映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「フィフティ・シェイズ・ダーカー」「ハクソー・リッジ」「結婚」「ありがとう、トニ・エルドマン」etc.

平祐奈

サクラダ リセット 後篇



特殊能力を持つ人々が住むサクラダ(咲良田)の街では、過去のすべての出来事を記憶する浅井ケイらが暮らしていた。ケイは、自らの記憶保持の能力と、時間をリセットする春埼の能力とを組み合わせて、死んだ同級生・菫を蘇らせようと奮闘する。一方で、サクラダでは、いたるところで能力の暴発事件が発生していた。強大な権力を持つ管理局が、サクラダの能力を一掃するという重大な計画をひそかに進めていることを知ったケイは、仲間の能力を組み合わせて、何とかそれを阻止しようとする…。

特殊能力を持つ者たちが暮らす街で繰り広げられる攻防を描く青春ミステリー2部作の完結篇「サクラダ リセット 後篇」。命を救えなかった菫を蘇らせようと奔走するケイは、仲間が持つ、ものを消す能力や、声を届ける能力、記憶操作、さらに、過去に体験したすべての記憶を保持する自らの能力と、リセットで世界を最大3日分巻き戻せる春埼の能力を使って、サクラダの能力を一掃しようとする管理局の計画の阻止を図る。この計画が複雑すぎて、混乱するのだが、そこは能力者である少年少女たちの奮闘として理解しておこう。ケイを巡っての菫と春埼のマイルドな三角関係や、ケイと母親との関係性など、この後篇では、心理描写もそこそこ描かれる。だが問題は、後篇こそは、彼らの特殊能力のパワーがさく裂するのかと思いきや、管理局の室長や彼の補佐であるキーパーソンとのバトルが、実際はバトルでもなんでもなく、話し合い…というより説得…というより会話になってしまっていることだ。無論、ハリウッド大作などに匹敵する迫力など期待してはいないが、単なる言葉のやりとりでは、特殊能力者である必要性も薄くなる。ストーリーとは関係ないが、前篇の不評からか、後篇の公開日を変更する劇場まであったと聞くと、そもそも、2部作という公開スタイルが間違っていたのでは…と思ってしまう。物語の性質上、かなりややこしい展開なので、一気に見る方がスッキリするはずだ。「泣いている人を見たらリセットしてしまう」という優しさの本質の是非と、悲しみや後悔があるのが人生だということを、彼らが本当に学んでいくのは、年齢を重ねてから。サクラダで生きると決めた主人公ケイに、静かな覚悟を感じた後篇だった。
【50点】
(原題「サクラダ リセット 後篇」)
(日本/深川栄洋監督/野村周平、黒島結菜、平祐奈、他)
(複雑度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サクラダリセット 後篇|映画情報のぴあ映画生活

ReLIFE リライフ

ReLIFEオフィシャル・フォトブック
27歳の海崎新太は、就職した会社を退職して以来、ニート生活を送っている。ある事件をきっかけに人と関わることに臆病になってしまった彼は、ある日、リライフ研究所の夜明了と出会い、1年限定で研究所が行う社会復帰実験の被験者になることに。外見だけを若返らせて1年間高校生活を送るというその実験で、再び高校生活を送る新太は、最初はとまどうが、仲間と出会い少しずつ変化していった。やがて成績優秀だがコミュニケーションが苦手な千鶴に惹かれていく。だが、実際には自分は彼女より10歳も年上、実験が終わる1年後には関わった人々の記憶から消えてしまうため、思いを伝えらずに葛藤する…。

ニートの青年が2度目の高校生活を送る青春ファンタジー「ReLIFE リライフ」。原作は、スマホ・アプリで読めるマンガ・ノベルサービスで大人気の夜宵草の人気コミックだ。27歳でニートという負け組の青年が突如容姿だけ若返り、高校生活を送る…という展開は「セブンティーン・アゲイン」を思い出す。本作で、主人公を奇妙な実験に誘うリライフ研究所の目的は、生きる意欲を失った人間を社会復帰させること。もともと新太は、面倒見のいい明るい性格だったのだが、就職先でのいびつな人間関係を味わって、他者と関わることに怯えてしまうようになった。青春学園ものなので、夏祭りや学園祭、旅行や卒業式などの1年の行事に沿って物語が進んでいくが、恋や友情の素晴らしさを再体験した新太が、ひたむきに“今”を生きる若者たちに感化され、変わっていくという展開は予想通りで驚きはないし、27歳から17歳ではわずか10年しか差がないので、メリハリも希薄だ。一種のタイムリープものだが、自分の過去に戻るわけではなく、現在関わっている人間と出会うわけでもない(リライフ研究所の夜明はお目付け役なので例外)、まったく新しい環境に身を置くという設定では、なぜ今の自分がどん底の人生を送ることになったのかを学べるのだろうか??と首をかしげてしまう。それでも「頑張ることをあきらめない」を思い出すストーリーは、悪くないし、ラストを映画オリジナルにしたのは工夫が感じられる。売れっ子の中川大志をはじめ、高校生を演じるのが自然な年齢の若手俳優が勢ぞろいしているのが見所だが、中でもちょっと風変わりな女子高生を演じる平祐奈が、いい味を出していた。
【55点】
(原題「ReLIFE リライフ」)
(日本/古澤健監督/中川大志、平祐奈、高杉真宙、他)
(前向き度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ReLIFE リライフ|映画情報のぴあ映画生活

暗黒女子

映画「暗黒女子」オリジナル・サウンドトラック
裕福な家庭の子どもたちばかりが通う名門女子高・聖母マリア女子高等学院で、学院の経営者の娘で、全校生徒の憧れの的だった白石いつみが屋上から落下して死亡する事件が起こる。彼女の手にはすずらんの花が握られていた。事故なのか自殺なのか謎に包まれる中、いつみは、彼女が主宰していた文学サークルの誰かに殺されたのでは…という噂がたつ。いつみの親友で、いつみに代わってサークルの会長となった澄川小百合は“白石いつみの死”をテーマに自作の物語を披露する、定期朗読会を開催する。会員はそれぞれ犯人を告発する作品を発表するが、物語の内容はすべて異なっていた…。

名門女子高で起こった美少女転落死事件の真相を巡って少女たちの心の闇と意外な真実があぶり出される学園ミステリー「暗黒女子」。原作は秋吉理香子の同名小説で、読後の後味の悪さを感じるイヤミスとして話題の原作だ。ひとつの事件をめぐって、それぞれが違う犯人と犯行の動機を語り、やがてその先にある真実へとたどりつくという展開は、いわゆる「羅生門」スタイルである。同じ場面、同じ登場人物が何度も出てくるので、シーンに工夫が必要なのだが、この作品の場合は、ポップではあるが、ちょっと表層的だ。その分、美少女だらけのビジュアルの魅力でカバーしている。優雅で美しいはずのお嬢様たちの日常は、裏側では、壮絶な嫉妬や策略、秘密やかけひきがくりひろげられていて、そのドロドロ状態は、それなりに見応えがある。スクールカーストのトップにいた、いつみへの愛憎入り乱れる感情は、純粋で残酷、エゴイストでナルシストの10代の少女そのものだ。ミステリーなので詳細と結末は映画を見て確かめてほしいが、キャッチコピーにある“驚愕のラスト24分”は、なるほどブッ飛ぶ。これはもはや、ミステリーというよりホラーである。そもそも、セレブのお嬢様学校の文学サークルの伝統が闇鍋って、何これ?!と違和感を持って見ていたが、それがこんな形で結実するとは。荒唐無稽と言ってしまえばそれまでだが、美少女たちの怪演は一見の価値ありだ。
【55点】
(原題「暗黒女子」)
(日本/耶雲哉治監督/清水富美加、飯豊まりえ、千葉雄大、他)
(残酷度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
暗黒女子|映画情報のぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ