映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

吉田秋生

海街diary

海街diary Blu-rayスペシャル・エディション
鎌倉で暮らす4姉妹の心の交流を描くヒューマン・ドラマ「海街diary」。静かな家族ドラマを華やかなキャスティングで魅せる手腕に感心。

鎌倉の古い一軒家で暮らす3姉妹。父は15年前に家族を捨て、母も再婚して家を出ていた。ある日、3姉妹のもとに疎遠だった父親の訃報が届く。父の葬儀に出席した3人は、腹違いの妹・すずと初めて出会う。身寄りがなくなり今後の生活に不安があるのに気丈にふるまう中学生のすずに、長女の幸は、鎌倉で一緒に暮らさないかと提案。それぞれの思いを抱えた4姉妹の生活がスタートするが…。

原作は、数々の賞を受賞した吉田秋生の同名コミック。長女・幸はしっかり者、次女・佳乃は自由奔放、三女・千佳はマイペース。そこに腹違いの四女・すずが加わる。今の日本映画界を代表するかのような女優たちが演じる、個性あふれる4姉妹のアンサンブルが何よりも良い。是枝裕和監督自身が言うように、原作のテイストを尊重しつつ原作にはこだわらず、そして小津安二郎を意識したという物語は、静かで淡々としているが、滋味あふれるものだ。姉3人は、自分たちを捨てた父母をどう受け止めるか、そしてすずは自分という存在をどう肯定していくか。それぞれの心のわだかまりを、食べ物や飲み物で表現する演出が秀逸で好感が持てる。美しい四季を切り取った映像、登場人物の心情に丁寧に寄り添うセリフ、衣食住のディテールの細やかさ。一貫して家族のあり方を描いてきた是枝監督らしさが光る本作は、4姉妹ものということで現代版「細雪」にも思える。「そして父になる」の次は“そして家族になる”ストーリー。死や別れの先にある生の愛しさが、残像のように残る秀作だ。
【80点】
(原題「海街diary」)
(日本/是枝裕和監督/綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、他)
(人間賛歌度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
海街diary@ぴあ映画生活

櫻の園 −さくらのその−

櫻の園-さくらのその-プレミアム・エディション [DVD]櫻の園-さくらのその-プレミアム・エディション [DVD]
中原俊監督のセルフ・リメイクだがオリジナルとはまったく異なる物語になっているので、むしろ続編や姉妹編という趣。名門女子高の演劇部で禁止された演目「櫻の園」の上演に情熱を傾ける女子高生たちを描く青春映画だ。女子高という独特の異世界の雰囲気を巧みに描く中原監督の手腕は、繊細でいながら結構タフな21世紀の少女たちを主人公にしても変わらず発揮されている。映画初主演の美少女・福田沙紀はアイドル顔だが声がカマトトじゃないところがいい。ついに上演のとき、伝統や自分の殻を破って一歩前に足を踏み出す少女たちの顔は文字通り輝いていた。
【60点】
(日本/中原俊監督/福田沙紀、寺島咲、杏、他)
(女性映画度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

吉祥天女

吉祥天女 スペシャル・エディション [DVD]吉祥天女 スペシャル・エディション [DVD]
妖艶な美少女役の鈴木杏と清楚な本仮屋ユイカの対照的なキャラクターが効いている。天女伝説と復讐とを、古都の因習や旧家の醜聞に結びつけ、友情や恋をからめた吉田秋生の原作の見事さを改めて実感する1本。ただ昭和後期という時代設定はほとんど活きてない。いっそ現代ならおもしろかっただろう。
【55点】
(日本/及川中監督/鈴木杏、本仮屋ユイカ、勝地涼、他)
(魔性度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ