは、ウェルメイドな展開ながら見ていて清々しい。林業という切り口は新しいが、映画の作りとしては極めてオーソドックスなこの映画、実に魅力的でにくめないのだ。山での不思議な体験や、クライマックスの「!」な奇祭まで、サービス精神もたっぷり。山の厳しさや林業の実態は本当はもっとシビアで別次元のものだろう。だが自分の居場所を自分で決めた主人公の心の成長は確かなものだ。だからこそ本作の清涼感は格別なのである。
【65点】
(原題「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」)
(日本/矢口史靖監督/染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、他)
(ウェルメイド度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜@ぴあ映画生活

悪の教典

悪の教典  Blu-ray エクセレント・エディション(特典Blu-ray付2枚組)悪の教典 Blu-ray エクセレント・エディション(特典Blu-ray付2枚組) [Blu-ray]
貴志祐介原作の衝撃作の映画化「悪の教典」。サイコパスを怪演する伊藤英明が見もの。

生徒から絶大な人気を誇る模範的な高校教師ハスミンこと蓮実聖司。親しみやすい彼の笑顔の裏側には、他者への共感能力が欠如した生まれついてのサイコパスという恐ろしい顔が隠されていた。知性と体力、行動力で周囲の人間たちを自由に操り、自分の目的の邪魔になる人間を次々と殺すことも厭わない蓮実だったが、自分の凶行を知り、疑うものたちの存在を知る。そこで彼が考えた解決策は、学園祭の夜、クラスの生徒全員を殺してしまうことだった…。

原作は、「黒い家」の貴志祐介の同名小説。「海猿」シリーズで正義のヒーローのイメージが定着している伊藤英明が、イケメンで爽やかなルックスの下に、他人への共感や良心を持たない反社会性人格障害者を演じるという意外性がポイントだ。主人公は、両親をはじめ邪魔者を何の躊躇もなく殺害してきた過去を持つ。そんな彼の異常性を敏感に感じ取る、同僚の教師やカンのいい生徒がいることに気付いた蓮実が、自らの悪事を隠すために選んだ手段が、クラス全員を皆殺しにすること。乱暴すぎるこの計画が凶行を隠ぺいする最良の解決策であるかどうかは別として、夜の学校という閉じられた空間で、これでもかとばかりの殺戮が繰り返される様は、三池流の暴力の美学といえる。「忍たま乱太郎」「一命」「愛と誠」と、多彩すぎるジャンルを徘徊する三池監督の才能と立ち位置が分からなくなりつつあったが、本作で重要なモチーフとして用いた名曲“マック・ザ・ナイフ”の使い方のセンスには思わず唸った。無論、ブレヒトの芝居で映画にもなった「三文オペラ」の挿入歌「メッキー・メッサーのモリタート」がオリジナル。主人公自らが丁寧に解説する、明るいメロディにおぞましい歌詞のこの曲が流れるたびに、戦慄が走る。ただ、生徒殺害のほぼ9割が散弾銃によるものというのは少し工夫が足りない。生徒の中でハスミンと互角に渡り合う者があまりに少ないのも物足りなかった。だが、高圧的なセクハラ教師や、モンスターペアレンツ、独りよがりな恋愛に浸る少女を、ピュアな悪意で血祭りにあげるハスミンの行動に、一瞬だが爽快感を覚えてしまうのもまた事実。主人公に共感するわけにはいかないが、こんないびつな人格を生む現代社会の悪臭を感じ取るのは有意義なことかもしれない。
【65点】
(原題「悪の教典」)
(日本/三池崇史監督/伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、他)
(流血度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

悪の教典@ぴあ映画生活

BRAVE HEARTS 海猿

BRAVE HEARTS 海猿 プレミアム・エディション [Blu-ray]BRAVE HEARTS 海猿 プレミアム・エディション [Blu-ray]
最大級の海難事故に挑み、人命救助に命を賭ける男たちを描く人気シリーズの第4弾「BRAVE HEARTS 海猿」。スキルはレベルアップしても熱い気持ちは変わらない。

人命救助のエキスパート・特殊救難隊のメンバーになった仙崎とバディの吉岡。過酷な任務ながら充実した毎日を過ごしている2人だが、ある日、エンジントラブルを起こしたジャンボ機が東京湾に着水、沈没までのわずか20分の間に乗客乗員346名全員を救助するという困難な事態に直面する。その飛行機には、吉岡の恋人でキャビンアテンダントの美香も乗っていた。関係部署、警察、民間人も含め、総力を挙げて救助の体制を整えるが、その先には予想外の事態が待ち受けていて…。

海猿って前回の「ザ・ラストメッセージ」が完結編じゃなかったっけ?!と心の中でツッコミつつ、やはりこのシリーズの続編を望む沢山のファンが、新しい物語を誕生させたに違いないと推察する。今回、主人公の仙崎大輔は、全ての海上保安官の中でわずか36人しか選ばれない最高レベルのレスキュー能力を持つ特殊救難隊の新人として登場する。プロ中のプロとして時には厳しい決断も下さねばならないが、仙崎の持ち味である熱いスピリットは、特殊隊員というエリートになっても変わらない。だが今回はむしろ仙崎のバディ・吉岡のドラマが中心。なぜなら、吉岡の恋人が事故の渦中にいるからだ。吉岡と恋人の美加のロマンスにはちょっとした波風が立つのだが、例によってドラマ性は薄め。やはりこのシリーズの醍醐味は、海上保安庁全面協力によるパニック・アクションのリアリティだろう。実寸大のセット、大掛かりなロケ、ずぶ濡れになりながら熱演する俳優たちの気迫が混在し、迫力の場面を生んでいる。海上にライトで作った滑走路が現れるシーンは特に感動的だ。シリーズをずっと見守ってきたファンには、伊藤英明=仙崎の成長も見所。最初の「海猿」とは明らかに顔つきが違う、精悍な表情に、やはりこの俳優にはこの役が一番似合うと頷くのは私だけではないはずだ。映画からドラマ、さらに映画にリターンするという独特のメディアミックス戦略も功を奏し、定番的感動を得られる作品で、大ヒットは間違いない。私たちは何度でも見たいのだ、勇者たち(BRAVE HEARTS)が、命がけで命を救うその姿を。
【65点】
(原題「BRAVE HEARTS 海猿」)
(日本/羽住英一郎監督/伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、他)
(仲間想い度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
BRAVE HEARTS 海猿@ぴあ映画生活

アンダルシア 女神の報復

アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [Blu-ray]アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [Blu-ray]
クチコミを見る
ゴージャスな“観光付き”サスペンス映画。ストーリーは表層的だが、前作「アマルフィ」よりは出来がいい。

外交官の黒田康作は、日本人投資家の殺人事件を調べるため、スペイン北部に位置する小国・アンドラにやってくる。海外で極秘任務を遂行する「邦人テロ対策室」に所属する黒田は、そこで遺体の第一発見者で、ビクトル銀行行員・新藤結花と会い、何者かに狙われ怯える彼女をバルセロナの領事館に移送・保護することに。一方、事件を担当するインターポール捜査官の神足誠は捜査情報を隠そうとし、黒田と対立する。事件の裏には巨額な不正資金が絡んでいた…。

真保裕一の小説を基に、全編海外ロケで華麗に展開するサスペンスだ。思わず「?!」の真相に脱力した「アマルフィ」に比べ、ストーリーは比較的しっかりしている。今回は、黒田に恋愛感情らしきムードが漂ったりもするが、ひとときのヨーロッパ観光気分を味わう表層的なサスペンス作品なのは変わりない。例によって、特殊任務を帯びているとはいえ、いち外交官の黒田がここまでやれるのか?!との疑問はぬぐえないが、今回は、インターポール捜査官・神足との二人三脚。このシリーズ、もはや織田裕二だけの魅力では支えきれないと踏んだのか、サービスショットのように登場する福山雅治も含め“みんなで支え合いましょう”的な雰囲気が漂っていて苦笑する。実際、本作は神足を主役にした方がよほど自然なのだ。事件の鍵を握る結花も、捜査する神足も、過去に深い心の傷を負っていて、そのことが解決の鍵となる。雪深いアンドラから、芸術の都バルセロナ、太陽の地アンダルシアへと移動するにつれ、国際犯罪と日本の権力構造のからみあった糸がほぐれていく。結花の出自や背景の掘り下げが浅いのが惜しいが、新しいタイプの役に挑戦した黒木メイサの今後には期待したい。
【60点】
(原題「アンダルシア 女神の報復」)
(日本/西谷弘監督/織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、他)
(観光気分度:★★★★★)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アンダルシア 女神の報復@ぴあ映画生活

THE LAST MESSAGE 海猿

THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]
救難隊の潜水士を描いた人気シリーズ劇場版で、初の3Dによる完結編。海上保安庁協力による迫力の海洋ロケと、大規模なセットが作品をスケールアップしている。大型台風が接近する中、巨大天然ガスプラント施設“レガリア”に、高波にあおられた海洋掘削装置が激突する大事故が発生する。海上保安庁・機動救難隊の潜水士・仙崎大輔らは、ヘリも満足に飛ばない悪天候の中、要救助者の救出を行うが、予想外の爆発が起こり施設の中に取り残されてしまう。大輔は、知り合ったばかりの新米潜水士・服部と急遽バディを組み、レガリア内に残った数名と共に、無事に帰還する道を探るのだが…。

人命救助を第一に考える救難隊員の思いと、巨費を投じた国家プロジェクトの施設を守ることを最優先とする内閣参事官との対立。人命か国益かというせめぎあいが、焦燥感を生む。本作ではシリーズ最大の危機を迎えるが、「海猿」を通して見ているファンには主人公の成熟が感じられるのがたまらないだろう。救助のスペシャリストとしての経験を積み、父親となったことで人間的にも成長した大輔は、家族を思う気持ちから仕事への恐怖心を感じるが、それでも、ほとんど知らない潜水士とバディを組みながら彼をサポートし、決して冷静さを失わない。レガリアの内部構造が複雑なので、退路を絶たれた大輔らが設計者の力を借りて助かる方法を模索するシークエンスがやや分かりにくいのが欠点。さらに、レガリア常駐の女医が大輔に恋心を抱いたり、その女医を作業員が慕ったりの設定は余計。本作のLOVEパートは、離れていても思い合う大輔と環菜だけで十分なのだ。夫の大輔がかつてない危機にみまわれている時、大輔の無事を祈る環菜の不安感が同時進行で描かれるが、二人が同じ画面にいる場面がほとんどないのがややもの足りない気も。もっとも、離れているからこそ“ラスト・メッセージ”になるわけで、その代わりに回想シーンで結婚式を描く嬉しいサービスがある。どんな時も、バディを、自分を、そして自分を待つ家族を信じる強い思いが、最終章にふさわしい感動を生んだ。主人公を演じる伊藤英明は「海猿」が最も魅力的に見える。やはりハマリ役だ。
【60点】
(原題「THE LAST MESSAGE 海猿」)
(日本/羽住英一郎監督/伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、他)
(スペクタクル度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

THE LAST MESSAGE 海猿@ぴあ映画生活

252 生存者あり

252 生存者あり [DVD]252 生存者あり [DVD]
元救難隊員、医者の卵、抗血液凝固剤に女・子供を加えて、災害パニック映画のお手軽感動一丁上りだ。元レスキュー隊員の祐司は、数名の男女と共に大地震で陥没した新橋駅の地下に閉じ込められた。必死で壁を叩き、生存者ありの信号“252”を、レスキュー隊隊長の兄・静馬に送り続ける。CGが稚拙なのは仕方ない。だが、救難隊が状況判断より身内の情を優先させる設定はいかがなものか。運命の18分間も緊張感に欠ける演出で、ラストは、見てないで助けろよ!とツッコミを入れる気力も失せる。海でも陸でも救助しまくる伊藤英明の熱演と、252の意味を知ったのが収穫。
【45点】
(日本/水田伸生監督/伊藤英明、内野聖陽、山田孝之、他)
(生存率度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

252−生存者あり−@ぴあ映画生活

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション [DVD]SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション [DVD]
派手な衣装と個性的なキャラ、デタラメな設定と、何から何まで最高に楽しめる。埋蔵金を巡る源氏と平家のギャング抗争に凄腕のガンマンがからむ物語は、全編英語で世界照準だ。破天荒でけれん味たっぷりの和製ウエスタンのテーマは、血と暴力と愛。タランティーノの特別出演も豪華な驚きだ。桃井、木村の女優陣もカッコいい。ジャンゴとは「続 荒野の用心棒」の原題で、主人公の名前。名曲の主題歌が泣ける。
【75点】
(日本/三池崇史監督/伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、木村佳乃、他)
(型破り度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ@ぴあ映画生活

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ