映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「カフェ・ソサエティ」「ノーエスケイプ」「追憶」「赤毛のアン」etc.

水谷豊

相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

相棒 劇場版IV オリジナルサウンドトラック
7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女・瑛里佳が国際犯罪組織に誘拐される。当時、その事件は、駐英大使と日本政府により高度な政治的判断として、闇に葬られていた。それから7年、犯人が再び動き出し、現在の瑛里佳の動画を使って日本政府を脅迫する。特命係の杉下右京と冠城亘は、国際犯罪組織バーズのリーダーのレイブンを追って来日した国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウと共に、事件を調べ始める。次第に真相に近づく右京だが、東京が大規模テロの標的になっていることが判明する…。

水谷豊が相棒と共に事件解決に挑む人気ドラマシリーズの劇場版第4弾「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」。例によって、長い長い副題がめんどくさいが、それはさておき。今回は謎めいた国際犯罪組織による大規模テロの行方が描かれる。7年前の駐英日本領事館関係者集団毒殺事件と現在の事件がからみあった先に浮かび上がるのは、国によって見捨てられた人間の怒りと悲しみだ。卓越した推理力を持つ右京と相棒の冠城、2代目相棒の神戸、元鑑識の米沢ら、相棒シリーズでおなじみのメンバーたちが登場するのは劇場版らしいファンサービスだろう。捜査に協力し活躍するものもいれば、ドジを踏むものもいるという緩急もちゃんとついている。日本の過去の戦争や、現代、未来を見据えての右京の言動には、本作でもしっかりと社会派のメッセージが込められていた。もっともサスペンスとしての緊張感はあまり感じられず、大群衆の中で簡単に犯人にたどりつくなど、ご都合主義でユルいイメージだが、この安心感(?)が相棒らしさかもしれない。アクションシーンが控えめなので刺激は少ないが、ドラマ重視の相棒ワールドとして、楽しんでほしい。
【60点】
(原題「相棒 劇場版IV」)
(日本/橋本一監督/水谷豊、反町隆史、北村一輝、他)
(ハラハラ度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
相棒−劇場版IV− 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断|映画情報のぴあ映画生活

王妃の館

王妃の館 [DVD]
(ショートバージョン)
パリ随一の格式を誇るホテル“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”、別名「王妃の館」。ベストセラー作家の北白川右京は、新作取材のため、このホテルを利用する豪華ツアーに参加する。だがこれは、倒産寸前の旅行会社が起死回生で組んだいわくつきのツアー。曲者ぞろいの旅行客を持前のマイペースで翻弄しながら、小説のアイデアを練る右京だったが…。

原作は直木賞作家・浅田次郎の長編小説。パリの最高級ホテルのスイートルームを、豪華ツアーと格安ツアーでダブルブッキングするというアリエナイ旅行プランの中で、現実の旅行客それぞれの人生と、主人公の右京が執筆する小説の物語が同時進行するという作りだ。内容は、もう、どこからツッコミを入れたらいいのかわからないほど、ヒドい。キャラクターは悪い意味で立っているが、誰にも共感できないし、右京の小説のルイ14世の物語はミュージカル仕立てで「レ・ミゼラブル」の劣化版のよう。「相棒」の右京こと水谷豊が、おかっぱ頭にド派手な衣装というキテレツなルックスでもう一人の右京を演じることと、日本映画初のベルサイユ宮殿ロケが話題…、というかそれ以外の何を話題にすればいいというのか。パリ観光気分とグルメ。とりあえずこの2つは味わえる。
【30点】
(原題「王妃の館」)
(日本/ 橋本一監督/水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、他)
(残念感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
王妃の館@ぴあ映画生活

相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ

相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 豪華版Blu-ray BOX(初回完全限定生産)
絶海の孤島に隠された謎に挑む人気シリーズの最新作「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」。大自然の中の相棒はかなり新鮮。

東京から約300キロ離れた島・鳳凰島で、馬に蹴られて男性が死亡する事件が発生。個人実業家が所有する鳳凰島には元自衛隊員が集まって共同生活を送りながら訓練を積んでいた。妙な噂が絶えないその島を調査するため、警視庁特命係の杉下右京と甲斐享が、急遽、現地へと向かう。明らかに歓迎されないムードの中、右京は死亡事件は事故ではなく殺人だと確信。真相を探るうちに国家規模の謎が浮き彫りになる…。

10年以上にわたって高視聴率を記録する大人気刑事ドラマの劇場版の第3作だが、スピンオフも含めると5作目ということになる。いつも都会を舞台にする「相棒」だが、今回は太平洋に浮かぶ絶海の孤島が舞台。ジャングルや絶壁、岩礁など、美しくも厳しい大自然の中で走り回る相棒は、とても新鮮だ。個人所有の孤島は、いわば大きな密室で、孤島ミステリー、いわゆるクローズド・サークルのスタイルをとっている。そのため、登場人物は限定されているのだが、そこは劇場版・相棒、東京から次々に、鑑識課の米沢や警視庁捜査一課の伊丹ら、おなじみのメンバーが集まってくる。ミステリーなので詳細は明かせないが、民兵組織とその周囲には、防衛省や国の権力者たちが関わる巨大な謎がからんでいる。犯人が誰なのかという謎解きだけではなく、なぜその事件へと至ったのかという背景に注目したい。国防や安全保障は、タイムリーな話題で、社会派エンタメの相棒らしい題材となった。新・相棒である甲斐と右京を事件へと導く役は旧・相棒の神戸。新旧の相棒が一画面に収まっている図は、ファンにはたまらないはずだ。
【65点】
(原題「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」)
(日本/和泉聖治監督/水谷豊、成宮寛貴、伊原剛志、他)
(ワイルド度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

相棒−劇場版III−巨大密室!特命係 絶海の孤島へ@ぴあ映画生活

少年H

少年H Blu-ray(特典DVD付2枚組)
過酷な時代を生きた少年の成長を描く「少年H」。実生活でも夫婦の水谷豊と伊藤蘭が息が合った演技を見せる。

昭和初期の神戸。Hのあだ名で呼ばれる妹尾肇は、高級紳士服の仕立て屋の父・盛夫と、優しい母・敏子、そして妹の好子と共に幸せに暮らしていた。だが戦争の足音が忍び寄り、Hにオペラを教えてくれたうどん屋の兄ちゃんが特別高等警察に逮捕されたり、元女形の旅芸人で映写技師の“オトコ姉ちゃん”に召集令状が届くなど、不穏な出来事が起こり始める。やがて、父がスパイ容疑で取り調べを受けたり、学校で行われる軍事教育や妹の疎開、さらに神戸の大空襲など、Hと家族は理不尽な運命にさらされていく。そして終戦。すべての価値観が変わり、時代も人々も激変する世の中にHは激しく疑問を感じるのだが…。

原作は、グラフィックデサイナーや舞台美術家として活躍する妹尾河童の自伝的小説。主人公のH少年は、おかしいことをおかしいと言い、分からないことを分からないと言う、まっすぐで好奇心旺盛な少年だ。そんな息子に、外国人相手に紳士服を仕立てる仕事柄、広い視野を持つ父はまっすぐに現実に目を向けるように教え、熱心なキリスト教徒である母は他者に対する愛を身をもって教えていく。本作は、神戸という異文化に触れる機会が多い町で、戦前、戦中、戦後の激動の時代を生きたHが、過酷な現実に直面しながら大人になっていく物語だ。庶民にふりかかる戦争という暴力がさまざまな形で描かれるが、この物語のベースは、家族愛と少年の成長物語。ユーモアや明るさを決して忘れないストーリーには好感が持てる。美しく異国情緒あふれる当時の神戸の町並みを再現した美術セットも見所だ。幼い頃から絵が大好きで、軍事訓練ばかりの中学でも絵を描くことを心の支えにしていたH少年。変わり果てた戦後の日本と人間に絶望し、一度は自殺まで考えた彼が、ラスト、神戸も日本も、そして自分自身も、何もかも新しく生まれ変わる時代を、しっかりと生きると決心する。そんなHが不死鳥(フェニックス)の絵を描くシーンは感動的だ。フェニックスは阪神淡路大震災の復興のシンボルでもある。ノスタルジックな空気とほのかなユーモアの中で、観客を勇気付けてくれる作品だ。
【65点】
(原題「少年H」)
(日本/降旗康男監督/水谷豊、伊藤蘭、吉岡竜輝、他)
(家族愛度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

少年H@ぴあ映画生活

HOME 愛しの座敷わらし

HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]HOME 愛しの座敷わらし スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
クチコミを見る
ギクシャクした家族が本当の幸せに気付き、再生していく「HOME 愛しの座敷わらし」。昔語りのような素朴さと控えめな癒しが心地よい。

左遷に近い形で東京から岩手へと転勤になった父・晃一に伴い、盛岡郊外の築200年の古民家に引っ越してきた高橋一家。晃一が選んだその家の古さと、突然の田舎暮らしに家族は不満だらけだ。仕事で失敗し職場に居場所がみつけられない晃一、田舎暮らしへの不安と更年期で悩む妻・史子、東京の学校でいじめに遭っていた長女・梓美、喘息持ちの長男・智也、認知症の疑いがある晃一の母親・澄代と、それぞれ問題を抱えていた。そんなある日、晃一以外の4人が、家の中にただならぬ気配を感じる。どうやらこの古い家には“座敷わらし”が住み着いていて…。

原作は萩原浩の小説「愛しの座敷わらし」。座敷わらしとは、東北地方の民間伝承で、子供の姿をした精霊のような存在だ。住みついた家にいるだけで、危害は加えず、ときどき小さなイタズラをしたりする。物語は、都会で壊れかけた家族が、この座敷わらしを受け入れることで、再生していくというファンタジーだ。映画に登場する座敷わらしは3歳くらいの女の子の姿をしているのだが、劇中いっさい言葉を発しない。高橋家の皆もまた、座敷わらしとの距離感を大切にしながら接していく。この控えめな演出が心地よく、一家が自然に変化していくプロセスに好感が持てるのだ。都会が殺伐としていて田舎に行けば癒されるという単純な図式ではないところもいい。その証拠に、会社でも家庭でも存在感が薄かった父・晃一は、職場で仕事への真摯な気持ちをぶつけ、家庭では、素朴な田舎暮らしや、幸運を呼ぶと言われる座敷わらしに頼るのではなく、家族がいてこそ幸せがあるとまっすぐに伝える。それは一家全員が、どこに住もうとも、生きる意味を知り、自信や優しさ、強さを身につけ、本当の家族になることを意味した。「相棒」シリーズで切れ者の刑事を演じる水谷豊が、不器用だが心優しい父親を、ユーモラスに好演している。また、「遠野ふるさと村」に保存されている築200年の本物の古民家の風情や、ロケ地の岩手県各地の緑あふれる風景が素晴らしく、心が洗われるようだった。
【65点】
(原題「HOME 愛しの座敷わらし」)
(日本/和泉聖治監督/水谷豊、安田成美、濱田龍臣、他)
(ほのぼの度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
HOME 愛しの座敷わらし@ぴあ映画生活

相棒−劇場版II−警視庁占拠!特命係の一番長い夜

相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]
大人気TVシリーズの劇場版第2弾。スケールは前作に比べ一見小さく見えるが、内容はより大人向けのドラマになった。警察内部の衝撃的な事実は、TVでは描きにくい題材で、劇場版にする意味を感じる。警視庁本部内で、警察幹部12名が人質にとられるという前代未聞の籠城事件が発生する。犯人の動機、要求は不明。偶然犯人と遭遇した神戸尊は、杉下右京に連絡し、犯人が元警視庁刑事であることを突き止める…。

特命係の杉下と神戸の二人が、意表を突く方法で事件を解決していくが、発端となる篭城事件のディテールがあまりにもいいかげんなのはいかがなものか。いくら犯人が銃を持っているとはいえ、犯人1人に対して人質は12人。人質は縛られるわけでもなく、椅子に座り手を後ろに回しているだけなのに、誰一人犯人に逆らわない。ナンなんだ、これ? もしや篭城事件そのものが狂言なのかとさえ思ったが、やがて犯人はあっさりと射殺され、それは正当防衛として処理される。実は籠城事件には、7年前の国際テロリストによる船舶爆破事件の謎が関係していて、そこから物語は加速していく。事件のプロットは悪くないが、核心に迫るプロセスが早すぎて“分かり易さ”が勝負のTVドラマ的なのが、少々物足りない。一方で、キャストはなかなかいいセンをいっている。事件のキーパーソンである総務部装備課の朝比奈圭子が“あんな場所”で銃を構えるのはいくらなんでも…だが、小西真奈美のゲストヒロインは劇場版ならではの華があった。前作の劇場版と最も変化したのは、杉下の相棒が、肉体派の寺脇康文から頭脳派の及川光博に変わったこと。右京と同じ頭で考えるタイプなのだが、このコンビが意外にも悪くない。神戸の特命係配属にはいろいろとワケがあったのだが映画ではそれは潔く省き、すでに右京とは名コンビぶりを発揮している。警察内部の汚職や人間関係を描く映画は、警察といえども組織であることと、それぞれの駆け引きや立場を浮き彫りにすることでスリリングなドラマになる。と同時に、譲れない正義を貫くことで感動を引き出していく。何より、国民を守るべき立場にいるものが法や人命をないがしろにする様は、単なる犯罪ドラマとは比べ物にならない衝撃があるのだ。ラスト、右京が彼なりの決意で正義を語るその言葉を聞けば、神戸が右京という人間そのものに惹かれて自ら特命係に残った理由が分かる。単純な勧善懲悪ではなく、組織の片隅にいながらも、自分なりの方法で正義を行おうとする人間を描くところに、この作品の“大人”感があるのかもしれない。
【60点】
(原題「相棒−劇場版II−警視庁占拠!特命係の一番長い夜」)
(日本/和泉聖治監督/水谷豊、及川光博、小西真奈美、他)
(シリアス度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

相棒−劇場版−絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]
劇場版らしいスケールはあるが、馴れ合いムードが漂う作品。人気TVドラマのファンにこそ楽しんでもらおうという気遣いだろう。頭脳派と行動派の刑事コンビが、東京都心で行われる大規模なマラソン大会に仕掛けられた爆破事件に挑む。政界の思惑や犯人の意外な動機は説得力があるが、チェスを使った駆け引きがクドいのでテンポを損ねるのが惜しい。これでは犯人も警察も悠長すぎる。とりあえず久々に映画に戻った水谷豊を楽しもう。
【50点】
(日本/和泉聖治監督/水谷豊、寺脇康文、鈴木砂羽、高樹沙耶、他)
(お約束ネタ度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

相棒−劇場版−絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン@ぴあ映画生活

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
トラックバック(承認済)
午後8時の訪問者 (映画的・絵画的・音楽的)
午後8時の訪問者
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ