映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

大森南朋

アウトレイジ 最終章

映画「アウトレイジ 最終章」オリジナル・サウンドトラック
関東の山王会と関西の花菱会の間で起きた熾烈な権力闘争の後、韓国に渡った元大友組組長・大友は、日韓の裏社会を牛耳る実力者の張会長のもとに身を寄せていた。ある時、大友が仕切る済州島の歓楽街で、韓国に出張中の花菱会の幹部の花田が問題を起こし、張会長の部下が殺害される事件が発生。これに怒りが収まらない大友は、手下を連れて日本に戻るが、この事件はやがて花菱会内部の権力争いと、さらには張グループとの抗争に発展していく…。

裏社会の男たちが繰り広げる極悪非道の権力闘争を描いて大ヒットを飛ばした「アウトレイジ」シリーズの完結編「アウトレイジ 最終章」。第1作では、関東の巨大暴力団組織・山王会の権力闘争を、第2作では、関東の山王会と関西の花菱会の熾烈な抗争と裏で手を回す警察組織の陰謀を描いた。北野作品初のシリーズものの完結編である本作は、どこか日本映画の伝統である任侠映画の良さを醸し出している。しぶとく生き延びた主人公・大友は、自分を守ってくれた張会長の恩義に報いるため、また、過去の抗争で殺された兄弟分・木村の仇を取るため、韓国から日本に戻り、自ら非情な抗争の渦中に飛び込んでいく。

裏切りや打算、因縁をひきずりつつ、エゴまるだしで暴走するこの群像劇は、とにかく不敵な面構えの俳優たちの顔が魅力だ。特に新キャラで、狂気と笑いが同居するピエール瀧がいい。劇中、西田敏行演じる花菱会の若頭・西野が、大友を「あんな古臭いヤクザ」と吐き捨てるように言う場面がある。つまり全員悪人のアウトレイジであっても、大友は結局、義理や恩義に囚われた過去の遺物で、そういう類の人間は消え去る運命にあるのだ。相変わらず凄惨で、それでいて笑える凝ったバイオレンス描写が満載だが、暴力の中に、古き良き任侠映画の終焉の時を見るようで、哀愁がひときわ際立つ最終章となった。だからだろうか、冒頭の済州島でのんびり釣りをしている大友の姿に、北野映画の大きな魅力である虚無感が色濃く漂っている。
【60点】
(原題「アウトレイジ 最終章」)
(日本/北野武監督/ビートたけし、西田敏行、大森南朋、他)
(クラシック度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

R100

R100 [Blu-ray]
謎のSMクラブに入った男が不条理な体験をする異色作「R100」。ワケがわからない物語には、実は大きな仕掛けがある。おかげで過去作品の中で一番“映画らしい”かも。

有名家具店に勤務するサラリーマンの片山は、好奇心から謎の会員制SMクラブ「ボンデージ」に入会する。それ以来、様々なタイプの女王様たちが、片山の日常生活に突然現れ、片山を責め立てる。これまで味わったことがない緊張感と恍惚感に夢中になるが、やがて美女たちは、彼の職場や家庭にまで現れるように。耐えられなくなった片山はプレイを止めてくれるよう懇願するが、クラブを途中退会することは出来ず、事態はさらに予測不能な方向へと向かっていく…。

我が道を行く松本人志による監督4作目は、SMがテーマだ。例によって事前の情報はほとんど伏せられ、かん口令も布かれているので詳しい内容は明かせない。過激なプレイとエロスを期待するファンには悪いが、中身はコメディとオカルトを足して2で割り、一瞬芸のコントを振りかけたような内容と言えようか。男手一つで幼い息子を育てる平凡な主人公がSMクラブに入会するのは、好奇心か、気の迷いか、あるいは深層心理の欲求だったのか。怪しげなボンテージに身を包んだ美しい女王様から、心身ともに責められらる片山は、恐怖と快感を同時に味わって、目を細め頬を膨らませる。肉体的な暴力の痛み、寿司を手のひらで叩き潰すという嫌悪感、昏睡状態で病床に横たわる妻の横での恥辱、さらにはスーパーナチュラルな言動まで、片山が味わう“契約”の数々に、これは現実なのか、妄想なのかと首をかしげた。だが、映画中盤に、このすべての不条理を一発で解決する“必殺技”が仕込まれていてビックリ。それは、この散発的な芸と笑いを散りばめた本作に対して発せられるであろう、あらゆる批判をかわす免罪符だ。「ずるい」というのが正直な感想なのだが、まぁ、観客を困惑させたあげくに、こんな“映画的”な仕掛けを施すようになったのは、監督としての進歩なのかもしれない。大地真央、寺島しのぶ、佐藤江梨子ら美女たちの競演が豪華だが、なんといってもド迫力に美しいのは長身の冨永愛。トレンチコートを脱ぎ捨ててボンデージ姿になる瞬間は、思わず拍手したくなった。
【40点】
(原題「R100」)
(日本/松本人志監督/大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、他)
(困惑度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

R100@ぴあ映画生活

犬とあなたの物語 いぬのえいが

犬とあなたの物語 いぬのえいが 通常版 [DVD]犬とあなたの物語 いぬのえいが 通常版 [DVD]
犬をテーマにしたハートウォーミングなオムニバス「いぬのえいが」の第2弾。6つのエピソードはそれぞれに工夫があるが、全体の構成がちょっと不自然だ。翻訳家の一郎は子供の頃に可愛がっていた柴犬ジローの死のショックで犬嫌いに。それなのに、妻の美里は、ある日、半ば強引にラブラドールレトリバーのラッキーを引きとって飼うと宣言する。在宅で仕事をする一郎を静かに見守るラッキー。一人と一匹はやがて心を通わせるが…。

6つの短編は、コメディタッチのものもあれば、皮肉めいたものや、感動の物語まで切り口はさまざま。中心になるのは、大森南朋と松嶋菜々子共演の「犬の名前」という物語で、若くして記憶障害になってしまう主人公を、もの言わぬ犬が静かに支えるストーリーには、子供の頃のエピソードも含めて泣かされる。ペットには人を癒す力があるが、ラブラドールレトリバーは特にその力が強いらしい。この物語のラストは楽観的すぎるのかもしれないが、ボロボロになった妻をもう一度笑顔にしたのは、飼い主に無償の愛を捧げる犬の存在。ラッキーは夫の一郎に寄り添った以上に、妻の美里を支えていたのだ。実際にセラピー・ドッグとして活躍する犬種だけに、説得力がある。その他のエピソードは、犬と同じ名前の“あきら”に降りかかる災難や、自宅に残した室内犬のことを過剰に心配する母親、誘拐した犬に情が移ってしまう誘拐犯の顛末、など。ただTVのペット紹介番組の面白エピソードを取材する「愛犬家をたずねて。」の扱いがマズい。短い4話で構成されているためか、全6話のエピソードの途中に挿入されるのだが、これがオムニバスのテンポを崩している。また、6話の長さがバラバラなのも気になった。奇をてらわず、1話それぞれを正攻法で見せる方が、観客は素直に感動を味わえるのではないか。ホロリとするのは、最後のエピソード「バニラのかけら」で、いわゆるペットロスの悲しみを描いている。ペットを飼ったことがある人ならグッとくる話だ。逝ってしまった愛するペットを忘れる必要などない、犬との楽しかった日々をずっと覚えていてあげたい。そんな物語で締めくくってくれたのは嬉しかった。登場する“主役”の犬たちは、全部で69犬種107頭。どのコも皆愛らしくてたまらない。
【50点】
(原題「犬とあなたの物語 いぬのえいが」)
(日本/長崎俊一、石井聡一、江藤尚志、川西純、中西尚人、水落豊監督/大森南朋、松嶋菜々子、堀内敬子、篠田麻里子、生瀬勝久、小倉智昭、中尾彬、内野聖陽、高畑淳子、北乃きい、他)
(犬好き必見度:★★★★☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

スイートリトルライズ

スイートリトルライズ [DVD]スイートリトルライズ [DVD]
穏やかさの中にただならぬ気配がある作品だが、どこか空虚で共感できない話だ。IT会社勤務の聡と人気テディベア作家の瑠璃子は結婚3年目の夫婦。今も恋人同士のような二人はハタから見れば理想的だが、互いに心の距離を感じている。寂しさを抱えた瑠璃子は、ある日、非売品のベアを欲しがる青年・春男と出会い、急速に惹かれていく。一方、聡も大学の後輩であるしほと深い関係に。聡と瑠璃子は互いの相手と逢瀬を重ねるのだが…。

夫の聡は帰宅すると自室に鍵をかけTVゲームに興じ、妻の瑠璃子は夫に用があるときは携帯でメールする。その不自然さを他者に指摘されれば、実は危機と感じているのに平気なふりをする。彼らの関係は波風をたてないための小さな嘘で成り立っているのだ。瑠璃子が「この家には恋が足りないと思うの」とうっかり本心を口に出したことから、嘘がもたらす不安が広がることに。ヒロインは子供がいないせいか、生活感をまったく感じさせない夢の中にいるような女性。だが春男に対し「人は守りたいものに対して嘘をつく」と残酷なことを言う。瑠璃子の心の澱みはかなりどす黒い。聡もまたしほとの関係にのめりこみながらも答えを出そうともしない。夫婦は日々の暮らしの中で互いの澱みを認識するが、それを浄化する唯一の方法が、生活臭い本音のつきあいではないのか。瑠璃子は「腕に入れて」と何度も聡に頼むが、そこは安全でも充足でもないポッカリと空いたブラックホールだ。この物語に白々しさを感じるのは、勇気を出して現実に向き合うことなく、透明で美しいと錯覚した嘘を正当化する姿に嫌悪感を覚えるからかもしれない。「もうすぐ帰る」という言葉は、ハッピーエンドではなく、嘘と嘘の間に生まれた僅かな休息。今回のW不倫はなんとか乗りきれても、夫婦の幸せな未来が見えてこない。この映画の暗い味わいは、不誠実な孤独感にあるのかもしれない。
【45点】
(原題「スイートリトルライズ」)
(日本/矢崎仁司監督/中谷美紀、大森南朋、池脇千鶴、他)
(孤独感度:★★★☆☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

笑う警官

笑う警官 [DVD]笑う警官 [DVD]
角川春樹が11年ぶりにメガホンを取ったことが話題のサスペンスだが、社会性より娯楽性が際立つエンタメ映画になっている。札幌市内のアパートで女性警官の変死体が発見される。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井に容疑がかけられ、異例の射殺命令までも下される。一連の流れに何かしらの秘密を感じた所轄警部補・佐伯は、信頼できる仲間たちと極秘で捜査を行なうが、彼らはこの事件の裏にある警察内部の隠された闇に踏み込んでいく…。

原作は佐々木譲の「道警シリーズ」の第1作で同名のベストセラー。実際に北海道で起きた警察の汚職事件を基にしているというから、リアリティが感じられる。女性警官殺人事件の犯人に仕立て上げられた巡査、秘密の顔を持つ死んだ女性警官、上層部の思惑や仲間の裏切りなど、登場人物は善も悪もすべて警察というから徹底している。なぜ津久井が犯人にされるのかという謎が事件の鍵となるが、二転三転しながら進む物語には、市民の安全を守る警察の顔はまるでなく、ひたすら金銭と権力に固執する醜い人間模様ばかりで気が滅入る。今や、正義などというものは都市伝説なのか。ジャズを随所に取り入れるなど、大人のムードを醸し出したところや、クライマックスの盛り上げ方など、いかにも往年の角川カラー。だが、最後の最後に見せる意外な人物の“笑い”は、やりすぎではないのか。ほとんど笑顔をみせず沈うつな表情の登場人物たちの中で、若い刑事役の忍成修吾が復活を誓うのがせめてもの救いだ。
【60点】
(日本/角川春樹監督/大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、他)
(どんでん返し度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

映画レビュー「ハゲタカ」

映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]
◆プチレビュー◆
秀作TVドラマの劇場版。巨費が動くマネーゲームと現実の不況が絡み合い、異様な迫力がある。 【75点】

 非情な手段で企業を買い叩き“ハゲタカ”の異名を取った天才ファンドマネージャー鷲津政彦は、盟友の芝野の訪問を受ける。日本を代表する大企業アカマ自動車を、中国系巨大ファンドの買収から救ってほしいと頼まれるが…。

 TVドラマの劇場版が大ヒットする中、人気とは裏腹にその中身のなさに脱力する映画ファンは多い。だがNHKで放送された秀作金融ドラマの続編である本作の質は保証する。企業とそれに係わる人間を見事に照射するストーリーには、派手なCGも華麗な恋愛もないが、素人には難しい経済ドラマを、分かりやすく、かつスリリングに描いて見応えがある。さらに、現実に起った金融危機に沿って練り直したリアルな脚本が、作品のレベルを引き上げた。今回の壮絶なマネーゲームの相手は、何かと話題の中国である。

 敵役は、劉一華(リュウ・イーファ)という男。残留孤児三世で“赤いハゲタカ”と呼ばれる謎の人物だ。潤沢な資金を背景に、さまざまな技と謀略で鷲津とアカマ自動車を追いつめていく。劉自身の背景や中国の国家的思惑、やがてたどる運命の描写には強引な点もあるが、玉山鉄二がクールに演じる野心家は魅力的だ。不幸な過去を持つ劉が言う「金を粗末にするな」のセリフには、鬼気迫るものがある。ある理由で人一倍アカマ自動車に対する思いを抱える劉。彼は、日本を救うのか、それとも破壊するのか。

 進退窮まったかに見えた鷲津の打った大胆な作戦で、買収劇は意外な方向へ転がっていく。鷲津がアカマ自動車を救うホワイトナイトを引き受ける理由が曖昧なのが気になるが、多くの観客は、彼の心の底にある静かな闘志を見るだろう。とりわけ、再び日本のマーケットに戻り、国家規模の買収戦争の大勝負に挑みたいという、抗い難い欲求を。人や企業のさらに上に存在する国同士の対峙。このスケールの大きさが、映画版のハゲタカ・ワールドの真髄だ。

 それにしても、大森南朋が主演の映画を見ることになろうとは。この人こそ、日本映画界の名バイプレイヤー。主役級の役でも、存在感の薄さで味を出す。地味なルックスをいかして、普通のサラリーマンから殺し屋、果ては死体まで、どんな役でもこなす究極の脇役だ。そんな彼が堂々と主役を張る姿を見て嬉しいような残念なような…。いずれにしても「ハゲタカ」は彼の代表作になろう。

 買収ビジネスを通し、深みのあるドラマを骨太なタッチで描く本作は、大人のための映画だ。日本企業が外国に乗っ取られるのを阻止するべく奮闘するという愛国心に訴える内容は、グローバリズムの観点からは賛否があろう。だが、心の芯に響く“ものづくりへの想い”は、必ず共感を呼ぶ。合理主義の隙間にある人間の情熱は、善悪のものさしでは単純に測れないものだ。ハゲタカは蔑称だが、経営危機に瀕した企業を買収して再生させるのが本来の役目。マネーゲームと呼ばれる攻防戦は、修羅場を戦い抜く主人公にとって“生”の証だ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)シリアス度:★★★★★

□2009年 日本映画
□監督:大友啓史
□出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、他

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ