映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」「ベイビードライバー」etc.

前田敦子

武曲 MUKOKU

武曲 (文春文庫)
鎌倉。矢田部研吾は剣道5段の腕前を持ちながら、剣道の師である父にまつわる、ある出来事によって、生きる気力を失い、酒におぼれ自堕落な日々を送っていた。そんなある時、研吾のもう一人の師匠である光邑師範が、研吾を立ち直らせるため、一人の少年を送り込む。ラップの作詞に夢中な高校生・羽田融は、本人も知らない“天性の剣士”の素質を持っていた。二人は、剣道八段の光邑師範の教えを受け、人間として、剣士として精進していくが…。

古都・鎌倉を舞台に、年齢も境遇も違う二人の男が剣士として高め合い、命懸けでぶつかりあう姿を描く「武曲 MUKOKU」。原作は芥川賞作家・藤沢周の小説「武曲」だ。研吾は厳しすぎる父親が敷いたレールに反発し、かつては“殺人剣の使い手”だった父に対して屈折した愛憎の思いを抱え、もがいている。父とのある事件がきっかけで、進むべき道を見失って剣を捨てた研吾の宿命の相手が、ラップに夢中な高校生という設定がまず意外性がある。どこから見てもイマドキの少年の融だが、実は彼は、過去に台風の洪水で死にかけた経験があり、その臨死体験以来、死に魅入られているのだ。研吾は、融の中に、父と同じ“天性の剣士”を見るが、それ以上に、死を感じながら闘う魂の叫びに共鳴したに違いない。描かれるのは現代の剣道だが、これはまさに時代劇の剣士そのものだ。息詰まるほどの緊張感の中で、自分の、そして相手の心の闇を垣間見て、弱さを克服するには命懸けで戦うしかないことを知るのである。綾野剛の鍛え上げた肉体と狂気のまなざしが素晴らしい。一方で、まだ若い俳優・村上虹郎が演じる融の、思春期特有のナイーブさや傲慢さ、りりしさなどにも魅了される。夜の闇の中、豪雨にうたれながらの死闘は、圧巻だ。剣豪という言葉が、現代劇でこれほどフィットするとは。父と子。剣士と剣士。生と死。闘うことでしか生きられない男たちの異様な気迫が、鮮烈な光のようにスクリーンに焼き付けられている。
【70点】
(原題「武曲 MUKOKU」)
(日本/熊切和嘉監督/綾野剛、村上虹郎、前田敦子、他)
(迫力度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
武曲 MUKOKU|映画情報のぴあ映画生活

モヒカン故郷に帰る

モヒカン故郷に帰る (特装限定版) [Blu-ray]
モヒカン頭がトレードマークの売れないバンドマン・永吉は、恋人の由佳が妊娠したのを機に結婚を決め、その報告のために故郷である広島県の瀬戸内海に浮かぶ戸鼻島へ7年ぶりに帰郷する。広島県出身のミュージシャン・矢沢永吉をこよなく愛する頑固おやじの父・治、筋金入りの広島カープファンの母・春子、たまたま帰省していた弟・浩二の家族全員が久しぶりに顔を揃える。家族団らんかと思いきや、のらりくらりする永吉の態度に父・治は怒りを爆発、いつもの親子喧嘩が始まる。それでも永吉と由佳の結婚を祝う宴が盛大に祝われた。しかしその夜、治が倒れてしまう。検査の結果、ガンが見つかり、一家に動揺が走るが…。

売れないバンドマンの息子が余命わずかの父親のためにユルく奮闘するヒューマンドラマ「モヒカン故郷に帰る」。タイトルは、日本初のカラー映画で木下惠介監督の「カルメン故郷に帰る」のパロディだろう。だが無論、本作はまったく関係ないので念のため。この映画、役者のアンサンブルが魅力的だ。モヒカン頭でデスメタルを歌う主人公は、よく言えば朴訥だが、いつものらりくらりの冴えない性格。故郷の島(戸鼻島は架空の島らしい)で待ち構えるのは、熱くなりやすい性格の父と、達観したかのような細目の表情が印象的な母。こんな家族に、おバカだが気のいい恋人が加わり、とぼけた会話でユルい笑いを誘う。それぞれがちょっとずつズレた関係のまま、家族として成り立っているところがリアルだ。後半はいわゆる難病ものになるのだが、「横道世之介」などの沖田修一監督は、決してメソメソしたお涙頂戴物語にはしない。主人公は、余命わずかな父のために、大量のピザを注文したり矢沢永吉になりきったりと、ひょうひょうと、でも必死に奮闘。末期ガンという超シリアスな状況が、不器用ながらも一生懸命に生きる家族によって浄化されていくような錯覚を覚えた。クライマックスは、まさに盆と正月が一度にきたかのよう。柄本明の突き抜けた名演と、穏やかな瀬戸内の島の空気が、涙と笑いを同時に届けてくれる。
【65点】
(原題「モヒカン故郷に帰る」)
(日本/沖田修一/松田龍平、柄本明、前田敦子、他)
(家族愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
モヒカン故郷に帰る|映画情報のぴあ映画生活

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ<特別限定版> (ミステリー・リーグ)
あるカップルの恋愛模様を2つのサイドから描く異色のラブストーリー「イニシエーション・ラブ」。ラストの前田敦子の表情は、振り返るとちょっと怖い。

Side-A:バブル最盛期の静岡。奥手な大学生の鈴木は、友人に誘われて参加した合コンで、歯科助手として働くマユと出会う。恋愛経験のない鈴木は、おっとりと可愛らしいマユにふさわしい男になろうと髪型や服装に気を使い、懸命に自分を磨くのだが…。
Side-B:就職し東京本社に転勤になった鈴木は、静岡のマユと離れ、遠距離恋愛に。それでも毎週末、静岡に戻ってマユと過ごす鈴木だったが、東京本社の同僚で、洗練された美弥子の出現で心が揺れ始める…。

原作は乾くるみのベストセラー小説。甘いラブストーリーが最後の2行で驚愕のミステリーへと変貌する内容が話題だ。タイトルは。恋愛に絶対はないことがわかる初めての恋、恋愛の通過儀礼(イニシエーション・ラブ)という意味だそう。映画化にあたり、文字から映像へ変換された数々の仕掛けは、時間と空間、そして小道具の使い方というヴィジュアル面で多くの伏線をはっている。恋が始まる高揚感を活写するSide-A。その恋が崩壊していく様を描くSide-B。ストーリーの内容を説明するとどうしてもネタバレになってしまうので、やめておくが、前田敦子演じるマユの、時折遠くを見るような表情のクローズアップが印象的だ。意識的にカメラ目線なのも意味があり、甘えた声でマユが呼ぶ「たっくん」の響きも耳に残る。そして謎のキャスト“亜蘭澄司”。ラストの驚きは映画館で確かめてもらうとして、本作には堤幸彦監督が愛する80年代テイストが満載だ。カセットテープやDCブランド、ヒット曲「ルビーの指輪」。どれもうまく使われている。何しろこの時代、携帯電話(スマホ)がない。だからこそ成り立つ物語なのだ。エンドロールでは80年代大図鑑が解説付きで流れる。この時代はもはや遠い過去なのだ。
【60点】
(原題「イニシエーション・ラブ」)
(日本/堤幸彦監督/松田翔太、前田敦子、木村文乃、他)
(カメラ目線度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
イニシエーション・ラブ@ぴあ映画生活

エイトレンジャー2

エイトレンジャー2 Blu-ray八萬市認定完全版【完全生産限定】
人気グループ関ジャニ∞出演の異色のヒーロー・パロディ映画の第2弾「エイトレンジャー2」。もうちょっと笑わせてほしかったなぁ…。

近未来都市・八萬市(エイトシティ)。悪の組織・ダーククルセイドを壊滅させたエイトレンジャーのメンバーは、街のヒーローとなった。だが、ろくな治安活動もせず、優雅で贅沢なセレブ生活を送る高給取りの彼らは救世主とは程遠い堕落した生活ぶり。そんな彼らの中に、なぜかレッドの姿はなかった。同じ頃、年間数百に及ぶ人が行方不明になる不可解な事件が発生。男勝りの週刊誌記者・西郷純は、事件を調べるためにエイトレンジャーに接近するが…。

大ヒットした「エイトレンジャー」の続編は、前作から5年後の2040年が舞台。金、女、バカンスと贅沢三昧のエイトレンジャーのメンバーだが、そこにレッドの姿はなく、仲間割れやヒーロー活動への温度差が浮き彫りになっていく。エイトシティの政治家たちの陰謀や、ダーククルセイドの意外な真実、それぞれが考えるヒーローの本質と、内容を要約すれば、すこぶるまっとうだ。だが、本作はもともと戦隊ヒーローのパロディー企画としてスタートしているのだし、笑いのセンスがある関ジャニ∞が出演するのだから、もっとコメディ色を出すべきではなかろうか。前田敦子が演じる、男言葉で乱暴者の西郷純というキャラは、バカバカしくも面白いのだが、彼女にも実はある秘密が。このテの作品で、ヘンに真面目になられても困ってしまう。本作では笑いが今ひとつ突き抜けておらず、しかも伏線も雑すぎる。たが、この未収束ぶりは、3、4と続くシリーズ化への意欲のあらわれなのだそう。映画というよりバラエティショーのテイストの本作は、基本的にファン向けのサービス・ムービー。いちいち突っ込むのも大人げないので、リラックスして楽しむこととしよう。
【40点】
(原題「エイトレンジャー2」)
(日本/堤幸彦監督/横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義、前田敦子、他)
(小ネタ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
エイトレンジャー2@ぴあ映画生活

もらとりあむタマ子

もらとりあむタマ子 [Blu-ray]
音楽番組から生まれた異色の人間ドラマ「もらとりあむタマ子」。ニコリとも笑わないぐうたらヒロインを演じる前田敦子のダメっぷりがいい。

23歳のタマ子は東京の大学を卒業したものの、現在は無職。地元の甲府に戻り父が一人暮らしする実家に戻っている。だがタマ子の毎日は、就職活動をするでもなく、ただ食べて寝て、マンガを読んでテレビに悪態をつくというぐうたらな日々だ。季節が移り変わる中、ようやく書いた履歴書の送り先は芸能事務所。小言は言うものの優しい父は、それでもそんな娘を応援せずにはいられない。ある日、父に再婚話が持ち上がり、タマ子は動揺するのだが…。

音楽チャンネル「MUSIC ON!TV(通称エムオン)」でタマ子という女の子のぐうたらな日常を、四季折々に映し出すプログラムから生まれた異色ドラマを、ささやかな日常を切り取る名手、山下敦弘が演出。「苦役列車」で組んだ前田敦子と再びタッグを組んでいる。元AKB48のエースでトップアイドルの前田の女優としての演技は、なぜか巷では評判が悪いのだが、私はこの人の暗くくすぶった感じはなかなか得がたいものだ評価しているのだ。それはさておき、この作品では、何もしないくせに口だけは達者で逆切れが得意、ボサボサ頭にジャージ姿で食っちゃ寝を繰り返すという、外見も内面もダラしないヒロインを“脱力系熱演”で演じていて、女優としての新境地を開いている。どうしようもないヒロインをダサい日常の中で描く物語からうっすらと聞こえる通奏低音は、ぐうたらな娘と不器用な父が言葉少なに互いを思いやる優しさだ。とはいえ、タマ子は近所の中学生にさえ「あの人、友達いないから…」と同情されてしまう残念娘。就職活動しろと叱咤されると「その時が来たら動く。でも少なくとも今ではない!」と意味不明の威勢のいい啖呵を切る。そんなタマ子がなぜか愛おしいのは、この不器用な停滞期は多かれ少なかれどんな人も通過する、あるいは通過してきたモラトリアム(成長を猶予する期間)だからだろうか。ラスト、小さな一歩を踏み出すタマ子に、気持ちがほっこりする。
【65点】
(原題「もらとりあむタマ子」)
(日本/山下敦弘監督/前田敦子、康すおん、鈴木慶一、他)
(グダグダ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

もらとりあむタマ子@ぴあ映画生活

クロユリ団地

クロユリ団地 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]
古い団地に潜む孤独と恐怖を描く「クロユリ団地」。ホラーとしての怖さより罪悪感からくる強迫観念や不安感が作品全体を包んでいる。

介護士を目指す明日香は、クロユリ団地に家族と一緒に引っ越してくる。そこは13年前から不審死が続き、近隣住民からは「出る」と噂される老朽化した巨大団地だ。ある時、隣室で老人が孤独死しているのが発見され、明日香は老人を救えなかったことに罪悪感を感じて悩む。さらに団地内にいた寂しそうな少年ミノルと出会ってから、明日香の周囲では、怪現象が起こり始める。明日香は、老人が何かを伝えようとしているのではないかと考え、遺品整理の特殊清掃員の笹原に助けを求めるが…。

Jホラーの巨匠・中田秀夫監督の新作は、団地が舞台。最近、偶然なのか、複数の映画で、団地がさまざまな切り口で語られている。ありふれた光景ながら、知らない者同士の住む家が無機質に並ぶ様子や、多くが高度成長期に建てられ今は老朽化が著しい寂寞感などから、現代劇のホラー映画の舞台としては格好のようだ。ヒロイン明日香は介護士の卵ということもあり、独居老人を救えなかったことに深い罪悪感を抱いたことで幻影を見るようになるという繊細な神経の持ち主。だが、それ以外にも家族が毎日同じ会話を繰り返すなど、彼女の日常はどこか歪んでいる。さらに彼女が助けを求める特殊清掃員の笹原もまた過去の事件で心に傷を負っている。明日香が親しくなる少年ミノルはいつもひとりぼっちで、どうやら13年前の事件に関係しているらしい。現代的な風景と、傷つき悩む人間の心の狭間に恐怖が滑り込むのはJホラーの特徴で、そこに怨みや因果応報といった日本の怪談話のセオリーをからめて、きわめてオーソドックスな作りだ。流血描写などのショックシーンはほとんどないので、残念ながら、怖さはいまひとつ。だが、孤独死という社会問題を取り上げた点は評価したい。ヒロインを演じるのは元AKB48の前田敦子。世間では彼女の演技は不評のようだが、決してそんなことはない。本作ではほとんど笑顔をみせないが、この人の持つ無邪気な暗さは捨てがたい魅力だと思っている。
【55点】
(原題「クロユリ団地」)
(日本/中田秀夫監督/前田敦子、成宮寛貴、手塚理美、他)
(怖さ度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
クロユリ団地@ぴあ映画生活

苦役列車

苦役列車(初回限定生産版)(Blu-ray Disc)苦役列車(初回限定生産版)(Blu-ray Disc)
社会の底辺で生きる主人公のひねくれた青春を描く「苦役列車」。映画オリジナルのヒロイン役の前田敦子が意外にも好演だ。

80年代の東京。中卒の19歳の貫多は、日雇い労働で得た金を、酒と風俗に使い果たす、明日のない日々を送っていた。ある日、労働先で新入りの専門学校生・正二と知り合う。孤独な貫多には、正二は初めての“友達”と呼べる存在になる。さらに、古本屋でバイトする大学生の康子に好意を持ちながら話しかける勇気がない貫多は、適度に世慣れた正二の仲介で、彼女とも“友達”になった。19歳らしい青春を初めて味わう貫多だったが、将来の選択が豊富な正二に嫉妬を覚え、さらに康子にも拒絶されてしまう…。

原作は、芥川賞作家の西村賢太の私小説。主人公・貫多は、こういう人物が実際に身近にいたら、絶対に迷惑だと確信する、最低のダメ男だ。だがどういうわけか憎めない。それにはいくつか理由がある。まず主人公は作者・西村賢太の分身で、やがて西村自身が文学界で成功すると知って物語を見るというスタンス。さらに、80年代のバブル期の裏側に存在した都会の闇の部分を背景にするが、時代を特別に強調しないことで、普遍性が生まれている。貫多は、ずっとひとりぼっちで生きてきたせいで、他人との付き合い方が分からない。自意識過剰なのにひがみっぽく、プライドが高いのに卑屈というどうしようもない性格ではあるが、彼は犯罪には走らないし、生活保護に頼ったりしない。自らの肉体で日銭を稼ぎながら、ドン底人生を不器用におくる貫多だからこそ、彼が語る「何かを書きたい」という夢が底辺から輝いてくるのだ。演じる役者もいい。何といってもやさぐれた主人公のダメっぷりをポップに演じる森山未來が最高だ。自虐的だが純情で、どっこい生きてるタフさの妙は、森山ならでは。また、どこか暗い康子を熱演する前田敦子が意外なほど好演。若手演技派の高良健吾も含め、主要3人のアンサンブルが素晴らしく、映画ならではのポジティブな希望へとつながっている。
【60点】
(原題「苦役列車」)
(日本/山下敦弘監督/森山未來、高良健吾、前田敦子、他)
(ひねくれ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
苦役列車@ぴあ映画生活

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]
クチコミを見る
書籍はもちろん、コミック、TVアニメなど、幅広く展開する大ベストセラーの映画化は、高校野球と経営学という組合せの妙がポイント。前田敦子の演技にはこの際目をつぶって、物語の個性を楽しみたい。

都立程久保高校の弱小野球部に、マネージャーとして入部した川島みなみは、甲子園出場を目指すと宣言する。勘違いから手にした、経営学の父・ドラッカーの名著『マネジメント』に感動したみなみは、ドラッカーの理論を、高校野球に活かせるのではないかと考え、次々に実践して成果をあげていくが…。

岩崎夏海の原作は“もしドラ”の愛称で呼ばれ、社会現象になった大ベストセラーだ。近年の映画の脚本は、小説ばかりではなく、古文書や新書のような専門書の行間から物語を抽出してみせるが、この作品もその部類に入るだろう。とはいえ、高校生が甲子園を目指すという定番すぎるほど定番のストーリーがベースにあり、その夢をかなえるツールにドラッカーの教えを応用したところが原作の面白さだ。無駄に熱いスポ根のイメージを、経営学というミスマッチで絶妙に中和している。結果、青春映画で経営のキモを学んだ気になるから、お得な気分にもなれる。ヒロインのみなみは、やる気のないエースや事なかれ主義の監督を、ドラッカーの“指示に従って”意識改革していく。展開はトントン拍子だし、病気の親友の悲しい運命もとってつけたよう。それでもドラッカーの示したキーワードの「真摯」や「ひたむき」は、なるほど実生活でも応用可能の理論と納得するだろう。ヒロインのみなみには、正直、まっとうな演技ができる“女優”がほしかったが、甲子園への道のりをなめまくったストーリーを、アイドルグループのAKB48が演じるというのは、案外マッチングしているのかもしれない。
【45点】
(原題「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」)
(日本/田中誠監督/前田敦子、瀬戸康史、峯岸みなみ、他)
(アイドル映画度:★★★★☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

映画レビュー「あしたの私のつくり方」

あしたの私のつくり方 [DVD]あしたの私のつくり方 [DVD]
◆プチレビュー◆
思春期の女の子という生き物は、ほんとに“苦労”が多いのだ。あの頃を思い出す大人が見ると、胸がキュンとなる青春映画である。 【85点】

高校生の寿梨(ジュリ)は学校でも家庭でも周りに気を使い、目立たないように暮らしている。彼女はある日、小学校の同級生で、イジメにあっていた日南子(カナコ)に、突如、匿名でメールを打つことを思い立つ。今は遠くに引っ越した日南子宛てのそのメールには「ヒナとコトリの物語」と題したストーリーがつづられていた…。

静かだが独特の感性で多くのファンを持つ市川準監督。1948年生まれのこの名匠が、ティーンエイジャーの少女たちの心の揺れをこんなにもみずみずしく描いてくれることにまず驚く。誰もが通過してきた甘ずっぱくもビミョーな思春期の世界へと観客を誘うのは、若手実力派の成海璃子だ。箸が転んでも可笑しい年頃の女の子は、コロコロと気持ちが変わり、笑っているかと思えば、些細なことでドン底までヘコむ。まことにメリハリのある毎日を送らねばならない。そんな日々に欠かせないのが他人と密接に関わる携帯というツールだ。

「ヒナとコトリの物語」には、学校で人気者になるためのノウハウが細かく書かれている。奇数人のグループを見つけて合流する、登下校時はさりげなく真ん中をキープする、カラオケは密室で仲良くなれるチャンスなので絶対参加!などなど。このルール、本当に存在するんじゃないのか?と思うほどリアルで具体的だ。10代の女の子たちにとって、人から好かれることは最優先事項。いや、好かれるというより嫌われたくないから、自分ではなく他人に合わせてしまう。そして、この映画のヒロインのように、本当の自分を見失っていることに気付いた特別な人間は、気の毒なほど悩んでしまうのだ。

偽りの自分ではなく本当の自分で生きる。実は、大人にとっても簡単なことじゃない。実際、今、巣(ス)の自分で勝負している人がどれだけいるだろう?他人に合わせることを大人になることとすり変えて生きているのが、大部分の人間の姿じゃないのか。このことに気付くことさえなく毎日をやり過ごしている人々も大勢いる。少女たちはそんな大人の世界をまだ知らない。だからこそ、本当の自分と偽りの自分の間で悩む彼女たちがいとおしい。自分なりの方法で“私らしく生きること”を選び、まっすぐに前を向く彼女たちを応援せずにはいられない。なぜなら私たちは皆、「大人になったヒナとコトリ」なのだから。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)大人の女性必見度:★★★★☆

□2007年 日本映画 
□監督:市川準
□出演:成海璃子、前田敦子、石原真理子、田口トモロヲ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ