映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ゲット・アウト」「ブレードランナー 2049」「先生」etc.

松本潤

ナラタージュ

ナラタージュ (角川文庫)
映画の配給会社に勤める泉は、雨を見ながら過去を思い出していた。大学2年生になった泉は、高校時代の恩師・葉山から、電話で、演劇部の卒業公演に参加しないかと誘われる。葉山は、学校になじめず孤独だった泉を演劇部に入るように勧め、救ってくれた人物だった。葉山に好意を持っていた泉は、卒業式の日の葉山とのある思い出を封印してきたが、再会を機に抑えていた気持ちが募っていく…。

高校教師と生徒として出会った男女の、一生に一度の愛を描くラブストーリー「ナラタージュ」。原作は、2006年版“この恋愛小説がすごい”で1位に輝いた島本理生の小説である。タイトルのナラタージュとは、ナレーションとモンタージュを掛け合わせた言葉で、映画などで、ある人物の語りや回想によって過去を再現する手法だ。この映画では、社会人になった主人公・泉が、大学時代を回想し、さらに高校時代をも思い出すという二重の回想スタイルになっている。教師の葉山を慕う泉、精神状態が不安定な妻を捨てられない葉山、泉が葉山を想っていることを承知で付き合う小野の3人の、それぞれの心情を描いている。

泉は映画好きという設定で、劇中にいくつかの名作が登場するが、回想形式で物語を語るのは、スペイン映画「エル・スール」へのオマージュだろう。だが、本作が、成瀬巳喜男監督の名作「浮雲」をより強く意識しているのは明らかだ。どうしようもなく惹かれあう男女の腐れ縁を描いた傑作だが、「浮雲」には戦争という人の運命を狂わせる激動があった。では、本作は? 無論、戦争はなく、大震災のような天災もなく、ストーリーは、全体的にフラットで抑揚がない。これで2時間20分はあまりに長すぎる。相手を愛する気持ちも、自分勝手さも、中途半場では、登場人物に共感することも難しいだろう。ただ、優柔不断なダメ男を演じて脱アイドルを印象付けた松本潤、清純派からの脱皮を図って静かに熱演する有村架純は、共に新鮮だ。くすんだ色合いが独特の北陸ロケと印象的に使われる雨など、しっとりと美しい映像だけが心に残った。
【45点】
(原題「ナラタージュ」)
(日本/行定勲監督/松本潤、有村架純、坂口健太郎、他)
(共感度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

陽だまりの彼女

陽だまりの彼女 Blu-ray メモリアル・エディション 初回限定生産(本編Blu-ray1枚&ビジュアルコメンタリーDVD&特典映像DVD付き3枚組)
陽だまりの彼女 Blu-ray メモリアル・エディション 初回限定生産(本編Blu-ray1枚&ビジュアルコメンタリーDVD&特典映像DVD付き3枚組) [Blu-ray]
初恋の偶然と不思議な必然を描くファンタジック・ラブストーリー「陽だまりの彼女」。ヒロインの秘密を受け入れることが出来れば感動できる。

広告代理店の新人営業マンの浩介は奥手で内気な青年。彼女も出来ない冴えない毎日を送る浩介は、取引先で中学時代の同級生・真緒と10年ぶりに再会する。転校生だった真緒は昔はイジメられっ子だったが、今では、仕事ができる美しく魅力的な女性に成長していた。浩介と真緒は互いに初恋だった当時の記憶が蘇り、再び恋に落ちる。やがて結婚を決意して一緒に暮らし始めるが、真緒には浩介に言えないある秘密があった…。

原作は越谷オサムのベストセラー小説。何でも“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”なのだそう。10年ぶりに再会した男女の恋が、現在と過去を行き来しながらロマンチックに語られる。過去パートは切なく胸キュン、現代パートはまっすぐな純愛とときめきが淡い映像に彩られて、共感を呼ぶ。再会し再び恋に落ちた二人は、結婚し幸せに暮らすのだが、なぜか真緒の身体は急速の衰弱、彼女には誰にも知られてはいけない秘密がある…という展開から、難病ものかと思いきや、この物語にはトンデモ系の秘密が仕込んであるのだ。真緒は実は“○”だと判ったとき、そのファンタジックな秘密を受け入れることができれば、本作のラブ度はマックスに。逆に「そんなアホな」と思ってしまった人は一気に引いてしまうだろう。しかし、“○”にもかかわらず、恋愛し結婚し一緒に暮らし…と設定が妙に生々しいのはいかがなものか。10年後という年齢設定がそうさせるたのだろうが、秘密を知った後の浩介の順応の速さにも驚く。やっぱり愛は強し!ということなのだと納得するしかない。松本潤がモテない男子役とは無理があると思うが、いろんな意味で不思議ちゃんのヒロイン役の上野樹里は適役。中学時代を演じる葵わかなちゃんもいい雰囲気をかもし出している。気恥ずかしくなるほどリリカルなラブストーリーだが、個人的には案外楽しめた。それにしても、映画開始5分でヒロインの秘密が分かってしまった私は、もしや予知能力があるのかも?!…って、そんなワケないか(笑)。
【55点】
(原題「陽だまりの彼女」)
(日本/三木孝浩監督/松本潤、上野樹里、玉山鉄二、他)
(ファンタジー度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

陽だまりの彼女@ぴあ映画生活

花より男子ファイナル

花より男子ファイナル スタンダード・エディション [DVD]花より男子ファイナル スタンダード・エディション [DVD]
大人気ドラマのファンへのプレゼント的な作品。だが、海外ロケと特別ゲストというセオリーを踏襲するだけなら、TVの2時間ドラマで十分だ。物語は結婚を控えた貧乏なヒロインと大財閥の御曹司のカップルにふりかかる試練を描くもの。数々の困難のオチがアホらしくて、力が抜ける。映画ファンの嘆きが聞こえそうだが、はつらつとした井上真央にはちょっとコメディセンスを感じた。
【20点】
(日本/石井康晴監督/井上真央、松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力、他)
(玉の輿願望度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS スタンダード・エディション [DVD]隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS スタンダード・エディション [DVD]
この映画の唯一の見所は、オリジナルをトレースするだけでなく現代風にアレンジしたところ。侍と2人の若者が、金塊と姫君を守りながら冒険を繰り広げる娯楽活劇だ。何をやっても文句が出る黒澤映画リメイクには、これくらいの気概を持ちたいもの。ロマンスを盛り込むなど不必要な脱線はあるが、松本潤を主役にするならこれも仕方ないか。知名度の高い名作に手を出すなら独自性が勝負だ。森田版「椿三十郎」に比べたらよほど好感が持てる。
【60点】
(日本/樋口真嗣監督/松本潤、長澤まさみ、宮川大輔、阿部寛、他)
(スピード感度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

僕は妹に恋をする

僕は妹に恋をする プレミアム・エディション [DVD]僕は妹に恋をする プレミアム・エディション [DVD]
嵐の松本潤主演の青春ロマンス。平凡な女の子が美形の男の子から愛される。さらに男女の双子で愛し合うという禁断の恋へのあこがれ。これがイマドキ受けている少女漫画の実態なのだろうか。やや韓国映画寄りで、ちょっとアブなくないか?
【40点】
(日本/安藤尋監督/松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、浅野ゆう子、他)
(女の子の妄想度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ