映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

堤真一

本能寺ホテル

本能寺ホテル Blu-rayスペシャル・エディション
流れに身を任せて生きてきたOL繭子は、会社の倒産をきっかけに恋人の恭一と結婚することになり、彼の実家の京都へと向かう。京都の路地裏にたたずむレトロな宿・本能寺ホテルに宿泊することになるが、そのホテルのエレベーターに乗ると不思議な世界へ迷い込み、気が付けばなぜか1582年の本能寺へとたどり着いていた。繭子は現代と1582年を行き来しながら、織田信長や森蘭丸と交流し、次第に信長の人間性に惹かれていく…。

平凡なOLが天下統一目前の織田信長と出会い、今もなお多くの謎に包まれた歴史の大事件“本能寺の変”に遭遇する歴史ミステリー「本能寺ホテル」。過去とつながる不思議なホテルに滞在したヒロインは、戦国時代と現代を行き来するが、タイムスリップものの常として、未来から来た人物が過去を変えていいのか?という命題にぶつかってしまう。最初は暴君だと思った信長の、人間的な魅力を知った繭子は、信長に本能寺で起こる出来事を伝えていいものかと悩むが、それに対する信長の対応が、これまた人間の大きさを表していて、その後に起こった秀吉の中国大返しがなぜ可能だったのかという疑問の答えに結びつく展開はなかなかうまい。信長が好きだったというお菓子・金平糖や、これを持てば天下人になれるという茶入など、歴史の面白アイテムが散りばめられているのも楽しい。特にやりたいこと、なりたいものもなく漠然と生きてきた繭子が、本能寺の変直前の信長に会うという強烈な体験によって、内面が変化し成長するところが一番の見所…と言いたいところなのだが、このヒロイン、まるでキャラが立っておらず魅力に乏しいのだ。歴史に詳しい、もしくはまったくの歴史オンチなら、話もコミカルになっただろう。また、自分の意見もさしてない性格なのに、突如、信長にタンカを切ってみたりと、性格に統一性が見られない。つまりこの主人公に感情移入できないのだ。むろん演じる綾瀬はるかのせいではなく、脚本に問題があるのだろう。少々安易な成長物語に仕上がってはいるが、現代のパートでは、京都巡りの趣もあるので、ライト感覚の歴史ものご当地映画として楽しみたい。
【50点】
(原題「本能寺ホテル」)
(日本/鈴木雅之監督/綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、他)
(成長物語度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
本能寺ホテル|映画情報のぴあ映画生活

神様はバリにいる

神様はバリにいる ブルーレイ豪華版 [Blu-ray]
バリ島で成功した日本人実業家アニキと、彼との出会いで変化・再生していく人々を描く「神様はバリにいる」。実話がベースだが全体的に過剰演出。

事業で失敗し借金を背負った元起業家・祥子は、失意の中訪れたバリ島で大富豪の実業家“アニキ”と出会う。自称さわやかだが、どう見ても胡散臭いアニキだったが、バリ島では子供からお年寄りまで誰からも慕われていた。アニキとの出会いで人生が変わったという元エリート医師のリョウや祥子を追ってきた元顧客の杉田らもまた、アニキの人柄に魅せられた人々だ。祥子は再起を図るためアニキのもとで金持ちになるための人生哲学を学ぼうとするのだが…。

ベースになっているのはハウツー本「出稼げば大富豪」。元露天商で大富豪の実業家アニキの独自の人生哲学と、破天荒なキャラが魅力のサクセス・エンタテインメントだ。感謝して生きること、ピンチをチャンスととらえる逆転の発想、人との縁を大切にする、などの考え方は、ビジネスというより生き方のお手本として学ぶようなことばかり。演じる堤真一の怪演に近い熱演で、アニキは“いかにも”の人物像として説得力がある。だがアニキの考え方をすべてセリフにすると、なぜかウソくさくて引いてしまうのは私だけ? 祥子を追ってバリにやってきた、倒産させた婚活ビジネス会社の客・杉田のエピソードがほとんど活きていないのも気になる。それでも、祥子の心の変化は、アニキが言う「幸せを循環させる」効果といえる。神々が宿る島バリに暮らす人々のように感謝の気持ちを持てば、自分を変えるきっかけになりそうだが、まずは自分が行動すること!ということだろう。一度は自殺も考えたヒロインの根っこの部分のタフネスが、この“ご利益ムービー”の元気のもとなのだ。
【55点】
(原題「神様はバリにいる」)
(日本/李闘士男監督/堤真一、尾野真千子、玉木宏、他)
(破天荒度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
神様はバリにいる@ぴあ映画生活

地獄でなぜ悪い

地獄でなぜ悪い コレクターズエディション [Blu-ray]
ヤクザの抗争を背景にトンデモない映画愛が炸裂する任侠娯楽作「地獄でなぜ悪い」。お約束の血みどろ描写はいつも以上に過激だ。

ヤクザの組長の武藤は、服役中の愛妻のため、娘のミツコを主演に映画を作ることを決意する。手下をスタッフにし、たまたまミツコの男と勘違いされた気弱な青年・公次と、うだつのあがらない自主映画の監督・平田を巻き込むことに。背景は、武藤組が、敵対するヤクザの池上組に殴りこみをかけるというものだが、池上はミツコに恋しているから事態はややこしい。本物のヤクザ同士の抗争を舞台に、史上最も命がけの映画がクランクインするが、やがてそれはトンデモない方向へと向かっていく…。

園子温監督といえば、性と暴力を過激に描くのが定番。近年は社会派映画に傾いていたが、本作は、彼が20年前に自らの体験を盛り込んで書いた脚本で、自身初のコミカルな痛快なエンタテインメントだ。中身はまるでごった煮状態で、任侠、恋愛、アクションとハチャメチャな内容に唖然とする。無駄にかっこいい國村隼と堤真一が、敵対するヤクザを演じるが、堤演じるヤクザの池上は、元少女アイドルのミツコを熱愛。さらにへたれ青年の公次もミツコに純愛を捧げているから、恋愛度数もかなり高い。だが最もテンションが高いのは“映画愛”だ。これが映画ファンの琴線に触れるのは間違いない。ヤクザ映画班は、俳優、照明、音響と大活躍だが、映画作りとヤクザの抗争が一体化する展開は、ついには、一大スプラッタ状態へ。最初は日本刀、次に銃、はたまたどこから用意したのかマシンガンまで飛び出して、スクリーンは鮮血に染まっていく。もとより、園作品は誰にでもすすめられる口当たりのいいものではないのだが、本作は娯楽作といいながら、しっかりマニアックな作りなのが素晴らしい。荒唐無稽と言ってしまえばそれまでなのだが、誰よりも濃い映画愛と、最後の最後で虚実をミックスするオチにはガツンとやられてしまった。映画への愛を形にできるのなら、そこが地獄でもかまわない。まさしく園ワールドである。…しかし、ハミガミのCMの歌が頭にこびりついて離れない。どーしてくれる!
【65点】
(原題「地獄でなぜ悪い」)
(日本/園子温監督/國村隼、長谷川博己、堤真一、他)
(スプラッタ度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

地獄でなぜ悪い@ぴあ映画生活

俺はまだ本気出してないだけ

俺はまだ本気出してないだけ 豪華版 [Blu-ray]
ダメすぎてそれが個性という中年男が漫画家になろうと奮闘する「俺はまだ本気出してないだけ」。彼のいいかげんさが周囲のやる気を引き起こす構図が面白い。

42歳でバツイチの大黒シズオは、父親と高校生の娘・鈴子と3人暮らし。「本当の自分を探す」と突然会社を辞めてみたものの、朝からゲーム三昧、バイト先や父親から叱られ、娘に借金までする始末だ。ある日、本屋で立ち読みをしているとき、ひらめいたシズオは宣言する。「俺、漫画家になるワ」。根拠のない自信と原稿を持って出版社に足を運ぶが、担当編集者は彼を励ましつつも原稿はすべてボツ。やる気のない新人バイトの市野沢や幼馴染でサラリーマンの宮田らと飲みにいく日々が過ぎていく。マンガは本気か、趣味か。悩むシズオに、はたしてデビューの日は訪れるのか…?!

原作は青野春秋による同名人気漫画。原作の主人公のヴィジュアルは小太りのさえない中年男だが、スラリとした堤真一が、精一杯壊れたルックスを作り上げて怪演し、原作とは違うおかし味を漂わせている。主人公シズオのいいかげんさは、大人として、いや、人間として、あまりにもダメダメ。毎日怒鳴っている父親が「娘の鈴子がグレないのは父親をあきらめているからだ」と断言するのだから、そのダメっぷりはマックスに達している。だが物語はそれを決して責めない。“本当の自分探し”“運がないだけ”“今、自分には勢いがある”と、根拠がないだけに、無駄に強気なシズオの生き方が、いつしか周囲にやる気という影響を及ぼすから不思議だ。この物語はダメ人間の存在意義をじんわりと後ろから肯定しているのである。突如思い立ってマンガ家やパン屋を目指してしまう登場人物たちは、あまりに安易なのだが、大切なのは、チャレンジ精神と最初の一歩を踏み出す勇気なのだ。パンツ一丁で腹をボリボリ掻きながら寝転び、勢いで歌って踊る。17歳、22歳、32歳、そして神様と、自分自身の過去を演じ分ける堤真一の芸達者ぶりが見事。はっきりとした結論や明確な是非、華々しい成功が描かれるわけではない。それでも「俺の時代」が来ないなら、シレッと自分で作ってしまう。そんなユルい生き様に、微苦笑と共に励まされた。42歳で新しいことへチャレンジする。それだけで彼はすでに冒険家なのだ。
【60点】
(原題「俺はまだ本気出してないだけ」)
(日本/福田雄一監督/堤真一、橋本愛、山田孝之、他)
(グダグダ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

俺はまだ本気出してないだけ@ぴあ映画生活

SP 革命篇

SP 革命篇 DVD特別版SP 革命篇 DVD特別版
あまりに話が進まずファンをあきれさせた前作「野望篇」と違い、今回の「革命篇」では、ともあれ事件が起こってストーリーが動きだすのでホッとする。もっとも、閉塞的で謎だらけの内容は、カタルシスとはほど遠い。これのどこが“運命の最終章”なのか。

官房長官を狙ったテロから2ヶ月。通常任務をこなしている警視庁警護課第四係の井上は、上司である尾形への不信感をぬぐうことができずにいた。そんな中、第四係メンバーは尾形の指示で国会での警備を担当することに。麻田内閣への不信任案の採決が行なわれようとしたその瞬間、国会議事堂に銃声が響く。そこには銃を手にした尾形の姿があった…。

謎のテロリストグループ、若手政治家、キャリア官僚、新・第四係。政治と暴力に加え、個人的復讐が混濁する「野望篇」のテーマは“ニッポンの世直し”だ。危機を察知する特殊能力を持つ主人公の過去や、尾形の真意が、驚愕の真相として描かれるが、国の未来を憂う割には、行動のベースはすべて個人的な思いだったりする。国会議事堂という象徴的な場所を舞台にしているのに、何だか話が小さく見えたのは私だけだろうか。第一、国会議事堂のセキュリティの甘さはいったいどう納得すればいいのだろう。政治家の汚職や腐敗を自ら告白させる様子を生中継するというのは、なるほど動かぬ証拠だが、あまりに芝居じみている。その場にいる人間には緊張が走っても、事態をTV越しに見る国民は、何をいまさら…と冷めてしまいそうだ。終盤に描かれる、尾形とある人物との意外すぎるつながりには思わず「!」。その驚きの事実の是非はさておき、議事堂での死闘の末に井上らが最後に建物の屋上に出るのが、最も納得しがたい。詳細は伏せねばならないが、終わってみれば、何も解決しなかったのでは…との思いさえよぎり、そもそも2部構成にする必要があったのか?と首をかしげた。物語の設定には数々の不満はあるが、岡田准一の熱血アクションには感心させられる。特に印象的なのは、見た目がいいワイヤーアクションではなく、時に相手をレスリングのように組み伏せ、自分もダンゴのように丸くなって身を守るという実践的な武術を披露することだ。岡田准一は何でもフィリピンの格闘技カリのインストラクター資格を取得したらしいから、アクションはかなり本気である。SPの役目とは本来相手を殺傷することではなく、警護する人物と、その人物を守る自分の両方をディフェンスすることなのだ。そんなSPとしての使命を懸命に果たそうとする主人公が闘う姿には、国を壊すのではなく平和を守りたいとの思いが重なって見える。
【50点】
(原題「SP 革命篇」)
(日本/波多野貴文監督/岡田准一、香川照之、真木よう子、他)
(アクション度:★★★★☆)
チケットぴあ


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

SP 野望篇

SP 野望篇 DVD通常版SP 野望篇 DVD通常版
深夜放送の人気TVドラマが2部構成で映画化。本作は前編に当たり、アクションや陰謀など緊張感はあるが、実は物語はまったく進まない。要人警護を専門に行うSP(セキュリティー・ポリス)の一員・井上は、幼い頃のトラウマから、危機を察知し回避出来る特殊能力の持ち主だ。総理大臣を狙ったテロ、官僚の謎の自殺、上司である尾形の「仕方がないだろ。大義のためだ…」との衝撃の発言。表面的な平和の下にうごめく陰謀の匂いを感じつつ、1ヶ月の時が過ぎる。そんなある日、都心で大規模テロ事件が勃発。尾形に不信感を持ちながらも井上ら第四係のメンバーは要人の警護に当たるが…。

理想の国家をつくるためには、現状をひっくり返すほどのテロが必要という極端な思想は、別に目新しくはない。だが、いつどこで、どうやってそれが始まるのかがわからないので終始、緊張感が漂っている。また、何かものすごいことが起こりそうという予感そのものを、説明的な会話ではなく、超絶アクションですべて見せてしまおうとするこの映画の試みは、なるほど新しい。主演の岡田准一は、ジャニーズの中では指折りの演技派だと思うが、今回彼はフィリピン武術“カリ”やその他もろもろの格闘技をマスターしたというだけあって、冒頭からノンストップで繰り出すアクションには気合が入っている。資料によると“フリーランニング”とあるそのアクションの凄さは、素人には分かりにくいが、とにかく走る、走る!車の屋根に飛び乗り、壁を蹴り、障害物を飛び越える。不審者を追って走り続けること20分、追いつめてからは1対1での格闘となる。どうして銃を使わないのか?とツッコミたくなるが、それはSPが犯人逮捕よりも要人警護を常に優先するという特異性を持つためらしい。主人公は、危機を察すると頭痛やめまいに襲われるが、野望篇全体がシンクロ(脅威の存在を同調)状態。おかげで彼は四六時中眉間にシワを寄せて苦悩しっぱなしだ。いかにも怪しい政治家や真意が分からない上司が企てる「目的のために手段を選ばない」というその“何か”は、革命篇まで待たねばならない。正直、野望篇だけでは評価のしようがないのだが、これは、1本の映画の前半を見ただけと割り切った上で、岡田准一の頑張りに拍手を送りたい。
【50点】
(原題「SP 野望篇」)
(日本/波多野貴文監督/岡田准一、真木よう子、堤真一、他)
(スピード度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

孤高のメス

孤高のメス [DVD]孤高のメス [DVD]
何かと問題の多い医学界にあって、実力と人徳を兼ね備えた主人公はまるでスーパーヒーローだ。1989年のある地方都市の市民病院に、外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。見栄や体裁ばかりを気にする病院の悪しき体制に不満を感じながらも、優秀な外科医である彼は、困難なオペを成功させ、患者を救うべく全力を尽くし、病院のスタッフの信頼を勝ち得ていく。一方、当麻の存在を疎ましく思う医師もいた。そんな中、病院を支えてきた市長が倒れる。当麻は前例のない成人から成人への生体肝移植をすべきかどうかの選択を迫られるが…。

この物語には地域医療の実態と、臓器移植という2本の柱がある。大学病院に依存しなければ運営が成り立たない市民病院の現状、医療ミスとその隠蔽、患者への不誠実な対応。何より最初からあきらめているかのような病院の体質。これらは決して完全なフィクションではないだろう。原作者の大鐘稔彦は現職の医師ということもあり、病院や手術の描写にはリアリティが感じられる。その一方で、主人公の当麻の存在が、良くも悪くも理想的すぎて、現実感を欠いてしまうのだ。天才的な医師で素晴らしい人徳者。こんなお医者様がいればどんなにいいか。だがこの物語の個性は、そんな突出した医師でも、たった一人では何もできないと訴えていることだ。主人公を支える周囲のスタッフは、決して天才的な医師や看護師ではない。当麻の存在によって医療そのものを見つめなおしていく努力型の人間たちが、主人公をサポートしている点に、物語の誠実さがある。だがもう一つの柱である肝臓移植に関しては、あまりに描写が浅い。ドナー提供というデリケートな問題をあっさりとスルーするので、考える余地さえなかった。それでも、物語には、医療現場で懸命に働く人間たちの姿や、命を救うという根源的な使命に燃える人々の崇高さがある。医者にとっても患者にとっても、希望を与えてくれるヒューマンドラマだ。
【55点】
(原題「孤高のメス」)
(日本/成島出監督/堤真一、夏川結衣、吉沢悠、他)
(勧善懲悪度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
孤高のメス@ぴあ映画生活

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ (堤真一 堺雅人 出演)
熱いブンヤ魂が胸を打つ、ハイテンポな社会派ドラマ。描くのは、1985年の群馬での日航機墜落事故直後の、地元新聞記者たちのスリリングな一週間だ。激しいセリフの応酬とめまぐるしいカット割が未曾有の大事故と社内のカオスを体現して効果的。原田眞人は隠れ娯楽派で、つい盛り沢山になるのが難点だが、社長との擬似父子関係は効いていた。登場人物が多いので人間描写は物足りない。それでも堤真一をはじめ役者の演技は絶品。
【70点】
(日本/原田眞人監督/堤真一、堺雅人、尾野真千子、山崎努、他)
(リアリティ度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

魍魎の匣

魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
小説と映画は別物なので、大胆な換骨奪胎はよしとする。だが故・実相寺昭雄の後続が、品位に欠ける娯楽系監督原田眞人で良かったのか?との疑問が残った。少女連続失踪と謎のハコ事件に京極堂らが挑む物語は、複雑でまとまりがなく、集中力が必要。加えて、上海ロケは、美しいがどうにも日本に見えず苦笑を誘う。ところで、美人女優の黒木瞳は声としゃべり方がカマトトで個人的にいつもNG。題名の読みは“もうりょうのはこ”。
【60点】
(日本/原田眞人監督/堤真一、阿部寛、椎名桔平、黒木瞳、他)
(猟奇度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版]
大ヒット映画の続編で一番気になるのは、今度こそ芥川賞を取ると奮起する茶川と、彼を愛する踊り子ヒロミとの行く末だ。新キャラは小粒でインパクトが薄いが、その分安心して見ていられる。母と初恋の人との再会、失った部下など、昭和30年代の復興の気運の中に残る戦争の影を上手く織り込んだ箇所を評価したい。茶川と淳之介の、血縁を介さない家族のつながりが、この物語を現代に絶妙に接続している。
【70点】
(日本/山崎貴監督/吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、他)
(VFX技術度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ