映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

渡辺大知

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ (文春文庫)
24歳のOLヨシカは、10年もの間、中学時代の同級生で初恋の相手イチに片思い中。ずっと彼氏がいなかったヨシカだが、会社の同期のニに突然告白され、人生初の経験に舞い上がる。だが、正直、ニはまったくタイプではなく、ノリきれない。そんなある日、ボヤ騒ぎを起こしたヨシカは、死ぬ前にもう一度イチに会いたいと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに憧れのイチと再会するのだが…。

中学時代から片想い中の同級生と突然告白してきた会社の同期との間で揺れ動きながら暴走するヒロインの恋の行く末を描く異色のラブコメディー「勝手にふるえてろ」。原作は、19歳で芥川賞作家となった綿矢りさの同名小説だ。ヒロインのヨシカは脳内では夢見がちな暴走女子。リアルではひねくれで自分勝手なこじらせ女子。絶滅危惧種をこよなく愛するヨシカが、どうやって現実に目を向け、理想やプライドから自分自身を解放するのかという、成長物語である。

ニはヨシカにとってはまったくタイプではないのだが、それでも確かに存在するのに対し、10年片想い中のイチはいわばヨシカの脳内で理想化された幻のような王子様だ。主な登場人物はこの3人だが、ヨシカの周囲には個性的な人ばかりが集まっていて、彼らを見ているだけでも面白い。物語にはある仕掛けがあって、それが判明する時、ヨシカのこじらせっぷりの根深さが伝わる仕組みだ。ずっと彼氏がいない役には可愛すぎる松岡茉優が、めんどくさいヒロインを大量のモノローグや、時には歌まで交えて熱演。ロックバンド黒猫チェルシーのボーカリストで監督や俳優としても活躍する渡辺大知が、空気が読めず暑苦しいニを好演している。ぶざまでかっこ悪くても、傷ついても傷つけても、それでも一歩踏み出すこと。そこから人生は動き出すのだ。イタい笑いたっぷりのラブストーリーだが、同時に個性的な味わいの人生讃歌と見た。
【60点】
(原題「勝手にふるえてろ」)
(日本/大九明子監督/松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、他)
(めんどくさい度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

色即ぜねれいしょん

色即ぜねれいしょん [DVD]色即ぜねれいしょん [DVD]
旅、友情、性への興味。青春を彩るアイテムは今も昔も変わらない。60年代が熱い政治の季節なら、革命の夢破れてわだかまりと敗北感を抱えるのが70年代。そんなビミョーな時代を生きる順は、京都の仏教系男子高校に通う、不良にも優等生にもなれないどっちつかずの文化系男子だ。友人たちとフリーセックスを夢見て隠岐島のユースホステルへ向かうが、現実はダサく厳しかった。だが、そこで、オリーブという魅力的な女の子と出会う。

煩悩だらけの地味な少年のマイペースな成長過程が、みずみずしくユーモラスだ。典型的な青春ドラマだが、この主人公ときたら、何もコンプレックスがないことがコンプレックスという幸せモノである。これでは自分が目指す“ロックな生き様”にはほど遠いと悩むところが可笑しい。とはいえ、彼なりにいろいろなことがあって、すべてをぶつけるように歌う文化祭のライブ・シーンは異様な迫力だ。フォークでもロックでもなく、自分だけの言語で吠えるように歌うパワフルな歌は、変化した順がつかんだ青春のサウンド。家庭教師が言う「音楽は武器になる」という言葉が説得力をもって響いてくる。みうらじゅんの自伝的小説が原作だが、仏教に造詣が深い作者の原点がこの物語なのだろう。その不器用さに好感が持てる。
【65点】
(日本/田口トモロヲ監督/渡辺大知、堀ちえみ、リリー・フランキー、他)
(煩悩度:★★★★★)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ