映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

大政絢

レオン



大手食品会社「朝比奈フーズ」勤務の派遣社員、玲音(れおん)は、よく見ると美人でナイスバディなのに、ネガティヴな性格と言動で男性から相手にされず、地味なOLとして毎日を送っていた。そんな彼女は、社内のイケメンとつきあうことになって喜んだのもつかの間、あっさり捨てられた上に仕事もクビになってしまう。一方、「朝比奈フーズ」のワンマン社長・朝比奈玲男(れお)は女好きで、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事。そんな二人がある日事故に遭い、一命はとりとめたものの、心と身体が入れ替わってしまう…。

地味なOLとワンマン社長の心と身体が入れ替わることで巻き起こる騒動を描く爆笑コメディー「レオン」。原作はスマホマガジン「Hot-Dog-Press」で連載された人気漫画だ。有名映画と同名タイトルなのが少々気になるが、これは主人公の名前がれおんとれおということ。「転校生」や「君の名は。」を例に出すまでもなく、男女の心と身体が入れ替わる設定は、コミカルな描写もさることながら、男女の互いの心情を理解する心理描写に面白さがある。本作は、それに会社乗っ取りを企む陰謀や、玲音と玲男の思いがけない関係などがからんでくる仕掛けだ(注:あくまでライト感覚)。

そんなゴタゴタはこの際脇に置いて、本作で楽しんでもらいたのが、女好きのワンマン社長になった知英と気弱なOLになった竹中直人の爆笑演技合戦。竹中直人が上手いのは当然としても、韓国の人気ユニットKARAの元メンバーで、現在は日本で女優として活躍する知英が、中身は女好きのオッサンでありながら、女性社員を助けたり、社の危機に立ち向かったりと、サバサバした男っぽさで大奮闘していて微笑ましい。このテの話は、どうやって元通りの身体になるかが気になるところだが、本作では元に戻るだけでなく、もう一つ笑えるオチが。俳優たちの意外な魅力を楽しめるコメディーだ。
【60点】
(原題「レオン」)
(日本/塚本連平監督/知英、竹中直人、吉沢亮、他)
(爆笑度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

コスメティックウォーズ

コスメティックウォーズ [DVD]
一人前の経営コンサルタントになりたいと願う茜は、上司で恋人の坂本から、老舗化粧品会社に産業スパイとして潜入するよう命じられる。美容部員から本社の商品開発部へ異動することになった彼女は、坂本から、モデルチェンジするロングセラー商品の機密情報を入手するように指示される。不愛想だが仕事熱心な担当研究員・中野渡や、懸命に化粧品開発に打ち込む社員たちと過ごすうちに、茜の中で変化が生まれるが…。

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマン・ドラマ「コスメティックウォーズ」。化粧品業界と聞けば、華やかなイメージだが、商品開発の現場は、地道な研究と膨大なデータ収集の積み重ねで、まるで学術研究の場のよう。それでも研究員たちはより良い商品を作り出そうと日々努力を惜しまない。産業スパイが複数いて互いに監視するほど、その商品価値は高く、化粧品業界がいかに熾烈な競争の場かが見て取れる。映画は、産業スパイとなった主人公が、仕事熱心な社員たちと関わるうちに、まるで詐欺師や盗人まがいの行為に手を染める自分自身に疑問を持ち、変化していくというもの。とはいえ、ドラマはあくまでもライト感覚で、キャッチコピーにある“女の戦い”というほどのドロドロ感は感じられない軽さだ。全面協力しているALBIONアルビオン化粧品のPR映画のような趣も多々感じられ、いちいち微苦笑が出てしまう。そもそも一流の経営コンサルタントになりたいのに、素人レベルの腕しかないスパもどきで貴重な時間を費やすのが理解しがたいし、ドラマのディテールがあまりに荒いので、緊張感はまるでない。題材は面白いのに、結局のところ、着地点が安易すぎてがっかりしてしまったが、働くことへのプライドを失っていない点と、出演者がほぼスッピンで演技したという気合だけが救いだった。
【40点】
(原題「コスメティックウォーズ」)
(日本/鈴木浩介監督/大政絢、奥菜恵、高岡早紀、他)
(スポンサーPR度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
コスメティックウォーズ|映画情報のぴあ映画生活

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん<初回限定生産 特製ブックレット&ケース付> [DVD]嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん<初回限定生産 特製ブックレット&ケース付> [DVD]
ポップで残酷な青春ラブストーリーは、生活感がないところが、いかにもティーン向けのライトノベル原作らしい。物語は、“嘘だけど”のセリフが繰り返しスクリーンの外の観客へ向けて発せられ、独特のリズムで展開する。僕(みーくん)は、暴力的でわがままだけど可愛くて憎めない幼馴染の女の子まーちゃんと再会し同居することに。2人は10年前に起きた誘拐監禁事件の被害者で、今も深い心の傷を抱えていた。そんなとき、街では不気味な連続殺人事件と小学生姉弟の失踪事件が同時に発生。みーくんとまーちゃんは事件を捜査する刑事から容疑者と疑われてしまう…。

“みーまー”の略称で愛されている原作は、ティーン層に支持される人気作家の入間人間(いるまひとま)の同名小説。みーくんはまーちゃんを守るためなら何だってする覚悟だが、同時に彼女を完全に守ることはできないということも自覚している。だからこそ「嘘だけど」を連発しているのだ。みーくんの主治医の精神科医や小学生姉弟の失踪事件を捜査する刑事など、周囲の大人たちは、2人を心配と怪訝の入り混じった視線で見ているが、物語の定点はあくまでもみーくんとまーちゃんから見た世界。そこは、嘘と真実、幸福と不幸、善意と悪意が激しく錯綜する、不条理でアンモラルな空間だ。みーくんは嘘をつくことで、まーちゃんは過去の記憶を消すことで、現実逃避し、二人だけが理解できる空想の世界で浮遊する。鮮烈なのは、ままごとのようにポップな現在と、暗い色調でシリアスな過去の事件の対比だ。みーくんとまーちゃんが経験した想像を絶するほど残酷な誘拐監禁事件の狂気が、現在をいびつにゆがめていて、二人は過去と現在の間の溝にハマッて抜け出すことが出来ずにいる。実はその溝にはもう一人の人物が隠れていて、それが事件の鍵になるという仕掛けだ。ただ、不気味な連続殺人事件の意外な真相の部分は、ミステリーとしては不完全。まーちゃんの壊れっぷりも中途半端だし、みーくんが自分なりの方法で過去の事件に決着をつける方法もリアリティーに欠ける。だが、原作とは違う結末を用意したこの映画は、あくまでも、痛みと共に疾走する前向きな青春映画なのだ。ラストシーン、みーくんとまーちゃんがどこへ向かおうとしているのかは分からないが、2人の背中に爽やかな余韻は感じられた。
【50点】
(原題「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」)
(日本/瀬田なつき監督/大政絢、染谷将太、三浦誠己、他)
(アンモラル度:★★★★☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ