映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャッキー」「ムーンライト」「はじまりへの旅」etc.

深津絵里

サバイバルファミリー

映画公式ガイド『サバイバルファミリー』の歩き方: 絵コンテ・制作秘話・オフショットで辿る鈴木一家と矢口組のサバイバルな日々
東京のある朝、突如、すべての電気が止まる。さえないお父さん、天然のお母さん、無口な息子につけまつげ命の娘の4人家族の鈴木家は、電車も車もガスも水道も、ATMもスマホまで使えずに途方に暮れる。一週間たっても電気が回復しない状況に、一家は、母の実家がある鹿児島を目指し、東京を脱出することを決意。そこから鈴木家の生き残りをかけた決死のサバイバルライフが始まった…。

電気が消滅した日本を舞台に、サバイバルを繰り広げる家族の姿を描く異色のコメディー「サバイバルファミリー」。「ウォーターボーイズ」などで知られる矢口史靖監督の作品の多くがオリジナル脚本で、テーマの目の付け所が本当に面白い。しかも上から目線や説教臭さは皆無で、エンタテインメントとしてしっかり成り立っているのに、あとからじんわりと社会的メッセージが浮かび上がってくるという巧みな内容だ。矢口作品の主人公(時には主要キャラ)の多くが、日本でとても多い名前として知られる“鈴木”という姓だが、この設定からも、特別な能力を持つ人ではなく、あくまでも市井の人々の視線で描いた物語であることが分かる。本作の主人公もまた鈴木家。突如、電気が失われるという、都会で暮らす現代人にとっての超ド級の非常事態に見舞われ、さぁ、どうする?!というストーリーだが、亭主関白を気取っているが頼りない父親を筆頭に、鈴木家は間違った行動ばかりしている。右往左往する都会人の姿が情けなくもリアルだ。高速道路を自転車で走り、物々交換で食料を手に入れる。のほほんとした母親や不愛想な息子が、時に意外な能力を発揮したりもするが、鈴木家はちょっとズルしたり他人から助けられたりしながら、少しずつ変化・成長していく。映画のキャッチコピーに“すべてがOFFになると、人間がONになる”とあるが、心から納得するはずだ。あって当たり前だと思っていたものを失くしてはじめて、自分で考えて行動し、本当に大切なことを知る。ダメダメな両親と身勝手な子どもたちが最後はどう変化するか。映画を見てぜひ確かめてほしい。災害シミュレーションとして笑わせながら、最後はしっかりと考えさせられる。必見の家族ドラマだ。
【75点】
(原題「サバイバルファミリー」)
(日本/矢口史靖監督/小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、他)
(サバイバル能力度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サバイバルファミリー|映画情報のぴあ映画生活

岸辺の旅

岸辺の旅 [Blu-ray]
3年間行方不明だった夫の優介が、突然、妻の瑞希のもとへ戻ってくる。優介は「自分は死んだ」と告げ、瑞希に一緒に旅に出ようと誘う。それは優介がお世話になった人々を訪ねる旅だった。空白の時間を埋めるかのように、ふたりは各地を転々としながら、互いのことを深く知るようになる。そして優介が姿を消した本当の理由が明かされるが、彼が瑞希にさよならを言う時は刻々と迫っていた…。

湯本香樹実の小説を映画化した「岸辺の旅」は、夫婦二人の旅を描くラブストーリーだ。死者と生者が何の疑問もなく同居している不思議なストーリーである。岸辺とはおそらく彼岸のことだろう。あちら側とこちら側の境界線は限りなく曖昧で、黒沢清監督ならではの不気味なホラーテイストもしっかりと味わえる。全編を不穏な空気で包みながらも、それでもこの物語はどこかあたたかみがあるのだ。「俺、死んだよ」としれっと言う優介と、その言葉をあっさりと受け止めるだけでなく一緒に旅までしてしまう瑞希。映画序盤で、説明抜きで生と死をさらりと超越してみせるのが上手い。ほのぼのとしたエピソードもあれば、後悔や無念、時には執念もある。いったいこの夫婦はどこへ向かうのか。ひょうひょうとした浅野忠信、静かだがどこか凄味を感じさせる深津絵里、ひときわ存在感がある小松政夫と、役者も揃っているが、中でも短い登場シーンながら強烈な爪痕を残す蒼井優が印象的だ。現実と幻を同じ地平で描きつつ、しっかりと未来を肯定する物語に仕上がっている。
【70点】
(原題「岸辺の旅」)
(日本/黒沢清監督/深津絵里、浅野忠信、小松政夫、他)
(不穏度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
岸辺の旅@ぴあ映画生活

寄生獣 完結編

寄生獣 完結編 Blu-ray 豪華版
右手に寄生生物を宿した青年と謎の生物パラサイトの最終決戦を描く「寄生獣 完結編」。原作未読のファンにも分かりやすい作り。

高校生の泉新一と彼の右手に寄生したパラサイトのミギーは、人間側からもパラサイト側からも危険視されていた。そんな中、人間の子供を産んだパラサイトの田宮良子は、新一とミギーの存在に、共存の可能性を見出すが、パラサイトから母親を殺された新一はパラサイトを憎んでいた。東福山市庁舎がパラサイトのアジトと化す中、最強のパラサイト・後藤が現れ、ついにパラサイトと人間の生き残りを賭けた最終決戦がはじまる…。

岩明均の大人気コミックを実写映画化した「寄生獣」二部作の完結編は、人類とパラサイトの戦い、新一とミギーの友情、新一と里美の恋の3つを軸に描かれる。CGを駆使した絵作りやパフォーマンスキャプチャー、壮絶なバトルなどのアクションは、日本映画のレベルとしてはまずまずではなかろうか。原作ファンには不満や疑問もあるだろうが、長い長い原作を2部作としてまとめる作業は、かなり大変だったはず。そもそもこの物語の原点ともいえる“人間は何のために生まれてきたのか”、“この世に存在が許されるのは人類だけなのか”という哲学的な問いだけでも1本の映画では語れないほど深淵なテーマなのだ。人類とパラサイトの戦いは田宮良子のある選択から意外な方向へ。新一が憎しみや悲しみの果てに下す決断とその顛末は、映画を見て確かめてほしい。新一を演じる染谷将太の、時に表情を殺しながらの演技や感情を爆発させる芝居はメリハリがあって素晴らしいが、完結編ではやはり深津絵里の存在感が圧倒的だ。新一とミギーの絆を感じるラストは、未来への希望の証。その先の物語が見てみたくなった。
【65点】
(原題「寄生獣 完結編」)
(日本/山崎貴監督/染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、他)
(警鐘度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
寄生獣 完結編@ぴあ映画生活

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 FINAL SET [Blu-ray]踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 FINAL SET [Blu-ray] [Blu-ray]
国民的大人気シリーズの第4弾にして完結編「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」。完結するような内容かどうかははなはだ疑問だが、ともあれファイナルである。

湾岸署管轄区内で開催されていた国際環境エネルギーサミット会場で事件が発生、被害者は殺害され、さらに第2の事件まで起こる。犯行に使われたのは、なんと警察が押収した拳銃だった。緊急招集された捜査会議では、青島ら捜査員には情報は開示されず、すべての捜査情報を管理官の鳥飼へ文書で提出するよう義務付けられる。そんな中で発生した第3の事件は、今では湾岸署の署長になった真下の息子の誘拐事件だった。少ない情報、上層部への疑念、過去の事件との関連性。懸命に捜査を続ける青島だったが…。

おなじみのあのメロディが流れてくれば、思わず胸が高鳴ってしまうのだから、やはりこの刑事ドラマは“国民的”という形容がふさわしい。冒頭、下町の商店街で、夫婦でからあげ屋を営む青島とすみれのテンポ良いかけあいから、観客はすでに踊るモードに突入だ。本作で描かれるのは、捜査を無駄に混乱させ、人命をないがしろにする、理不尽な規則の存在と、警察内部に巣食う隠ぺい体質だ。青島もすみれも、過去の事件で肉体的に傷を負っているため、本作ではかなりキツそうな描写があり、シリーズの年月を感じさせる。二人の恋に何らかの答えが出るのかどうかは見てのお楽しみだが、物語は、例によって現場で奔走する青島たちの思いを上層部が踏みにじるシリアスパートと、それぞれに出世した湾岸署のメンバーたちのとぼけたやりとりのコミカルパートを織り交ぜながら進んでいく。それにしても、キーパーソンの久世という男の描きかたが甘いのは残念。最初から正体は分かっているし、誘拐事件の際の立ち回り方もまるで素人。彼が信じる正義と、青島のモットーである“正しいこと”のギャップこそが本作のキモだというのに。加えて、ファイナルなのだがから、もうちょっとスケールの大きさがほしかった。結局このシリーズは、最初からずっと「警察を良くしよう!」という、青島と室井の男の約束に向かって走るのみ。ファイナルでもそのゴールはほとんど見えず、正義の入り口に立っただけだ。組織改革の困難な道のりを伺わせるのが目的だとすれば、大いに成功していると言えようか。何はともあれ、15年という長い年月を頑張ってきた、スタッフ、出演者にお疲れ様と言いたい。
【60点】
(原題「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」)
(日本/本広克行監督/織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、他)
(華々しさ度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望@ぴあ映画生活

ステキな金縛り

ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディションステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション
クチコミを見る
どんなチョイ役にも豪華キャストを配する、贅沢な三谷映画の新作「ステキな金縛り」。法廷ものとしては弱いが、人情劇として楽しめる。

失敗続きで後がない弁護士エミが担当したのは、ある資産家の妻殺しの被告人。だが彼は自分にはアリバイがあると主張する。寂れた宿で一晩中金縛りに遭っていたというのだ。被告の無実を証明できるのは、彼を金縛りにかけていた落武者だけ。宿まで出かけて行ったエミは、421年前に無念の死を遂げた更科六兵衛の幽霊に意図的に遭遇し、法廷で証言してほしいと強引に頼み込む。だがエミの相手である検事の小佐野は、一切の超常現象を信じないカタブツだった…。

法廷で証言するのが落武者の幽霊という、このアイデアだけで笑ってしまう。霊ということになると、見える人と見えない人がいるわけで、そのあたりの混乱の演出がこれまた笑える。加えて、幽霊の側にもいろいろとルールがあり、話はますますややこしい。さすがは構想10年。練られた脚本は笑いのツボを押さえていて、監督5作目となる三谷幸喜の手腕は相変わらず見事だ。だが、練りこんだ方向は緻密な法廷映画ではなかった。被告人である無実の男が「何だか、ないがしろにされてる気がするんですけど…」と思わずボヤくのも無理はなく、事件は落武者の幽霊中心に進んでいく。やがて無念の死を遂げた六兵衛の“歴史秘話”が語られ、登場人物それぞれの心の痛みや悲しみに話が及ぶあたりから、にわかに人情劇の様相を呈していくのだ。笑いから感動へ。三谷映画のセオリー通りである。本来、演劇的な閉じた空間の演出が得意な三谷幸喜が、慣れないカット割を多用し、ロケ撮影も取り入れるなど、演出にぎこちなさはある。だが、それでもここまで娯楽性を高め、感動物語に仕上がっているのは、エミと、著名な人権弁護士だった亡き父との絆が軸になっているからだ。J.スチュワート主演の「スミス都へ行く」が絶妙にからみ、大団円へとなだれ込む。こんな裁判があったら楽しい。…いや、やっぱり混乱の元だろうか。2時間22分と長尺だが、退屈とは無縁だ。
【70点】
(原題「ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON」)
(日本/三谷幸喜監督/深津絵里、西田敏行、阿部寛、他)
(エンタテインメント度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ステキな金縛り@ぴあ映画生活

映画レビュー「悪人」

悪人 スタンダード・エディション [DVD]悪人 スタンダード・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
ひとつの殺人事件が重層的にあぶりだす人間の心の闇を描いた「悪人」。愛を渇望する男女の逃避行が胸を打つ。 【75点】

 長崎在住の土木作業員の祐一と、佐賀に住む紳士服量販店店員の光代は、携帯の出会い系サイトで知り合い、強く惹かれ合う。だが祐一は、今世間を騒がせている女性保険外交員殺害事件の犯人が自分であることを告白する…。

 芥川賞作家・吉田修一の原作小説は、多くの人物のモノローグで構成されているが、李相日監督と原作者との共同脚本による映画は、登場人物とエピソードを絞り込み、孤独な男女の刹那的なラブストーリーを中心に据えている。また被害者と加害者の肉親の思いを丁寧にすくい取ることで、主人公のバックグラウンドを巧みに描き、見るものを物語の奥深い場所へと連れて行く。

 殺人事件の犯人で、金髪の寡黙な青年・祐一は、きっと心根は優しい。だが、爆弾を抱えているような得体の知れない危うさをも内包している。そんな彼の望みは、ただ誰かに愛されることだ。祐一の願いは、光代によって叶えられるが、内向的な彼女もまた情念とエゴを心に秘めた女性だ。事件に関与する人物は、誰もが悲しいほど脆い。殺された佳乃が祐一を虫けらのように扱ったり、金持ちの大学生・増尾が佳乃を夜の峠に置き去りにするのは、彼らが人を見下すことでしかプライドを保てない弱い人間だからだ。自分に欠けた善のパーツを補う方法が分からない若者が事件の中心にいるのに対し、周囲の大人たちは、人を愛することの大切さを知りながら、それを次世代に伝える力がない。となれば、異なる世代のコミュニケーションの欠如が殺人の遠因にも思えてくる。

 やるせないほどの愛情で結びつく男女を体当たりで熱演する妻夫木聡と深津絵里が素晴らしいが、加えて、祐一の祖母を演じる樹木希林が抜群に光った。純朴な老人を狡猾に騙す悪徳業者や、執拗にカメラを向けるマスコミに狙われる祖母は、最も弱い人間に思えるが、孫の祐一を心から慈しむ気持ちが、最後には彼女を強くする。娘を奪われ打ちひしがれた佳乃の父親の手にスパナが握られるのも同じ理由だ。どれほど身勝手な娘でも無条件に我が子を愛する父もまた、くじけなかった。地方都市の閉塞感の中、善悪の根源を探るこの物語は、誰かを大切に思う気持ちを持つ人間を、決して見捨てはしない。

 物語後半は、恋人たちの逃避行というロードムービーへ。「もっと早く光代と出会いたかった」と声を震わせ、自首するという祐一を思わず引き止める光代。彼女もまた、誰かとの出会いを真剣に待っていた。「私と一緒に逃げて」。つかの間の幸せにすがりつく2人が向かうのは海を見下ろす灯台だ。

 悪人とは誰なのか。それ以前に悪とは何だろう。原作には「両方が被害者にはなれない」という言葉がある。追いつめられた祐一がとる行動は、映画には出てこないこの言葉を思い出させた。愛する人を“被害者”として守るために自らの手に罪を招き入れる祐一を、簡単に悪人とは呼びたくない。映画を見終わった後には、よどんだ澱(おり)のような暗い感動が残る。それでいて小さな希望を感じるのは、祐一が祖母にプレゼントしたスカーフが、殺人現場に結ばれていたから。それとも悲しい眼をした祐一が最後に泣いたような笑顔を見せるからか。殺人という絶対的な悪とその周囲の相対的な悪をえぐった物語は、現代社会を生きる私たちに「大切な人はいるか」と激しく問いかける。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)閉塞感度:★★★★★

□2010年 日本映画 原題「悪人」
□監督:李相日
□出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、他


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

映画レビュー用BRバナー


←応援ポチ、よろしくお願いします!


悪人@ぴあ映画生活

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [DVD]踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [DVD]
日本映画の興収記録を塗り替えてきたシリーズの7年ぶりの最新作は、過去の登場人物総出演の趣で、まるで同窓会か歌舞伎の顔見世興行のようだ。湾岸署を襲った連続殺人事件から7年が経ち、青島刑事は強行犯係係長に昇進、新湾岸署への引越しを一任される。だが、引っ越しの真っ最中に、湾岸署管内で、金庫破りやバスジャック、さらには青島らの拳銃が3丁が盗まれるという事件が次々に発生。特別捜査本部が設置され、管理補佐官の鳥飼とともに青島たちは捜査を開始するが、ついに新・湾岸署が占拠されてしまう…。

高度なセキュリティシステムが導入された要塞のような建物が占拠され、中には爆弾が仕掛けられている。こうくると、シリアスに思えるが、中身は確信犯的にユルユルな物語だ。拳銃が盗まれ、マニュアルがすり替えられ、新人にはやる気が薄い。日本の治安維持を本気で心配したくなるのだが、それにしてもまぁ、湾岸署のセキュリティときたら何と情けないものか。しかも今回はとってつけたような“難病”ネタまであって、途中からどうでもいいや…と投げやりな気持ちになった。過去に登場したあの頭脳犯が重要すぎる役で登場して物語を転がしていくのだが、その犯罪の手口もなんだが情にからんだ作戦でおそまつだ。ただ、本作の目玉であるキャラで、小栗旬が演じる、本店(警視庁)と支店(所轄)を結ぶ管理補佐官という役どころは興味深い。上層部と現場の思惑の違いがこのシリーズの面白いところ。両方の顔を立てながら事を思うように運ぶ、この頭脳派の役をもっと掘り下げれば、警察ものとして新しいスタンスが生まれたかもしれない。それから、故いかりや長介が演じた和久さんの思いが、甥の登場という形を借りて復活しているのはちょっとホロリとした。名セリフを生むのがこのシリーズのお約束だが、今回のそれは「俺には部下はいない。いるのは仲間だけだ」がそうなのだろう。
【55点】
(原題「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」)
(日本/本広克行監督/織田裕二、柳葉敏郎、小栗旬、他)
(勢揃い度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

女の子ものがたり

女の子ものがたり [DVD]女の子ものがたり [DVD]
人気漫画化・西原理恵子の自伝的作品の映画化で、可愛らしいタイトルだが、内容はかなりシビアだ。ナツミはスランプから抜け出せない36歳の漫画家。ダラケきった暮らしから、担当編集者に「先生、友達いないでしょう?」とまで言われる始末だが、その言葉から、少女時代のかけがえのない友の存在を思い出すことに。東京で過去を回想し、長く戻らなかった故郷で彼女たちの本当の気持ちを知ったナツミは、絶不調から抜け出してゆっくりと再生していく。

ナツミも父親不在で育つが、女友達きいちゃんとみさちゃんは、なお悪い。家庭環境は悪く、男を見る目がなく、自分さえ大切にできない。だが、世間の評価ではなく自分の信念で彼女たちを友人に選んだナツミの強い意志は、やがて絵で生きていくという決心にもつながっていく。人生の岐路で悩む、才能あるナツミを応援する気持ちから、きいちゃんが「あんたはこの街から出ていけ!」と叫ぶ言葉が、哀しくて優して泣けてくる。彼女たちが取っ組み合いのケンカをするのもいい。女の子同士でもやる時はやるのだ。いつかは別れ別れの道を行くと知ったとき、人は大人になる。子供から少女へ、そして大人の女性へ。これはそんなヒロインの通過点を描いた、ビターなガーリー・ムービー。見終われば胸がしめつけられるようだった。
【75点】
(日本/森岡利行監督/深津絵里、大後寿々花、福士誠治、他)
(郷愁度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ