映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ゲット・アウト」「ブレードランナー 2049」「先生」etc.

永山絢斗

エルネスト

映画『エルネスト』オリジナルサウンドトラック
南米・ボリビア出身の日系二世・フレディ前村は、医者を志してキューバのハバナ大学に留学する。だが1962年、キューバ危機を迎え、大学内も混乱し、学生たちは民兵として志願するか、祖国へ帰るかの選択を迫られることに。そんな時フレディは、キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと出会い、そのカリスマ性に魅了され深い理念に感銘を受ける。やがてゲバラの部隊に入隊したフレディは、ゲバラと同じエルネストを戦士ネームとして授けられた。そして彼らは、ボリビアの軍事政権を倒す戦いに身を投じていく…。

チェ・ゲバラと行動を共にした日系二世のフレディ前村ウルタードを題材にしたドラマ「エルネスト」。チェ・ゲバラのことは当然知っていたが、彼と行動を共にしたフレディ前村の存在を、この映画で初めて知った。母国ボリビアが政情不安定なため、キューバで医学を学んだこの青年は、とても誠実で、真面目で、理想と正義に身を捧げたロマンチストだ。ゲバラが目指した革命は、フレディのような、名もない戦士たちの情熱に支えられていたのだと改めて知る。そしてそこには当然、多くの犠牲が伴うことになる。

チェ・ゲバラが重要な役割を果たすが、物語の主役はあくまでもフレディである。彼は、激動の時代の中でも、友人を作り、淡い恋をし、勉学に励んでいたのだが、そこにチェ・ゲバラやカストロといった巨星がふいに現れて、人生を決定付けていくあたり、人間の運命の不思議を感じてしまう。少し残念なのは、実在の人物で、革命に準じた日系二世の英雄というフレディの出自からだろうか、作品があまりにも生真面目な作りで、見ていて少々面白みに欠けること。前作「団地」のユルさや笑いのセンスが素晴らしかっただけに、どうしても不満を感じてしまうのだ。とはいえ、全編スペイン語のせりふで静かな熱演を見せるオダギリジョーは素晴らしいし、チェ・ゲバラが日本の広島の原爆慰霊碑に献花した秘話も、とても効果的に描かれていて心に残る。アメリカに依存し続ける現代の日本には、理想に生きたフレディの存在そのものが「君たちはそれでいいのか?」との問いかけに思えた。
【65点】
(原題「エルネスト」)
(日本・キューバ/阪本順治監督/オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、他)
(歴史秘話度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アンフェア the end

アンフェア the end Blu-ray スペシャル・エディション
美人で敏腕の女刑事が最後の闘いに挑む、人気シリーズの完結編「アンフェア the end」。結局、雪平夏見ってお人よしの可愛い女性なのかも。

刑事だった父の死の真相を探るうちに警察内部の闇と国家を動かす謎の権力組織の秘密データを入手した敏腕女刑事・雪平夏見は、最も効果的な方法で反撃に転じるタイミングを伺っていた。そんな時、ある転落死の現場で10年前に起きた事件の遺留品と同じしおりを見つける。転落死したのはネイルガン殺人事件の首謀者・村上克明検事であること、かつての事件をつなぐ「Xサイト」が復活していること、さらに村上殺しの首謀者とされているシステムエンジニアの津島からの懇願…。捜査を開始する雪平の前に、再び権力組織の闇がたちはだかる…。

人気テレビドラマから約10年、劇場版の3作目にして最終章の本作では、過去の事件の謎を回収するという大切な役割がある。中でも最大のものは、ヒロインの雪平がずっと追ってきた、父を殺した犯人が誰かという謎が明かされることだ。バツイチ、子持ち、大酒のみと、一見がさつにみえるヒロインは、実は誰よりも繊細な心の持ち主。クールなルックスで「誰も信じない」と口では言うが、誰よりも人を信じやすく、何度も騙されているお人よしだ。最も身近で愛すべき人物がいつも雪平を裏切るという構図は、シリーズを見てきたファンならばすでに気付いているだろう。本作でも、無謀な単独行動や娘のこととなると理性が吹っ飛ぶなど、雪平らしさが満載だ。物語の謎は明かせないが、死んだはずのかつての恋人・一条が再登場するのは、大きな意味が。終盤には、例によって裏切りの応酬から某国大使館でのバトルとなるが、これはいくらなんでもやりすぎで、リアリティに欠けている。それでも10年間続いた人気シリーズの幕引きとしては、まずまずの落としどころ。何よりヒロインを演じる篠原涼子の美しさが劣化せず、男社会で頑張る女性という立ち位置も含めて、多くのファンを獲得した作品の有終の美を飾っている。
【60点】
(原題「アンフェア the end」)
(日本/佐藤嗣麻子監督/篠原涼子、永山絢斗、阿部サダヲ、他)
(集大成度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
アンフェア the end@ぴあ映画生活

ハードロマンチッカー

ハードロマンチッカー【DVD】ハードロマンチッカー【DVD】
クチコミを見る
暴力の中に“切なさ”と“刹那さ”が混在する青春映画「ハードロマンチッカー」。金髪オールバックの松田翔太の熱演が光る。

山口県下関市。在日韓国人2世で、高校を中退したフリーターのグーは、幼い頃からの知り合いのヤクザの庄司から、危険な“何か”を渡されたり、顔なじみの刑事の藤田にからまれたりしながら、日々を過ごしていた。そんなある日、後輩の辰とマサルが敵対関係にある高校生の家に殴りこみ、人を殺してしまう。事件の真相を探るグーは、暴力の連鎖に巻き込まれていくが…。

閉塞的な町の空気とケンカに明け暮れる荒れた青春。どことなく昭和の香りが漂う設定だが、時代は現代だ。下関には、多くの在日韓国人が住んでいて、グーも在日2世。だが彼は顔は広いのだが、日本人とも在日とも、ヤクザとも警察ともツルまず、一匹狼として生きている。この役には、グ・スーヨン監督自身をはじめ、監督の周囲にいた多くの血の気の多い男たちの姿が投影され、ミックスされているという。グーが誰ともツルまずにいるのは、国籍とは関係ない、自分の内側から湧き上がってくるアイテンティティーを探しているから。主人公の背景は、暴力、セックス、クスリ、ヤクザ組織など、ディープな要素に埋め尽くされていて、自分探しにはヴァイオレンスというツールしか通用しない。そんなグーは、まるで群れから離れて吠える獣だ。物語では暴力に明け暮れる男たちがどこかに純情を隠し持っているのに対し、女たちは徹底してリアリスト。グーの祖母を演じる名女優の淡路恵子の抜群の存在感が、このトンガッた青春ヴァイオレンス映画を引き締めている。冒頭から炸裂する東京スカパラダイスオーケスオラの音楽が、エネルギッシュでクールだ。
【65点】
(原題「ハードロマンチッカー」)
(日本/グ・スーヨン監督/松田翔太、永山絢斗、柄本時生、他)
(ヴァイオレンス度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ハードロマンチッカー@ぴあ映画生活
↓ 原作小説はこちら
【送料無料】ハードロマンチッカー

【送料無料】ハードロマンチッカー
価格:714円(税込、送料別)

ソフトボーイ

ソフトボーイ【DVD】ソフトボーイ【DVD】
不純な動機で始めたソフトボールがいつしか若者たちを夢中にさせていく、さわやかな青春エンタメ・ムービーだ。佐賀県のとある高校で最後の夏を迎えようとしていたオニツカは、仏料理のシェフになるのが夢。しかし、家業は中華料理屋で自らの進路に悩んでいる。そんな時、幼なじみのノグチが「県内には男子ソフトボールが一校もない。部を作れば、ソク全国大会。俺たちはヒーローだ!」と言い出す。オニツカを強引に誘い部員集めに奔走するが、何とか集まった9人はキャッチボールも満足にできない素人集団だった…。

佐賀県の高校での実話をベースにしたこの物語は、冷静な主人公オニツカと、ノリが勝負のノグチの凸凹コンビの漫才のようで楽しめる。男女比1:9というその高校は、料理や裁縫など、家庭科の専門高校で、生徒はシェフやデザイナーなどを目指し将来のことを見越して学んでいる。現実的な高校生活を送る彼らが、ヒーローになってモテタイ!と不純かつ直情的に思うのは、自分の進路がほぼ決まっている中で、何か新しい可能性を見出したいとの思いがあるのだろう。その場の気分で周囲を巻き込み、何の計画もないノグチのキャラに、なぜか周囲が魅せられてついていくのが面白い。こんな人物になりたいと思っても普通はなかなかなれないものだが、何はともあれ挑戦!というノグチの姿勢は、青春の本来あるべき姿に思える。ただ、寄せ集めの部員は個性的だが、残念ながらあまり魅力はない。高校生なのに恋愛要素があまりに少ないのもマイナスだ。だが、この物語には最後にちょっとした“驚き”が仕込まれている。そのことが分かって初めてノグチがいう「やってみなければわからない」という言葉の大切さが身に染みるのだ。永山絢斗や賀来賢人ら、若手俳優たちが躍動している。
【55点】
(原題「ソフトボーイ」)
(日本/豊島圭介監督/永山絢斗、賀来賢人、波瑠、他)
(エンタメ度:★★★☆☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

罪とか罰とか

罪とか罰とか [DVD]罪とか罰とか [DVD]
毒たっぷりのコメディで、キャラの性格設定は意図的にいいかげんだ。それなのにバラバラのパーツが最後にピタリとハマるパズルのような几帳面さがあり、そのバランスに面白さがある。売れないグラビア・アイドルのアヤメは、なりゆきの仕事で一日警察署長をやることになるが、そこで元カレの春樹と再会。殺人事件や誘拐事件の解決を迫られる。監督のケラリーノ・サンドロヴィッチは演劇界の人だけあって、笑いの質が奇想天外で、小劇場の舞台風。これにノレるかどうかが評価の分かれ目になろう。コメディ初挑戦の演技派美少女・成海璃子のぶっきらぼうなしゃべりが魅力的だ。
【60点】
(日本/ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督/成海璃子、永山絢斗、段田安則、他)
(ブラック度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

フレフレ少女

フレフレ少女 [DVD]フレフレ少女 [DVD]
ガッキーこと新垣結衣は本当に可愛い。演技力もまぁまぁだ。なのにこの映画は彼女をまったく活かしていない。女子高生の桃子はなりゆきで応援団長に。最初は不純な動機での入団だったが、厳しい訓練を経て誰かを真剣に応援するために何よりも自分が頑張ることに目覚めていく。女の子が応援団というギャップが最大のウリだが、笑えず泣けずスベッてしまった。ガッキーはガクランは似合うが声がダメ。他の団員のやる気もさっぱり伝わらない。企画そのものが地に足が着いてない感じだ。タイトルの響きが良く印象的なのが唯一の救い。ガッキーファン限定のコスプレ作品と割り切ろう。
【20点】
(スポ根度:★★☆☆☆)
(日本/渡辺謙作監督/新垣結衣、永山絢斗、柄本時生、他)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ