ファースター 怒りの銃弾 [DVD]ファースター 怒りの銃弾 [DVD]
よくぞまぁ、DVDスルーにならなかったと感心する正統派B級映画だが、期待度ゼロなだけに思いがけず楽しめる。

強盗罪で10年の刑期を終えた男“ドライバー”は、兄を殺し自分を陥れた男たち5人に対し復讐を誓っていた。出所するや車を飛ばし、オフィスビルで働く男を迷わず射殺。次に狙った初老の男も銀のリボルバーで仕留めた。定年間近の刑事“コップ”と女性刑事シセロがこの事件を担当することになるが、調べるうちに、被害者の共通点と10年前の事件の真相が浮き彫りになってくる…。

問答無用の復讐劇なのだが、何しろ格闘界で名を轟かせたザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが、鬼の形相で仁王立ちしているのだ。監視カメラがあろうが、警察がいようが、殺し屋から狙われようがおかまいなしである。「その筋肉は武器だぜ」と言わしめる彼の肉体は文字通り人間離れしていて、頭に銃をクラッてもへっちゃらなのだ。主要人物3人には名前もなく、ドライバー、コップ、キラーとまるでリングネームのように呼ばれる。深いストーリーよりも目的はあくまで“勝負”なのだ。特に、イケメンでリッチな謎の殺し屋キラーは、存在そのものがワケがわからない。しかしキラーの携帯の着信音を聞いたとき私は理解したのだ。復讐劇、残忍な暴力、激しいガン・ファイト。これはまさしくマカロニ・ウェスタンではないか。それならばすべて納得するしかない。意外な黒幕の正体が最初からバレバレなのはご愛嬌。加えて、せっかくドウェイン・ジョンソンをキャスティングしたのに、銃撃戦が中心で肉弾戦がほとんどないのは少々惜しい。ただ、ここのところファミリー映画路線に傾いていたドウェインが、ストイックなヒーローを演じたことは歓迎したい。
【55点】
(原題「FASTER」)
(アメリカ/ジョージ・ティルマン・Jr監督/ドウェイン・ジョンソン、ビリー・ボブ・ソーントン、カーラ・グギーノ、他)
(不死身度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ファースター 怒りの銃弾@ぴあ映画生活