映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

森本梢子

高台家の人々

高台家の人々 Blu-rayスペシャル・エディション
29歳のOL・平野木絵は、何かと妄想しては自分の世界に入り込むクセがある口ベタで地味な性格。そんな彼女が務める会社に、高台光正がニューヨーク支社から転勤してくる。元華族、資産家の名家、イケメンのエリートの光正が、何の接点もあるはずがない木絵を気に入り、いきなり食事に誘う。実は光正は人の心が読めるテレパスで、人間関係に辟易していたが、木絵の妄想を楽しみ、純粋な彼女に惹かれていたのだ。二人は順調に交際するが、元華族という家柄、さらにはテレパスであることを知った木絵の不安から、木絵と光正の関係は変化していく…。

「ごくせん」の作者として知られる森本梢子の人気コミックを実写化したロマンチック・ラブコメディー「高台家の人々」。脳内での妄想に、人の心を読める能力テレパスがからむ一種のファンタジーだ。ヒロインの突拍子もない妄想が次々に映像化される前半パートはテンポよくコミカルに進む。だがもともとがアリエナイ設定なのに、テレパスであることによる恋の障害が…と柄にもなくシリアスになる後半は明らかにトーンダウンしてしまう。高台家の家族それぞれのドラマも表層的で、駆け足すぎてがっかりだ。まぁ、この映画にいろいろと真面目にツッコミを入れるのもヤボというもの。物語の基本は、少女漫画にありがちな“玉の輿願望”全開のストーリーなのだが、綾瀬はるか、斎藤工の二人のキャスティングはなかなかハマッている。ぼーっとして天然という少女のような大人女子をやれるのは、日本映画界広しといえども綾瀬はるかくらいのものだろう。ヒロインが、純粋で他人の悪口など言わず、一見地味だが根は明るくて優しい性格だからこそ、幸福になれるのだと、これまたおとぎ話の教訓のごとし。テレビドラマに限りなく近いライト感覚のラブコメだった。
【40点】
(原題「高台家の人々」)
(日本/土方政人監督/綾瀬はるか、斎藤工、水原希子、他)
(妄想度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
高台家の人々|映画情報のぴあ映画生活

ごくせん THE MOVIE

ごくせん THE MOVIE [DVD]ごくせん THE MOVIE [DVD]
暑苦しさに磨きをかけ、ついに劇場版として登場した熱血教師ヤンクミこと山口久美子。教育実習にやってきたかつての教え子と共に新しいクラスの生徒たちに対峙していたが、卒業生の一人がトラブルに巻き込まれる。それは麻薬と政治の巨悪がからむ難事件だった。

冒頭の、とって付けたようなハイジャックのシークエンスが何の冗談だったのかは不明だが、物語が意図的にユルくいいかげんなのは、ヒロインの暴走が浮かないための配慮。映画は、ベタなギャグ、唐突にシリアスな説教調のセリフ、目を覆いたくなる拙いアクションと、すべてがお約束通りに進んでいく。これは、人気TVドラマの卒業式のようなもので、ファン限定のラスト・プレゼント。そう考えると腹も立たない。新旧イケメンの品評会を単純に楽しめばいいのだ。
【30点】
(日本/佐藤東弥監督/仲間由紀恵、亀梨和也、生瀬勝久、他)
(暑苦しさ度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ