映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「パッセンジャー」「キングコング 髑髏島の巨神」etc.

小栗旬

ミュージアム

ミュージアム 公式ビジュアルブック
現場に“ドッグフードの刑”や“母の痛みを知りましょうの刑”などの謎のメモが残される猟奇殺人事件が発生する。犯人はカエルのマスクを被った、通称・カエル男で、事件は必ず雨の日に起こっていた。警視庁捜査一課の刑事・沢村は、一連の事件の関連性に気付き、犯人に近づいていく。だが、カエル男の次のターゲットは、沢村の妻子だった。犯人を追っていた沢村は、追われる立場になり、次第に追い詰められていく…。

残忍な猟奇殺人事件を繰り返すカエル男と、彼に妻子を狙われた刑事の命がけの攻防を描くサイコ・サスペンス「ミュージアム」。原作は巴亮介によるサイコスリラー漫画だ。一定の目的を持って、猟奇殺人を繰り返し、それを世間に“見せる”ことを喜びとする犯罪は、米映画「セブン」を連想させる。他者に見てもらうことで犯人が自分を主人公のように見立てる犯罪を、劇場型犯罪と呼ぶが、本作の犯人のカエル男は、自分を天才的な芸術家(アーティスト)だと思っている。彼が残すメモと常軌を逸した死体の造形は、カエル男の美術館(ミュージアム)に飾る作品なのだ。犯人の主張はどこまでも身勝手なのだが、刑事の沢村は、仕事に忙殺されて家庭を顧みなかった“罪”がある。一方で、沢村の妻には、夫の仕事を理解しない“罪”があった。夫婦の間には深い溝が出来てしまっているが、彼らの愛情を試すのがカエル男という構図なのだ。カエル男が雨の日だけを選んで凶行に及んでいるのは、実はワケがある。ここにたどり着くのがトントン拍子すぎることや、猟奇殺人事件を扱うのにR指定を避けたことで、残酷描写は控えめ。ただ、はっきりと写さない分、想像力を刺激するし、薄暗い雨の中でのカーチェイスやアクションは、スピーディかつ洗練されていて、さすがは「るろ剣」で日本映画離れしたアクションを披露した大友啓史監督だと感心してしまう。家庭と仕事、冤罪と裁判員制度、心に深い傷を残すPTSD(心的外傷後ストレス障害)と、劇中には現代の病巣がしっかりと描きこまれていた。ラスト、一見ほのぼのとした風景の中に、身体を掻く何気ない描写が。これは原作にはない設定で、背筋が寒くなるような余韻となっている。
【70点】
(原題「ミュージアム」)
(日本/大友啓史監督/小栗旬、尾野真千子、野村周平、他)
(夫婦愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ミュージアム|映画情報のぴあ映画生活

信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)

映画「信長協奏曲」 スペシャル・エディションBlu-ray
歴史が大の苦手な高校生・サブローは、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップしてしまう。偶然出会った織田信長とうりふたつだったことから、信長として生きることに。天下統一を目前に控えたサブローはある日、信長が間もなく死ぬ運命にある事を知る。過酷な運命に苦悩するが、正室の帰蝶や家臣の支えで運命に抗おうと決意。サブローは本能寺で帰蝶との結婚式を計画するが、周囲から愛されるサブローに嫉妬する光秀や、信長に深い恨みを抱く秀吉らによる不穏な企てが動き出していた…。

石井あゆみの大ヒットコミックを原作に作られた人気TVドラマの劇場版「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」。ドラマ版初見の観客にもわかるようにと、映画冒頭に、それまでのあらすじがご丁寧に流れるという、サービスぶりに苦笑するが、ともあれ、TVドラマファン向けの完結編である。コメディタッチの演出が大半だが、自分から信長の座を手放したにも関わらず、家臣や妻の愛を勝ち得ているサブローに対して嫉妬する光秀という、ちょっと複雑なキャラクター設定は面白い。主演の小栗旬が一人二役で演じるサブローと光秀(本物の信長)を太陽と月に準えて、どちらも必要な存在なのだと説くせりふはなかなか良い。映画そのものは、あくまでもテレビの延長線上にあるエンタテインメントで、ドタバタ劇や、歴史を軽く無視した設定、ほとんどゴリ押しに近いラストの収束まで、どこまでもライト感覚だ。原作はまだ連載中なので、物語はまだまだ続きそうだが、何事にも逃げ腰だった若者サブローの成長物語として、映画版エンディングを楽しみたい。
【50点】
(原題「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」)
(日本/松山博昭監督/小栗旬、柴咲コウ、向井理、他)
(ライト感覚度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
信長協奏曲(のぶながコンツェルト)@ぴあ映画生活

ルパン三世

ルパン三世 Blu-rayコレクターズ・エディション
大泥棒ルパン三世と仲間たちの出会いを描く実写版「ルパン三世」。アニメに限りなく近いコスプレ状態だが、とりあえず見ていて楽しい。

かのアルセーヌ・ルパンの孫で、世界で最も有名な大泥棒ルパン三世は、アジア闇社会の権力者プラムックが持つ運命の宝物“クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ”を狙う。だが「手にしたものは世界を手に入れる」と言われる、そのネックレスは、世界最強の鉄壁セキュリティに覆われた超巨大要塞型金庫“方舟(ジ・アーク)”に納められていた。天才怪盗として、この絶対不可能に挑むルパン三世は、ICPOの銭形警部の追跡をかわしながら、仲間の次元大介、石川五ェ門、峰不二子らとともに秘宝強奪計画を進めていくが…。

モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」は、原作コミックやTVアニメ、劇場版アニメと、熱心なファンを持つ超人気作。今回の実写映画化は、「ルパン三世 念力珍作戦」(1974年)以来40年ぶりの実写化となる。ここまで有名な原作コミックの実写化となると、キャスティングが最大の決め手となるが、本作は、現在の日本映画界ではベストの配役ではなかろうか。赤いジャケットを着こなし、軽妙なトークとスマートなアクションで決めてみせる小栗旬はルパンそのものだし(ただしもみあげがない!)、五ェ門の綾野剛と、銭形のとっつあんこと浅野忠信もコミカルな演技でいい味付けになっている。ハリウッドでも活躍する北村龍平が監督だけあって、アクションもハイレベルだ。全編吹替はすぐに慣れるが、なんといってもタイの「オンリー・ゴッド」組の役者たちが面白い。秘宝のネックレスをめぐる不二子の動向や、強奪作戦の顛末は、ユルユルだが、伝説の大泥棒が活躍するこの物語そのものが一種のファンタジー。楽しんだモン勝ちというものだ。次元、五ェ門、不二子、銭型の最初の出会いの物語は、うまくまとまっていて、この後の彼らの物語が思わず見たくなる。
【65点】
(原題「ルパン三世」)
(日本/北村龍平監督/小栗旬、玉山鉄二、綾野剛、黒木メイサ、浅野忠信、他)
(アクション度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ルパン三世@ぴあ映画生活

キャプテンハーロック

キャプテンハーロック 完全初回限定生産 特別装飾版Blu-ray 3枚組
松本零士の人気コミックをリブートした壮大なアニメーション「キャプテンハーロック」。映像のクオリティが高く、まるで実写のよう。

人類が銀河の果てまで進出していた時代。地球の居住権をめぐる争いを鎮めるため、人々は植民惑星での暮らしを強いられていた。かつての戦争の英雄で、今は政府に反旗を翻し、宇宙海賊となったハーロックは、海賊船アルカディア号で部下とともに地球を目指していた。政府からハーロック暗殺命令を受けた青年ヤマは、乗組員を装いアルカディア号に潜入する。やがてヤマは、ハーロックの真意と、地球連邦政府がひた隠す秘密を知ることになるのだが…。

1970年代に一世を風靡した、巨匠・松本零士の代表作で人気コミック「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、世界で活躍するクリエイターである荒牧伸志監督がフルCGでアニメ映画化したのが本作。まず映像のクオリティがすごい。全体的にダークな色彩なので爽快感には欠けるものの、実写以上にリアルな戦闘の迫力は、今の日本映画の中ではダントツの出来だろう。総製作費3000万ドルという巨費もまた破格だ。アルカディア号のデザインは激変しているので、原作ファンには不満だろうが、船首に不気味なドクロが刻まれた宇宙海賊船の巨体がゆっくりと画面に現れる様は、圧巻だ。松本零士の他作品にも顔を出す、伝説の宇宙海賊ハーロックは、ある理由で政府に反旗を翻した謎の人物。全宇宙広域指名手配のハーロックは、呪われたため不死だとも言われている。クールだが情に厚い頼れるリーダーだが、地球の真実についてある秘密を隠し持っている。一方、兄イソラへの贖罪の気持ちからハーロック暗殺を引き受けた刺客ヤマもまた、心に葛藤を抱える人物だ。後半は、連邦政府が隠す真実とハーロックの真意が明かされる展開となる。主役であるヤマの信念がブレがちなのは共感しにくい。壮大なテーマの割には、戦うモチベーションが小さいことも気になる。ラストの決着も正直ビミョーだ。それでも信念のためには命さえ惜しまないダークヒーロー・ハーロックの存在感は際立っている。蘇った孤高の海賊もまた、21世紀の現代では悩めるヒーローとして存在するしかないのだ。往年のファンには、いろいろと文句もあるだろうが、あくまでもリブートとして楽しみたい。
【60点】
(原題「Space Pirate Captain Harlock/キャプテンハーロック」)
(日本/荒牧伸志監督/(声)小栗旬、三浦春馬、蒼井優、他)
(映像美度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
キャプテンハーロック@ぴあ映画生活

グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記 [Blu-ray]グスコーブドリの伝記 [Blu-ray]
クチコミを見る
宮沢賢治の名作童話を美しい映像で描くアニメーション「グスコーブドリの伝記」。自然の猛威をテーマにした物語は、東日本大震災を経験した今の日本と重なって見える。

きこりの息子のグスコーブトリは、美しいイーハトーブの森で、優しい両親と可愛い妹と幸せに暮らしていた。だが、ある年、森を直撃した大冷害のため家族を失い、ひとりぼっちになってしまう。それでもブドリは生きるために精一杯働き、やがてイーハトーブ市の火山局で働くことに。そこに再び大きな冷害が襲ってくる。冷害をくい止めるためには、人工的に火山を爆発させ、その熱で防ぐしかない。極めて危険な状況を前に、ブドリはある決心をする…。

東北・岩手が生んだ国民的作家の宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」には、賢治の辿った人生の断片が多く盛り込まれている。飢饉や冷害、家族の死などがそれだ。それでも、何度も大災害に見舞われた故郷を、賢治は深く愛していた。監督の杉井ギサブローは賢治の名作「銀河鉄道の夜」もアニメ化しているが、それと同じく、本作でもますむら・ひろしによる、擬人化した猫をキャラクター化し、大きな困難に直面した主人公が前向きに生きる成長物語を綴っている。この映画の企画は約5年前だったそうだが、未曾有の天災によって家族を失う設定は、東日本大震災の惨状そのものだ。賢治の物語はいつも普遍性を備えているが、本作のそれは悲しいほど今の日本と地球環境に訴えかける。ブドリは素直で前向きな性格で、ひとりぼっちになってもさまざまな出会いの中から、生きる知恵と知識を吸収して成長する。最初は少年だったが、火山局に勤める頃には20代になり、大人としての自覚も。もう二度と悲劇を繰り返したくないとの強い願いが、ブドリにある決心をさせるのだが、それは宮沢賢治の作品にしばしば登場する、自己犠牲の精神だ。クライマックスには、スペクタクルと幻想が入り混じる迫力の場面が用意されているが、その幕切れは意外にもあっけない。それはおそらく、すべてを破壊するほどの惨劇を起こす自然は、次の瞬間には、何事もなかったかのような穏やかな表情をみせるのによく似ている。個性豊かな猫の登場人物たちの生き生きとした表情、イーハトーブの美しい情景、ブルーを効果的に使った幻想的な空間。すべてが日本のアニメーションのレベルの高さを再認識させてくれるものだった。
【70点】
(原題「グスコーブドリの伝記」)
(日本/杉井ギサブロー監督/(声)小栗旬、忽那汐里、草刈民代、他)
(繊細度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
グスコーブドリの伝記@ぴあ映画生活

宇宙兄弟

宇宙兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション宇宙兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション
クチコミを見る
宇宙への夢とロマンを描く「宇宙兄弟」。荒唐無稽な物語だが、夢を追い続けることこそが勇気と教えられる。

兄ムッタと弟ヒビトは、幼い頃UFOを目撃し、共に宇宙へ行こうと誓ったが、約束通り宇宙飛行士になったヒビトとは対照的に、兄ムッタは就職した自動車開発会社もクビになり、やさぐれた日々を送っていた。そんなムッタのもとへ、宇宙飛行士選抜試験の書類選考通過の知らせが届く。ムッタに内緒でヒビトが応募していたのだ。「忘れたのかよ、あの約束」。ムッタは弟への劣等感を抱えながらも再び宇宙への夢に挑戦することになるのだが…。

原作は、小山宙哉の大人気コミック。共に宇宙にロマンを抱く兄弟の物語だが、もじゃもじゃ頭の兄ムッタ(六太)と、無邪気な性格の弟ヒビト(日々人)は、子供時代を除いて、ほとんど同じ画面に登場しない。ムッタが宇宙飛行士の最終試験で奮闘するその時、ヒビトは月でとんでもない事態に。とてつもない距離感がそこにあるが、二人が常に心の底でつながり、支えあっていることを私たち観客はひしひしと感じ取る。宇宙飛行士というと、とびきりのエリートのイメージなのに、人生ドロップアウト気味のムッタが懸命にチャレンジする姿は、リアリティは薄くても思わず応援したくなるはず。ムッタというキャラクターが持つ、優しさ、ユーモア、独特のスケールの大きさが、荒唐無稽なこのスペース・エンタテインメントを支えているのだ。出演者は、W主演の小栗旬と岡田将生はもちろん、脇役まで味のある実力派をそろえた豪華な布陣。コールドプレイが主題歌を提供するというのもこれまた豪華。JAXAの協力だけでなく、NASAケネディ宇宙センターでの撮影というウルトラ級の贅沢も。さらに、さらに!悩めるムッタに、ロケット打ち上げの成功の秘訣を語る老人は、なんとアポロ11号乗組員で月面を踏んだ英雄バズ・オルドリン本人だ。何から何までゴージャスな内容だが、本作は、難しい宇宙の説明やロケット理論は控えめで、対照的な兄弟の心の葛藤と、宇宙へのロマンをストレートに描いた。わかりやすい内容で、間口の広い作品になったことが一番の長所だろう。
【60点】
(原題「宇宙兄弟」)
(日本/森義隆監督/小栗旬、岡田将生、麻生久美子、他)
(青春映画度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
宇宙兄弟@ぴあ映画生活

キツツキと雨

キツツキと雨 ブルーレイ 豪華版 [Blu-ray]キツツキと雨 ブルーレイ 豪華版 [Blu-ray]
クチコミを見る
きこりと新人監督との異業種交流を描くハートウォーミング・ドラマ「キツツキと雨」。時に非常識で傍若無人な映画作りの妙味が面白い。役所広司のゾンビメイクに大笑い!

山あいの山村にゾンビ映画を作る撮影隊がやってくる。ひょんなことから手伝うことになったきこりの克彦は、最初はいやいや参加していたが、やがて映画作りの面白さに目覚める。一方、プレッシャーに弱く、使えない新人監督の幸一は、現場をまとめきれず、ついに逃げ出してしまうのだが…。

60歳のきこりと25歳の新人監督。年齢も職業も価値観も違う二人が、不器用でも少しずつ距離を縮めて判り合っていく。究極の異業種交流のツールがゾンビ映画というのが絶妙だ。噛み合わないきこりの父子、自信が持てない監督業。身近な人にイラついたり、他人にあきれたり。誰もが問題を抱えているが、それでも思いがけないつながりが“新しい自分”を教えてくれる。緑豊かな山の自然にゾンビの異化効果、さらには、劇中のゾンビ映画の徹底したチープさが、半人前にもなれず孤立する映画監督・幸一そのもののようで情けなくも可笑しい。映画作りとは複数の人が力を合わせて初めて成し遂げることができるミッション。クライマックス、一瞬雨が上がる瞬間に、擬似親子のような絆で結ばれた克彦と幸一の連帯感は見事に結実する。ゆっくりでもいい、少しずつ成長していければいい。「あの木が一人前になるには100年かかるよ」。このセリフにグッときた。映画作りを描く作品は内輪受け風になりがちだが、本作は控えめな映画愛が心地よい、愛すべき人情ドラマに仕上がった。
【60点】
(原題「キツツキと雨」)
(日本/沖田修一監督/役所広司、小栗旬、高良健吾、他)
(映画愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

キツツキと雨@ぴあ映画生活

岳 -ガク-

岳 -ガク- DVD通常版岳 -ガク- DVD通常版
山岳救助ボランティアの主人公はどこまでも前向き。雄大な日本アルプスの風景が美しい。

世界中の山に登り、山の厳しさを知りつくした上で山を愛する島崎三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者の人命を守ってきた。春になり、長野県警山岳救助隊に新人女性隊員の椎名久美が配属される。彼女は、隊長の野田や三歩の指導の下、厳しい訓練を積んで成長していくが、実際の救助では自分の未熟さや自然の猛威にさらされ、自信を失ってしまう…。

原作は石塚真一による人気コミック「岳 みんなの山」。山岳映画はロケの厳しさで知られるが、苦労の割には予算の関係からか報われないことが多いのが日本映画の悲しさだ。そこは役者の技量で埋めるしかないのだが、残念ながら本作は人間描写が浅く、クライマックスに久美があるショッキングな決断を下す場面も、迫力とは無縁。救助の究極の厳しさがさっぱり伝わってこない。ストーリーは表層的だが、三歩が決して登山者を責めない姿勢は印象的だ。自分のミスで遭難した人に対しても「よく頑張った」と励ますのは、山を嫌いにならないでほしいとの願いと、いつかまた必ず山で会おうという約束の気持ちが込められている。生きること。それが山に決して捨ててはいけないものとは?の問いに答える映画のメッセージだ。
【50点】
(原題「岳 -ガク-」)
(日本/片山修監督/小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、他)
(ベタ度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

岳 -ガク-@ぴあ映画生活

シュアリー・サムデイ

シュアリー・サムデイ スタンダードエディション [DVD]シュアリー・サムデイ スタンダードエディション [DVD]
人気俳優の小栗旬の初監督作品は、彼の人脈をいかしたキャストのイキの良さが伝わる青春ムービーだ。過去の悪ふざけのツケで目標のない毎日を生きている若者たちが、冴えない人生を変えようと暴走する。タクミら5人の高校生は、バンドを組み文化祭に向けて練習していたのに、文化祭が中止になると知り激怒。抗議するために狂言の爆破事件を予告するが、手違いで本当に爆発が起きてしまう。それから3年、学校を退学になった彼らは、自分たちが起こした事件が引き金で、親しかった人の人生が大きく狂ってしまったことを知る…。

俳優が初監督するというと、どうしても懐疑的になってしまうのだが、本作は、若さゆえの無謀と情熱を感じる青春映画として見れば、荒削りながら、そこそこ楽しめる。出演者は小栗旬が過去に共演した俳優仲間総出演といった趣で、チョイ役まで豪華な面々。特に、まっすぐなキャラがピタリとハマる小出恵介を主演に据えのが良かった。事件は、バラバラになってしまったバンド仲間の一人で、今はヤクザ稼業のカズオが謎の女に組の資金3億円を奪われたことから始まる。その女はタクミが少年の頃に一度だけ会ったことがある、風俗店の心優しい美女だった。元刑事のタクミの父が追っていた過去の事件、狂言爆破の思いがけない波紋、バラバラなようでいてしっかりつながっている友情と、内容は盛りだくさん。そのため後半は散漫になってしまうのが惜しいが、スピード感は最後までキープしている。もっともヤクザの親分の描写は少々ヒネリすぎで、街中でのチェイスの末に、公衆の面前での暴力沙汰など、リアリティに欠ける部分も。小西真奈美以外の女性キャストの演出なども、まるで素人同然だ。ただ、話の軸は、たとえカッコ悪くても必死に生きる5人の若者たちの情熱。主人公タクミの、今度こそ愛する人を守りたいという熱い思いが、再生のきっかけになる物語の後味は悪くない。
【50点】
(原題「シュアリー・サムデイ」)
(日本/小栗旬監督/小出恵介、勝地涼、綾野剛、他)
(エンタメ度:★★★☆☆)

人気ブログランキン  グ
←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

TAJOMARU

TAJOMARU 通常版[DVD]TAJOMARU 通常版[DVD]
多襄丸(たじょうまる)とは、芥川龍之介の短編「藪の中」に出てくる盗賊で、黒澤明の「羅生門」にも登場するキャラクター。原案は同じだが、まったく別の視点から描いた異色時代劇だ。名門・畠山家の次男・直光は、陰謀により家を追われてしまう。将軍の酔狂や、兄、家臣、許婚の裏切りにショックを受けながらも、直光は、大盗賊・多襄丸からその名前と“浪切の剣”を受け継ぐことに。だが、新しい人生を生きようとした彼には、さらに過酷な運命が待っていた。

一つの事実が、視点を変えて語ることによってまったく違う側面を見せるのが“羅生門スタイル”。この映画は、語る人間が他者が知らない新事実を提供することによって、人間の業を表現する、変形・羅生門スタイルと言えようか。信頼、友情、忠誠心。すべてが不確かな世界で、主人公がただ一つ信じたものが愛だったという設定が、裏切りの物語に、恋愛青春映画の雰囲気を与えている。だが、敵役の田中圭が迫力不足でミスキャストだ。あのボンヤリした顔では、剣豪で頭脳明晰な野心家にはとても見えない。この役には、主役の小栗旬に匹敵するインパクトのある役者がほしかったところだ。許婚の阿古姫が崖から転落してもピンピンしているなど、いいかげんな描写も気になる。だが柴本幸の感情を殺した表情には迫力があり、直光を助けるための命がけの告白シーンは見事だ。ラストの主人公の言動は、直光も多襄丸も結局は単なる名前に過ぎず、誰もがなりうると同時に誰でもないとのメッセージなのだろう。
【45点】
(日本/中野裕之監督/小栗旬、柴本幸、田中圭、他)
(二転三転度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ