映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ワンダーウーマン」「エル」「関ケ原」「ボブという名の猫」etc.

桐谷美玲

暗殺教室 卒業編

映画 暗殺教室~卒業編~ Blu-ray スペシャル・エディション(4枚組)
1年後に地球を破壊すると宣言しながら、エリート校、椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組の担任となった、マッハ20で動き回る謎のタコ型超生物・殺せんせー。その暗殺の命を担った潮田渚ほか生徒たちは、暗殺のタイムリミットが近づき、焦りを感じていた。そんな中、同じクラスの茅野カエデが暗殺者として正体を明かす。それをきっかけに、殺せんせーは自らの悲しい過去をついに語り始めるが…。

松井優征による大人気コミック「暗殺教室」を実写化した映画版第2弾「暗殺教室 卒業編」。今回は、殺せんせーがなぜ超生物になったのか、その壮絶にして悲しい過去が明かされる。かつて殺せんせーは、死神と呼ばれる最強の殺し屋だったこと、3年E組の前担任の雪村あぐり先生の生徒たちへの思い、さらに、そんな殺せんせーの過去を知った生徒たちは「暗殺」か「救済」かで真っ二つに意見が分かれてしまう。そこには、暗殺という行為の本当の意味が込められているのだが、何しろ、長い長い原作を約2時間(2部構成だが)にまとめるので、どうしても表層的になってしまった。いろいろ詰め込みすぎてスピード感が削がれた感も否めない。しかもこの映画、殺せんせーやその他のキャラの造形上、CGがてんこもりなので、公開ギリギリまで制作されていたというから完成させるだけで精一杯というところだろう。もっとも、ハリウッドの超絶技巧のCGを見慣れた目には、少々稚拙に見えるのだが、これが今の日本映画の現状なので、受け入れるしかない。原作ファンには大切なエピソードを削られたりと、不満はあるだろうが、劇場版の卒業編の最大のウリは、前作では声だけの出演だった二宮和也が、死神としてしっかりと見せ場をつくっているところだ。何しろ、ジャニーズの中でも群を抜く演技力の持ち主なので、死神と殺せんせーの声の2つで、生徒たちを導く光となる存在に説得力を与えている。
【55点】
(原題「暗殺教室 卒業編」)
(日本/羽住英一郎監督/山田涼介、二宮和也、桐谷美玲、他)
(泣ける度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
暗殺教室〜卒業編〜@ぴあ映画生活

ヒロイン失格

ヒロイン失格 [Blu-ray]
はとりは、同じ高校に通う幼馴染の利太が大好きで、自分こそが彼の運命の相手だと疑わない女の子。だが利太は、ひょんなことから地味でイケてない女の子・未帆と付き合うことになって、ショックを受ける。なんとか利太を奪おうと作戦を練りながら悶々とするはとりに、学校一のモテ男の弘光が興味を持ちアプローチする。利太のことが好きなのに弘光にも心が揺れてしまうはとりだったが…。

幸田もも子原作の少女漫画を実写映画化した「ヒロイン失格」は、ヒロインが恋に暴走する姿を描くラブ・コメディ。タイトルのヒロイン失格とは、主人公はとりが思いこみの激しい性格で、変顔や坊主頭まで披露すること、自虐ネタの応酬などから、恋愛映画のヒロインらしからぬキャラということらしい。前半はなるほどドタバタ・コメディのようで思いがけず楽しめるが、後半は既視感満載。ラブ・コメの王道の、2人のイケメンの間で揺れ動く様や恋敵の出現などの展開は、良くも悪くも普通のラブコメだ。それでもそれが少女マンガの胸キュンを求めるファンには、安心感なのかもしれない。遊び心は、唐突に登場する豪華ゲスト。ほとんど意味はないのだが、一瞬芸のようなノリでちょっと笑える。高校生を演じるには、出演者の年齢がやや高いのが気になるが、まぁ、美男美女なのでヤボは言わないでおこう。
【55点】
(原題「ヒロイン失格」)
(日本/英勉監督/桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎、他)
(デート・ムービー向け度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ヒロイン失格@ぴあ映画生活

恋する ヴァンパイア

【Amazon.co.jp限定】 恋するヴァンパイア (オリジナル缶バッチミラー付) [Blu-ray]
ヴァンパイアの少女が人間に恋するファンタジック・ラブロマンス「恋する ヴァンパイア」。脱力必至の珍作。

パン職人になることを夢見る少女キイラは、おしゃれが大好きな普通の女の子だが、その正体は実はヴァンパイア。幼馴染で初恋の人テツと再会し、心をときめかせるキイラだが、ヴァンパイアと人間の恋はかなわないと悩む…。

ますます可愛さに磨きがかかる一方で、さっぱり演技が上達しない桐谷美玲が、付け牙をつけてヴァンパイアを演じるのだから、作品の出来は推して知るべしだ。なぜか台湾にルーツを持つヴァンパイア一族は人間と共存したため、同族から追われたり、人間に恋したり、パン屋を目指したり、初恋の人の歌手デビューを応援したり…、あぁ、もう書いていてバカバカしくなってきたのでストーリーは説明しません(笑)!桐谷美玲ちゃんは、「女子ーズ」の脱力系おバカっぷりでちょっと見直していたのに、やっぱり可愛いだけの役をやらされているはちょっと残念。アイドルグループA.B.C-Zの戸塚祥太、台湾、韓国などの人気俳優が集い、ユルユルのラブストーリーを無秩序に盛り上げている。そんな中、ルックスの良さに加えて、しっかりしたノーテンキ演技をみせる台湾人女優モン・ガンルーはちょっと面白い存在だった。ちなみに、タイトルの“恋する”と“ヴァンパイア”の間には(はぁと)が入ります。念のため。
【30点】
(原題「恋する ヴァンパイア」)
(日本/鈴木舞監督/桐谷美玲、戸塚祥太、田辺誠一、他)
(ファンタジー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
恋するヴァンパイア@ぴあ映画生活

女子ーズ

「女子ーズ」Blu-ray 本気版 初回生産限定版
突如として地球を守るヒロイン戦隊に任命された女子たちの奮闘を描く「女子ーズ」。5人の女子のキャラがしっかり立っているのがいい。

名字に色が入っているだけで、チャールズ司令官から、ヒロイン戦隊“女子ーズ”のメンバーにされてしまった5人の女性たち。世界征服を企む邪悪な怪人たちから地球を守るため、5人が揃ったときに繰り出す無敵の必殺技・女子トルネードを武器に戦いに挑む、だが、仕事に恋に、美容にヤボ用と、何かと多忙な女子たちは、なかなか揃わない…。

「コドモ警察」などの異才・福田雄一監督は、かねてから戦隊ヒーローものが撮りたかったそう。しかも女性バージョンで。意外性と脱力感が福田監督の持ち味で、それは本作でも存分に発揮されている。責任感が強く5人のリーダーであるレッド、貧乏なイエロー、ギャル風のブルー、お嬢様のネイビー、夢見がちなグリーンと、それぞれのキャラもはっきりしているが、そのギャグはユルユルで、単発の笑いもおそらくあえてはずしている。それでも「100回泣くこと」の桐谷美玲をはじめ、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月という旬の美少女たちが揃った図はなかなか壮観。怪人のネーミングはバカバカしいが、「待って」と頼むと律儀に待ってくれる怪人の優しさもまたナイスなのだ。戦隊ものへの敬意はほとんど感じられず、むしろ正義感たっぷりで必要以上に熱い戦隊ヒーローへの皮肉が感じられる。そもそも本家アメリカでもアメコミ・ヒーローは等身大だ。悩みもすれば失敗もするし、自分の事情で任務を後回しにすることだってある。地球を守りながらも、自分の人生を生きねばならないのだ。まぁ、そんなことは見ている最中はどうでもよろしい。だって、本作はあくまでも脱力映画、肩の力を抜いて楽しむのが正しいお作法だ。ちなみに劇中に登場する「二十世紀少年」ネタには思わず笑った。
【50点】
(原題「女子ーズ」)
(日本/福田雄一監督/桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、他)
(脱力度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
女子ーズ@ぴあ映画生活

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像 Blu-ray スタンダード・エディション
映画、TVで人気の医療ミステリーのシリーズ最終章「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」。全体に駆け足だが、主要キャスト総出演でファンには嬉しい作り。

国、自治体、東城医大が三位一体となって導入に取り組む、顕微鏡レベルの解像度を誇るMRIを備えた国際Aiセンター。神経内科医の田口と厚生労働省の役人・白鳥は、この医療界の一大改革に日々奔走するが、Aiセンターのこけら落としを10日後に控えた日に、センター爆破を予告する脅迫状が届く。時を同じくして謎の集団不審死事件が発生。白鳥がよく知る人物も犠牲になる。疑惑と謎を抱えながら真相を突き止めようとするバチスタコンビ。Aiセンターが始動する当日、医学界を揺るがす出来事が起きようとしていた…。

原作は自身も医師であり、現在も医療に携わる海堂尊の人気小説。映画、TVと映像化された多くのシリーズは、TV版キャストによる劇場版でラストとなる。神経内科医の田口と厚生労働省の役人・白鳥の凸凹コンビが難事件に挑むが、本作には、謎の集団不審死事件と最先端医療Aiを導入する病院爆破予告の2つの事件がある。Aiとはオートプシーイメージング(死亡時画像診断)のこと。病院に導入されるMRI、通称“リヴァイアサン”は、死亡診断時刻や死亡原因究明に画期的な進歩をもたらすとされ、国と自治体、東城医大が三位一体で取り組む死因究明システムの一大改革となるという設定だ。鍵となるのはギリシャ神話に登場する三つの頭をもつ冥界の番犬ケルベロスだ。“ケルベロスの塔”は“死への入り口”を意味するという、いかにもいわくありげな言葉が脅迫状に記されていて、そこに医療事故の犠牲者とその家族の思惑、白鳥の苦い過去がからむ。冒頭に遺体の中からあるものが発見されるセピア色の映像があって、これはいくらなんでもないだろうと思うのだが、その疑問にもMIRが答えるという仕組みだ。松坂桃李、西島秀俊、栗山千明ら、歴代キャスト総出演で、まるで同窓会と卒業式の混合のようだが、医療ジャーナリストという知的なキャラを演じる桐谷美玲がちょっとミスキャスト。物語も、謎解きの終盤は駆け足で説明調に傾く。ただ、新技術導入に臆病な日本の医療界へ一石と投じるような内容は、いかにも人気医療ミステリーにふさわしい内容だった。
【50点】
(原題「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」)
(日本/星野和成監督/伊藤淳史、仲村トオル、桐谷美玲、他)
(駆け足度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像@ぴあ映画生活

あさひるばん

あさひるばん 【ブルーレイ特別版仕様 本編ディスク(BD)1枚+特典CD1枚】 [Blu-ray]
あさひるばん 【ブルーレイ特別版仕様 本編ディスク(BD)1枚+特典CD1枚】 [Blu-ray] [Blu-ray]
中年男3人組が憧れのマドンナと彼女の娘のために奔走する人情コメディ「あさひるばん」。ふた昔前の映画みたいだが、優しい気持ちになれる。

宮崎県の高校の野球部にいた浅本・日留川・板東の3人組は、その名字から「あさひるばん」と呼ばれていた。30年後、中年男になった彼らに、かつての野球部のマネージャーで3人にとってのマドンナだった幸子の娘、有三子から「入院中の母に会ってほしい」と手紙で頼まれる。幸子が病気だったこと、独身だった幸子に子供がいたことなどに驚く3人は、故郷の宮崎で再会。まずは、幸子とは絶縁状態の父親で、野球部の恩師・雷蔵と対決することとなるのだが…。

「釣りバカ日誌」シリーズの原作者・やまさき十三が70歳を超えて初監督したのが本作。「釣りバカ」とも共通するウェルメイドな人情コメディは、まるでひと昔、いや、ふた昔くらい前のプログラム・ピクチャーのようだ。だが、プログラム・ピクチャーとは、ごく乱暴に解釈すると“短い時間内で解決する分かりやすい娯楽作”であることを考えると、こういう作品こそ、まさに正統派ともいえる。甲子園を目指したかつての高校球児たちの固い友情や、憧れのマドンナへの純情には、ベタな笑いが満載。若者たちの恋を応援し、父娘の仲たがいをも丸く治める3人の中年男たちの奮闘にはホロリとする場面も。釣りバカと共通するキャスティングも含めて“安全運転”の展開だ。そんな中で冒険しているのは、人気声優の山寺宏一の起用だろう。いつもはスクリーンの裏側で七色の声を披露する山寺が前面に登場するという微妙な違和感。これもまた異化効果というものか。釣りバカのようなシリーズ化は難しいだろうが、ちゃんと釣りをする場面を入れるなどファンサービスが微笑ましい。
【50点】
(原題「あさひるばん」)
(日本/やまさき十三監督/國村隼、板尾創路、山寺宏一、他)
(ゆるいムード度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

あさひるばん@ぴあ映画生活

100回泣くこと

100回泣くこと Blu-ray&DVD愛蔵版 (初回限定生産)(オリジナル・レインボー・ミニタオル(Amazon.co.jpオリジナルカラー)付き)
記憶の一部を失った青年と余命僅かな恋人の切ないラブストーリー「100回泣くこと」。設定の無理はこの際忘れて、泣きたい人には最適な1本。

4年前のバイク事故で記憶障害が残り、事故以前の1年間の記憶を失った藤井は、友人の結婚式で佳美と出会い、恋に落ちる。実は佳美は藤井の恋人だったのだが、彼女はその事を打ち明けず、藤井からプロポーズされても、「1年間、結婚の練習をしよう」と言い、一緒に暮らし始めた。幸せな時は続くかと思われたが、佳美に病魔が忍び寄る…。

原作は中村航のベストセラー小説。逆行性健忘症という脳の病は実在し、実話をもとにした米映画「君への誓い」でも描かれていた。つらいのは忘れられた方で、この映画でも恋人の記憶から抜け落ちてしまったヒロインの佳美は、辛抱強く再会の時を待ち、もう一度恋に落ちる努力をする。過去を隠しながらの新しい恋は、嬉しいと同時に、失う怖さをも知っていて不安だらけだ。これだけでも涙ものなのだが、この物語は、涙腺直撃の仕掛けがたくさんある。周囲は二人のためと思って過去を語らず、それは結果として嘘をつくことになるのだが、藤井と佳美の過去を知る友人が「それが本当にいいことなのか」と疑問を投げかけるのも当然だ。このあたりの設定はかなり不自然で、ダメでしょう、というか、無理でしょう、普通、と言いたくなる。たとえどんな過去でも知りたいと願う藤井に対し、佳美はかつて味わった悲しみを二度と繰り返したくない。その上、佳美は重い病に…と、「泣け!」と言わんばかりの展開は、メロドラマの王道そのものだ。だが、演出は過剰な音楽や大げさな演技はなく、むしろ淡々としていて、好ましい。もともと細身の桐谷美玲はさらに痩せ、関ジャニ∞の大倉忠義もスタントなしで大型バイクを運転するなど、主演二人も頑張っている。運命の再会という“偶然”と、死という“必然”が対比する悲恋だが、穏やかなラストシーンには不思議と心が癒された。
【45点】
(原題「100回泣くこと」)
(日本/廣木隆一監督/大倉忠義、桐谷美玲、ともさかりえ、他)
(純愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

100回泣くこと@ぴあ映画生活

新しい靴を買わなくちゃ

『新しい靴を買わなくちゃ』Blu-ray豪華版(2枚組) ※初回限定生産『新しい靴を買わなくちゃ』Blu-ray豪華版(2枚組) ※初回限定生産
パリで出会った男女の3日間のラブストーリー「新しい靴を買わなくちゃ」。魅力はパリ!…というより、それしかない。

カメラマンのセンは妹のスズメに付き添ってパリ観光にやってくる。だが到着早々、単独行動したいスズメから置き去りにされてしまう。泊るホテルも分からず途方にくれている時、偶然、パリ在住で、フリーペーパーの編集をしている日本人女性・アオイと知り合う。靴のヒールが折れたことがきっかけで知り合った二人は、その後、連絡を取り合い、食事をし、一緒に過ごすことに。一方、スズメは恋人のカンゴを訪ねるが、カンゴの態度はどこかぎこちない。センとアオイは次第に打ち解け、それまで言えなかった悩みや思いを自然に打ち明けるようになるが、センの帰国の時は迫っていた…。

日本映画にしては異例のオールパリ・ロケという贅沢なシチュエーションが味わえるプラトニック・ラブ・ストーリー。監督は数々のヒットドラマを手掛けた北川悦吏子、音楽監督は坂本龍一、中山美穂と向井理のW主演と、条件はそろっているが、実にユルく退屈な映画だ。雰囲気頼みで約2時間ひっぱるのはさすがにキビしい。映画冒頭は、妹から置き去りにされたセンがアオイと出会うという事件性があるが、その後は確信犯的にゆったりと時間が流れて行く。このゆるやかさを好むかどうかで評価が分かれそうだ。センは仕事はそつなくこなすが、カメラマンとしての将来に悩んでいる。アオイは過去につらい出来事があって、未だに人生に臆病になっている。パリで出会った、在住者と旅行者という、別れが必然の関係性からか、お互いの本音を“聞いてもらう”ことになるのは、良くも悪くも旅の効能だろう。サブストーリーとして、妹スズメと恋人カンゴの恋愛の顛末が描かれるが、これがセンとアオイのストーリーとからまず、必然性がほとんど感じられない。映像は贅沢で、エッフェル塔や凱旋門といった超有名な名所から、庶民的なパリの暮らしぶりまで、足で歩くパリ観光気分が味わえる。特に、センとアオイが切ない別れを迎える夕暮れ時の映像は美しい。パリに行ったことがある人、あるいはパリに憧れる人は楽しめそうだ。
【45点】
(原題「新しい靴を買わなくちゃ」)
(日本/北川悦吏子監督/中山美穂、向井理、桐谷美玲、綾野剛、他)
(パリ観光度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
新しい靴を買わなくちゃ@ぴあ映画生活

ツナグ

ツナグ(本編BD1枚+特典ディスクDVD1枚) [Blu-ray]ツナグ(本編BD1枚+特典ディスクDVD1枚) [Blu-ray] [Blu-ray]
死者と生者を再会させる案内人が見た3つの物語を描くファンタジー・ドラマ「ツナグ」。これは見習い“ツナグ”の成長物語だ。

“ツナグ”とは、生きている人が死者と会いたいという望みをかなえるために、両者を引き合わせる使者のこと。平凡な男子高校生・歩美は、祖母からその役目を引き継ぐ途中の見習いのツナグだ。「金ならある」と横柄な態度で死んだ母ツルとの再会を望む中年男性・畠田。ケンカをしたまま事故で死んだ親友・御園に尋ねたいことがある女子高生・嵐。そして失踪した恋人キラリの安否を確かめたいサラリーマンの土谷。生者と死者との再会は、はたして両者にとって幸福なのか。再会することによって生者の人生は変わるのか。歩美は再会を仲介する過程でさまざまな疑問を抱くことになる…。

原作は辻村深月の同名小説。物語はファンタジーなのだが、ツナグが、まだ見習いで、ツナグになるかどうかも決めかねているという設定は上手い。見習いツナグの迷いは、ツナグの役割やその結果が不幸につながりはしないかと案じながら映画を見守る観客の不安に重なるのだ。3組の再会の物語は、幸福なものもあれば、そうでないものも。ツナグにはいくつかのルールがあり、死者と生者の再会は一度だけだ。生者が希望しても死者が拒絶する可能性もある。だが、3つの物語で、それぞれが会えるということは、本当に相手を大切に思っているという証だということは見逃せない。主人公の歩美は、実は両親を不可解な出来事で亡くしているのだが、彼の中での死生観が3つの再会に立ち会うことで徐々に変わっていき、ツナグの役目を通して、ずっと疑問だった両親の死の真相へと辿り着くことに。この物語は特殊なプロットではあるが、ティーンエイジャーが心の迷いを経て生きる方向を見定める普遍的な成長物語として見ることができる。ツナグにコンタクトを取れる人間の共通点は説明されないし、そもそも物語そのものが甘すぎる感は否めないのだが、ストーリーの根底に控えめな善意が流れていることが好感度を上げている。単独主演は初となる松坂桃李の初々しさと、名女優・樹木希林の余裕が演技の相乗効果となり、祖母と孫、ツナグの先輩と後継者という関係性に、味わいを与えていた。
【60点】
(原題「ツナグ」)
(日本/平川雄一朗監督/松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、他)
(絆度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ツナグ@ぴあ映画生活

逆転裁判

逆転裁判 [Blu-ray]逆転裁判 [Blu-ray]
クチコミを見る
大人気ゲームを映画化したSF法廷劇「逆転裁判」。けれんみたっぷりの演出がいかにも三池崇史だ。

近未来の日本。凶悪犯罪の多発により、政府は、わずか3日で判決を下す「序審裁判」制度を導入した。弁護士と検事の直接対決により事件をスピーディに解決するこのシステムの中、新米弁護士・成歩堂(なるほど)は、幼馴染の天才検事・御剣(みつるぎ)と、法廷で激しいバトルを繰り広げる。事件は成歩堂の上司の千尋が殺され、彼女の妹である霊媒師の卵の真宵(まよい)が犯人として逮捕されたというもの。成歩堂は真宵の無実を信じるが、事件を調べるうちに、過去に御剣の父が殺された「DL6号事件」が深く関係していることが分かってくる…。

くっきりとしたメイクに大げさな衣装、「意義あり!」の名セリフ。法廷アクションと呼びたい本作は、CGやVFXを使って、本来は地味なジャンルを、まるでアクション映画のように作ってみせた。近未来という設定なので、やりたい放題なのだが、そこに霊媒という、SF以上に何でもありの要素が加わり、目がテンになるような方法で事件は進展、真実に近づいていく。もともと法廷劇は会話が中心になるジャンルだが、本作では、証拠物件などは立体的なCGで表され、「くらえっ!」のセリフと共に、法廷の中心にさらされる。このあたりのアトラクティブな演出がいかにも三池崇史だ。しかし、主人公の成歩堂は、自力で事件を解決するというよりは、偶然やこの世ならぬ霊にばかり頼っているようでは、何とも頼りない。成歩堂と御剣の、給食費を巡るエピソードはちょっと泣かせるが、その真相は幼馴染たちの友情を汚すようなもので、なんだかすっきりしなかった。どうもこの作品、裁判や事件の謎よりも、「意義あり!」に代表される決めポーズのヴィジュアルに全力を注いでいるようだ。私はこのゲームは未体験だが、ゲームファンの意見が聞いてみたいところ。ラストに流れるポルノグラフィティのハイテンポな主題歌が、この映画の疾走感を表していた。
【45点】
(原題「逆転裁判」)
(日本/三池崇史監督/成宮寛貴、斎藤工、桐谷美玲、他)
(漫画チック度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
逆転裁判@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ