映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

松坂桃李

彼女がその名を知らない鳥たち

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」オリジナル・サウンドトラック
15歳年上の男・陣治と同居し、彼の少ない稼ぎに依存しながら、働きもせず怠惰に暮らす十和子は、8年前に残酷なやり方で自分を捨てた男・黒崎のことが忘れられずにいた。ある日、十和子は、黒崎の面影と重なる妻子持ちの男・水島と出会い、彼との情事に溺れるようになる。そんな中、突然やってきた警察から黒崎が行方不明になったと知らされる。どんなに罵倒されても十和子につくし続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い始める…。

嫌悪感を抱く男に依存する身勝手な女と、異常なまでに彼女に執着する下品な男の歪んだ関係を描くミステリー仕立ての恋愛映画「彼女がその名を知らない鳥たち」。原作はイヤミスの小説家・沼田まほかるの人気小説だ。何しろ、共感度0パーセント、不快度100パーセントとのキャッチコピー通り、登場人物はろくでなしばかり。自分勝手で自堕落な暮らしを送る自己中女の十和子。不潔で卑屈でストーカー気質の中年男・陣治。身勝手で卑劣、時に暴力さえふるうゲスな男・黒崎に、不誠実で薄っぺらなクズ男・水島。十和子のせりふではないが、どいつもこいつも虫唾が走るヤツばかりだ。

徹底的に共感を拒むキャラクターたちが引き起こす事件には、もちろん意外なオチがある。これが案外読めてしまうので、ミステリーとしては少し弱い気がするが、自分勝手な十和子が欲望に忠実であることがひとつの鍵だ。そう思ってこのラストを思い返すと、この作品が、究極のラブストーリーだと思えてくる。白石和彌監督は「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」などの実録もので人間の醜い部分を容赦なくあぶり出したが、本作では、欠点を隠そうともしない人間臭い男女を通して愛の本質に迫っている。その気概に、蒼井優と阿部サダヲの2人が凄みのある演技で答えた。劇中では、十和子の心にふと紛れ込む幻想が、醜い現実をより一層際立たせるが、最後に登場する鳥の飛翔の美しさは、愛に飢えた人々に一筋の光を与えているかのようだった。
【70点】
(原題「彼女がその名を知らない鳥たち」)
(日本/白石和彌監督/蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、他)
(共感度:☆☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ユリゴコロ

ユリゴコロ (双葉文庫)
カフェを営む亮介の平穏な日常は、父が余命宣告され、さらに婚約者の千絵が失踪するという事態で、突如崩れ去ってしまう。失意の亮介は、父が住む実家で“ユリゴコロ”と書かれたノートを発見。そこには、人間の死でしか、生きていくための拠りどころを感じられない殺人者・美紗子の告白の物語がつづられていた。繰り返される殺人、友人の自殺、自分を心から愛してくれる男性・洋介との出会い…。これは創作か、事実か。誰が何のために書いたのか。なぜ自分はこれほどまでにこのノートに惹きつけられるのか。そんな時、亮介のもとに、千絵とかつて同僚だったという女性が、千絵の伝言を持って現れる…。

人間が死ぬ瞬間を見ることを唯一の心の拠りどころとして殺人を繰り返す女の壮絶な人生を描くミステリー「ユリゴコロ」。原作は沼田まほかるの同名小説で、いわゆる“イヤミス(読後にいやな気分になるミステリー)”と呼ばれるジャンルだ。映画は、亮介が読む手記の中の過去の物語と、亮介と父、失踪した婚約者・千絵らの現在のパートが交錯しながら、進んでいく。

殺人でしか心が満たされないという設定上、かなり凄惨な描写が登場するが、同じく死に取りつかれた美紗子の友人・みつ子のリストカットといった、殺人とは少し違う流血場面も相当に生々しい。ミステリーなので詳細は明かさないが、ノートに引きこまれる前半が心をザワつかせる異様なサスペンスなのに対し、後半は一気にラブストーリーに傾き、トーンダウンする感は否めない。さらに終盤には衝撃の事実が用意されているが、これが、あまりに偶然に頼る設定なのが、気になった。とはいえ、終始、暗い情念を感じさせるヒロイン役の吉高由里子は熱演だし、心に深い傷を抱えながら美紗子を愛し抜く洋介を演じる松山ケンイチもいい。サイコ・スリラーから純愛ラブストーリー、そして家族愛のドラマへ。テイストの変化がこの作品の個性だろう。
【60点】
(原題「ユリゴコロ」)
(日本/熊澤尚人監督/吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ、他)
(流血度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

キセキ あの日のソビト

キセキ ーあの日のソビトー 豪華版 [Blu-ray]
厳格な父の反対を押し切って音楽の道を選び、家を飛び出した兄のジン。一方、弟のヒデは父の期待に応え歯科大を目指して勉強していた。ジンのバンドのメジャーデビューが決まるが、商業主義的な音楽業界に失望し、ついに挫折してしまう。そんな時、ヒデと仲間たちの音楽を聞き、その才能を見抜いたジンは、弟ヒデに音楽の夢を託すことを決める。だが歯科医を目指しながら音楽もやりたいということを父に言い出せない。兄弟は、前代未聞の顔出しなしのCDデビューを思いつく…。

異色の4人組音楽グループGReeeeNとその代表曲の誕生秘話を描く「キセキ あの日のソビト」。名曲「キセキ」は誰もが一度は耳にしたことがある大ヒット曲。前向きで説得力のある歌詞と親しみやすいメロディーで多くの人々に愛されている名曲だ。ファンにはおなじみの誕生秘話なのだろうが、私などは、曲は知っていても、どれもが初めて知るエピソードばかりで、なかなか楽しめた。兄弟を演じるのは松坂桃李と菅田将暉という旬の若手人気俳優たちで、二人の演技が繊細で、スッと物語に入り込める。本作はこの二人ありきの作品といっても過言ではない。それにしても兄弟の父親は厳しい。イマドキこんなにも恐ろしい父親がいるだろうか?と首をかしげるが、その分、子どもたちをやさしく見守る母親の天然ぶりがほほえましく、いいバランスになっている。父親に、音楽をやるという決意を告げるシーンは緊張感があり、兄への、あるいは弟への複雑な感情がからむ兄弟げんかのシーンもまたリアルだった。ただ、派手なクライマックスが用意されているわけではないので、映画としては少し盛り上がりに欠ける印象も。それでもすべてを乗り越えて音楽の道へと進むと決めた彼らの凛とした表情が映り、名曲「キセキ」が流れる時、改めて、この曲の素晴らしさが伝わってくる。
【60点】
(原題「キセキ あの日のソビト」)
(日本/兼重淳監督/松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、他)
(さわやか度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
キセキ −あの日のソビト−|映画情報のぴあ映画生活

真田十勇士

映画 真田十勇士 Blu-rayスペシャル・エディション
関が原の戦いから約10年、徳川家康は天下統一を目前にしていた。徳川方と、豊臣秀吉の遺児・秀頼と母である淀殿を中心にした豊臣家との対立が深まっていた頃、大阪城には、豊臣方の武将が続々と集結していた。その中心的人物は天下の武将として名をはせる真田幸村と彼が率いる真田十勇士。だが実は幸村は、男前な容貌と、奇跡的な幸運で武功をあげ、周囲から誤解されていただけの平凡な武将だったのだ。そんな時、世の中を面白くしようと抜け忍になった猿飛佐助が、幸村を本当の猛将へと仕立てあげようと提案する。佐助は同じく抜け忍の霧隠才蔵ら10人の仲間を集め、真田十勇士を結成し、大坂冬の陣・夏の陣に挑んでいく…。

2014年に上演され、ヒットを記録した舞台を映画化した痛快時代劇「真田十勇士」。アニメ化もされたというだけあって、映画冒頭の登場人物紹介のパートはすべてアニメーションによって表現されている。歴史を「もし…だったら」と仮定した映画はたくさんあって、どれも、時にコミカル、時にシリアス、現代を照射するストーリーが持ち味だが、この作品もまたしかり。何しろNHKの大河ドラマでも話題の真田幸村を、腰抜けの凡人に描くのだから、かなりの改変である。猿飛佐助のモットーは、面白く生きること。何でもありの彼の周辺では、いったい何が本当で何が嘘なのかわからなくなるほど、突拍子もない出来事が起こる。佐助の強烈な磁場は周囲に広がり、ついに真田幸村その人さえも激変させていくという展開だ。舞台らしさを残したセリフと、いい意味での節操の無い演出は、いかにも、あらゆるジャンルの映画作品を手掛ける堤幸彦監督らしい。主要キャストである猿飛佐助の中村勘九郎と霧隠才蔵の松坂桃李は舞台版に引き続きの出演。ノリで突っ走るような物語だが、冒頭のアニメと共に、エンドクレジットで登場する、真田十勇士たちのその後のワールドワイドな活躍に胸が躍った。ハチャメチャながら、ところどころで歴史に符合するのが楽しい。
【65点】
(原題「真田十勇士」)
(日本/堤幸彦監督/中村勘九郎、松坂桃李、大島優子、他)
(ノリの良さ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
真田十勇士|映画情報のぴあ映画生活

秘密 THE TOP SECRET

秘密 THE TOP SECRET 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]
近未来の日本。死者の脳をスキャンし、生前の記憶を映像化するMRIスキャナーを捜査に導入し、迷宮事件を解決する科学警察研究所法医第九研究室、通称、第九。室長で若き天才、薪剛や、新しく第九に配属された新人捜査官の青木一行らは、家族を惨殺した罪で死刑になった男・露口の記憶を映像化するミッションに挑む。だが男の脳をスキャンすると事件を根底から覆す真犯人が映っていた。さらに、事件は次々に連鎖し、決して触れてはならない第九の闇、貝沼事件へとつながっていく。薪の親友で元・第九メンバー、今は亡き鈴木が自分の命と引き換えにしてまで守ろうとした、第九最大の秘密がそこに隠されていた…。

清水玲子の人気コミックを実写化したサスペンスミステリー「秘密 THE TOP SECRET」。死者の記憶を映像化できるMRIスキャナーを駆使した科学捜査という設定が、まるでアメリカのTVドラマのようでユニークだが、ここには大きな問題がある。目に映ったものは個人の感情が受け止めるため、事実が記憶に変化する際に、情報を受け取った人が持つ主観や視点に左右されてしまうのだ。歪められた記憶が、この奇想天外なサスペンスを複雑、かつ、人間臭くしている。第九の室長・薪と、彼の親友の今は亡き鈴木が共有しているのは、人の人生を狂わせる凶悪犯・貝沼の脳の映像だ。禁断の貝沼事件へと導く入り口となるのは、露口一家殺人事件にかかわる謎の少女・絹子である。モデル出身の織田梨沙が演じるサイコな少女は、一般的な意味の美少女とは少し違うのに、圧倒的な存在感と目力で強烈な印象を残す。絹子に翻弄されながら、青木や薪がたどり着くその先には、ある秘密が。絹子が登場するシーンのほとんどが、夢と現実が混濁する残酷なファンタジーのような映像美に彩られていて、幻想的だ。死者の脳を使って行う捜査は他人の記憶や秘密を覗き見ること。明るみにしてはいけない真実もあり、自分自身の深淵を見ることにもつながる、禁断の行為だ。そこには、死者のプライバシーの侵害という、決して小さくない問題が浮かび上がる。映像は斬新なセンスでビジュアル化されていて、引きこまれる。どこか無国籍な世界観や、科学という理詰めの中に怒涛の感情が流れ込む矛盾した設定など、不思議な手触りの作品に仕上がっている。
【60点】
(原題「秘密 THE TOP SECRET」)
(日本/大友啓史監督/生田斗真、岡田将生、吉川晃司、他)
(映像美度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
秘密 THE TOP SECRET|映画情報のぴあ映画生活

人生の約束

人生の約束 (豪華版)(本編Blu-ray+特典DVD)
東京のIT関連企業のCEO中原祐馬は、会社拡大しか興味がなく、一緒に会社を作った親友の航平とも、彼を追い出す形で絶縁していた。その航平から何度も無言の電話あり不安になった祐馬は、彼の故郷・富山県新湊へ向かう。だが着いたときには親友は病でこの世を去っていた。祐馬は、航平が新湊曳山まつりをめぐって地元のために奔走していたことを知る。同じ頃、祐馬の会社が不正取引の疑いで強制捜査を受ける。会社や仲間などすべてを失って一人になった祐馬は、亡き友への思いから他の町に譲渡された曳山を取り戻そうと決心するが…。
「池中玄太80キロ」などテレビドラマ界の巨匠として知られる石橋冠の映画初監督作「人生の約束」。富山県射水市の新湊曳山まつりを題材に、会社拡大しか関心がなかった主人公が、かつての親友の死をきっかけに人生を見つめ直していく物語だ。地方都市を舞台に、自分を見失った男が、その土地の人々の暮らしや人柄に触れて、再生していく。ストーリーそのものは手垢がついたものだが、石橋冠の演出はすべてがストレートで奇をてらったところがない。初映画監督に臨む巨匠を慕う俳優陣の好演もある。さらに雄大な立山連峰をバックに、360年もの歴史を誇る勇壮な祭りとくれば、もうテッパンの作りだ。

新湊曳山まつりでは、祭に参加し曳山をひくことを“つながる”と表現するのだそう。この作品は明らかにシニア層向け。だが、劇中に登場する「つながりたい」という気持ちは、世代を問わず不思議なほど現代の世相にフィットする。勇壮な祭りのクライマックス、主人公が渾身の力で祭りに対峙し、提灯山にいっせいに灯がともる瞬間の美しさが心に残った。派手さはないが、丁寧であたたかい作品に仕上がっている。
【60点】
(原題「人生の約束」)
(日本/石橋冠監督/竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、他)
(再生度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
人生の約束@ぴあ映画生活

エイプリルフールズ

1年に一度だけ嘘をついても許される日、エイプリルフール。対人恐怖症の清掃員・あゆみは一晩だけ関係をもった天才外科医・亘に妊娠を告白するが、亘はエイプリルフールの冗談だと思い本気にしない。あゆみは、美人CAとランチデート中の亘がいるイタリアンレストランに向かう。同じ頃、さまざまな人がついた、七つの小さな嘘がからみあい、思いもよらない大騒動が巻き起こっていた…。

大ヒットドラマ「リーガルハイ」の脚本・監督コンビによる群像劇だが、ユルすぎる内容に脱力。特に脚本の古沢良太は、快作映画「キサラギ」が素晴らしかっただけに、ひさびさのオリジナル・ストーリーに期待していたのだ、私は! 物語は、レストランでの籠城事件「イタリアンレストランでの大惨事」を中心に、「ロイヤル夫妻の休日」「不器用な誘拐犯」「占い老婆の真実」「42年ぶり涙の生還」「僕は宇宙人」「ある大学生の行末」の7つのエピソードが描かれ、少しずつからみあうというお決まりのスタイル。コメディーなのだからディテールが甘く、からみも強引なのはある程度仕方がないとはいえ、笑いも涙も中途半端では、観客は気持ちの持っていきようがない。総勢27人の豪華キャストは1人ひとりが主役クラスでホントに豪華。対人恐怖症やSEX依存症という、今までにない役に挑んでいる俳優陣の頑張りがかえって哀愁を誘う。プレス資料によると、監督は「バカ映画だと思ってほしい」と書いている。ウン、そう思ったゾ、あらゆる意味で!
【40点】
(原題「エイプリルフールズ」)
(日本/石川淳一監督/戸田恵梨香、松坂桃李、ユースケ・サンタマリア、他)
(豪華キャスト無駄使い度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
エイプリルフールズ@ぴあ映画生活

マエストロ!

『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】
再結成した名門オーケストラの奮闘を描く音楽ドラマ「マエストロ!」。オーケストラやクラシックのトリビアが楽しい。

若手コンサートマスターの香坂は、不況で解散した名門オーケストラの再結成に携わることになる。だが集まったのは再就職先も決まらない負け組楽団員と、腕は一流だがアマチュア・フルート奏者のあまね。そこにうさんくさい謎の指揮者・天道が現われる。彼こそこのオーケストラの再結成を企画した張本人だった。天道の破天荒な指揮とムチャな練習に、最初は猛反発する楽団員たちだったが、次第にその魅力に引き込まれ、メキメキと上達していく。だが天道は復活コンサートにある秘密を仕掛けていた…。

原作は、さそうあきらの人気コミック。バラバラだった楽団員たちが、謎の指揮者によって、音楽への情熱と自信を取り戻し、復活コンサートへと向かう物語は、笑いあり、涙あり、感動ありの、賑やかさで最後まで飽きさせない。劇中で演奏するのはベートーベンの「運命」とシューベルトの「未完成」という超有名な2曲。この名曲の解説もきっちりと描かれる。「運命」のジャジャジャジャーンの前には休符があるので音合わせは難しい、唇が薄い人は管楽器に向いている、指揮者とオーケストラは敵同士!などの知識は、いわばオーケストラのトリビア。クラシック界の実情やオーケストラの内情に詳しい人は「そうそう」と頷き、詳しくない人は「へぇ〜」と得した気分になる、実にうまい作りだ。父へのコンプレックスを抱くコンマスの苦悩、天才フルート奏者あまねの壮絶な過去からそれを乗り越えての名演奏など、人間ドラマも丁寧に描写される。松坂桃李と西田敏行はバイオリンと指揮の猛特訓を受けたそうで、なかなかサマになっている。クライマックスのコンサートのシーンは、感動が波のように押し寄せ、圧巻だ。誰かと響き合うことができれば、音楽は永遠になる。こんなキザな言葉も、映画を見終われば納得できてしまう。
【70点】
(原題「マエストロ!」)
(日本/小林聖太郎監督/松坂桃李、miwa、西田敏行、他)
(トリビア度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マエストロ!@ぴあ映画生活

くるみ割り人形

くるみ割り人形 [Blu-ray]
バレエや童話などで有名な古典を実写アニメ化した力作「くるみ割り人形」。極彩色の3Dはまるで異世界。

ある雪の夜、少女クララは、大切にしていた“くるみ割り人形”をネズミの大群に奪われてしまう。ネズミを追ってクララが迷いこんだのは、人形の国。そこにはふたつ頭の白ネズミの女王に呪いをかけられ、眠ったままのお姫様がいた。人形とネズミの戦いに巻き込まれたクララは、“くるみ割り人形”に隠された悲しい秘密を知る…。

原作は、チャイコフスキーの不朽の名作バレエ「くるみ割り人形」とホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」。演劇やバレエなどでは幾通りもの解釈が可能で、様々なアプローチがなされる作品として知られる。今回は、サンリオ創設者で現社長である辻伸太郎が自ら脚本を書き下ろし、カワイイ・カルチャーの第一人者のアーティスト、増田セバスチャンが初監督を務める。35年前に製作された作品をベースにするが、何しろ、実写アニメという1日たった3秒の撮影しかできないスタイル。おかげで、5年の歳月と7億円もの巨費がかかったというから驚きだ。物語は、人形とねずみの戦争や時のない村、世界で一番固いクルミなどが登場し、幻想的で複雑、善悪や美醜が入り乱れる摩訶不思議なものになった。基本はクララの成長物語で、自分の命を犠牲にしてでも守りたいものを見出すというもの。可愛らしいビジュアルの中に、邪悪なものやいびつな要素を盛り込むスタイルは、むしろ原作に近いといえるだろう。3Dで描かれるぐにゃりと歪んだ世界観は、夢と現実の関係は単純ではなく、混沌としたものだと言わんばかりだ。監督いわく、これは“ルーツ・オブ・カワイイ”だそう。なるほどそんな気がしてきた。
【65点】
(原題「くるみ割り人形」)
(日本/増田セバスチャン監督/(声)有村架純、松坂桃李、藤井隆、他)
(カラフル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
くるみ割り人形@ぴあ映画生活

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳

万能鑑定士Q ―モナ・リザの瞳- Blu-ray スペシャルエディション
天才的な鑑定眼を持つヒロインがモナ・リザに隠された謎に迫るミステリー「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」。モナ・リザも思わず苦笑する出来栄えで、激しく脱力。

40年ぶりに再来日する名画モナ・リザ。ルーブル美術館は警備強化のため鑑定士を募る。天才的な鑑定眼を持ち鑑定事務所「万能鑑定士Q」を営む凛田莉子は、ルーブルでの試験の末、見事に選ばれる。もう一人の合格者の鑑定家・美沙とともに、真贋鑑定の訓練のため、厳しい合宿に臨むが、モナ・リザの瞳の隠された謎の文字をみつけてしまった莉子は、その鑑識眼が狂い、心身ともに追いつめられていく…。

原作は松岡圭祐原作の「万能鑑定士Q」シリーズ。主人公の凛田莉子は、驚異的な鑑定眼とロジカル・シンキング(論理的思考)、さらに天才的な記憶力を持つスーパーヒロインだ。何しろ“万能”である。不可能などない!ということで、名探偵コナンのごとき洞察力とコナンを凌駕するご都合主義で、事件を解決する。名画モナ・リザにはさまざまな説や憶測、さらには実際に起こった盗難事件などがあり、本作ではその瞳に仕込まれた文字を見たものは、精神に異常をきたすという噂の通り、莉子の鑑定眼も狂っていくという展開だ。そこにはモナ・リザをめぐるある陰謀が隠されているのだが、一応ミステリーなので詳細は伏せる。でも、でも!そもそも、あの世界的美術館であるルーブルが、どーしてわざわざ外部鑑定士によって警備強化を図るのか?? しかも鑑定士に選ばれてから合宿訓練ってどういうことだ?! あまりに不自然な最初の設定からして、本作のズッコケぶりが推察される。莉子の相棒(?)の雑誌記者・小笠原の無能っぷりもまたハンパない。見どころは、雑学的ウンチクと、モナ・リザをめぐるさまざまなマメ知識、邦画初となるルーブル美術館でのロケ。このレベルの作品でロケが認められたのはトホホなのだが、ともあれ、これだけは“本物”を堪能できる。
【30点】
(原題「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」)
(日本/佐藤信介監督/綾瀬はるか、松坂桃李、初音映莉、他)
(謎解き度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ