リサとケイトの姉妹は休暇を楽しむためにメキシコにやってくる。海の中の檻から野生のサメを見る“シャークケイジダイビング”に参加することにした二人は、最初はサメの迫力に興奮して楽しむが、突如、保護用の檻と水上の船をつなぐケーブルが故障し、二人は檻ごと水深47メートルの海底へ落下してしまう。檻は壊れ、酸素も残り少ない。無線も通じない中、巨大な人喰いザメが二人に迫る…。

シャークケイジダイビング中の事故で海底に取り残された姉妹のサバイバル劇を描くパニックスリラー「海底47m」。夏だ!海だ!サメ映画だ!!…ということで、海という開かれた“密室”を舞台に、美女とサメを組み合わせるサバイバル劇は、新たな夏向けホラー・ムービーの定番になりつつある。同種のサメ映画「ロスト・バケーション」が海上でたった一人というシチュエーションだったのに対し、本作は真っ暗な海底で姉妹が二人ぼっち。迫りくる危機は、サメ以外にも、酸素欠乏、潜水病、窒素酔いなど、バラエティーに富んだピンチの連打で飽きさせず、心が休まるヒマがない。

社交的なリサと違い、失恋したばかりで臆病なケイトはもともとシャークケイジダイビングに乗り気じゃなかった。だが、彼氏から「君は退屈」と言われ、自分だって冒険心があることを証明したくて、この怪しげなツアーに参加したのだが、ネガティブ思考のケイトが極限状態で「こんなところで死ねない!」と勇気を示すのがいい。どんな状況でも人間はあきらめちゃ終わりなのだ。物語の終盤には思わぬ仕掛けとオチがあって、これがなかなかうまい。あえて難点を言えば、ほとんど水中マスクを着けているので姉妹の区別がつきにくいことか。それにしても「ジョーズ」の昔から、血の匂いを嗅ぎつけ、巨大な身体で体当たりし、鋭く尖った歯をむき出しに襲い掛かるサメの恐怖演出は見慣れているはずなのに、何度見てもやっぱり怖い。これこそ、映画では不動の人気キャラとなる要素だ。恐るべし、サメ映画!の、快作である。
【70点】
(原題「47 METERS DOWN」)
(アメリカ/ヨハネス・ロバーツ監督/クレア・ホルト、マンディ・ムーア、クリス・J・ジョンソン、他)
(恐怖疑似体験度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)