映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
英・仏合作映画「パディントン2」

木村文乃

伊藤くん A to E

伊藤くんA to E (幻冬舎文庫)
アラサーの脚本家・矢崎莉桜は、5年前に手掛けたドラマが大ヒットし売れっ子になったものの、今は新作が書けず落ち目になって焦っている。自分のトークショーに参加した4人の女性たち(A〜D)の恋愛相談に乗るフリをして、次回作のネタにしようと企む莉桜の前に、彼女が講師を務めるシナリオスクールの生徒で、見た目はいいが口先ばかりの軽薄な青年・伊藤誠二郎が現れる。彼こそ4人の女性たちを振り回している伊藤だった。伊藤は、自分に関わる4人の女たちの物語の企画を提出しようとしていることが判明。そこには莉桜のネタにはない5人目の女(E)も登場していた。伊藤の狙いは一体何なのか。莉桜は次第に追い詰められていくが…。

関わる女性たちを不幸にするイケメン青年と彼に振り回される女性たちの姿を描く異色の恋愛ドラマ「伊藤くん A to E」。原作は柚木麻子の小説で、TVドラマ化もされているが、劇場版では岡田将生演じる“痛男”と木村文乃扮する“毒女”のW主演として再構築している。女たちを振り回す伊藤は、容姿端麗、自意識過剰、無神経、童貞、フリーターでナルシストというとらえどころのない異質のモンスターだ。だが物語は、どうしようもない伊藤を非難はしない。落ち目の脚本家・莉桜が、自分も含めた女たちの本音を通して、伊藤を克服すべき象徴ととらえていくプロセスが面白い。

伊藤にぞんざいに扱われる都合のいい女・A。伊藤から執拗に言い寄られながら自己防衛を貫く女・B。男を切らしたことがない美女ながら愛に飢える女・C。伊藤に処女が重いというという理由でフラれ自暴自棄になるヘビー級処女・D。それぞれキャラが立っているが、誰もがみっともなくて痛いのは共通している。そんな女たちを軽蔑しつつ脚本のネタにするため、もっと無様になるように導いていた莉桜もまた、伊藤の存在によって自らの欲望や欺瞞といった毒を吐き出していく。こうなるともはやラブストーリーではなく、現代社会を投影した人間ドラマだ。しかも身勝手な伊藤が周囲を振り回すのは、自分が傷つくのを防ぐためというのだから、これもまた現代の若者の一面を表している。物語は予想もつかない流れになっていくが、見終わってみれば、どんなに無様でも、どんなに傷ついても、懸命に前を向こうと頑張る女性応援ムービーという印象が残った。軽いトレンディードラマに見えて、なかなか噛み応えのある小品である。
【65点】
(原題「伊藤くん A to E」)
(日本/廣木隆一監督/岡田将生、木村文乃、佐々木希、他)
(痛い度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

RANMARU 神の舌を持つ男

RANMARU 神の舌を持つ男 ~中略~ 鬼灯デスロード編 [Blu-ray]
舌でなめたものの全成分を瞬時に分析できる能力・絶対舌感を持つ朝永蘭丸は、失恋の痛手を癒す旅の途中で行き倒れてしまい、東北の鬼灯村で、美人女医のりんに助けられる。ひょんなことから村の温泉で働くことになり、そこへ相棒の光と寛治が合流。だが、その寂れた温泉村は不穏な空気が漂っていた。黒水、鬼火、子殺しの温泉の伝説、かごめかごめの裏解釈。そんな時、りんの恋人と噂されていた男の遺体が発見される。蘭丸は絶対舌感で村の秘密を暴こうとするが…。

絶対舌感で難事件を解決するテレビドラマシリーズの劇場版「RANMARU 神の舌を持つ男」。主人公の蘭丸は、絶対舌感を持つがゆえに、女性と恋愛もできない体質だが、美人女医りんの人工呼吸の口内細菌に不快感を覚えなかったことから、ほのかな好意を抱き、鬼灯村に滞在する。蘭丸はどこか頼りないキャラ、異常なまでにハイテンションな女性・光と、宮沢賢治を愛するツッコミ担当の寛治という3人組のメリハリは効いている。だが、すべてのギャグがユルくてサムい。特に光のキャラには、完全についていけなかった。怪事件には、迷信や因習という昔ながらの設定と、中国企業による日本進出に環境問題といった現代性を絡ませているのは、面白いが、その謎解きと真相は、主人公のおっとりとしたキャラ同様に、ピリッとしないものだった。サムいギャグも、ユルい謎解きも、おそらく狙っているのだろうが、映画館の大スクリーンでこれを見るのは、あまりにツラい。聞けば、金曜日に放送されていたTVドラマも視聴率でかなり苦戦していたそうだが、それをあえて劇場版にする必要性がどこにあるのだろうか?!と、首をかしげてしまう。数少ないコアなファン向けのサービスと思うしかない。ちなみに、本作の正式な題名は「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」という2時間サスペンス・ドラマ風の長ーーーいタイトル。どこまでも脱力系だ。
【20点】
(原題「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」)
(日本/堤幸彦監督/向井理、木村文乃、佐藤二朗、他)
(ファン向け度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して・・・蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編|映画情報のぴあ映画生活

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

スキャナー 記憶のカケラをよむ男 [DVD]
残留思念を読み取る能力を持つ仙石は、能力を活かしてお笑いコンビ“マイティーズ”として人気を博す。だが、その能力ゆえに神経をすり減らし、コンビ解散後は、マンションの管理人として引きこもり状態だった。相方の丸山もまたピン芸人として鳴かず飛ばずでクビ寸前。そんな丸山に、解散したマイティーズに、行方不明となったピアノ教師・沢村雪絵を探して欲しいという依頼が舞い込む。事務所の女社長はマイティーズ復活を目論んで、仙石に事件の捜査を手伝わせるよう丸山に命じるが…。

物や場所に残った人間の記憶や感情“残留思念”を読み取る能力を持つ男とその相棒が難事件に挑む「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」。この特殊能力に関しては韓国映画「サイコメトリー 残留思念」でも描かれていたが、本作の場合、どこかコミカルな演出だ。現代劇初挑戦となる狂言師の野村萬斎と、俳優としてのキャリアも順調な雨上がり決死隊の宮迫博之という、凸凹コンビの組み合わせが、それだけで笑いを誘うからだろう。事件は、残留思念という能力なしにはなりたたない、少々強引な捜査で解決へと向かうのだが、その根底にあるのは切ない思い出。実際、こんな能力があればほとんどの難事件は解決できそうなのだが、そこには人間のあいまいな記憶というやっかいな代物が。記憶は自分の都合のいいように書き換えられるのだから、単純に読み取ればいいというワケではないのだ。改ざんされた過去の記憶をどう紐解いていくかが見所となっている。それにしても、萬斎と宮迫のコンビはいい味を出していた。野村萬斎は、正直、時代劇の方がフィットしていると思うが、このコンビには、次の難事件にも挑んでほしくなる。
【50点】
(原題「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」)
(日本/金子修介監督/野村萬斎、宮迫博之、木村文乃、他)
(切なさ度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
スキャナー 記憶のカケラをよむ男@ぴあ映画生活

十字架

十字架 [DVD]
中学2年生の秋。いじめを受けていたクラスメイトのフジシュンこと藤井俊介が自殺する。遺書によって“親友”にされてしまった真田祐(ユウ)、自分の誕生日がフジシュンの命日になってしまった中川小百合(サユ)、息子をいじめた生徒ばかりではなく見殺しにした“親友”のユウのことを恨むフジシュンの父親、息子の思い出にすがりつく母親…。それぞれが十字架を背負い、共に苦難の20年を過ごすが…。

多くの作品が映画化される人気作家、重松清の吉川英治賞を受賞した同名小説を映画化した「十字架」。いじめにより自ら命を絶ったクラスメイトの周辺にいた人間の、それぞれの形で背負わされた十字架と、彼らの心の軌跡を描いている。親友にされてしまったユウの人生は、まさにフジシュンとともに歩んでいるかのようなものだ。「親友ならばなぜ助けなかった!」とユウを責める父親の叫びは、見て見ぬふりは、いじめと同じ同罪なのだとはっきりと訴えている。このあたりは「ソロモンの偽証」でも描かれていたが、傍観者であったことは、フジシュンの周囲にいた大人も同じなのだ。テーマはタイムリーだし、小出恵介、木村文乃の演技も安定している。父親を演じる永瀬正敏がこれまた良い。「地雷を踏んだらサヨウナラ」などの五十嵐匠監督の演出も丁寧だ。だがひとつだけ問題点が。それは中学時代を同じ小出、木村が演じているということで、いくらなんでも年齢的に無理がある。演技力で劣っても、ふさわしい年齢の若手俳優を使うべきだった。映画は、傍観者だった人間に焦点をあてることで、どんな立場にいようとも、いじめと真正面から向き合ってはじめて未来を見ることができると訴えている。重い内容で、正直、見るのはつらいが、大切なことを描いた作品だ。
【60点】
(原題「十字架」)
(日本/五十嵐匠監督/小出恵介、木村文乃、富田靖子、他)
(シリアス度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
十字架@ぴあ映画生活

太陽の坐る場所

太陽の坐る場所【Blu-ray】
過去にとらわれたヒロインが同窓会をきっかけに気持ちをさらけだしていく「太陽の坐る場所」。ミステリーというより人間ドラマ。

東京から2時間ほどの地方都市。高校時代はクラスで女王様のような存在だった響子は、今は地方局でアナウンサーをしながら満たされない日々を送っている。一方、同じ名前の今日子は東京で女優として活躍していた。同窓会で久し振りに再開した2人は、過去のある事件を語り合い、互いの思いをさらけだしていく…。

原作は直木賞作家・辻村深月の同名小説。現代と過去を交錯させながら、青春時代の心の傷みやわだかまりを描く物語なのだが、本作の宣伝文句にあるようなミステリー要素は薄い。むしろ、思春期の秘めた思いを大人になった今もひきずる登場人物たちが織りなす人間ドラマなのだ。クラスで女王様のようだった響子は、自分を太陽のような存在だと思っているが、実は自分では輝きを放つことはできない。高校時代のある事件とは、現在の壮絶ないじめを知るものには、幼いいじわるにしか見えず、それを苦にするヒロインは、むしろ地方出身者らしい素朴な人間に思える。しかも彼女はずっと過去にとらわれていて、まったく成長していないところが哀れだ。響子を中心とした人間関係は、かなり屈折したもので、露骨に悪意がある人物がいる一方で、意外な闇を抱えるものも。物語は誰かを擁護することも非難することもなく、それぞれの心の揺れを丁寧に描いていく。とはいえ、ストーリーそのものは単調でパンチ不足。悪意も善意も中途半端では共感することも難しい。ただ、誰もが通過してきた青春時代の古い傷の疼きを、ほこりっぽい体育館にさしこむ光のようにぼんやりと思い出させてくれる作品だった。
【50点】
(原題「太陽の坐る場所」)
(日本/矢崎仁司監督/水川あさみ、木村文乃、三浦貴大、他)
(共感度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
太陽の坐る場所@ぴあ映画生活

すべては君に逢えたから

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [Blu-ray]
クリスマスの東京駅を舞台に6つのラブストーリーが交錯する「すべては君に逢えたから」。よくある企画だがデートムービーにはお勧め。

クリスマス直前の東京駅周辺。さまざまな男女がこのメガステーションを背景にすれ違う。女性不信の若くハンサムな社長は、恋人を亡くした女性と偶然出会う。東京と仙台に離れた恋人同士は遠距離恋愛で悩んでいる。ケーキ屋でアルバイトをする女子大生の恋、養護施設で暮らす少女の母へ思い、余命3ヶ月と宣告された新幹線の運転手は息子に思いを託す。さらに49年前に駆け落ちを約束するも相手が現れず、ずっと一人で生きてきた女性が経営するケーキ屋には見知らぬ男性が訪ねてくる。6つの物語でそれぞれの思いが交錯し、クリスマスの奇跡を呼び起こす…。

クリスマスをテーマにしたオムニバス・ストーリーは、2014年に開業100周年を迎える東京駅が舞台。年齢、性格、置かれた境遇、胸に秘めた思いなど、バラエティに富んだ設定でのラブ・ストーリーが紡がれる。若者たちの恋愛だけではなく家族愛や過去の恋の思い出など、さまざまなスタイルなので、誰もが自分と重なる物語を発見できるだろう。玉木宏や東出昌大、高梨臨、木村文乃らの若手から、小林稔侍、倍賞千恵子らベテランまで、キャストも多彩で豪華だ。クリスマスのオムニバス・ストーリーでは大ヒットしたイギリス映画「ラブ・アクチュアリー」がすぐに思い浮かぶが、本作はクリスマスだけではなく、出会いと別れが繰り返される駅を裏テーマにしているところがポイントだ。利用者が1日100万人を超えるメガ・ステーション東京駅では、夜間や早朝でも撮影が困難だが、JR東日本の全面協力という商業的な宣伝効果もあり、美しい撮影が実現。外壁の赤レンガや駅舎内部などの映像は、映像資料としても価値がある。6つの物語は独立しているが、少しずつ重なる部分も。その中で、遠距離恋愛を描いたパートだけが他の物語と重ならないのがちょっと疑問だ。個人的には、全体的に生真面目すぎてユーモアが不足しているのが残念。それでも6つの切ない愛の物語はどれも心温まるものばかり。やっぱりクリスマス・ムービーの最高の小道具は“偶然と奇跡”なのだ。
【65点】
(原題「すべては君に逢えたから」)
(日本/本木克英監督/玉木宏、高梨臨、木村文乃、他)
(ロマンチック度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

すべては君に逢えたから@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ