映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
英・仏合作映画「パディントン2」

映画通信シネマッシモ

謹賀新年2018

2018年happynewyear平成30年


明けましておめでとうございます。
映画ライターの渡まち子です。

「映画通信シネマッシモ」は、めでたく12年目に突入しました。
(インターネットで映画評を発信するようになったのは、もっと前からです)
今年も、さまざまな映画情報を提供し、
自由な視点から語り合えるサイトにするべく頑張ります。

大好きな映画、最近見た映画、気になるスターや監督などなど、
映画について気軽にコメントを書き込んでください。

当ブログでは、全ての映画好きを歓迎します。

2018年が皆様にとって良い年になりますように!

★★★ お知らせ ★★★
1/2〜1/7まではブログ更新はお休みします。
1/8〜1/10は、2017年のベスト映画etc、2017年総括と2018年展望など。
1/11より、通常の映画レビュースタートの予定です。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

大晦日2017

ひとりごと2017年も今日で終了。
私は今年もたくさんのすてきな映画に出会いました。

例によって、紹介できなかった作品が沢山残ってしまいました。
あぁ…、ゴメンね、映画たち(特に12月の映画たちよ、ごめん!)。
折を見て紹介できたら…と思います。

2017年も、ブログをちょこちょこ小休止することに。
更新が滞るのは、ちょっと残念だったんですが、無理せず続けていくことが、長く頑張れるコツなので、マイペースでいこうと思います (´・`)

ともあれ、1年間、このブログを愛読してくださった皆様にお礼を言いたいと思います。そして、コメントをくださった方々、ありがとうございました。
来年も、もっともっと映画について語りましょう。

過ぎ行く2017年とともに愛をこめて。 by 映画ライター 渡まち子


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 17.12月上旬

試写室だよりブログ更新、絶賛サボリ中の私ですが(汗)、何とか繁忙期を生きてます。全国的に寒いので、皆さん、風邪などひかれませんように!

最近見た主な映画は以下。

「ザ・リング リバース」「エターナル」「西遊記」「ロング、ロングバケーション」
「パディントン2」「嘘を愛する女」などなど。

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、いよいよ公開ですね!
お住まいの地域によっては、前夜祭と称して、14日の夜(夕方)に先行上映するので、読者様の中には、すでにご覧になった方もいるかも??
いろいろとネタバレ禁止令が出てるので、語りたくても語れない、やるせないSWなんですが(汗)、とりあえず、衝撃的な内容です。まずは劇場へGO!
あ、シネマッシモでも、もちろんレビュー、出しますよ〜 \(^▽^)/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 17.11月下旬

試写室だより今日で11月もおしまい。ということは2017年も残すところ、あと1ヶ月!
あぁ…、毎年恒例の、ちょっと憂鬱な繁忙期・12月がやって来ます。
ブログ更新、時々、さぼるかも…(←すでに弱気)。
いやいや、なるべく頑張ろう(←気持ちだけは前向き)。
頑張れ、私!

最近見た主な映画は以下。

「デトロイト」「スリー・ビルボード」「ネイビーシールズ」
「苦い銭」「悪と仮面のルール」「羊の木」などなど。

もうすぐ公開の「オリエント急行殺人事件」。ご存じ、ミステリーの女王ことアガサ・クリスティの代表作ですね。1974年版のリメイクになります。

オリエント急行殺人事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
アルバート・フィニー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-08-23


1974年版でメガホンをとったのはシドニー・ルメット監督。
出演者は、名探偵のエルキュール・ポアロに、アルバート・フィニー。
他、ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン、ジャクリーン・ビゼット、
ヴァネッサ・レッドグレイヴ、アンソニー・パーキンス、
ショーン・コネリー、ジョン・ギールグッド、
ジャン=ピエール・カッセル(ヴァンサン・カッセルのお父さんですね〜)などなど。
オールスターキャストが話題になりました。

12/8(金)公開のケネス・ブラナー版も負けず劣らず超豪華キャスト。
何よりすごいのは、犯人を知っていても、結果が分かっていても、
十分に面白いということです (*^.^*) 
やっぱりアガサ・クリスティってすごいな〜と改めて実感しました!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 17.10月下旬

試写室だより気のせいか(気のせいではない!)、毎週末に台風、来てません??!!選挙もあったし、秋は観光シーズンだし、イベントもたくさんあるのに(涙)。被害に遭われた方、お見舞い申し上げます…。

最近見た主な映画は以下。

「パーティーで女の子に話しかけるには」「ローガン・ラッキー」
「キングスマン ゴールデンサークル」「泥棒役者」
「8年越しの花嫁」「探偵はBARにいる3」などなど。

大ヒット公開中の「ブレードランナー 2049」。映画の舞台となる2049年は、前作から30年後という設定なので、その間にいろいろな出来事があったようです。本編を見ていると、あれ、これって何?と疑問に思うこともあるはず。

実は、公式サイトでは、3本の短編が公開されているので、ぜひそちらを鑑賞することをお勧めします。この3本、鑑賞前でも鑑賞後でも、楽しめるのがいいところ♪

●「2022:ブラックアウト」
劇中で語られる、重要な出来事、大規模停電事件のてん末を描く。

●「2036:ネクサス・ドーン」
謎の科学者ウォレスが目論んだ、レプリカント禁止法の廃止の内幕に迫る。

●「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」
本編の冒頭でKが追うレプリカント・サッパーの居場所がなぜ分かったかを描く。

の3本。アニメーション作品の「2022:ブラックアウト」は、日本の渡辺信一郎監督(「カウボーイビバップ」「アニマトリックス」)によるもので、空白の30年の間に起こった大停電は、物語の重要なポイントなので、ぜひ見てほしいです〜(^o^)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

恐るべし!コッポラ・ファミリー

コラム現在、公開中の「ボンジュール、アン!」は、巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督の妻、エレノア・コッポラの長編劇映画監督デビュー作。夫のコッポラは言わずと知れた「ゴッドファーザー」シリーズや「地獄の黙示録」、「カンバセーション 盗聴」などで知られる名匠です。最近ではもっぱら製作者として…、というよりむしろ、実業家(ワイン作り)として忙しいみたいで、さっぱり新作映画を作ってませんが(笑)。

妻エレノアは「地獄の黙示録」の狂気の製作現場を記録したドキュメンタリー「ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録」を撮り、高い評価を得ていた人ですが、80歳を過ぎて、満を持しての劇場映画の監督デビューとなりました!

コッポラといえば、娘のソフィア・コッポラはすでに監督として、実績も人気も十分な実力派。ちなみに息子のロマン・コッポラも映画監督です。

コッポラの妹のタリア・シャイアは「ゴッドファーザー」(主人公マイケル・コルレオーネの妹コニー役)以外にも「ロッキー」(ロッキーの恋人エイドリアン役)にも出演した女優。父カーマイン・コッポラは作曲家で「地獄の黙示録」の印象的な音楽を手掛けています。甥にはオスカー俳優ニコラス・ケイジや個性派俳優ジェイソン・シュワルマンがいて、もう、ハリウッドの一大ファミリーという感じ。

エレノア・コッポラは、自分の実体験をもとに「ボンジュール、アン!」を作ったそうですが、夫コッポラや家族の多大な支えで完成させたそうです。二世俳優くらいなら沢山いるハリウッドですが、やはりコッポラ・ファミリーの才能は群を抜いています。映画のDNA、確かに受け継がれているんですね。

参考までに、傑作ドキュメンタリー「ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録」は、単体ではDVD化されておらず、「地獄の黙示録」のBOX版のみに収納されてます。機会があれば是非!

地獄の黙示録 BOX [Blu-ray]
マーロン・ブランド
KADOKAWA / 角川書店
2017-06-30
地獄の黙示録 3Disc コレクターズ・エディション (初回生産限定) [Blu-ray]
マーロン・ブランド/
ジェネオン・ユニバーサル
2011-09-02


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

カメオ出演、要チェック!

コラムカメオ出演とは、映画の中に、スター俳優や監督、有名人(原作者、伝記映画の本人、スポーツ選手、ミュージシャンetc)が、ほんの少しだけ登場したり、小さな役を演じたりすることを指す用語です。

ブローチやペンダントで使われる装飾品のカメオの浮彫彫刻のように、遠目からでもそれとわかるほど存在感があるため、映画のそのシーンを“浮き立たせる”インパクトと効果があるとされます。

有名なところでは、自分の作品に必ずチラリと顔をみせたアルフレッド・ヒッチコック監督や、マーベル作品にちゃっかり顔を出す原作者のスタン・リーが知られています。最近では「キング・アーサー」に元イングランド代表のサッカー選手デヴィッド・ベッカムが出演して話題になりました(聖剣エクスカリバーを抜く場面の騎士の役。演技はトホホ…でしたが 笑)。

現在、大ヒット公開中のアクション・アドベンチャー・シリーズの最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」には、元ビートルズの、あの大物ミュージシャンがカメオ出演しています。ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウの叔父さんという役どころです。残念ながら歌いませんけどね(笑)。

シリーズ第3作「ワールド・エンド」と第4作「生命の泉」で、ジャック・スパロウの父親ティーグ役として出演してたのが、ローリング・ストーンズの名ギタリスト、キース・リチャーズ。確か、海亀形のギターをちらっと弾いたりしてましたっけ (*^.^*) ん??…ということは、キースと〇ー〇は兄弟なのね!!
ジャックの家族・親族は、やっぱり大物スターじゃなくちゃ!…ということで、このシリーズのカメオ出演、今後も期待大!要チェックです〜!!

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(期間限定) [Blu-ray]
ジョニー・デップ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2017-06-21




パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(期間限定) [Blu-ray]
ジョニー・デップ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2017-06-21


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

試写室だより 17.03月下旬

試写室だより今年のアカデミー賞で前代未聞の作品賞誤発表を引き起こした、会計コンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)。アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは、今後もPwCと継続して仕事するそうです。まぁ、会計士の2人は出入禁止にはなるものの、大枠は変わらないということですね。一応、舞台袖で働く会計士が式中はスマホ(携帯)を所持することは禁止になるだろうとのこと。なんか、生ぬるいなぁ…。大人の事情ってやつでしょうか?ともあれ、二度とあんなアクシデントは起こらないようにしてほしいです。マジで心臓に悪いから(笑)。

最近見た主な映画は以下。

「カフェ・ソサエティ」「美女と野獣」「バーニング・オーシャン」「人生タクシー」
「無限の住人」「リライフ」「ちょっと今から仕事やめてくる」などなど。

2018ロシアワールドW杯アジア最終予選でタイに快勝したサッカー日本代表。取るべき人(香川、岡崎)が点をとったことや、注目の成長株(久保)が活躍したことは喜ばしい。川島のPKセーブの活躍で無失点で終わったのも良かったです。でも、でも…!あのディフェンスのマズさは何?!パスミスが多すぎます。改めて、遠藤の存在は大きかったんだと痛感しました。最終ラインを固めるためにも、ポスト遠藤が育ってくれることを期待します。

一方、ヨーロッパのW杯予選では、あのオランダが苦戦中。そういえば2002日韓W杯でも、オランダって予選落ちしてましたっけ…(;^_^A 欧州予選はほんとにシビアな闘いなんですよね〜。本番のW杯では、そんな欧州勢と戦うんだゾ、日本代表!今のうちに、守備の修正、お願いします!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2017

ひとりごと2017年度 第89回アカデミー賞が、日本時間の2/27に決定しました。
主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「ムーンライト」
監督賞:デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」

主演男優賞:ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
主演女優賞:エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」
助演男優賞:マハーシャラ・アリ「ムーンライト」
助演女優賞:ヴィオラ・デイビス「フェンス」

外国語映画賞:「セールスマン」(イラン)
長編アニメーション賞:「ズートピア」
長編ドキュメンタリー賞:「O.J.:メイド・イン・アメリカ(原題)」←上映時間7時間!!

作品賞は、今年は8作品がノミネート。
そんな中、最優秀作品賞を受賞したのは、「ムーンライト」。

日本関係では、ジブリが製作した長編アニメーション賞に「レッド・タートル」がノミネートされましたが、残念ながら受賞はなりませんでした。受賞したのは「ズートピア」。やっぱりディズニー強し!です。

大本命の「ラ・ラ・ランド」は、美術賞、撮影賞、作曲賞、主題歌賞(City of Stars)、監督賞、主演女優賞の6部門受賞。見事な結果でした。デイミアン・チャゼル監督は32歳で、最年少受賞です!

人種問題や反トランプのスピーチなど、さまざまな懸念が予想されたオスカーでしたが、作品賞を間違えて発表してしまうという、ビックリ仰天の事態が起こりました。マジですか?!前代未聞!「ラ・ラ・ランド」関係者には、あまりにも可哀そう。…色々な意味で、何が起きるのかわからないのがアカデミー賞。あ〜、びっくりした!!

アカデミー賞は映画界最大の祭典。
作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!
いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

映画「バース・オブ・ネイション」のこと

ひとりごと今日は新作レビューはちょっとお休みして、お蔵入りした映画の話を少しだけ。

少し前の話になりますが、アメリカ映画「バース・オブ・ネイション(The Birth of a Nation)」を見る機会を得ました。

ストーリーは、1831年にバージニア州サウサンプトン郡で奴隷反乱を起こした、実在のアフリカ系アメリカ人ナット・ターナーを描いた秀作歴史ドラマです。タイトルはD.W.グリフィス監督の無声映画「國民の創生」の原題と同じで、皮肉を込めてつけられたとのこと。

サンダンス映画祭、トロント国際映画祭をはじめ、世界中で高い評価を得て、東京国際映画祭でも上映された力作でしたが、監督・制作・脚本・主演を兼任したネット・パーカーが、過去に起こした事件(レイプ疑惑)が浮上するというスキャンダルが発覚。全米では公開されたものの、興行成績は振るわず、日本での公開も中止に。

同じく黒人奴隷を扱った「それでも夜は明ける」などはアカデミー賞でも高く評価されましたが、今回のように、映画の内容と現実(事件の内容が真実であるかどうかは今だに謎ですが…)とのギャップがこうまであると、さすがに公開は難しかったのか…(悩)。

映画は、暴力シーンやレイプシーンなど、見ていてつらい場面が多いのですが、何かと人種問題や多様性について議論されている昨今、アメリカの知られざる負の歴史を垣間見る貴重、かつタイムリーな作品でした。仮に日本版のDVDが店頭に並んだら、ちょっとだけ思い出してみてください。

Birth Of A Nation [Blu-ray]
20th Century Fox

←北米版は鑑賞可能 2017.2現在

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ