最終目的地 [Blu-ray]最終目的地 [Blu-ray] [Blu-ray]
南米の辺境の豪邸に暮らす人々の人間模様を描く「最終目的地」。国際的なキャストの中で、真田広之が潤滑油のような役割を自然体で演じている。

アメリカの大学院生オマーは、たった1冊の著書を残して自殺した作家ユルス・グントの伝記執筆のため、遺族に伝記公認の許可を得る目的で、南米ウルグアイの辺境の地にやってくる。その豪邸には、作家の未亡人キャロライン、愛人アーデンとその娘、作家の兄アダムとそのパートナーの男性ピートという、奇妙な家族が暮らしていた。オマーという“侵入者”の滞在によって、彼らは皆、それぞれの人生を見つめ直していく…。

国際的なキャスト、異国情緒、ノスタルジー、のっぴきならない人間関係。ジェームズ・アイボリーらしい静かで格調高い文芸ドラマだ。原作はアメリカ人作家ピーター・キャメロンの同名小説。物語は、閉鎖的な小さな世界で、人生をあきらめたかのように暮らす人々の群像劇である。劇的な事件は何も起こらず、けだるい午睡のような空気の中で、深みのあるセリフが静かに語られる。妻、愛人、兄らを結び付けているのは、自殺した作家ユルスの“不在”で、故郷を喪失して、身動きできなくなってしまった彼らの呪縛をゆっくりと解くのがオマーの役割だ。オマーという“よそ者”が、図らずも彼らに、本当はどこに行きたいのか、あるいは誰と行くべきなのかを問い、人生の最終目的地へと向かわせることになる。そこにナチスの迫害を逃れてドイツから南米に渡ったユダヤ系の先代のホームビデオや、母親が残した宝石類などが、人々が“動き出す”きっかけとしてミステリアスな味付けを加えている。アイヴォリー監督とは「上海の伯爵夫人」で組んだ真田広之は、今回は名優アンソニー・ホプキンスのゲイの恋人という難役。停滞とも平和ともつかない世界の潤滑油のような役割を、不思議な優しさとユーモアを漂わせつつ、自然体で演じて、国際派俳優として見事な存在感だった。新しい何かを手に入れるためには、今持っている古い何かを捨てねばならない。互いに惹かれあうアーデンとオマーだけでなく、誰もが自分の居場所をみつけるラストには、愛憎入り乱れる人間関係の不可思議と共に、柔らかな希望も。人生の機微を知る大人のための物語だ。
【65点】
(原題「THE CITY OF YOUR FINAL DESTINATION」)
(アメリカ/ジェームズ・アイヴォリー監督/アンソニー・ホプキンス、ローラ・リニー、真田広之、他)
(優雅度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
最終目的地@ぴあ映画生活