映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

斎藤工

去年の冬、きみと別れ

映画 去年の冬、きみと別れ ビジュアルブック (幻冬舎文庫)
気鋭のルポライター・耶雲恭介は、婚約者・百合子との結婚を控え、野心的な本の出版を目指していた。狙っているのは天才カメラマンで1年前に世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者・木原坂のスクープ。木原坂は盲目の美女モデル・亜希子を殺した犯人として逮捕されるが、姉の朱里の尽力で事件は事故扱いとなり釈放されていた。謎めいた木原坂の真実を暴くために耶雲は彼に接近するが、出版社の担当編集者の小林は危険な噂が絶えない木原坂に近づきすぎないように何度も忠告する。しかし取材にのめり込んだ耶雲は、気が付けば百合子まで巻き込んで、抜き差しならない罠に堕ちていた…。

ある殺人事件の真相を追うルポライターが危険な罠にはまっていく様を描くサスペンスドラマ「去年の冬、きみと別れ」。原作は芥川賞作家、中村文則による同名小説だが、映画化にあたり、核となる部分は残しながらも、大胆な改変が加えられている。天才カメラマンの周囲には、モデルの焼死事件、親殺しの疑い、異常な執着や嗜好など、さまざまな疑惑があり、謎が謎を生む展開だ。実は物語そのものに、ある重大なトリックが仕掛けられているて、それは中盤以降に明かされる仕組みだ。小説の章立てのように語られる本作だが、そこには、順番通りではない大きな理由がある。

ミステリーなので、詳細は明かせないのだが、テーマは復讐と愛だ。もちろん、無理な設定はいくつもあり、ツッコミどころも多いのだが、これはあくまで純愛サスペンス。ラストにタイトルの意味が明かされ、愛する人のために、すべてを賭けたということなら納得できよう。原作ファンは映画版ならではのトリックを、原作未読の人は、思い切り騙される快感を味わってほしい。
【50点】
(原題「去年の冬、きみと別れ」)
(日本/瀧本智行監督/岩田剛典、山本美月、斎藤工、他)
(ドンデン返し度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

団地

団地 [Blu-ray]
大阪に住む山下ヒナ子と夫の清治は、とある事情で、営んでいた漢方薬店をたたみ、団地に引っ越してきた。ヒナ子はパートに出て、清治は散歩ばかりしていたが、ささいな出来事から清治が家に引きこもってしまう。急に清治の姿が見えなくなったことで、団地の住人たちは妄想を膨らませ、ヒナ子が清治を殺してバラバラにしたという噂が広まり、ついにテレビ局が取材に訪れる。さらに奇妙な立ち居振る舞いの青年が山下家を訪れて、事態は思わぬ方向へと進み始める…。

大阪の団地を舞台に、住民たちが繰り広げる奇妙な騒動を描く異色コメディ「団地」。阪本順治監督と藤山直美が「顔」以来、約16年ぶりにコンビを組んだ作品だが、実にユニークな快作(怪作)に仕上がっている。近年の阪本監督は「北のカナリアたち」「人類資金」と、個人的にはさっぱりノレない作品ばかりでがっかりしていたが、本作は初期大阪作品群に通じる面白さがあって、久しぶりに阪本節全開だ。ただ、重いテイストだった「顔」に対し、本作はまさかの展開でぶっ飛ぶライトな不条理喜劇。監督自身が星新一や筒井康隆の短編に影響されたと語っているように、最初は団地内でののっぴきならない人間関係を描きながら、物語半ばで大胆にもSFにシフトするから驚いた。だがこの唐突な展開の中にも、ヒナ子と清治が息子を失くした悲しみや、噂が噂を呼ぶ団地コミュニティの日常、人それぞれの死生観まで盛り込んで、深みを出しているのはさすがだ。藤山直美と岸部一徳のW主演の二人はさすがの芸達者ぶりで文句ない存在感だが、意外なほど好演なのは謎の青年を演じる斎藤工。「高台家の人々」といい本作といい、人間離れした役が続くが、あきらかにこちらがハマッている。先読み不能の展開と、時空を超えた不思議なハッピーエンド。ウン、阪本順治監督ってやっぱり“おもろい”人だ。
【70点】
(原題「団地」)
(日本/阪本順治監督/藤山直美、岸部一徳、斎藤工、他)
(奇想天外度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
団地|映画情報のぴあ映画生活

高台家の人々

高台家の人々 Blu-rayスペシャル・エディション
29歳のOL・平野木絵は、何かと妄想しては自分の世界に入り込むクセがある口ベタで地味な性格。そんな彼女が務める会社に、高台光正がニューヨーク支社から転勤してくる。元華族、資産家の名家、イケメンのエリートの光正が、何の接点もあるはずがない木絵を気に入り、いきなり食事に誘う。実は光正は人の心が読めるテレパスで、人間関係に辟易していたが、木絵の妄想を楽しみ、純粋な彼女に惹かれていたのだ。二人は順調に交際するが、元華族という家柄、さらにはテレパスであることを知った木絵の不安から、木絵と光正の関係は変化していく…。

「ごくせん」の作者として知られる森本梢子の人気コミックを実写化したロマンチック・ラブコメディー「高台家の人々」。脳内での妄想に、人の心を読める能力テレパスがからむ一種のファンタジーだ。ヒロインの突拍子もない妄想が次々に映像化される前半パートはテンポよくコミカルに進む。だがもともとがアリエナイ設定なのに、テレパスであることによる恋の障害が…と柄にもなくシリアスになる後半は明らかにトーンダウンしてしまう。高台家の家族それぞれのドラマも表層的で、駆け足すぎてがっかりだ。まぁ、この映画にいろいろと真面目にツッコミを入れるのもヤボというもの。物語の基本は、少女漫画にありがちな“玉の輿願望”全開のストーリーなのだが、綾瀬はるか、斎藤工の二人のキャスティングはなかなかハマッている。ぼーっとして天然という少女のような大人女子をやれるのは、日本映画界広しといえども綾瀬はるかくらいのものだろう。ヒロインが、純粋で他人の悪口など言わず、一見地味だが根は明るくて優しい性格だからこそ、幸福になれるのだと、これまたおとぎ話の教訓のごとし。テレビドラマに限りなく近いライト感覚のラブコメだった。
【40点】
(原題「高台家の人々」)
(日本/土方政人監督/綾瀬はるか、斎藤工、水原希子、他)
(妄想度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
高台家の人々|映画情報のぴあ映画生活

小さな世界はワンダーランド

小さな世界はワンダーランド TVオリジナル完全版 [Blu-ray]
BBCアースとピクサー・スタジオが協力して作ったドラマチックなネイチャー・ドキュメンタリー「小さな世界はワンダーランド」。いったいどうやったらこんなアングルの映像がとれるのか?!と何度も驚愕。

原生林に暮らすシマリスと砂漠に流れ着いたスコーピオンマウス。どちらも子供で、はじめて家族と離れ、たった一人で生き抜かねばならなくなった。シマリスは冬眠にそなえてドングリ100個を集めるが、大人のコソ泥リスから奪われる。スコーピオンマウスはサソリやガラガラヘビがいる危険な砂漠でサバイバルしなければならなかった…。

上映時間はわずか44分のドキュメンタリーだが、驚異的に美しく鮮明な映像でつづる小さな生き物の物語は、愛と勇気に満ちている。「アース」や「ネイチャー」などを生みだしたBBCアースと、子どもたちに夢を届けるピクチャー・スタジオが初タッグを組むが、主人公を小動物に設定したのがいい。彼らの目となったカメラは、シマリスとスコーピオンマウスの微細な表情や動きとともに、神秘的な森や砂漠、ライバルの動物たちの姿を、ミクロの視点から映し出した。小さな動物たちの力強い生き様は、見ているこちらも勇気づけられる。時に空中を飛び、敵から身をかわし、ひるむことなく相手と戦う姿を、スローモーションでじっくりととらえる映像に、何度も目を見張った。一方、動きこそ少ないが、風にそよぐ樹々や成長するキノコなどの植物の様子もまた美しい。「生き残る」。彼らの願いはただそれだけだ。かっこいいゾ、シマリス! りりしいゾ、スコーピオンマウス!
【60点】
(原題「TINY GIANTS 3D」)
(イギリス/マーク・ブラウンロウ監督/(日本語ナレーション)斎藤工)
(映像美度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
小さな世界はワンダーランド@ぴあ映画生活

カフェ・ソウル

カフェ・ソウル [DVD]カフェ・ソウル [DVD]
日韓の若手イケメン俳優共演のグルメ系人情ドラマだ。フード・ルポライターの順は、ソウルで取材中に、路地裏にひっそりとたたずむ韓国伝統菓子店「牡丹堂」を発見する。寡黙だが腕の良い店主が一人で切り盛りするその店が気に入った順は取材を申し込むが、牡丹堂は地元のヤクザから立ち退きを迫られていた。

ごくささやかな世界を描く小品なのに、どうしてこんなにあれこれと詰め込んでしまうのだろう。店の立ち退き、バラバラになった兄弟、耳が不自由になって音楽をあきらめる悲劇、菓子修行、次男と三男の菓子による対決。どれもこれもつまみぐいのように描写が浅く、説得力がない。小さな菓子店での日本人と韓国人の出会いとふれあい。これだけで十分なのに。ただ、韓国料理の中でも伝統菓子に光を当てているのはグルメ映画として興味深い。中でも物語のキーとなる豆餅(コンソルギ)とおこげ(ヌルンジ)は印象的だ。器や飲み物にも凝って繊細に提供される韓国伝統菓子の世界は、日本の和菓子にも似て、奥が深そう。話はおそまつなテイストだが、菓子は五感芸術という言葉は味わい深く、納得させられた。
【20点】
(日本/武正晴監督/John-Hoon、斎藤工、キム・ドンウク、他)
(人情度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ