映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

坂口健太郎

ナラタージュ

ナラタージュ (角川文庫)
映画の配給会社に勤める泉は、雨を見ながら過去を思い出していた。大学2年生になった泉は、高校時代の恩師・葉山から、電話で、演劇部の卒業公演に参加しないかと誘われる。葉山は、学校になじめず孤独だった泉を演劇部に入るように勧め、救ってくれた人物だった。葉山に好意を持っていた泉は、卒業式の日の葉山とのある思い出を封印してきたが、再会を機に抑えていた気持ちが募っていく…。

高校教師と生徒として出会った男女の、一生に一度の愛を描くラブストーリー「ナラタージュ」。原作は、2006年版“この恋愛小説がすごい”で1位に輝いた島本理生の小説である。タイトルのナラタージュとは、ナレーションとモンタージュを掛け合わせた言葉で、映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法だ。この映画では、社会人になった主人公・泉が、大学時代を回想し、さらに高校時代をも思い出すという二重の回想スタイルになっている。教師の葉山を慕う泉、精神状態が不安定な妻を捨てられない葉山、泉が葉山を想っていることを承知で付き合う小野の3人の、それぞれの心情を描いている。

泉は映画好きという設定で、劇中にいくつかの名作が登場するが、回想形式で物語を語るのは、スペイン映画「エル・スール」へのオマージュだろう。だが、本作が、成瀬巳喜男監督の名作「浮雲」をより強く意識しているのは明らかだ。どうしようもなく惹かれあう男女の腐れ縁を描いた傑作だが、「浮雲」には戦争という人の運命を狂わせる激動があった。では、本作は? 無論、戦争はなく、大震災のような天災もなく、ストーリーは、全体的にフラットで抑揚がない。これで2時間20分はあまりに長すぎる。相手を愛する気持ちも、自分勝手さも、中途半場では、登場人物に共感することも難しいだろう。ただ、優柔不断なダメ男を演じて脱アイドルを印象付けた松本潤、清純派からの脱皮を図って静かに熱演する有村架純は、共に新鮮だ。くすんだ色合いが独特の北陸ロケと印象的に使われる雨など、しっとりと美しい映像だけが心に残った。
【45点】
(原題「ナラタージュ」)
(日本/行定勲監督/松本潤、有村架純、坂口健太郎、他)
(共感度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

君と100回目の恋

映画「君と100回目の恋」(初回生産限定盤) [Blu-ray]
大学生の葵海は、誕生日の7月27日に、ライブの帰りに事故に遭ってしまう。だが、目覚めるとそこは大学の教室で、日付は事故に遭う1週間前だった。混乱する葵海の前に、幼なじみの陸が現れ、自分は時間を遡ることができ、何度もタイムリープして葵海を救っていたと告げる。お互いに胸に抱いていた恋心を伝えられなかった二人は、この出来事を機に1年前に戻る。周囲がうらやむほどの理想的なカップルとして幸せな日々を過ごすが、再び7月27日が近づいてくる…。

悲しい運命を変えようと何度も時間も遡る青年の一途な愛の行方を描く純愛ラブ・ストーリー「君と100回目の恋」。陸は、不思議なレコードを使って、何度も何度もタイムリープを繰り返し事故に遭う葵海を救おうとする。陸が、何でもお見通しという態度で、いつも落ち着いて周囲にアドバイスするのは、次に起こる出来事を知っているからなのだ。その力を使って愛する人を救おうと懸命な陸の一途さには確かに打たれる。愛する葵海のいない未来なんて、自分にとっては意味がないと思いつめる陸には、実はある秘密が。全身全霊で自分を守ってくれる、そんな恋人を待ち望む人にはグッとくるストーリーに違いない。本作のW主演はmiwaと坂口健太郎。10代を中心に圧倒的に支持されるシンガーソングライターのmiwaの音楽が最大の見所(聴所)となっている。当然、タイムリープやタイムスリップものにつきものの矛盾はあるが、それはこの際、目をつぶろう。それにしても、純愛映画とは、もはやSFレベルでしか成立しなくなったのだろうか?? いささか心配になった。
【50点】
(原題「君と100回目の恋」)
(日本/月川翔監督/miwa、坂口健太郎、竜星涼、他)
(一途度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
君と100回目の恋|映画情報のぴあ映画生活

俺物語!!

俺物語!!(通常版) [Blu-ray]
高校生らしからぬ顔面といかつい体ながら、心優しい剛田猛男は、街でしつこいナンパで困っていた女子高生の大和凛子を助ける。彼女に一目惚れしてしまった猛男だが、大和は、猛男の親友でイケメンの砂川のことが好きなのだと思い込んでしまう。落胆しながらも2人の仲を取り持とうとする猛男だったが…。

異色少女漫画を実写映画化した「俺物語!!」は、イマドキのラブストーリーにしては珍しいくらい“イイ人だらけ”の物語だ。主人公の猛男は情に厚い硬派な日本男児。大和は性格も良くルックスも可愛いい。猛男の親友で超絶モテ男の砂川が、これまた親友思いのいいヤツだ。物語は、この3人の善人キャラがそれぞれを思いやり、時に自分を犠牲にしてまで相手の恋を応援するという、もどかしくも切ないラブ・ストーリーである。奥手でまっすぐな性格の猛男は、ほとんど80年代の青春映画の登場人物のようだが、猛男の親友の砂川がクールで淡々としていてイマドキのキャラなのがいい対比になっている。原作漫画はざっと目を通しただけだが、鈴木亮平演じる猛男はかなりリアル。30kg増量して挑んだという役者魂にも脱帽だ。さすがは「変態仮面」からさわやか朝ドラまでこなすだけある。演出はギャグも含めてかなりデフォルメされているが、それは原作を意識してのことだろう。何でもこの後、猛男にモテ期がやってくるらしいので続編を期待したいところだ。
【65点】
(原題「俺物語!!」)
(日本/河合勇人監督/鈴木亮平、永野芽郁、坂口健太郎、他)
(もどかしさ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
俺物語!!@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ