映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

山崎賢人

氷菓

氷菓 (角川文庫)
神山高校に入学した折木奉太郎は“やらなくてもいいことはやらない。やらなければいけないことなら手短に”をモットーにしている高校一年生。姉の命令で廃部寸前の古典部に入部し、そこで好奇心旺盛な少女・千反田えると出会う。奉太郎がその明晰な頭脳と分析力で校内で起こる不思議な出来事を次々に解明してみせると、奉太郎の推理力を見込んだえるは、10年前に失踪した叔父がえるに残した言葉を思い出させてほしいという風変わりな依頼をする。中学時代からの同級生の里志と摩耶花も巻き込みながら、謎解きに挑む奉太郎だったが、そこには33年前に神山高校で起きたある事件と古典部文集「氷菓」に込められた謎があった…。

省エネ主義の男子高校生が好奇心旺盛な女子高生からの依頼で33年前に起こった事件の謎解きに挑む学園ミステリー「氷菓」。原作は米澤穂信による人気ミステリー小説だ。主人公・奉太郎は、何事にも冷めた態度で深入りを避け、灰色の学園生活を望む、高校生らしからぬ少年だ。一方、同じ古典部のえるは「わたし、気になります!」となると誰にも止められない、好奇心旺盛な少女。熱いえるが依頼人、クールな奉太郎が探偵の役を担う。えるが、自分が伯父から何を聞いたかを思い出させてほしいと赤の他人の奉太郎に頼むというのは、かなり奇妙な話だが、記憶も吹き飛ぶほどに強烈な出来事があったということだ。

33年前に神山高校で起こった事件が大きな鍵となるが、ポイントとなるのはそれが学生運動が盛んな熱い政治の季節だったということ。時代の狂騒は、文化祭を巡って、苦く悲しい挫折を生んだ。集団の中で個が抹殺される悲劇が、文集「氷菓」の中に封じ込められたまま、現代を生きる奉太郎らに届くプロセスは、そのまま歴史の検証となる。小さなヒントから、とんとん拍子に謎を解く展開はかなりご都合主義なのだが、真実へと導く案内人役に、決して熱くならない奉太郎という老成した少年は適役だ。ただ現代パートは、2000年という設定。携帯電話やインターネットは存在しているはずなのに、登場人物たちはあくまでもアナログの推理に終始する。そのためか時代設定がつかみにくく、てっきり現代パートも昭和の時代かと勘違いしてしまいそうだった。良くも悪くもノスタルジックな、謎解きエンタテインメントである。
【55点】
(原題「氷菓」)
(日本/安里麻里監督/山崎賢人、広瀬アリス、本郷奏多、他)
(ほろ苦度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

斉木楠雄のΨ難

映画「斉木楠雄のΨ難」オリジナル・サウンドトラック
PK学園に通う高校生、斉木楠雄は、テレパシーやサイコキネシス、透視、テレポートなど多彩な超能力を持ちながら、普通に生きることを望み、その才能を隠して高校生活を送っていた。斉木の周囲は、斉木のことが気になってしかたない自意識過剰の美少女や、バカすぎて思考が読めない同級生など、変な奴ばかり。毎年恒例の一大イベント、文化祭を迎え、同級生たちがトラブルを巻き起こす中、気が付けば、たかが文化祭で地球滅亡の危機が迫っていた…。

超能力を持っているため次々に災難に巻き込まれてしまう高校生・斉木楠雄の高校生活を描く学園コメディ「斉木楠雄のΨ難」。ちなみに、Ψ難は“さいなん”と読む。原作は、独特の世界観でファンが多い麻生周一の人気ギャグ漫画だ。漫画の実写映画化への出演が続く山崎賢人が、予告編ではそれすらも自虐ネタにしながら、ピンクの髪にピンクのアンテナ、緑のサングラスという笑撃のルックスで怪演している。主人公・斉木楠雄は、感情は表に出ず、せりふもほとんどなく(よくしゃべるがほぼ心の声のナレーション)、変人揃いのクラスメイトに手を焼きながら、人知れず地球の危機を救ったりしているのだ。山崎賢人が今まで演じてきた、繊細で心優しい美少年や、ツンデレキャラの学園の王子様とは真逆の役柄だが、福田組初参戦ながら、存在感を示している。

「銀魂」のやりたい放題を見たせいか、福田雄一監督にしては、ギャグのはじけっぷりがおとなしい気がするが、それでも橋本環奈、新井浩文、吉沢亮の“銀魂”参加組のおふざけは健在。特に、天下無敵の美少女・照橋心美の過剰な自意識演出のバカっぷりには、橋本環奈の今後の女優生活が心配になるほどだ。彼女を見た男子が、そのあまりの美しさに思わず発する擬音が「おっふ」。これが繰り返されていちいち爆笑を誘う。誰からも干渉されない静かな生活を望むのに、気が付けば宇宙規模の大事件が発生し、地球を救うハメになる斉木楠雄。この無駄なスケール、まったくやれやれ…である。どこまでも笑いだけを追求する福田監督らしい快作コメディだ。
【60点】
(原題「斉木楠雄のΨ難」)
(日本/福田雄一監督/山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、他)
(おバカ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」オリジナル・サウンドトラック
海沿いの美しい町、杜王町で暮らす東方仗助(ひがしかたじょうすけ)、通称ジョジョは、見た目はリーゼント姿の不良だが、心優しい高校生。仗助は、警察官の祖父と美人の母と共に穏やかに暮らしていたが、杜王町では奇妙な連続変死事件が起きていた。ある日、仗助の前に現れた空条承太郎から、自分がジョースター家の血を引き、スタンドという超能力を操ること、さらに杜王町と仗助に危険が迫っていることを知らされる。事件が、凶悪な殺人犯アンジェロと、彼を影で操るスタンド保持者の謎の兄弟の犯行であることを知った仗助は、彼らとの戦いに巻き込まれていく…。

スタンドと呼ばれる特殊能力によって家族と町を守ろうと戦う高校生の活躍を描く「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」。原作は海外でも高く評価されている荒木飛呂彦の大人気コミックだ。80年代から連載がスタートし、現在も続いている大河ドラマだが、本作で描かれるのは日本が舞台の第4部である。仗助のスタンドは、触れただけで壊れたものを修復し、他人のけがを治すことができる、最も優しいスタンド“クレイジー・ダイヤモンド”。仗助の出自や血縁関係、スタンドの意味など、説明部分が多くなってはいるが、とりあえず原作未読の観客にもわかりやすく作られている。仗助のクラスメイトで繊細な康一、凶悪犯アンジェロ、虹村兄弟など、原作でおなじみのキャラクターが登場し、仗助は、警察官として町を守ってきた亡き祖父の意志を継いで、杜王町を守るために立ち上がるというのが大筋だ。

例によって超がつく人気作の実写化に、原作ファンの手厳しい意見が待ち受けるだろうが、キャストの演技は概ね好演で、家族ドラマをしっかりと描いた点が好感が持てる。日本なのにスペインでロケされた、無国籍風の街並も、映画を見始めてしばらくするとすぐに馴染む。一番の問題は、人気キャラがざっくりとカットされている点で、ここにジョジョ・ファンの不満が集まると予想されるが、タイトルに第一章とあること、さらにラストのその後の、意味深なワンシーンを見れば、次回作には、あの人が登場し、この人が活躍していくれると期待が膨らむはずだ。続編がどういう形になるかは分からないし、物語としてはまだ半分程度を見ただけということになり、現時点では評価が難しい。とりあえず、今まで学園の王子様的な役が多かった山崎賢人が、リーゼント姿で感情むき出しにして戦う姿が新鮮で、彼にとっては新境地と言えるだろう。
【60点】
(原題「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」)
(日本/三池崇史監督/山崎賢人、神木隆之介、小松菜奈、他)
(家族愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

一週間フレンズ。

一週間フレンズ。 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]
高校2年の祐樹は、初めて出会った日から心惹かれていた同級生・香織に、勇気を振り絞って「友達になってください」と声をかける。だが香織は、頑なにそれを拒む。実は彼女には、友達のことを1週間で忘れてしまうという記憶障害があったのだ。それでも香織のそばにいたいと願う祐樹は、毎週月曜日、香織の記憶がリセットされるたびに会いに行く。やがて二人は交換日記を始め、少しずつ距離を縮めていくが、ある日、香織の過去を知る中学時代の同級生・九条が転入してくる…。

一週間で友達の記憶を失くしてしまう女子高生と、そんな彼女をひたむきに思い続ける男子高生の恋愛や友情を描く青春ストーリー「一週間フレンズ。」。原作は葉月抹茶によるベストセラーコミックで、アニメ化もされている人気作だ。一週間で友達のことだけを忘れる記憶障害という、都合がいいのか悪いのか判別できない、困った病気は、通常ならばありえない設定だが、脳や記憶というのは非常に複雑で、強いストレスや衝撃によってさまざまな現象が起こるらしいので、絶対にないとは言い切れない。まぁ、そこにツッコみはじめると先に進めなくなるので、ひとまず脇に置くとして、そんな記憶障害を持つ美少女・香織を好きになった祐樹が望むのが、友達という関係なのが何とももどかしい。告白したり、つきあったりを望む恋愛感情なのが普通じゃないのか? なぜ友達? もちろん祐樹の思いは友情以上なのは本人も周囲も、香織だってわかっているのに。この物語がかけがえのない友達をテーマにしているのはわかるが、どうにもすっきりしない。結末は映画を見てもらうとして、登場するキャラクターに共感するのは難しいだろう。切なくひたむき、という言葉は本作にぴったりのフレーズだが、この切なさやひたむきさが不毛に思える自分が、あまりに“大人になりすぎたのか”と不安を煽られた。川口春奈、山崎賢人と旬な若手俳優を起用しているだけに、残念な作品である。
【45点】
(原題「一週間フレンズ。」)
(日本/村上正典監督/川口春奈、山崎賢人、上杉柊平、他)
(リアリティ度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
一週間フレンズ。|映画情報のぴあ映画生活

四月は君の嘘

四月は君の嘘 Blu-ray 豪華版(3枚組)
子どもの頃から天才ピアニストと呼ばれた有馬公生は、母親が他界してからピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生になった4月、公生はヴァイオリニストの宮園かをりと出会う。自由奔放な性格と同じく、楽譜にとらわれない豊かで自由なかをりの演奏に触れたことをきっかけに、公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりは、ある大きな秘密を抱えていた…。

新川直司による人気コミックを実写映画化した青春ラブストーリー「四月は君の嘘」。長い原作をコンパクトにまとめた映画版は、音楽ドラマのテイストは薄くなったが、ラブストーリーとして切なさを全面にだした青春映画になった。今、最も旬の若手女優の広瀬すずが、自由奔放なかをりを楽しげに演じている。かをりが抱える秘密と彼女がついたたった一つの切なすぎる嘘は、映画を見て確かめてほしい。ただ、彼女の秘密を多くの原作ファンは知りながら見ることになるが、あまりに“元気いっぱい”なので、苦笑するだろう。監督の新城毅彦は、「潔く柔く」など、切ない系の恋愛映画を得意としているので、学園もののテッパンともいえる、桜並木や海辺でのデートなど、みずみずしい演出を施している。ただ、「音楽が自由なの」との心に残るセリフに象徴されるように、劇中に演奏される音楽の多彩な魅力を思うと、音楽、あるいは演奏家としての情熱に焦点を絞ったドラマも見てみたかった気もする。
【60点】
(原題「四月は君の嘘」)
(日本/新城毅彦監督/広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、他)
(切なさ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
四月は君の嘘|映画情報のぴあ映画生活

オオカミ少女と黒王子

オオカミ少女と黒王子 ブルーレイ プレミアム・エディション(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]
恋愛経験ゼロなのに、周囲に合わせるため、彼氏がいると嘘をついてしまった篠原エリカ。友人から疑われたため、街で見かけたイケメンの男子を盗撮し、友人に彼氏だと言ってその写真を見せるが、それは学校一のイケメン同級生・佐田恭也だった。エリカは恭也にワケを話し、彼氏のフリをしてもらうように頼むが、恭也は優しそうな外見とは裏腹のドSな性格。エリカに自分の言うことを何でもきく犬になるように命令する。やむを得ず承知したエリカは、恭也に振り回される日々を送るが、恭也が時折見せるやさしさにときめくようになる…。

八田鮎子による人気コミックを実写映画化した学園ラブストーリー「オオカミ少女と黒王子」。「黒崎くんの言いなりになんかならない」といい、本作といい、昨今はドSのイケメン男子が人気なのか? それはさておき、物語はすべてが予想通りに進んでいき、驚きは皆無。それにしても主人公・エリカのダメっぷりはひどい。ミエで嘘をつく、ひとりぼっちがイヤというだけで友達がいのないグループに所属する、しっかりものの親友から大事なアドバイスを受けても聞こうとしない。こんなに共感できないヒロインは珍しく、何なんだ、このコ?と腹が立ってくるのだが、そんな思春期のダメな女の子を、若手演技派筆頭の二階堂ふみが演じているところが最大の驚きだ。しかも上手い。個性的でブチ切れた役柄ばかり演じているが、フツーの女の子を演じることもできるのだ!と改めて感心してしまった。コメディエンヌの素質も感じるし、新しい二階堂ふみを見るという意味で意義ある作品。胸キュン率は意外と低い気がするが、原作ファンの反応が知りたいところだ。
【40点】
(原題「オオカミ少女と黒王子」)
(日本/廣木隆一監督/二階堂ふみ、山崎賢人、鈴木伸之、他)
(共感:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
オオカミ少女と黒王子|映画情報のぴあ映画生活

orange オレンジ

映画ノベライズ orange-オレンジ- (双葉文庫)
長野県に住む高校2年生の菜穂は、ある日、不思議な手紙を受け取る。差出人は10年後の自分。そこには、26歳の時の後悔、転校生の翔(かける)を好きになること、彼が1年後に死んでしまうこと、自分が取るべき行動などが書かれていた。最初はイタズラかと思ったが、手紙に書いてあることが現実に起こり始め、菜穂は手紙を信じ、後悔しないため、翔を失わないために行動を起こすのだが…。

高野苺の人気コミックを映画化したファンタジーテイストの青春ラブストーリー「orange オレンジ」は、ヒロインが、愛と友情の力で未来を変えてみせる!と奮闘するお話だ。もう、ツッコミどころが多すぎて、どこから手をつけていいのか分からないが、いわゆるパラレルワールドものなのだから、矛盾して当然との考え方もアリだろう。いい人ばかりの美しい友情は、体育祭のリレーの場面に凝縮されていて、見ているこちらが気恥ずかしくなるほど。だが、菜穂を思う同級生の須和(これがありえないほどイイやつだ)の心情がバッサリと切り落とされているのは、理解できない。菜穂と翔が結ばれるように動く未来の須和は、自分の人生を否定することになるのだから、そこには矛盾や葛藤があってしかるべきなのに…。菜穂と翔を演じるのは朝ドラでも共演した若手俳優2人。しかし、土屋太鳳ちゃんは、見た目は可愛いが、どうしてこんなに演技が拙いのか。本作で演じる、奥手で引っ込み思案というキャラクターが彼女にあっていないのかもしれないが、このヒロインに感情移入できない状態での2時間20分は、実につらかった。素晴らしいのは、オール長野ロケで撮影された映像。柔らかな光がファンタジックな物語にフィットしている。
【40点】
(原題「orange オレンジ」)
(日本/橋本光二郎監督/土屋太鳳、山崎賢人、竜星涼、他)
(ベタ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
orange-オレンジ-@ぴあ映画生活

ヒロイン失格

ヒロイン失格 [Blu-ray]
はとりは、同じ高校に通う幼馴染の利太が大好きで、自分こそが彼の運命の相手だと疑わない女の子。だが利太は、ひょんなことから地味でイケてない女の子・未帆と付き合うことになって、ショックを受ける。なんとか利太を奪おうと作戦を練りながら悶々とするはとりに、学校一のモテ男の弘光が興味を持ちアプローチする。利太のことが好きなのに弘光にも心が揺れてしまうはとりだったが…。

幸田もも子原作の少女漫画を実写映画化した「ヒロイン失格」は、ヒロインが恋に暴走する姿を描くラブ・コメディ。タイトルのヒロイン失格とは、主人公はとりが思いこみの激しい性格で、変顔や坊主頭まで披露すること、自虐ネタの応酬などから、恋愛映画のヒロインらしからぬキャラということらしい。前半はなるほどドタバタ・コメディのようで思いがけず楽しめるが、後半は既視感満載。ラブ・コメの王道の、2人のイケメンの間で揺れ動く様や恋敵の出現などの展開は、良くも悪くも普通のラブコメだ。それでもそれが少女マンガの胸キュンを求めるファンには、安心感なのかもしれない。遊び心は、唐突に登場する豪華ゲスト。ほとんど意味はないのだが、一瞬芸のようなノリでちょっと笑える。高校生を演じるには、出演者の年齢がやや高いのが気になるが、まぁ、美男美女なのでヤボは言わないでおこう。
【55点】
(原題「ヒロイン失格」)
(日本/英勉監督/桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎、他)
(デート・ムービー向け度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ヒロイン失格@ぴあ映画生活

L・DK

LDK (豪華版)(イベント無料参加抽選応募券付き) [Blu-ray]
直情型の女子とイケメン男子の秘密の同居生活を描く「L・DK」。配給会社宣伝担当さんいわく“キュンキュンしてください”。…そう言われてもこの内容じゃ無理!

女子高生の葵は、海外赴任中の親と離れ、アパートで一人暮らしをしている。ある日、ボヤ騒ぎを起こしてしまい、同じアパートに住む、学校一のイケメン・柊聖と同居するハメになる。まっすぐな性格の葵は、ツンデレで横柄な態度の柊聖を最初は嫌っていたが、やがて彼の思わぬ一面を知り、惹かれていく。そんな時、葵の前に柊聖の元カノの桜月が現れ、心を乱されるのだったが…。

原作は渡辺あゆによる少女漫画。インターネットの環境に配慮して、LとDKの間は「・」にしているが、ここにはハート型が入る。ちなみにL・DKとはラブ同居の略だそうだ。生活感のない一人暮らし、何事にも一生懸命だけど恋には奥手な女の子と、学校一のイケメン男子とが同居する都合のいい設定。不愛想で意地悪なのに、どこか寂しげで実は繊細な彼の正体。ほとんど一般女子の妄想世界そのもので、まったく地に足がついてないストーリーが進んでいく。無論、ワケありのライバルの美女という障害を乗り越えて、ロマンチック度マックスのハッピーエンドへと爆走するという筋立てだ。剛力彩芽の演技力には最初から期待などしていないし、ストーリーのディテールに文句を言い出したらキリがないのだが、ひとつだけ言わせてもらうとすれば、柊聖が負い目を感じている元カノとの関係の決着を、兄に丸投げするのは、いくらなんでも乱暴すぎやしないか。そんな状態で花火大会に駆けつけてのハッピーエンド。これで解決か?!と、試写室の椅子からすべり落ちそうになった。女の子は、王道のラブコメにときめくのがお約束だが、いくらなんでもこれは、ない。ただ“自分の思いに素直になれない”気持ちがすべてのキャラに共通していてその部分が唯一リアルだった。長髪の剛力彩芽ちゃんはちょっと新鮮だが、やっぱりショートが似合う。
【20点】
(原題「L・DK」)
(日本/川村泰祐監督/剛力彩芽、山崎賢人、中尾明慶、他)
(リアル度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

L・DK@ぴあ映画生活

アナザー Another

アナザー Another  Blu-ray スペシャル・エディションアナザー Another Blu-ray スペシャル・エディション
クラスに紛れ込んだ死者と死の連鎖を描くホラー映画「アナザー Another」。さっぱり怖くないので学園ものとして見るべきだろう。

地方都市・夜見山市で暮らすことになった15歳の榊原恒一は、病院で、眼帯をした不思議な美少女と出会い強く惹かれる。夜見山北中学校の3年3組に転入した恒一は、病院で出会った少女・見崎鳴(メイ)と再会するが、彼女はクラスで奇妙な扱いを受けていた。生徒や担任までもがまるで彼女がクラスに存在しないかのように振舞っているのだ。不審に思った恒一は鳴を問いただそうと追いかけ、二人でいるところをクラスメートに見られてしまう。その直後から3年3組の生徒が次々に命を落とすことになり…。

原作は綾辻行人の同名小説。コミック、アニメでも人気の学園ホラーで、クラスの中に死者が紛れ込んでいることで起こる恐怖の連鎖を描く物語だ。だが残念なことに映画はさっぱり怖くない。霊安室、不気味な人形、死のルールなど、思わせぶりな謎をきちんと収束できないまま、時折挿入される惨殺場面だけで進行する展開には首をかしげたくなる。死の扉が開いてしまった事態に異様におびえる図書館司書の千曳や、何かを隠す恒一の叔母で副担任の玲子ら、大人をも巻き込んだ恐怖は、かつて生徒たちが合宿を行った山間の保養所でクライマックスを迎えることに。ここでクラスに紛れ込んだ死者が誰かが分かるという仕掛けだが、この謎は「そういう能力があるのなら、さっさと教えろよ!」と思わずツッコミたくなるものだ。ただ、興味深いのは、過去のあやまちとその怨念を封じ込めるために作られた“クラスのルール”。だれかをスケープゴートにして保身をはかる、イジメの本質のような設定を、全員が納得して行動する様子に、閉塞的な学校社会の恐ろしさを感じるのだ。ホラーとしては迫力不足だが、山崎賢人、橋本愛ら、若手俳優たちの織り成す、ミステリー風味の学園群像劇としてみれば楽しめるかもしれない。
【40点】
(原題「Another アナザー」)
(日本/古澤健監督/山崎賢人、橋本愛、袴田吉彦、他)
(怖さ度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
Another アナザー@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ