THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章 [Blu-ray]
実写シリーズ第2章「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章」。ギャグのみで構成された内容に、ファンのぼやきが聞こえてきそう。

エピソード2:98式再起動せよ
レイバー犯罪も下火となってほとんど出番がない特車二課の98式イングラム。特車二課の解体を目論む警視庁上層部の陰謀で、警視総監の前で礼砲を打つことに。ろくに立つこともできないイングラムを、整備班は総力を結集して修理するが…。
エピソード3:鉄拳アキラ
脅威の動体視力と反射神経で、レイバーの操縦とゲームに青春を捧げた、一斑操縦担当のアキラ。非番の日に出かけたゲーセンで、アキラは最強の中年オヤジに遭遇し、完敗する。衝撃を受けた彼女は、非常識なまでの修行を積んで中年オヤジとの対決の時を向かえるが、そこで“勝つための思想”を知ることになる…。

前作未見ではつらいし、一見さんお断りの作りは不親切だが、前作とは違い、本作ではズバリ本題に入っていくので、話は早い。エピソート2は、一応、イングラムが主役だ。整備班がゾンビのようになりながら修理したイングラムはついに動きだすが、予想通りトンデモな結果となる。だが、このオチはいくらなんでも無神経すぎやしないか?!それでもイングラムの数々の“型”が披露されるなど、お楽しみは用意されている。それに対し、悪ふざけがすぎるのがエピソード3だ。イングラムはほとんど無関係。ゲーム決戦に臨むアキラと、最強オヤジとの対決は、寺山修司の引用に、立喰師列伝的演出と、やりたい放題だ。ゲスト出演・竹中直人の長台詞の果てに明かされる“勝つための思想”のオチが、これまた脱力必至である。いったいいつロボット映画らしくなるのだろうか? コネタとギャグの応酬、過去作のセルフ・パロディに、いつしか慣れつつある自分がコワいが、まぁ、いいだろう。この一連のシリーズは映画というよりイベントなのだから。特殊な公開形態ということで、長編映画に至るまでの章は、例によって今回も得点は表記しないこととする。
【(ー)点】
(原題「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章」)
(日本/押井守、辻本貴則、湯浅弘章監督/真野恵里菜、福士誠治、竹中直人、他)
(第2章度:★★★★★←暫)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第2章@ぴあ映画生活