映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
英・仏合作映画「パディントン2」

佐々木蔵之介

嘘八百

嘘八百
大阪・堺。空振りばかりの古物商・小池則夫が娘を連れてお宝を探しにやってくる。そこで出会ったのは、落ちぶれた陶芸家の野田佐輔。二人はある大御所鑑定士と古美術店主にいっぱい食わされた経緯があり、“幻の利休の茶器”を仕立て上げ、仕返しと一攫千金を目論むことに。やがてそれは、それぞれの家族、仲間、大御所鑑定士だけでなく、文化庁までも巻き込む大騒動に発展していく…。

幻の茶器をめぐって、負け組の男たちが一世一代の詐欺を目論むコメディー「嘘八百」。騙し騙され、そして大掛かりなコン・ゲームへ。この流れは、古くは「スティング」、最近では「ローガン・ラッキー」などがあり、古今東西を問わず人気のジャンルだ。騙したり、詐欺を働くこと自体はもちろん良くない。だが主人公たちが基本的に善人で、腹黒い大物へのリベンジというモチベーションがあれが、観客はいつしか彼らを応援してしまう。大物狙いばかりで空振り続きのしがない古物商・則夫と、腕はいいのに贋作者に成り下がっていた陶芸家の佐輔。千利休を生んだ茶の湯の聖地・堺での、キツネとタヌキの騙し合いは、実力派の中井貴一と佐々木蔵之介、脇を固めるクセモノ役者たちの妙演でテンポ良く進み、軽妙な笑いとペーソスで飽きさせない。

うだつのあがらない中年男の悲哀と頑張りを軸に、さりげなく利休愛を盛り込むかと思えば、脇キャラの背景もしっかりと伝える。細部まで気を配ったこの物語が、オリジナル・ストーリーであることを何より高く評価したい。則夫と佐輔が、本物よりも本物らしい偽物作りに情熱を傾け、思いもよらない結果の果てに、自分たちが行くべき“ホンモノ”の道を見出すラストには、思わずにっこり。出演俳優の平均年齢高めのシニア向けムービー?いやいや、利休が愛したわび茶の味わいにも似た、大人のための渋い骨董コメディーだ。
【70点】
(原題「嘘八百」)
(日本/武正晴監督/中井貴一、佐々木蔵之介、近藤正臣 、他)
(軽妙洒脱度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

破門 ふたりのヤクビョーガミ

破門 ふたりのヤクビョーガミ 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]
建設現場で暴力団対策の仕事、いわゆるサバキをしている建設コンサルタントの二宮は、仕事を通じて、二蝶会の強面ヤクザ・桑原と知り合って以来、何かとトラブルに巻き込まれている。ある時、二宮はうさんくさい映画プロデューサーの小清水がもってきた映画出資の話を二蝶会に紹介するが、小清水が大金を持って消えてしまう。出資詐欺師の小清水を追って、桑原と二宮は奔走するが…。

腐れ縁のヤクザと建設コンサルタントが、詐欺師を追いながら、次から次へとトラブルに巻き込まれていく様を描く「破門 ふたりのヤクビョーガミ」。原作は、黒川博行の直木賞受賞作で、原作小説の5作目を映画化している。キレたら手がつけられないインテリやくざの桑原と、サバキというグレーな仕事で何とか食いつないでいる、ぐうたらで貧乏性の建設コンサルタントの二宮は、互いを自分にとっての疫病神と思いながらも不思議な腐れ縁で結ばれている凸凹コンビだ。原作ファンやTVドラマファンにとってはおなじみのストーリーなのだろうが、なぜ初の映画化で第5作なのだろうか?二人の出会いを描くところから始めるべきなのではないのか??との疑問がよぎるのは私だけではないはずだ。まぁ、企画、その他の大人の事情があったであろう、そのことはひとまず脇に置いておく。全編がコミカルな大阪弁でテンポがいいのが本作の最大の魅力だ。キャストのほとんどが関西出身というだけあて、違和感がないところは、同じ黒川原作の映画化「後妻業の女」によく似ている。出資詐欺に遭い大金を持ち逃げされる、大組織のヤクザの組とトラブルに発展してしまう、など、状況は絶体絶命ながら、それを大阪弁で描くと、なんだか漫才を見ているよう。佐々木蔵之介、横山裕共に好演だが、何と言っても群を抜いて上手いのは、ベテランの橋爪功だ。うさん臭くて、嘘つきで、懲りない性格の映画プロデューサーをひょうひょうと演じていて、最高である。どんな手を使ってでも資金を集めて映画を作るそのド根性。これもまた映画愛!なのだ。
【60点】
(原題「破門 ふたりのヤクビョーガミ」)
(日本/小林聖太郎監督/佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、他)
(腐れ縁度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
破門 ふたりのヤクビョーガミ|映画情報のぴあ映画生活

超高速!参勤交代 リターンズ

超高速! 参勤交代リターンズ [Blu-ray]
江戸時代。老中・松平信祝の策略で、5日以内の「参勤」という難題を突き付けられた東北の弱小貧乏藩・湯長谷藩は、知恵をしぼって参勤を成功させる。帰りの「交代」はのんびり…だったはずが、蟄居が解け、彼らへの復讐に燃える信祝の陰謀で再びピンチに。藩主の内藤政醇は、湯長谷で一揆が起きたという知らせに驚く。それは、信祝が尾張柳生を使って仕掛けた陰謀だった。行き以上の速さでなんとか湯長谷にたどり着くが、田畑は踏み荒らされ、すでに城は乗っ取られた後だった。城を無数の幕府軍が取り囲む中、湯長谷藩はわずか7人という絶体絶命に危機にさらされる…。

知恵をしぼっての奇策で参勤交代を活写しスマッシュヒットとなった時代劇「超高速!参勤交代」の続編「超高速!参勤交代 リターンズ」。行きは参勤、帰りは交代。知恵とチームワークと運が彼らのモットーだが、何よりの武器は、藩主の殿様・内藤政醇のあたたかい人柄だ。腹黒い老中に田舎大名とバカにされても、政醇は何よりも民の幸せと豊かな田畑を守ろうとする。これらのテイストは前作と変わらないが、続編である本作は、剣の達人同士の一騎打ちや、無謀な戦いに挑むヒロイックな合戦と、アクション場面が増加しているのが特徴だ。老中・松平信祝は、今回は尾張徳川家を担ぎ出して謀反まで企てているのだが、そこに、影の存在ではなく城の主となって表舞台で生きたいと願う尾張柳生たちの思惑も。金なし、人なし、時間なし!の大ピンチを乗り切るアイデアは、前作以上に無理があるのだが、今回は名奉行・大岡忠相という頼もしい助っ人がいる。勧善懲悪、ウェルメイドな娯楽時代劇には、権力に負けない小藩の気概が満ちていて痛快だ。
【65点】
(原題「超高速!参勤交代 リターンズ」)
(日本/本木克英監督/佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、他)
(無理難題度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
超高速!参勤交代 リターンズ|映画情報のぴあ映画生活

夫婦フーフー日記

【早期予約特典あり】夫婦フーフー日記 Blu-ray (非売品プレスシート付き)
実話をもとにしたブログから誕生した夫婦愛の物語「夫婦フーフー日記」。死と向き合うには、笑いが必要なのかもしれない。

ダンナことコウタとヨメことユーコは、交際から17年を経て、めでたく結婚。入籍してすぐに妊娠がわかり大喜びするが、ヨメに悪性腫瘍があることがわかる。ダンナは2人の日常を日記のようにブログに記していく。やがて子供のぺーが生まれるが、ヨメの容体が悪化しついに他界。悲しみから立ち直れないダンナにブログの書籍化の話が舞い込み、現実逃避するかのように原稿に向かうダンナの前に、死んだはずのヨメが現われる…。

原作は、川崎フーフさんの闘病ブログを基に書籍化した「がんフーフー日記」。出会いから長い長い友達期間、互いにかけがえのない相手だと知って結婚し、出産と闘病。ヨメの死を除けば、ありふれた、でも愛おしい平凡な男女の愛の軌跡だ。ダンナはちょっと頼りないが心根は優しいし、ヨメは一見豪快だが実は繊細な性格。そんなお似合いの夫婦を演じる佐々木蔵之介と永作博美(W主演)がとてもいい。幸福な時もつかのま、幼い子供を残して妻が悪性腫瘍(がん)のために若くして他界…と聞くと、典型的な難病モノに思えるが、本作は、死んだはずのヨメが生きているダンナの前にしばしば現われては、ツッコミを入れたり、励ましたり、はたまた思い出にふけったりと、ユーモラスな設定を加えている。このファンタジックな演出が功を奏して、しめっぽさは皆無だ。無論、泣かせどころはきっちりと押えている。残されたダンナが喪失感を乗り越えるまで、そして現生に心を残しているであろうヨメが、安心して旅立つまで。切なくも可笑しい夫婦の物語は、“死”を終わりではなく、再生の第一歩として描くことでポジティブな後味を残してくれた。
【60点】
(原題「夫婦フーフー日記」)
(日本/前田弘二監督/佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、他)
(お涙頂戴度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
夫婦フーフー日記@ぴあ映画生活

超高速!参勤交代

超高速! 参勤交代 Blu-ray
幕府から無理難題の参勤交代を命じられた貧乏藩の奮闘を描く歴史エンタテインメント「超高速!参勤交代」。逆境に立ち向かう弱者応援ムービーにして痛快娯楽時代劇だ。

徳川吉宗の治める江戸時代。東北の小藩・湯長谷藩は、幕府から、通常でも8日かかる参勤交代をわずか5日で敢行せよと命じられる。湯長谷藩の金山を狙う老中・松平信祝の陰謀によるものだった。ただでさえ貧乏な上、時間も人手も足りない湯長谷藩だが、藩主・内藤政醇は、藩の威信を賭け、知恵者の家老・相馬兼嗣ら家臣と共に、実質4日間で参勤交代を果たす作戦を立て始める…。

優れた脚本に与えられる城戸賞を受賞した本作の脚本は、さすがに良くできていて、荒唐無稽な設定にコメディやアクション(殺陣)、ほんのりと恋までからませて、終始飽きさせない。幕府が大名の力を削ぐために作った参勤交代という制度、平和が保たれ、インフラが整備されるなどメリットも多かったそう。一方で、見栄と権威に彩られたバカバカしい儀式でもあり、湯長谷藩一行は、たった7人を大行列に見せるズルをしたり、道中の近道のため謎の抜け忍を雇ったりと、涙ぐましい工夫を施していく。中央の横暴に耐える地方という構図は、現代にも通じるもので、知力と体力の限りをつくして目標達成に向けて頑張るその姿は、まるでプロジェクトXのようだ。無論、事の発端が悪者の老中の陰謀なので、道中、さまざまな妨害が。のんき者の殿様が本気を出す終盤には、豪快なアクションシーンも用意されている。時代劇でおなじみの大名のミッション・参勤交代の決まり事や実態は、知っているようで知らなかったことばかりで、トリビア的な楽しみも見逃せない。主演の佐々木蔵之介が演じるお人よしだが民に愛される藩主をはじめ、きっぷのいい飯盛り女、知恵者の家老、冷静な藩士もいれば熱い剣豪に弓の名手、はたまた動物使いまでいて、キャラの楽しさが大きな魅力になっている。
【70点】
(原題「超高速!参勤交代」)
(日本/本木克英監督/佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、他)
(痛快度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
超高速!参勤交代@ぴあ映画生活

群青 愛が沈んだ海の色

群青 愛が沈んだ海の色 [DVD]群青 愛が沈んだ海の色 [DVD]
長澤まさみのどんよりとした表情で、この女優の定番である死と病の“泣き”の方向がつかめてしまう。沖縄の離島で暮らす、最愛の妻を病で失った父と、やはり幼馴染の恋人を海の事故で失った娘の、愛の喪失と再生を描く物語だ。少し大人っぽくなった長澤まさみに出会えるが、内容が情けないほど陳腐で、沖縄版「タッチ」のようなストーリーに鮮度は皆無。父と一也はまったく漁師(ウミンチュ)に見えず、幼馴染の3人の友情も愛情も伝わらない。終盤、ヒロインが心の病から立ち直る展開の説得力のなさにはあきれるばかりだ。再生こそがこの物語のテーマなのに、そこが雑でどうするのか。複雑な歴史を持つ沖縄の地の精神風土はもっと力強く魅力的なはず。タイトルである海の群青色の美しさだけが慰めだった。
【20点】
(日本/中川陽介監督/長澤まさみ、佐々木蔵之介、福士誠治、他)
(マンネリ度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

守護天使

守護天使 [DVD]守護天使 [DVD]
カッコ悪くてカッコいい男3人組は、形容矛盾のヒーローだ。メタボで薄給の冴えない中年男・須賀の初恋の相手は、心優しい女子高生。だが彼女は闇サイトの罠にハマッて大ピンチに。幼馴染のチンピラと引きこもりの高校生を巻き込んで、誘拐された彼女を救出するため勝手に大奮闘を繰り広げる。

主役を務めるカンニング竹山をはじめ、クセもの役者の組み合わせが面白い。抜群に立ったキャラの造形は「キサラギ」同様に冴え渡った。みっともない男たちはどこまでもみっともなく、それでいて集まると不思議な力になる。カネなし、職なし、未来なしとはこの映画の宣伝文句だが、そこにはストーカー級の執着とピュアなハートがあったのだ。ふんどし姿などの悪ノリもあるが、鬼嫁の寺島しのぶが最後に言うセリフはちょっと泣ける。
【65点】
(日本/佐藤祐市監督/カンニング竹山、佐々木蔵之介、與真司郎、他)
(ストーカー度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

映画レビュー「アフタースクール」

アフタースクール
◆プチレビュー◆
緻密に練られた大人の“放課後”は一筋縄ではいかない。騙される快感はクセになりそうだ。 【80点】

 一流企業に勤める木村が行方不明になった。彼の同級生の、探偵の島崎と中学教師の神野は、木村探しに奔走する。だが、追えば追うほどに、今まで知らなかった彼の姿が。女と金の臭いがするこの失踪事件とは…。

 何も聞かず、とにかく見てください。本当はこれだけ言ってこの映画評を終わりにしたいが、そういうわけにはいかない。でも、この物語の性質上、ネタバレは厳禁なので深くは語れない。あぁ、ジレンマだ。こんなに面白いのに。

 面白さの要因は、緻密に構成されたオリジナル脚本につきる。監督・脚本は、前作「運命じゃない人」で話題をさらった内田けんじ。これを見て楽しんだ人なら、今回もきっと仕掛けがあると予測がつくはずだ。それは正しく当たる。だが、どんなプロットかまではさすがに予想できないだろう。それほどこの映画のストーリーは痛快な驚きに満ちている。

 登場人物は数多いが、核になるのは3人の男たちだ。疑うことを知らない神野と、信じることを嫌う島崎は、次々に現れる木村の新事実に振り回される。にわかコンビの二人は、真面目で人がいいはずの木村につながるヤクザや愛人が登場するたびに自問する。「自分は本当に木村のことを知っているのか?」。物語の前半、観客は、彼らの常識が打ち砕かれる状況に何度も付き合うことになるが、後半の信じられない展開に備えて、小さな小道具や何気ないセリフに気を配っておこう。彼らが見聞きしたものには、実はまったく違う意味があって、それが真実への新しい道を“木村探し”という地図に書き加える。車の中にあった指輪の本当の役割を知る頃には、この映画の虜になっているはずだ。

 気を配るのは観客だけでなく役者も同じ。伏線を踏まえつつ演技するのは、かなりハードルの高い作業だったに違いない。特に大泉洋演じる神野は難役だ。映画後半でたびたび現われる回想シーンでは、一つの場面の裏の意味や別の役割が示されるが、笑いにも驚きにもとれる演技が絶妙である。一見、三面記事的な失踪事件を、後半でひっくり返す力技は、緻密な脚本と、俳優たちの効果的なアンサンブル演技が互いに支えあって成立している。

 “語りたいのに語れない”厄介な映画をあえてジャンル分けするならば、探偵ものだろうか。社会の闇や悪にも触れねばならない探偵稼業。そこで知るのは、人間同士の不思議なつながりと人生の機微だ。綺麗事だけではない世間では悪いヤツの方が上手く生きられるように思える。だが世の中はそう単純でも捨てたモンでもない。映画の最後に、全てが明かされたときの快い快感は、実は物語はシンプルで前向きなものだったと気付かせる。騙されて気分がいいなんて映画くらいのものだろう。その時こそ神野先生の声が聞こえる。「おまえがつまんないのはおまえのせいなんだ」。大人の放課後は、やっぱり奥が深い。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ビックリ度:★★★★★

□2007年 日本映画 
□監督:内田けんじ
□出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ