映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

吉永小百合

北の桜守

映画「北の桜守」オリジナルサウンドトラック
1945年、樺太で暮らす江蓮てつは、日ソ不可侵条約を破棄したソ連の侵攻にさらされ、2人の息子と一緒に命からがら北海道の網走まで逃げ延びる。凍てつく寒さ、飢え、極貧の中を「もう一度家族4人そろって桜を見よう」との夫の言葉だけを頼りに、必死で生き延びた。1971年、アメリカで事業に成功した次男の修二郎は、日本に帰国し、北海道へと帰ってくる。年老いた母てつを一人にしてはおけないと、一緒に暮らし始めるが、母子は思いあうがゆえにすれ違い、てつは一人網走に戻ろうとする。記憶が混濁し認知症を発症した母に寄り添おうと決意した修二郎は、二人で北海道各地を巡り、共に過ごした記憶を拾い集めていく…。

北海道を舞台に、戦中から戦後の激動の時代を生き抜いた親子の姿を描くヒューマン・ドラマ「北の桜守」。日本を代表する大女優・吉永小百合が主演を務め、「北の零年」「北のカナリアたち」に次ぐ北海道の大地を舞台にした“北の三部作”の集大成だ。今回は「おくりびと」の滝田洋二郎が監督を務め、戦中に北海道で起こった悲劇的な歴史も織り込みながら、親子の絆を描いている。

激動の時代を死にもの狂いで生きた母子の物語の中で、戦争の圧倒的な暴力性を表すのに、劇中劇として演劇という手法をとっているのが画期的だ。引き揚げ時の混乱、集団自決事件など、史実に基づくそれらの出来事が、独特の語り口で挿入される。この象徴的な演劇スタイルに違和感を感じる人も多いだろう。意外なことに、吉永小百合は舞台経験がなく、これが“初の舞台経験”だそうだ。正直、30代を演じるにはさすがの美人女優も無理があるのだが、映画出演120本を迎える大女優の尽きないチャレンジ精神に、尊敬の念を覚える。ひとつ残念なのは、タイトルにある桜守(地域に根ざし、1年を通じて桜の樹木の保護育成に携わる人のこと)の仕事について、深く描かれなかったこと。桜はあくまで幸福のイメージというのなら、別のタイトルでも良かったのでは。いずれにしても吉永小百合ありきの感動作に仕上がっている。
【60点】
(原題「北の桜守」)
(日本/滝田洋二郎監督/吉永小百合、堺雅人、篠原涼子、他)
(親子愛度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

母と暮せば

母と暮せば 豪華版 初回限定生産 [Blu-ray]
1945年8月9日、長崎に原子爆弾が投下され一瞬にして多くの命が奪われた。それから3年後、助産師をしている伸子の前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二が亡霊となって現れる。それからというもの、浩二はたびたび伸子の前に現われては、思い出話や、将来を約束した恋人・町子のことを話しては去っていく。母子の時間は、奇妙だがとても楽しかったが、いつかは現実を受け入れなければならいことを2人は分かっていた…。

山田洋次監督が井上ひさしの遺志を継ぐ形で作り上げたファンタジー風味のドラマ「母と暮せば」。故・井上ひさしの名作で広島を舞台にした「父と暮せば」と対になるような作品で、井上は長崎を描きたいとずっと切望していたそうだ。強い印象を残す場面が2つある。ひとつは映画序盤に、大学で授業を受けている浩二のガラスのインク壺が一瞬で溶ける様子で原爆の強烈さを見事に表した場面。原爆を直接的に描くのはこの場面だけで、監督がこだわったというだけあって、強く脳裏に焼き付いた。もうひとつは、セリフだが、浩二が自分が死んで恋人が生き残ったのは“運命”だと言うと、母の伸子はそれに強く反発し「運命ではない。あれは人間が計画して行った大きな悲劇なのだ」と断言する言葉だ。この2つに山田監督の反戦メッセージが凝縮されているように思う。息子の死を受け入れられない母親と、現世に無念を残す息子の関係が切ないが、「父と暮せば」にも登場した、生き残ったことへの後ろめたさを体現する恋人の哀しみもまたやるせない。ただ、あのラストはちょっとなぁ…、と思う。長崎はキリスト教が根付いた風土なので、あのような演出だったのは理解できるが、何ともいえない違和感を感じてしまった。それはさておき、原爆投下の日を知らない世代が年々増えている昨今、二宮和也ファンの若い世代が戦争の悲劇を感じてくれるのが、この映画の最大の役割だろう。もちろん、あたたかいタッチのファンタジーなのでどんな世代が見ても感動できる丁寧なドラマに仕上がっている。
【70点】
(原題「母と暮せば」)
(日本/山田洋次監督/吉永小百合、二宮和也、黒木華、他)
(反戦度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
母と暮せば@ぴあ映画生活

ふしぎな岬の物語

ふしぎな岬の物語 [Blu-ray]
カフェの女主人とそこに集う人々の人間模様を描く「ふしぎな岬の物語」。吉永小百合を中心軸に、キャストのアンサンブルが絶妙。

海と花畑に囲まれた岬村。岬の突端にある岬カフェは、店主の悦子が入れる美味しいコーヒーと彼女のあたたかな人柄で、村に住む人々の憩いの場となっている。悦子の甥の浩司は何かと騒ぎを起こしながらも、悦子を優しく見守り、長年カフェに通う不動産屋のタニさんは、悦子に想いを寄せている。そんな時、常連客・徳さんの娘でずっと音信不通だったみどりが数年ぶりに帰郷する。彼女は何かに傷ついている様子だったが…。

原作は人気作家・森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」。千葉県明鐘岬に原作のモデルとなった喫茶店が実在するそうで、ロケも同地で行われている。優しく美人の女店主が営むカフェに集う人々は、基本的にいい人ばかり。大女優の吉永小百合が演じるヒロイン・悦子もハマリすぎるほどだ。典型的な人情劇である本作は、基本的にユルい話なのだが、それが不思議なほど心地よい。ユルいといっても物語の背景には、つらい出来事もあり、幸福そうに見える悦子にも心の闇がある。だからこそ、悦子がいう「大丈夫だよ」の言葉が心にじんわりと沁み込むのだ。問題児の甥・浩司や不動産屋のタニさん、悦子を慕うみどりなど、さまざまな形の悦子への愛が描かれるが、それはどれも激しい恋愛感情とは無縁の穏やかなものだ。本作では日本映画界を支え続けた大女優・吉永小百合が初プロデュースを務めたことが話題だが、いくつになっても美しすぎる彼女に対し、どこか不自然な役が多かった近年、ついに自分の年齢にふさわしい役を自分で作りだしたという印象がある。さらにこの現代のメルヘンのような映画には、つらい時代を生きる人々を励ましたいという願いが込められているという。岬でキャッチボールをする場面や、深夜に忍び込んできた泥棒にコーヒーとトーストをふるまうシーンなどで見せる、すべての人を包み込むような吉永小百合の表情には、可愛らしく癒されると同時に、大女優の風格が漂っていた。
【65点】
(原題「ふしぎな岬の物語」)
(日本/成島出監督/吉永小百合、阿部寛、竹内結子、他)
(メルヘン度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ふしぎな岬の物語@ぴあ映画生活

北のカナリアたち

北のカナリアたち [Blu-ray]北のカナリアたち [Blu-ray] [Blu-ray]
東映創立60周年記念作品のヒューマン・サスペンス「北のカナリアたち」。北海道の大自然の映像に圧倒される。

北海道、日本最北の離島にある生徒6人の分校で教師をしていた川島はるは、ある事件によって島を追われる。20年後、東京の図書館で働くはるのところへ、教え子の一人が殺人事件を起こしたとの知らせが届く。「なぜあの子が…」との思いから、はるは20年ぶりに島を訪れ、真相を知るために教え子たちと再会することに。成長した生徒たちは皆、はるが島を追われるきっかけとなった事件のことで、深く傷つき、悩みを抱えて生きていた…。

原作は湊かなえの小説「往復書簡」の一編「二十年後の宿題」。例によって年齢不詳の美しさを見せる大女優・吉永小百合が、主人公のはる先生を演じる。たった6人の生徒の分校で、生徒たちの合唱の才能に気付き、彼らを導く熱心な教師、重い病の夫を気遣う献身的な妻と、清楚でまっすぐな役柄は吉永小百合のイメージそのものだが、実は彼女が演じるヒロインは、今回、理性では絶ち切れない恋心があって…という役なのが新しい。幼い生徒たちとの楽しい日々と、大人になった彼らを訪ね、真相とわだかまりを知る重苦しいプロセスが行き来するスタイルだが、サスペンス要素は薄く、むしろ、はる先生とその夫、生徒の嫉妬や屈折した心が引き起こした事件をそれぞれがどう捕えていたかを描き分けるヒューマンドラマと言えるだろう。成長した生徒達を演じるのは、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平といった若手実力派で、皆、好演。だが事件の鍵となる、はる先生と傷心の警官の“不倫もどき”という、本来ドラマチックであるべき部分がサラッとしすぎて、肝心の情念が伝わらず、印象があまりに薄い。大女優・吉永小百合の立ち位置ゆえの演出なのだとしたら、とても残念なことだ。バラバラになったと6人は、20年後も実は固く結ばれていたという友情もまた、綺麗すぎるほど感動的。良く言えば端正、悪く言えば物足りない気分が残るストーリーだが、それでも見所は多い。名カメラマン木村大作による、荒々しい北海道の大自然を切り取った力技のようなカメラワークには圧倒される。凍てつく最北の地で、互いに寄り添うことでのみ温もりを見出す教師と生徒の心情を、遠くにそびえる雄大な山や険しい岬、広大な湿原などの風景を真正面からとらえることで見事に表現していた。オーディションの際に、声で選んだというだけあり、子役の子供たちの美しい歌声が、いつまでも心に残る。
【60点】
(原題「北のカナリアたち」)
(日本/阪本順治監督/吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、他)
(サスペンス度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
北のカナリアたち@ぴあ映画生活

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】
巨匠・手塚治虫の代表作の初アニメ映画化で、全3部作の第1章。本作の主役はむしろ奴隷出身のチャプラの方だ。

2500年前のインド。シャカ国に王子ゴータマ・シッダールタが誕生する。争いが絶えないこの地で、この子はやがて世界の王となると予言されていた。思春期を迎えたシッダールタは階級社会に疑問を持つようになる。やがて強国コーサラ国の将軍の息子チャプラが、シャカ国を狙い攻め込んでくる。実は奴隷出身で、その出自を隠し成り上がってきたチャプラと、高貴な身分でありながら、自分の成すべき道を模索するシッダールタは、戦場で出会うことになるのだが…。

手塚治虫の原作漫画「ブッダ」は、コミック界のアカデミー賞と呼ばれるアイズナー賞最優秀国際作品部門を2度にわたって受賞したという傑作。ブッダの教えを尊重しながらも、周辺に下層階級の男女を数多く配して、重層的なドラマを構成している。本作は、シッダールタ、後のブッダの誕生と、青年になったシッダールタが許されない恋を経験し、虚しい戦争を目の当たりにして、出家を決意するまでを描く、いわば“ブッダ・ビギニング”だ。おかげでブッダの尊い思想はさわりだけしか感じられないし、全3部作と聞けば、本作だけでは評価は難しい。さらにヴォイス・キャストには疑問が残る点も。とはいえ、不思議な能力によって動物たちと心を通わせるキャラクターの存在はファンタジックで魅力的だ。同時に、情け容赦ない悲劇を多く盛り込み、階級社会の理不尽をあぶり出した点は評価したい。この大人ターゲットの展開は、行儀のいい伝記映画にはしないという意気込みで、それこそが原作漫画の目指したところと思えば、今後のストーリーの広がりには期待できる。現在の高度なCGを見慣れた目には少々古臭く見える絵柄も、ブッダという素材には不思議とフィットしているように思えた。
【50点】
(原題「手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく」)
(日本/森下孝三監督/(声)吉永小百合、堺雅人、観世清和、他)
(悲劇的度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく@ぴあ映画生活

おとうと

おとうと <通常版> [DVD]おとうと <通常版> [DVD]
どう見ても姉弟に見えない吉永小百合と笑福亭鶴瓶の二人が人情味たっぷりに演じる家族ドラマ。東京で暮らす吟子は、女手一つで娘の小春を育てあげ、小さな薬局を営んで慎ましく暮らしている。一方、大阪で芸人の真似事をする弟の鉄郎は、いい年をして問題ばかり起こし落ち着く気配もない。吟子はいつも鉄郎をかばってきたが、ある出来事がきっかけで「もう、うんざり」と弟に絶縁を言い放つ。鉄郎は行方をくらますが、あるとき大阪の施設から連絡が入る…。

家族とは、何て厄介でいとおしいものだろうか。出来の悪い弟・鉄郎に嫌気がさしながらも結局は大きな優しさで“帰る場所”になる吟子の姿は、そのまま寅さんの故郷であり続けた妹・さくらの姿に重なっていく。愚かな弟は、迷惑をかけることだけが自己主張の方法なのだ。必ずしも擁護できないキャラの鉄郎は、自ら望むかのように破天荒な生活を続けるが、彼が最期を迎えるホスピスという存在は無視できない。孤独死や無縁死が静かに増殖する現代社会。血の繋がっていない人間が看取る最期のあり方とは?と考えさせられた。危篤状態の弟のもとに駆けつけた吟子が手首に結ぶリボンは、市川崑監督の「おとうと」にオマージュを捧げた演出だ。市川作品で、若くして逝く弟に結んだリボンは姉と弟を直接つないだが、中年を過ぎても面倒をかける弟の手に結んだ本作のそれは、油断すると切れてしまう現代の家族の絆をターミナルケア(終末期ケア)という“他人”がそっとつないでくれているように感じた。

映画冒頭に山田洋次監督自らの作品の映像を巧みに使って、戦後の日本の価値観の変遷を一気に説明するパートが印象的。山田監督のテーマは、一貫して家族とは何かを問うものだが、彼のフィルモグラフィーを見れば、日本人が失くしてしまった大切なもののリストが出来てしまいそうでやるせない。劇中に出てくる「ごんたくれ」とは、困った人、いたずら者の意味の言葉。この映画からは、愛すべきごんたくれの存在を許し、彼らにもう一度チャンスを与える世の中こそ、よき社会だというメッセージが聞こえてくる。
【60点】
(日本/山田洋次監督/吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、他)
(ペーソス度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

まぼろしの邪馬台国

まぼろしの邪馬台国 [DVD]まぼろしの邪馬台国 [DVD]
超多作な堤監督のヒューマン・ドラマは丁寧だがインパクトが弱く、優等生のよう。美しき大女優・吉永小百合が、まだ存命の女性を演じるとあっては、過激な演出もできないというところか。昭和40年代に邪馬台国ブームを巻き起こした盲目の文学者で破天荒な人物・宮崎康平と、彼を支えた妻・和子の絆を描く。物語は、古代史の謎を解く壮大な夢から、いつしか二人で歩むことを慈しむ夫婦愛にギアチェンジ。唐突な卑弥呼コスプレには思わず引いたが、いつもは鼻につく竹中のエキセントリックな芝居が、この物語ではピッタリとフィットしたのは収穫だ。島原の子守歌のメロディが心に残る。
【50点】
(日本/堤幸彦監督/吉永小百合、竹中直人、窪塚洋介、他)
(地味度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

母べえ

母べえ 通常版
家族、とりわけ母にスポットを当てた誠実な作品。治安維持法違反で逮捕された父に代わって家庭を支えた気丈な母親を、子供たちの目を通して描いていく。直接的に戦争を描かず、名もない市井の人々の痛みを表現する、練られた一つ一つのセリフが印象的だ。吉永小百合は年齢的にそぐわない役だが、かろうじてセーフなのは恋愛パートが薄味だから。リアリティを超えたところで勝負できるのが唯一無二の女優・吉永小百合だ。
【65点】
(日本/山田洋次監督/吉永小百合、浅野忠信、檀れい、坂東三津五郎、他)
(時代考証度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ