映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

岡崎京子

リバーズ・エッジ

リバーズ・エッジ オリジナル復刻版
郊外の工業地帯の町。女子高生のハルナは、自由に生きていても、何事にも執着できず、息苦しさを感じていた。ある時、カレシの観音崎から執拗なイジメを受けているゲイの山田を助けたことがきっかけで、山田から「僕の宝物を見せてあげる」と誘われ、夜の河原にある死体を見る。同じく宝物として死体の存在を共有する摂食障害のモデル・こずえが現れ、3人は友情とは異なる歪んだ絆で親しくなっていく。一方で、ハルナと山田の距離が近くなるのを見て、暴力を加速させる観音崎、ハルナの友人なのに観音崎と身体の関係を続けるルミ、山田が同性愛者と知らずに思いを過激に募らせるカンナなど、若者たちのさまざまな感情が交錯していく…。

都市に生きる若者たちの不安をすくい取った異色の青春映画「リバーズ・エッジ」。原作は「ヘルタースケルター」など多くの代表作を持つ岡崎京子による人気同名コミックだ。時代背景は90年代だが、本作に描かれる漠然とした焦燥、欲望、衝動などは、不思議なほど現代の若者たちの心の揺らぎを照射している。時折挿入されるキャラクターのインタビューが90年代から現代へのメッセージに思えてくるほどだ。河原に放置された死体を見て、勇気や安心を感じる歪な感情は、死をまのあたりにしないと生を感じられないからだろうか。死体を共有することで繋がりを感じる彼らの心の隙間は、想像以上に深く暗い闇に思える。そしてその闇は、爆発寸前まで感情が膨らんだ若者たちをある悲劇へと導いていくのだ。

行定勲監督にとって初めての漫画原作ものだそう。この作品を選ぶとは、なかなかのセンスだ。暴力、いじめ、セックスなど、描かれる内容はハードだが、R15も辞さない演出は的確なものだ。俳優たちは皆、体当たりの演技で好演しているが、やはり若き演技派の二階堂ふみが群を抜く。物事にも人にも執着できず、空虚を抱えながらも、生きることを切望するハルナ。ハルナのインタビューが、キャッチコピーにある“平坦な戦場”で生き抜く不器用なヒロインの覚悟を物語っていた。
【70点】
(原題「リバーズ・エッジ」)
(日本/行定勲監督/二階堂ふみ、吉沢亮、上杉柊平、他)
(焦燥感度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

映画レビュー「ヘルタースケルター」

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
全身整形の美女りりこの疾走を活写する「ヘルタースケルター」。沢尻エリカのいなおり的熱演にシビれる。 【65点】

 美、名声、金、愛。すべてを手に入れたトップモデルのりりこ。だが彼女の美しさは全身整形によって作られたものだということは、限られた人間しか知らない究極の秘密だった。手術の後遺症と決して知られてはいけない秘密を抱えるストレスで、りりこは、次第に精神的に追いつめられていく…。

 原作は岡崎京子による伝説的コミック。それを映画化するのが極彩色を見事に使いこなす蜷川実花監督で、主演は5年ぶりのスクリーン復帰となる沢尻エリカ。どうだ!と言わんばかりの話題性だが、沢尻自身が、映画を上回る混乱としっちゃかめっちゃか(Helter Skelter)を実演中で、商業的価値を大いに上げた。おかげで、イベント・ムービー的高揚感があり、観客の満足度はかなり高いだろう。

 ともあれ、美しさというのは、お金と時間と労力がかかる。りりこの人工美は、術後のメンテナンスなしではキープできない。劇中には「神様は人間に若さと美しさを与え、そして奪う」との哲学のごとき深いセリフも。だが、ヒロインはそんな運命に宣戦布告した。自分と周囲をとことん傷付けながら、欲望うずまく世界で次々に事件を起こすりりこという存在は、誰もが自分の中に飼っているケダモノのようなもの。りりこはいわば、全女性の闇のアイコンなのだ。

 それにしても沢尻エリカの体当たり演技ときたら、あきれるほどすがすがしい。脱ぎっぷりの良さは言うまでもなく、あえぎ声も高らかに濡れ場を熱演。ここではとても書けないような言葉も叫ぶ。だが、まるでバービー人形のようなルックスの彼女からは、生身のエロスより、サイボーグの持つ機能美しか感じない。むしろ、寺島しのぶが演じるドM女の、暗いエロティシズムに注目したいところだ。

 整形手術の後遺症で顔にアザが浮かび、玉の輿を狙っていた御曹司は他の女と婚約。ナチュラル・ビューティーの後輩モデルの台頭に、美容クリニックの歪んだ秘密。何より、転落する自分をシュミレートする恐ろしさ。はたして追いつめられたりりこの選択とは? 良くも悪くもドギついこんな物語は、落としどころが難しい。このオチには少々甘さを感じるが、一瞬の美を切り取って、それをバベルの塔のように積み上げる蜷川実花監督の美学と見た。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)スキャンダラス度:★★★★★

□2012年 日本映画 □原題「ヘルタースケルター」
□監督:蜷川実花
□出演:沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ヘルタースケルター@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ