1920年代のパリ。日本人画家のフジタ(藤田嗣治)は、「乳白色の肌」と称賛される裸婦像で一躍エコール・ド・パリの人気者となる。雪のように美しい肌をしたリシュー・バドゥーと出会い、一緒に暮らし始めるが、やがて第二次世界大戦が勃発。日本に帰国したフジタは、戦意高揚のため戦争画を描き美術界の重鎮になっていく。5番目の妻・君代と共に疎開先の村で暮らしながら、終戦を迎えるが…。

国際的に評価が高い小栗康平監督が「埋もれ木」以来、10年ぶりに発表した「FOUJITA」は、日本人画家・藤田嗣治の波乱の生涯を描くものだ。だが通常の伝記映画のように、一生を追う形はとっておらず、説明も極力排した演出は、物語性も希薄で、まるで絵画を見ているよう。前半では1920年代のパリ時代の享楽的な創作の日々を、後半では1940年代の帰国後の疎開先での閉塞的な暮らしぶりを、静謐なタッチのビジュアルで描いている。浮かび上がるのは、異国で成功したフジタのプライドや傲慢さ、その裏に潜む孤独などだ。パリ時代、独特な風貌と奇抜な言動でフーフー(お調子もの)という愛称で呼ばれても、そこには、まずは覚えてもらわないといけないというフジタの確信犯的戦略があった。キラ星のような才能が集まったエコール・ド・パリの中、何とかして自分を印象付けようと自らを演出したのだろう。彼が、なぜ帰国後に戦争画を描いたのかという疑問に、映画は明確な説明は提示しない。フランスでは日本画を思わせる絵を、日本では西洋風の絵を描く。この矛盾の答は、劇中にフジタが言う「絵はしょせん絵空事」という皮肉とも達観ともいえる言葉の中にあるのかもしれない。おかっぱ頭と猛特訓したというフランス語のセリフで熱演する主演のオダギリジョーの抑えた演技となりきりぶりに、感心した。
【65点】
(原題「FOUJITA」)
(日本・仏/小栗康平監督/オダギリジョー、中谷美紀、アナ・ジラルド、他)
(伝記映画度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
FOUJITA@ぴあ映画生活