映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」「ベイビードライバー」etc.

広瀬すず

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』オリジナル・サウンドトラック
夏休みの登校日。海辺の町に住む中学生の少年たちは、花火大会を前に「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がり、それを確かめるために灯台から花火を見る計画を立てていた。そんな中、典道と祐介は、クラスのアイドル的存在の美少女・なずなに遭遇。なずなは母親の再婚で転校することになっていて、典道は彼女に誘われ「かけおち」しようとするが、なずなは母親からあえなく連れ戻されてしまう。それを見ているだけでどうすることもできない典道は、もどかしさから「もしもあの時、俺が…」との気持ちで、海でみつけた不思議な玉を投げると、なぜか連れ戻される前に時間が巻き戻っていた…。

岩井俊二監督の初期の傑作であるテレビドラマを長編アニメーション化した「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。“もしも、あの時、自分がこうしていたら…”をテーマに、繰り返される夏の1日を描く、ラブ・ファンタジーだ。1993年のオムニバスドラマ「if もしも」は人生の選択の分岐点をテーマに2つのラストの物語を順番に見せていくというユニークな企画で、岩井作品はその1つだった。人生の選択とは、実写でも、アニメでも、非常に奥深いテーマだが、今回のアニメ化の大きな変更点は小学生を中学生に変え、より恋愛要素を強くしたことだろう。オリジナルを知らなくても、しっかりと内容が伝わる上に、不思議な玉によって1日を繰り返し、さまざまな“もしも…”を描くというファンタジーには、アニメという手法は、よりふさわしいように思う。

思えば、大人になればなるほど“if もしも”を考えることが増える。それは今を悔やむことではなく、もしかしたらあったかもしれない人生に、自分の可能性を見出すことを知ると前向きに考えたい。オリジナルの作者でもある岩井監督曰く、「銀河鉄道の夜」がこの物語のモチーフなのだそうだ。みずみずしい夏の1日に写り込む、切なさや残酷さ、諦念の思いが“電車の中”にいるなずなと典道によって伝えられる様は、なるほど銀河鉄道である。花火の刹那の美、青春の危うさときらめきを、アニメーションの世界で見事に再構築している。
【70点】
(原題「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」)
(日本/総監督:新房昭之/(声)広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、他)
(ファンタジー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」オリジナル・サウンドトラック
県立福井中央高校に進学した友永ひかりは、同級生でサッカー部の孝介を応援したいという軽い気持ちでチアダンス部に入部する。だが、そこで待っていたのは、全米大会制覇を目標に掲げた顧問の女教師・早乙女薫の厳しい指導と練習だった。あまりのスパルタぶりに周囲が次々に退部する中、チームメイト・彩乃の存在もあって、ひかりは何とかチアダンスを続けていくが…。

福井商業高校チアリーダー部が全米チアダンス選手権大会で優勝した実話を実写映画化した青春ムービー「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」。この長〜い副題が表す通り、奇跡の実話をもとにしている。涙あり、笑いあり、スポ根あり、ラブありの青春映画だが、何しろ日本の一地方の高校が全米王者(これは限りなく世界王者に近いと思う)になったのはスゴイお話で、まさに痛快だ。役柄や設定にデフォルメはあるものの、王道の青春映画は見ていて気持ちいい。なぜ特に才能もないチアダンス初心者のひかりが顧問の目にとまったのかというと、そのナチュラルな笑顔ゆえだ。演じる広瀬すずの笑顔は文句なしに魅力的なのだが、この笑顔というのが誰かを応援し元気にしたいというチアダンスの本質を物語っている。同時に生きる目標や将来への不安を手探りする、自分自身への応援でもあるのだ。コロコロと態度が変わる教頭や、自分に才能があるために上手く踊れない他者を見下す同級生など、悪役キャラも分かりやすい。チアダンスに目覚め、失敗を経験し、仲間を助け、仲間から助けられて、全米大会へ。起承転結もテッパンの流れで、結末が分かっているというのに、クライマックスのダンスシーンの輝くような魅力に目が釘付けになった。思春期の女子の悩みや葛藤、家庭環境による不安や苦悩を乗り越えていけるのは、同じ目標に向かって頑張る仲間がいたから。恋愛要素は薄いが、その分、はつらつとしたガーリー・ムービーに仕上がっている。
【60点】
(原題「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」)
(日本/河合勇人監督/広瀬すず、中条あやみ、天海祐希、他)
(元気溌剌度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜|映画情報のぴあ映画生活

四月は君の嘘

四月は君の嘘 Blu-ray 豪華版(3枚組)
子どもの頃から天才ピアニストと呼ばれた有馬公生は、母親が他界してからピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生になった4月、公生はヴァイオリニストの宮園かをりと出会う。自由奔放な性格と同じく、楽譜にとらわれない豊かで自由なかをりの演奏に触れたことをきっかけに、公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりは、ある大きな秘密を抱えていた…。

新川直司による人気コミックを実写映画化した青春ラブストーリー「四月は君の嘘」。長い原作をコンパクトにまとめた映画版は、音楽ドラマのテイストは薄くなったが、ラブストーリーとして切なさを全面にだした青春映画になった。今、最も旬の若手女優の広瀬すずが、自由奔放なかをりを楽しげに演じている。かをりが抱える秘密と彼女がついたたった一つの切なすぎる嘘は、映画を見て確かめてほしい。ただ、彼女の秘密を多くの原作ファンは知りながら見ることになるが、あまりに“元気いっぱい”なので、苦笑するだろう。監督の新城毅彦は、「潔く柔く」など、切ない系の恋愛映画を得意としているので、学園もののテッパンともいえる、桜並木や海辺でのデートなど、みずみずしい演出を施している。ただ、「音楽が自由なの」との心に残るセリフに象徴されるように、劇中に演奏される音楽の多彩な魅力を思うと、音楽、あるいは演奏家としての情熱に焦点を絞ったドラマも見てみたかった気もする。
【60点】
(原題「四月は君の嘘」)
(日本/新城毅彦監督/広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、他)
(切なさ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
四月は君の嘘|映画情報のぴあ映画生活

ちはやふる 下の句

ちはやふる -下の句- 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)
瑞沢高校で再会した幼馴染の太一とともに、競技かるた部を作った千早は、同じく幼馴染で自分にかるたの魅力と夢を持つことの大切さを教えてくれた新に再会したい一心で、全国大会に出場し、東京代表となる。他の部員たちと共に、懸命に練習に励んでいた千早だが、「もうかるたはやらん」と言う新の言葉にショックを受ける。そんなある日、千早は自分と同じ年ながら“最強のクイーン”と呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。クイーンに勝ちたいという思いと新に会いたいという思いが混在し、千早の気持ちは詩暢の存在にとらわれ、次第にかるた部のメンバーから離れていってしまう…。

末次由紀の人気コミックを原作とし、競技かるたに青春をかける若者たちの群像劇を2部作で描く後編「ちはやふる 下の句」。前作「上の句」では、かるた部創設に伴い、部員の成長に寄り添いながら、競技かるたのルールや魅力を伝える作りになっていた。後編で完結編にあたる「下の句」では、いよいよ最強クイーンで、新とも交流がある詩暢が登場することで、より個々のキャラクターの性格やかるたへのそれぞれの思いが浮き彫りになっている。ただ、長い長い原作を2部作にまとめているので、どうしても魅力的なエピソードは抜け落ちているので、原作ファンの不満はやむをえない。それでも、あえて、原作に登場する脇キャラをばっさりと切り捨て、千早、太一、新、詩暢だけに絞ったのは、まとまりという意味では正解だろう(とはいえ、新と詩暢の背景は描き切れていないが)。この物語は、直球すぎるほどストレートな青春物語だが、映画では恋愛要素はあえて控えめ。実はすこぶる過酷な競技であるかるたを、まるでスポ根もののように描いて面白さとスピード感を際立たせている。広瀬すずは演技は少々つたないが、そのまっすぐな視線が何より好印象だし、クイーン役の松岡茉優のクールなたたずまいも悪くない。男性キャラに魅力が乏しいのは残念だが“仲間と共に”というメッセージは、しっかりと伝わった。“ちはやふ(ぶ)る”とは荒々しいという意味だが、単に勢いが激しいだけではない。劇中に、高速回転するまっすぐな軸のこまは、まるで止まってるように見えながら、前後左右上下に偏りなく力が集中している状態のイメージだというせりふがある。このブレない姿勢が、かるたの美しさと重なった。
【60点】
(原題「ちはやふる 下の句」)
(日本/小泉徳宏監督/広瀬すず、野村周平、真剣佑、他)
(恋愛度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ちはやふる −下の句−@ぴあ映画生活

ちはやふる 上の句

ちはやふる -上の句- 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)
千早は小学生の頃、同級生の綿谷新と出会い、競技かるたの素晴らしさを知る。それ以来、同じく同級生の太一と共に、かるたに情熱を傾けてきた。やがて新は福井に転校し、3人はバラバラになるが、単独で競技かるたの腕を磨いていた千早は、高校で太一と再会。競技かるた部を作って、この世界に導いてくれた新と再び出会える日を願いながら全国大会を目指すのだが…。

末次由紀による大人気コミックを実写映画化した2部作の前編「ちはやふる 上の句」。競技かるたという、シブい世界を背景にした青春ストーリーだが、青春“スポ根もの”としてうまくまとまっている。主演を務める広瀬すずちゃんは、原作漫画のルックスとは少し違う気がするが、これはこれでアリだろう。黙っていれば美少女だが、中身は体育会系で、思い立ったらまわりが見えなくなるほど一本気な性格の女の子は、青春映画のひたむきなヒロインとしては、男女ともに好感度が高いはずだ。前編の“上の句”では、学校に競技かるた部を作るところから、東京代表になるまで、小学校時代仲間だった3人の思い出などが描かれるが、何しろ前編なので、中途半端さは否めない。その分、かるたの女王が登場する、後編の下の句への期待値を高めてくれるという仕掛けだ。太一が千早に恋しているのは明確だが、千早の新への思いは、夢や目標を教えてくれた感謝や競技かるたのチャンピオンである彼へのあこがれ、さらに幼馴染としての友情と、さまざまな思いが入り混じる。千早が愛や夢に向かって走り出すときこそ、百人一首の情熱的な歌のように、世界が鮮やかに色づきはじめるのだ。「海街diary」で演技開眼の広瀬すずの魅力を堪能したい。
【65点】
(原題「ちはやふる 上の句」)
(日本/小泉徳宏監督/広瀬すず、野村周平、真剣佑、他)
(ひたむき度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ちはやふる・上の句@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ