映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「フィフティ・シェイズ・ダーカー」「ハクソー・リッジ」「結婚」「ありがとう、トニ・エルドマン」etc.

松山ケンイチ

珍遊記

珍遊記 [DVD]
天竺を目指して旅を続けていた坊主の玄奘は、ある時、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれる。宝珠の力で恐るべき妖力を封印したものの、嫌々ながら太郎を引き取り、共に天竺を目指して旅をするハメに。彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか?!

漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記 太郎とゆかいな仲間たち」を、まさかの実写映画化した、恐れを知らない映画が「珍遊記」。原作のグロなビジュアルから、随分とかけはなれ、松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平ら、美しいルックスの役者によって、あっさりテイストに仕上がっている。とはいえ、トンデモないせりふは健在で、倉科カナちゃんがあの可愛らしいお顔でチ○○やウ○○と明瞭な発音で言葉にするものだから、ファンならずとも、面食らう。「西遊記」のパロディのような設定が随所にみられるが、注目したいのは、カンフーアクションを披露する温水洋一だ。常に酔っぱらっているので、これはもしや酔拳? と真面目に考えるのもアホらしいが、彼のアクションはかなり新鮮である。ロケは韓国、松ケンはパンツ一丁(時に全裸)と、気合は十分だ。評価の点数はあえて低くしているが、バカバカしさに徹して作った映画なので低評価が礼儀というもの。「地獄甲子園」や「ババアゾーン」と、漫☆画太郎作品の実写化に定評がある、山口雄大監督。次回作も期待大!である。
【30点】
(原題「珍遊記」)
(日本/山口雄大監督/松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、他)
(おバカ度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
珍遊記@ぴあ映画生活

の・ようなもの のようなもの

の・ようなもの のようなもの [DVD]
東京の下町、谷中。師匠・出船亭志ん米の家に住み込みながら修業する若手落語家の志ん田(しんでん)は、真面目すぎて全然パッとしない。師匠の娘の夕美にひそかに想いを寄せているが、いつもイジられてばかり。そんなある日、志ん田は、師匠から、かつて一門にいた兄弟子の志ん魚(しんとと)を探し出すように命じられる。スポンサーのご機嫌をとるためお気に入りの志ん魚を落語に復帰させようとの魂胆だったが、志ん魚は落語とは無縁な世界で自由に生きていた…。
2011年12月に亡くなった森田芳光監督の劇場デビュー作「の・ようなもの」の35年後を描く続編「の・ようなもの のようなもの」は、全編、森田作品へのオマージュに満ち溢れている。小さなシーン、何気ないせりふ、主要キャスト、チョイ役で登場するまさかの大物俳優たち(そのほとんどが森田作品出演者)と、ファンサービスは過剰なほどだが、この続編の作り手が、いかに森田芳光という稀有な才能を愛していたかが伝わってきた。いつまでも前座の若手落語家・志ん田は、このまま落語を続けるべきか悩んでいたが、落語とは無縁の世界で自分らしく生きる兄弟子・志ん魚と接するうちに自分に何が足りないのかに気づいていく。一方、落語を捨てた志ん魚もまた、一途な志ん田の姿に若き日の自分を重ね、忘れていた落語への情熱を取り戻す。志ん田と志ん魚。年齢こそ異なるが、これは二人の落語家が、何者かになろうと自分を探す青春映画なのだ。恋愛も仕事も将来も、何もはっきりしていない“の・ようなもの”たちを、映画は決して否定しない。あらゆる世代がどこか途方にくれている現代社会には、昨日よりは今日、今日よりは明日の、小さな希望を信じるこんな映画が、心にじんわりしみてくる。
【55点】
(原題「の・ようなもの のようなもの」)
(日本/杉山泰一監督/松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、他)
(オマージュ度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
の・ようなもの のようなもの@ぴあ映画生活

天の茶助

天の茶助 [Blu-ray]
天界では大勢の脚本家が下界で暮らす人間たちの運命を決めるシナリオを書き、人間たちはその通りに生きていた。天界でお茶くみを担当している茶番頭の茶助は、口のきけない可憐な女性ユリに惹かれていたが、彼女が交通事故で死ぬ運命であることを知り、何とかユリを救おうと天界から下界へと降りていく…。

SABU監督自身が執筆した小説を映画化した「天の茶助」は、摩訶不思議な異世界ファンタジー・ラブロマンスだ。物語や設定はかなりムチャなのだが、どこか浮世離れした松山ケンイチの存在感で、何とか持っている。運命は変えられるのか?!というテーマは深淵だし、天界の脚本家が、斬新なストーリーを競い合っているという映画的な設定は好ましくもある。だが、話があまりにも散漫になってしまっているので、何を軸に見ていけばいいのかわからない。SABU監督は現在沖縄在住とのことだが、沖縄をリゾート地的な単純な癒し対象にしなかったのはいいとしても、アニミニズム(…と呼んでいいのかどうかも疑問)的ムードには違和感を感じまくりだ。棒読みセリフがトレードマークの美少女・大野いとちゃんを「口がきけない」として喋らせなかったのは、グッジョブ。さらに強烈な印象を残す玉城ティナにはガツンとやられた。女性キャラの演出が一番の収穫かも(笑)。
【40点】
(原題「天の茶助」)
(日本/SABU監督/松山ケンイチ、大野いと、大杉漣、他)
(運命論度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
天の茶助@ぴあ映画生活

家路

家路 [Blu-ray]
東日本大震災後にバラバラになった家族が絆を取り戻すヒューマン・ドラマ「家路」。松山ケンイチのラストの表情が素晴らしい。

震災後の福島。総一は、先祖代々受け継いできた土地を失い、鬱屈した思いを抱えながら、妻や娘、血のつながらない母と共に仮設住宅で暮らしていた。そんなある日、原違いの弟で、ある理由で20年前に故郷を追われた次郎が、立ち入り禁止区域となった家に戻ってきていることを知る。家族や周囲がとまどう中、次郎は一人で誰もいない田んぼに苗を植えて育てる。故郷で生きていくという次郎の決意を知り、バラバラだった家族の心は次第に再生に向かっていく…。

東日本大震災後の福島でオール・ロケを行った本作の映像は、緑にあふれ何と美しいことだろう。だが、富岡町、川内村の美しい土地は、警戒区域に指定され、人は住めない場所なのだと思うとやりきれない。故郷を突然追われた人々の実態は実にシビアだ。ある農民は、借金を抱え、将来の見通しがたたずに自殺する。総一の妻は生活のためにデリヘルで働いている。老母は痴呆が始まり、狭い仮設住宅で総一たちに遠慮しながら暮らしている。そんな絶望感が漂う避難生活と対比するのが、無人となった家にたった一人で住み、黙々と稲を作る次郎の満足げな表情だ。かつて、追われるように出たこの故郷で生きていく決意は、痴呆が始まった母を背負って田んぼに向かうその姿から痛いほど伝わり、原発事故という理不尽な理由でふるさとを失った人々の思いを背負っているかのようだ。緑の中で土とたわむれる松山ケンイチがとても自然なたたずまいで好感が持てるのだが、ラストに見せる彼の表情はまさに名優級。次郎の顔からは、罪をかぶって追われた町に戻り、誰もいなくなったからこそ初めて愛しいと感じるふるさとと家族への思いが読み取れる。複雑で哀しく、それでいて希望に満ちた後味を残すのは、松山ケンイチのこの表情が残像として焼きつくからなのだ。
【65点】
(原題「家路」)
(日本/久保田直監督/松山ケンイチ、田中裕子、安藤サクラ、他)
(再生度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

家路@ぴあ映画生活

僕達急行 A列車で行こう

僕達急行 A列車で行こう  [Blu-ray]僕達急行 A列車で行こう [Blu-ray]
クチコミを見る
鉄道オタクの青年二人が仕事に恋に奮闘する「僕達急行 A列車で行こう」。森田芳光監督の遺作は、軽妙な良作だ。

大手企業のぞみ地所に勤める小町は、音楽を聴きながら鉄道に乗るのが趣味のマイペース男子。ひょんなことから知り合った、下町の鉄工所二代目の小玉と、同じ鉄道好きということで意気投合する。九州支社に転勤になった小町は、そこで、頑固者でクセ者の社長がいる九州の大企業の仕事をまかされる。のぞみ地所が長年苦戦していたその企業の社長とは、同じ鉄道ファンということで、ちょうど九州に遊びにきていた小玉共々大いに盛り上がり、事態は一気に好転する。だが、仕事は順調でも恋となると、そう簡単にはいかなくて…。

主人公たちは大の鉄道好きの、いわゆる“鉄男”くん。仕事より趣味に生きると聞けば、すぐに思い浮かぶのは「釣りバカ日誌」だが、本作の主人公たちは、案外仕事もまじめにやっているのだ。だがその頑張りやこだわりは、大げさではなく、汗臭さもない。このあたり、イマドキの若者の感覚を上手くつかんでいる。さらに感心するのは、同じものを愛する者同士の、礼儀正しい距離感だ。もともとオタクとは自分の愛するポイントに徹底した持論がある。例えば小町は列車の音や風景よりも揺れに身を任せて音楽を楽しむ。小玉は鉄工所の跡取りらしく、鉄道を構成する金属にこだわりをみせる。彼らの“鉄男”っぷりには違いがあるのだが、二人ともその差異を埋めようとはせず、互いの好きな部分を尊重し決して侵害しないのだ。この気遣いが何とも心地よい。小町は眼鏡会社のあずさや社長秘書のみどりから好意を寄せられているし、小玉はお見合い相手のあやめに夢中。でも彼らは、本当は女性といるよりも、同じ鉄道好きの仲間といる方がずっと楽しそうだ。それでいいのか?とツッコミたくなるが、肩の力を抜きながら好きなものに夢中になる彼らがちょっとうらやましくもある。登場人物の名前がすべて特急の名前だったり、九州ロケの美しい風景、軽やかな会話や心地よい効果音など、すべてが旅情を喚起させて楽しい。主演の松山ケンイチ、瑛太をはじめ、出演者は皆、好演。森田監督の早すぎた遺作が、さらりとした幸福感に満ちた佳作だったことが何より嬉しい。
【65点】
(原題「僕達急行 A列車で行こう」)
(日本/森田芳光監督/松山ケンイチ、瑛太、松坂慶子、他)
(ゆるやか度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

僕達急行 A列車で行こう@ぴあ映画生活

うさぎドロップ

うさぎドロップ [Blu-ray]うさぎドロップ [Blu-ray]
クチコミを見る
独身サラリーマンがひょんなことから“イクメン”に。松ケンが走る、走る!

27歳の独身サラリーマン、ダイキチは、祖父の葬儀でりんという名前の少女に出会う。孤独で悲しげな彼女は、なんとおじいちゃんの隠し子だった。引き取り手のない少女を男気を見せて連れ帰ったはいいが、突然の共同生活や慣れない子育てに振り回される。だが、不器用でも一生懸命にりんを育てようとするダイキチに、りんも次第に心を開くようになる…。

原作は宇仁田ゆみの人気コミック。SABU監督にして、この“ほのぼの”ムードはとても意外だ。だが、らしさもある。それは主人公ダイキチが、走って走って走りまくること。会社から遠い保育園に通うのに、りんを連れ、荷物を抱えて急ぐため、スニーカーまで買い揃える。この疾走感こそSABUテイストだ。残業のない課に変わり、おねしょをするりんを叱らず、逆に笑わせるダイキチは、基本的に落ち着いた優しい男性。そんな彼が子育てという待ったなしの嵐に巻き込まれ、それまでとは違うスピードで人生を“走る”ことになる。シングルマザーの美女・ゆかりの助けもあり、ダイキチは育児によって多くのことを学んでいく。時折挿入される空想シーンは、あまり効果的とは思えないが、27歳の独身男性が、夢の女とクールな自分を空想しながら、育児にいそしむという図はちょっと面白い。何より、主人公が、子育てによって本当に大切なものを見極め成長していく姿は、好感を持たずにはいられないのだ。「子供ができたら強くなるのかと思っていたら、逆に臆病になった」というセリフがとてもいい。愛くるしい笑顔の名子役・芦田愛菜ちゃんが、松ケン相手に一歩も引かない名演を見せるのも見所だ。
【65点】
(原題「うさぎドロップ」)
(日本/SABU監督/松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、他)
(ほのぼの度:★★★★☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

うさぎドロップ@ぴあ映画生活

映画レビュー「マイ・バック・ページ」

マイ・バック・ページ (妻夫木聡、松山ケンイチ出演) [DVD]マイ・バック・ページ (妻夫木聡、松山ケンイチ出演) [DVD]
◆プチレビュー◆
現実と理想の狭間で揺れる若者たちの苦い挫折の物語。妻夫木聡vs松山ケンイチの演技合戦は見応えがある。 【70点】

 1969年。大手新聞社の週刊誌編集記者・沢田は、全共闘や新左翼運動で社会全体が大きくうねる中、熱い理想を抱いて働いていた。それから2年後、梅山と名乗る男から接触を受け、武装決起の計画を知らされる。沢田は梅山の言葉に疑いを持ちながらも、不思議と彼に親近感を覚えていく…。

 この映画を作った山下敦弘監督は76年生まれ。60〜70年代の熱い政治の季節の夢と挫折を知らない世代だ。そのことが、作品に客観性を持たせている。結果的に、非常に政治的な題材ながら、時代と関わることで苦みを知る主人公の心情を描くエモーショナルな青春映画になった。

 沢田にはジャーナリストとしての潔癖さと若さゆえの甘さがある。梅山は、マスコミさえ利用する、うさんくさい男だ。そんな2人が善悪を超えた部分で共鳴しあったきっかけが、文学や音楽、映画だったりするのが、実にセンチメンタルだ。「真夜中のカーボーイ」のダスティン・ホフマンが好きだという梅山を信じてしまう沢田は、なるほど梅山が言うように“優しすぎる”。

 革命と権力とジャーナリズム。そのすべての背景にベトナム戦争があった時代の熱気は、経験してないものには、正直よくわからない。ただ、自分たちの手で社会を変えようという気概と暴力を短絡的に結びつける“イノセンス”は、革命の熱とは無縁の現代からは、一途に夢を追う青春そのものに見える。脆くも挫折していく結果まで知っているからなおのことだ。2人の運命は「駐屯地で自衛官殺害」というショッキングな事件で激しく交錯し、沢田は梅山に問う。「君らが目指したものって何だったんだ?!」。答えは永遠に出ない。

 原作は、評論家の川本三郎氏の同名ノンフィクションだ。薄気味の悪い活動家役の松山ケンイチが、終始、作品をリードしているかに見えるが、最後の最後に、妻夫木聡が涙を流す入魂の演技で一気に形勢が逆転する。苦い後悔と青春の終焉、人と距離を置いて生きる今の孤独な自分。それらすべてがないまぜになった、この泣くシーンは見事だ。劇中に沢田がデートするモデルの少女が「ファイブ・イージー・ピーセス」のジャック・ニコルソンが泣くところが好きだと言った。自分はきちんと泣ける男の人が好き、とも。この映画の主人公が“きちんと泣いてくれた”のが救いに思えた。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)青春映画度:★★★★★

□2011年 日本映画 原題「マイ・バック・ページ」
□監督:山下敦弘
□出演:妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、他
チケットぴあ


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

GANTZ PERFECT ANSWER

GANTZ PERFECT ANSWER [Blu-ray]GANTZ PERFECT ANSWER [Blu-ray]
奥浩哉の人気コミックを2部構成で実写映画化した完結編に当たる本作は、映画オリジナルのラストが見所。ただし、多くの謎を残したままの“完結”には不満が残る。

死んだ瞬間に謎の球体“GANTZ”に召集され、敵である“星人”たちとの理不尽な戦いを強いられる。幼馴染の玄野と加藤は、こんな不可解な世界に放り込まれ困惑するが、激しい戦いの末に加藤が命を落とす。さらに、GANTZが次に課したミッションは、玄野を慕う多恵を殺すこと。なぜ星人ではなく人間がターゲットになるのか。謎が深まる中、“卒業生”たちが集結する。さまざまな敵と戦う中で、玄野は、究極の決断を迫られる…。

“PERFECT ANSWER”と称した本作は、不条理な世界で戦うSF的要素より、玄野と多恵とのラブストーリーの比重が高い。本作の物語は、戦って点数を積み重ね100点を取るという共通認識があるはずの仲間同士で対立してしまうから、内と外の両方に敵がいるようなものだ。玄野は仲間を敵に回しても多恵を守ろうとするが、そこには小さなガンツボールを巡る新たな戦いが待っていて、戦闘は多重構造になり、より迫力を増している。ただし、ガンツとはそもそも何か?ガンツ部屋はどこにあるのか?星人と戦う理由とは?という、最も知りたい答えを期待していると肩透かしをクラッてしまうだろう。それでも、戦うことから守ることへと目的がスライドした玄野を見る限り、いまだ原作が続いている状態としては、映画で出した“パーフェクトな答え”は、妥当と見るべきかもしれない。前作が異形の星人のビジュアルやVFXが見所だったのに対し、戦う相手が人間と同じルックスの本作では、アクションが勝負。ガンツソードと呼ばれる刀を使ったアクションがなかなかの出来栄えだ。
【55点】
(原題「GANTZ PERFECT ANSWER」)
(日本/佐藤信介監督/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、他)
(パーフェクトな答度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

GANTZ PERFECT ANSWER@ぴあ映画生活

Bungee Price DVD 邦画GANTZ PERFECT ANSWER 【DVD】

Bungee Price DVD 邦画GANTZ PERFECT ANSWER 【DVD】
価格:2,802円(税込、送料別)

GANTZ

GANTZ [DVD]GANTZ [DVD]
現在も連載中の人気コミックを原作とする物語は、独創的で不条理な世界で苦悩しながら戦う2人の青年が主人公。物語は前・後編で描かれる。存在感が薄い大学生・玄野は、ある日、幼馴染の加藤と出会う。地下鉄の線路に転落した酔っ払いを助けようとして電車に轢かれ命を落としたはずの2人は、気付いたら見知らぬマンションの一室にいた。そこには2人と同じように死んだはずの人々が集まっていた。彼らに与えられたミッションは、部屋の中央に置かれた謎の球体“GANTZ”の指示に従い、“星人”と呼ばれる異形の敵と戦うこと。やがて熾烈な戦いが始まり、彼らはサバイバルを強いられる…。

2部作で構成される作品だが、これから、というところで終わる前編ではどうにもフラストレーションがたまっていけない。とはいえ、原作は欧米でも人気のコミックとあって、有名なエピソードを散りばめ、原作ファンに配慮している。星人と呼ばれる謎の敵は、どれもどこかトボけていて、ネギ星人やおこりんぼう星人など、人をくったようなキャラばかりだ。生と死をいやおうなく実感できる究極のサバイバルでは、他者を利用しながらのせめぎあいが続く。そんな中、無気力な玄野が次第にいきいきとしてくるのが面白い。就活でも上の空でマニュアル通りの受け答えを繰り返していた彼が、やがて本心から力強く「人にはそれぞれ与えられた役割がある」と言葉にする。セリフは同じなのに、物語が進むにつれて徐々に気持ちが入り、自信に満ちた表情になることで、彼の変化を現す演出が非常に上手い。出演は、命懸けのサバイバルに情熱を傾ける玄野に二宮和也、2人きりの家族である弟の元に戻るため生き残ろうとしながら、無益な争いを避けようとする加藤に松山ケンイチ。若手演技派の競演も魅力のひとつだ。物語は半分終わっただけ。作品の評価は下せない状況だが、虚ろな若者が目標を見出して生を実感する展開は、時代の空気を確かにすくいとっていて、続きに期待が持てる内容だ。ビジュアルはダークでクール。それでいて現実とかけ離れることはない。ラストに登場する山田孝之の役割も含めて、PARTIIが楽しみである。
【50点】
(原題「GANTZ」)
(日本/佐藤信介監督/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、他)
(不条理度:★★★★☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ノルウェイの森

ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]
有名すぎる文学作品を映像化することのハードルの高さを改めて感じる映画だ。果たしてこの作品を村上春樹ファンがどう見るかが気になるが、小説と映画は別モノと割り切るべきだろう。高校時代の親友キズキを突然の自殺で喪った主人公のワタナベ。彼は誰も知らない新しい土地で生活するため東京の大学へ進学する。ある日、キズキの恋人だった直子と再会、共に喪失感を抱える二人は頻繁に会い、心を通わせる。だが直子は次第に精神を病み、京都の療養所に入ってしまう。ワタナベは、直子を愛しながら、大学で出会った緑にも同時に惹かれていくのだが…。

原作は1987年に刊行され今も世界中で読まれている大ベストセラー。ハルキスト(村上春樹の熱烈なファン)ではない私でも、この作品の特別な立ち位置は理解しているつもりだ。改めて感じるのは、村上春樹の小説の、軽さと深みが絶妙にブレンドされたセリフは文字で読むからこそ素晴らしいということ。独特のニュアンスが立ち上ってくる言葉を、そのまま声に出してセリフにした途端にどうしようもない違和感を感じてしまうのは、私だけではないはずだ。キャスティングの評価には諸説あるようだが、映画のスペシャル感から、主人公の松山ケンイチは良しとしたい。問題は、ルックスは可愛らしいがあまりに演技がヘタクソな、緑役の水原希子。そんな彼女に長ゼリフは酷というものだ。ストーリーは、大切な人を永遠に喪う悲劇、深く愛しながら分かり合えない哀しみ、そして、それでも前を向かねばならない人間を描くものだ。登場人物は皆、複雑な思いを抱えながら生きている。愛と性、強さと脆さ、生と死。映画にはさまざまな対比がある。どれほどの絶望を垣間見ても、その対極にあるのは、再び人を愛することの素晴らしさなのだ。この映画の最大の個性は、ベトナム系フランス人で、映像美でならすトラン・アン・ユン監督がメガホンをとっているということ。個人的には、村上春樹の世界には、もっとドライな空気がふさわしいように思うのだが、それはさておき、トラン・アン・ユンらしいしっとりとした美しい映像は堪能させてもらった。撮影は名手リー・ピンピン。深い森を思わせる物語に、日本の四季の移ろいをとらえたビジュアルの美しさが加わり、繊細な余韻を残している。
【50点】
(原題「Norwegian Wood」)
(日本/トラン・アン・ユン監督/松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、他)
(映像美度:★★★★☆)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ノルウェイの森@ぴあ映画生活

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ