映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

志田未来

グッドモーニングショー

グッドモーニングショー Blu-ray豪華版
朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター澄田真吾は、付き合っていると勝手に勘違いしているアシスタントの小川圭子から生放送中に自分たちの交際を公表しようと迫られアセる。さらにプロデューサーの石山からは番組の打ち切りを告げられ落ち込んでしまう。そんな時、都内のカフェで爆弾を持って人質をとる立てこもり事件が発生。犯人はなぜか澄田を交渉役に指名した。落ち目のキャスターの澄田が、にわかに全国的に注目され、防弾チョッキ姿で犯人に向き合って説得するという前代未聞の生放送が始まった…。

ワイドショー番組のメインキャスターの災難だらけの1日を描くコメディータッチのヒューマン・ドラマ「グッドモーニングショー」。「踊る大捜査線」シリーズなどで脚本を手掛けた君塚良一が監督を務めるが、業界の第一線で活躍してきた人だけに、テレビ局の裏事情をわかりやすい面白さで活写している。時間に追われる生放送、番組構成の優先順位、情報番組と報道番組の上下関係と確執、数字に一喜一憂する視聴率競争に視聴者の生の声などなど、どれも業界人なら「あるある」だろうし、テレビ業界を知らない人なら「へぇ〜」と感心することばかりだ。主人公の澄田は、かつて報道番組のエースキャスターだった過去を持つ。彼が報道番組から遠ざかった理由、澄田家の家庭の問題、根拠のない不倫関係まで、すべてが立てこもり事件とうまく関連付けられていて、飽きさせない。澄田の防弾チョッキに仕込まれたスタッフ手作りの隠しカメラの映像がこれまた面白い。生放送中に社会への不満を持つ人物が事件を起こし、テレビ局の面々が翻弄されつつ巧妙に利用しながら、自らの仕事をこなしていくという展開は、米映画「マネー・モンスター」にそっくりだ。緊張感や社会派ドラマとしてのメッセージ性は遠く及ばないが、本作にはユーモアと人情味があり、エンタメ映画として、いい意味での軽さがある作品に仕上がっている。ワイドショーといえば、時に下世話な内容でネタを追い、大衆におもねるイメージがある。それでも番組作りのスタッフたちは、情熱やプライドを持って取り組んでいるという、テレビ業界人の誇りもチラリ。主演の中井貴一をはじめ、勘違い女子がサマになっている長澤まさみや、生真面目なアシスタント役の志田未来ら、キャストは皆好演。楽しく笑ったその後に、テレビや情報とは、私たちにとっていったい何だろうと、ちょっと考えてみたくなる。
【65点】
(原題「グッドモーニングショー」)
(日本/君塚良一監督/中井貴一、長澤まさみ、志田未来、他)
(エンタメ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
グッドモーニングショー|映画情報のぴあ映画生活

おかあさんの木


おかあさんの木 [DVD]
戦地へ息子を送りだす母の思いを描くヒューマンドラマ「おかあさんの木」。あまりにも真面目すぎて悪口も言えないが、母親の側から反戦を訴える物語は新鮮。

昭和初期、長野県の小さな田舎の村に住む田村ミツは、夫に先立たれるが、7人の子供たちと慎ましくも幸せに暮らしていた。だが戦争が始まり、息子たちは次々に兵隊にとられてしまう。ミツはその度に桐の木を植えて、世話をしながら息子たちの無事を祈っていた。だが息子たちが再び母のもとへ戻ることはなく、次々に戦死の報が届けられる…。

原作は、長期にわたり小学校の国語教科書に掲載されてきた故・大川悦生による児童文学。物語は、現代のとある老人ホームに入居している老婆が、田園地帯に立つ7本の桐の木の由来を語る形で進む。配給会社の東映は、節目節目に戦争映画の大作を制作してきたが、今回は戦地で戦う男たちではなく、残された女性、とりわけ母親の立場にたって物語ることで静かな反戦映画となった。戦争によって人生を翻弄される名もなき市井の人々の物語であることは好感が持てるし、お母さんを演じる鈴木京香の凛とした佇まいもまた感動的である。ロクに文字も読めない母親のミツが、ついに戦争に異を唱えるかのように息子の足にすがりつくシーンは、往年の名作「陸軍」の田中絹代を彷彿とさせる。子どもに生きて帰ってきてほしいと願う当たり前のことが許されなかった時代の母の愛があまりにも切ない。現代、土地の整備事業のため桐の木を切ろうとする役人に、老女は「あの木を切ってはならん…。あれは…おかあさんの木じゃ…」とつぶやくが、その言葉は役人は届いていない。やはり戦争の記憶は遠くなってしまっているのだ。だからこそこの映画は、戦争の悲劇を忘れてはいけないと訴えている。
【65点】
(原題「おかあさんの木」)
(日本/磯村一路監督/鈴木京香、志田未来、三浦貴大、他)
(反戦度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おかあさんの木@ぴあ映画生活

映画 ST赤と白の捜査ファイル

【早期購入特典あり】ST赤と白の捜査ファイル Blu-ray BOX (赤と白のクリアファイル特典付)
異色刑事ドラマの劇場版「映画 ST赤と白の捜査ファイル」。赤城と百合根VS生意気な子供という構図が楽しい。

天才ハッカーによる囚人脱獄事件が発生。犯人の鏑木が焼死体で発見される。殺人の容疑者として逮捕されたのは、なんと警視庁科学特捜班“ST”のリーダー、赤城左門。赤城はあっさり罪を認め、リーダー逮捕によりSTは解散となった。だが赤城の脱獄により彼を追跡するため再びSTが招集されることに。一方、赤城の無実を信じる百合根は、独自の捜査で、世界中のあらゆるパスコードを突破できるサイバーウイルス“フギン”が事件の鍵であることを突き止める…。

原作は、今野敏の小説「ST 警視庁科学特捜班」シリーズ。それをベースにしたテレビドラマの劇場版だが、キャッチコピーにある通り、超・早い映画化だ。いわゆる警察バディもので、それぞれ特殊能力を持つ科学捜査班のメンバーの個性、とりわけオレ様キャラの赤城と“良識派”キャップの百合根の夫婦漫才的な掛け合いの面白さがウリ。初の劇場版では、全員の見せ場をバランスよく配しているが、特に物言わぬ黒崎は、アクションをたっぷり披露している。全体的にユルい作りであることは否めないが、特徴的なタイポグラフィーが効いていて、随所にカウントダウンが示されるので、ダレることはない。謎のウイルスを巡りその黒幕と目的を追ってSTが活躍するストーリーだが、本作で描きたいのは謎解きよりもSTのメンバーの強い絆だ。殺人容疑をかけられた赤城の真の目的を知れば、ファンなら胸が熱くなるはず。映画としては、正直、TVのスペシャル版のレベルで同窓会的なノリではあるが、サービス精神満載なので、ドラマファンには見逃せない1本だ。
【55点】
(原題「映画 ST赤と白の捜査ファイル」)
(日本/佐藤東弥監督/藤原竜也、岡田将生、志田未来、他)
(仲間の絆度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

映画 ST赤と白の捜査ファイル@ぴあ映画生活

誰も守ってくれない

誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]
犯罪に係わる人間を描く秀作だが、何よりその視点がユニーク。殺人犯の妹の、15歳の少女・沙織を保護する刑事・勝浦は、彼女を世間やマスコミから守るためマニュアルに従い逃避行を続ける。警察が犯罪者の家族を保護するというあまり知られていない行為を通して、社会の矛盾をつきつけてくる。現代性を注入するのが悪意に満ちたネットの暴走だ。過去の事件で心に傷を負った刑事役の佐藤浩市はいつも通り芸達者だが、珍しく普通の脇役を演じる松田龍平もいい。被害者を守りきれなかった警察が、加害者の家族は守るのかとの問いも、重い問題提起だ。ラストに甘さはあるが、それは作品の魅力になっている。懸命に生きると決めた二人を応援したくなるはずだ。
【70点】
(日本/君塚良一監督/佐藤浩市、志田未来、松田龍平、他)
(メディア批判度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ