映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ラ・ラ・ランド」「トリプルX 再起動」「彼らが本気で編むときは、」etc.

満島ひかり

愚行録

愚行録 (創元推理文庫)
エリート会社員の夫・田向浩樹とその美しい妻・友季恵、幼い娘の一家が何者かによって惨殺される事件が発生し、世間を騒がせる。未解決のまま1年が過ぎ、事件が風化していく中、週刊誌記者の田中武志は、改めて事件の真相に迫ろうと、関係者に取材を始める。そこから浮かび上がってきたのは、理想の家族に見えた田向夫婦の、外見からかけ離れた実像、そして証言者たちの思いもよらない姿だった。一方、田中自身も、妹の光子が育児放棄の容疑で逮捕されるという問題を抱えていた…。

未解決の一家惨殺事件の真相を、一人の記者が関係者の証言からあぶり出すミステリー「愚行録」。原作は貫井徳郎の同名ミステリーだ。理想的に思えた夫婦の真実の姿を浮き彫りにしていく仮定から見えてくるのは、人間が行う数々の愚かしい行為である。冒頭に、関係者に取材を行う記者の田中が、バスの中で席を譲る短いエピソードがあるが、このシークエンスから、語り部、あるいは傍観者役に見える彼の心にも、歪んだ闇があることが見て取れる。物語には、嫉妬、見栄といった感情的な悪意から、恋愛や就職で他人を利用し、弄ぶ悪行もある。過去の証言で中心になるのは、名門大学内での階級格差とでも呼べる陰湿な差別構造だ。田中が一人一人を訪ね歩きながら田向夫婦の裏の顔が明らかになる一方で、育児放棄の容疑で逮捕されている妹・光子の告白が同時進行し、やがて予想もしない形でそれらが結びついていく語り口は、見事なまでに衝撃的だ。劇中には、いくつかの驚きの仕掛けがあって、そのことが“愚行”という言葉を決定づけている。物語と呼応するかのように、映画全体の色彩が暗いトーンで統一されているのが印象に残る。本作が初長編となる石川慶監督は、ポーランド国立映画大学で演出を学んだのだそうだ。どうりで、初期のロマン・ポランスキーや、イエジー・スコリモフスキ作品と、映像全体の沈んだ色調が共通している。容赦ない現実を突きつける不穏でドライな作風もしかり。この監督、次回作が気になる人だ。
【65点】
(原題「愚行録」)
(日本/石川慶監督/妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、他)
(陰鬱度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
愚行録|映画情報のぴあ映画生活

ONE PIECE FILM GOLD

ONE PIECE FILM GOLD Blu-ray GOLDEN LIMITED EDITION
海賊王を目指して新世界を旅するルフィと麦わらの一味の仲間たちは、世界最大のエンターテインメントシティである政府公認の独立国家、グラン・テゾーロを訪れる。有名な海賊たちや大富豪が集まるその華麗な様子に圧倒されるルフィたちだったが、そこは世界政府すら手を出すことのできない“絶対聖域”だった。そんなグラン・テゾーロをばく大な金の力で支配し、世界政府をも操るのが黄金帝ギルド・テゾーロ。彼は、底知れぬ野望を抱き、新世界の勢力図を塗り替えようとしていた…。

大人気アニメシリーズ「ONE PIECE」の劇場版第13弾「ONE PIECE FILM GOLD」。黄金の独立国家グラン・テゾーロの支配者ギルド・テゾーロの陰謀にルフィたち麦わらの一味が立ち向かう。おなじみのメンバーが繰り広げる冒険と戦いが描かれるが、今回はカジノが舞台ということもあって、どこか「オーシャンズ11」シリーズを連想させる。ワンピースシリーズはいつもオープニングには並々ならぬこだわりを見せてくれるが、今回はなんと12分にも及ぶ華麗なショーが用意され、音と映像のコラボが圧巻だ。ストーリー的には、謎の歌姫カリーナとナミの意外な関係が物語のカギとなる。金を操るゴルゴルの実の超能力を駆使し、非情なルールでグラン・テゾーロを支配する巨悪に対し、ルフィたちが立ち向かう理由は、真の自由を守るためだ。ただ、本作、映像は華麗なのだが、キャラが多すぎて、少々もたついているのが惜しい。バトルシーンも前作「Z」に比べてちょっと物足りなく感じてしまう。それでも、主題歌にロックユニット「GLIM SPANKY」を抜擢するなど、エンタテインメントとしてはシリーズ屈指だ。それにしても、大人のファンも多いとはいえ、ファミリー映画のONE PIECEがついに2時間超え!ますます長尺になっていくのでは…とちょっと心配ではある。
【55点】
(原題「ONE PIECE FILM GOLD」)
(日本/宮元宏彰監督/(声)田中真弓、岡村明美、、他)
(華麗度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ONE PIECE FILM GOLD|映画情報のぴあ映画生活

夏の終り

夏の終り [Blu-ray]
瀬戸内寂聴の同名小説を映画化した恋愛ドラマ「夏の終り」。良くも悪くも古臭い映画。

昭和30(1955)年代。染色家の知子は、妻子ある年上の作家・慎吾と長年暮らしていた。慎吾は妻と知子の家をきっちりと週の半分ずつ行き来して過ごしている。知子は慎吾の離婚は望んでおらず、この穏やかな暮らしに満足していた。だがある日、かつて彼女が家庭を捨てて駆け落ちした年下の男性・涼太が訪ねくる。それをきっかけに知子の心はざわつきはじめ、再び涼太と関係を持ってしまう。涼太の情熱は、知子自身も気付いていなかった本当の気持ちを揺さぶりはじめるのだが…。

原作は、作家、尼僧として活躍する瀬戸内寂聴の同名ロングセラー小説で、自身の体験をもとに描かれた愛の物語だ。文芸映画調だが、基本は、一人の女性が、年上と年下の2人の男性の間で揺れるという三角関係の不倫もの。男2人に女1人という、映画ではおなじみの構図で、手垢のついた内容に新味はない。だが21世紀のこのご時勢に、昭和の時代の空気を濃厚に再現したこの映画のムードは、妙な緊張感がある。薄暗い画面は室内も屋外も彩度の低い色彩でまとめられ、知子の住む一軒家も、涼太が暮らす狭いアパートも、どこか貧乏くさい。年長の慎吾は鎌倉に瀟洒な家があるが、そこも何やら雑然としている。おせじにもおしゃれとはいえない世界で、どろどろとした男女の三角関係が繰り広げられる様は、作者の実体験だからこそリアルに迫ってくる。満島ひかりも綾野剛も、いまどきの若者顔なのだが、衣装や小道具の助けと本人たちの押さえた熱演で“昭和の人”になりきっていた。染色家である知子の仕事ぶりと、彼女が作るアート作品が、そのままこの息苦しくてのっぴきならない恋愛模様に重なっていく演出が上手い。2人の男の間で揺れ動き、嫉妬や情念の末に、いちから人生をやり直す決心をするヒロインの決断は、昭和30年代当時としては画期的な女の自立だったのだろう。今見るとさしたる驚きもないが、満島ひかりのどこかふっきれたような横顔はさわやかな力強さを感じさせた。
【55点】
(原題「夏の終り」)
(日本/熊切和嘉監督/満島ひかり、小林薫、綾野剛、他)
(古臭さ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

夏の終り@ぴあ映画生活

ラビット・ホラー3D

ラビット・ホラー3D [Blu-ray]ラビット・ホラー3D [Blu-ray]
クチコミを見る
愛らしいウサギがなんとホラーに。さっぱり怖くないのが玉にキズだが、過去作品のストーリーと3Dを上手くからませた演出が上手かった。

流行の3D映画を鑑賞中だった姉のキリコと弟の大吾。大吾は画面から飛び出してきたうさぎのぬいぐるみをキャッチしてしまう。それ以来、大吾の前に巨大なうさぎの着ぐるみをきた“うさぎ人間”が現れ、大吾を納戸に引きずり込んでは、遊園地や廃病院がある不思議な世界に誘う。しだいに現実に戻るのが困難になってしまった大吾を助けようと、キリコは奔走するが、絵本作家の父は、おびえるばかりだった…。

清水崇監督は自分の作品「戦慄迷宮3D」で登場した白いうさぎを、なんと恐怖の対象として拡大してみせた。おせじにも怖いとはいえないうさぎだが、不気味な印象はなかなかのもので、ゆがんだユーモアをにじませる。父とその再婚相手がたどった悲しい運命をフラッシュバックで見せながら、キリコは、どこまでが現実でどこまでが妄想か分からなくなった世界を、不思議の国のアリスのごとく漂っていく。3Dは本来、より映像をリアルに感じさせるものだが、この映画のそれは異世界の不思議を強調する効果が大きい。現実から幻想への橋渡しをするのがうさぎというのは、なんともシュールだ。この、普通のものや可愛いと思われているものを怖がる、独特の感覚が清水監督らしさだ。キリコを演じるのは、売れっ子の満島ひかり。口がきけないという難役を演じているが、香川照之のような巧者を相手に、けれん味のない演技で逆に上手さを見せる。特筆なのは、撮影を名カメラマンのクリストファー・ドイルが担当していること。美しく幻想的なカメラワークで、独特の風情のホラー・ファンタジーになった。
【55点】
(原題「ラビット・ホラー3D/THE RABBIT HORROR×3D」)
(日本/清水崇監督/満島ひかり、香川照之、大森南朋、緒川たまき、他)
(怖さ度:★★★☆☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ラビット・ホラー3D@ぴあ映画生活

愛のむきだし

愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
なんとエネルギッシュな映画だろう。神父の父が強制する懺悔に応えるため罪作りに励む純粋な少年ユウは、次第に女性の股間の盗撮のエキスパートに。ある日、彼は運命の女性ヨーコと出会い恋に落ちるが、彼らに怪しげな宗教団体の魔の手が迫る。ヨーコのパンチラにのみ欲情するユウだが、自分が変態であることを正面から肯定し、まさに“むきだし”で生きている。ユウの揺るぎないヨーコへの愛は、そこらへんの宗教よりよほど力強いのだ。

盗撮、新興宗教、近親相姦、女装、同性愛と、次々に登場する背徳的な展開に驚くが、これらの描写は人間の本質と原罪を探るツールにすぎない。アブノーマルな行為が、信仰というフィルターを通して高純度の愛へと至る物語に、心から感動した。ふやけた笑顔の西島隆弘と挑発的な満島ひかり。共に適役である。ダンスのような盗撮テクはギャグすれすれで、かなり笑える。上映時間は3時間57分。ひるんではいけない。時間を費やすだけの価値がある。
【80点】
(日本/園子温監督/西島隆弘、満島ひかり、渡部篤郎、他)
(波乱万丈度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

愛のむきだし@ぴあ映画生活

愛のむきだし 【DVD】

愛のむきだし 【DVD】
価格:4,914円(税込、送料別)

プライド

プライド デラックス版 [DVD]プライド デラックス版 [DVD]
良くも悪くもマンガ的すぎるこの映画、楽しむためにはリアリティの欠如を受け入れるしか道はない。お嬢様育ちで気位が高い史緒と、貧しいが上昇志向の強い萌の二人が、オペラ歌手を目指して熾烈なバトルを繰り広げる物語だ。女のいやらしさや稚拙な陰謀が展開するのはお約束としても、オペラ界が舞台なのに、本格的なオペラの場面が少なすぎる。互いに嫌いながら磁石のように引き付けあう二人が共に歌う場面が2度あるが、どちらもポップスなのはいただけない。ともあれ、プライドとは、保つのも捨てるのもやっかいだと、このデフォルメされた女たちが教えてくれた。
【45点】
(日本/金子修介監督/ステファニー、満島ひかり、渡辺大、他)
(女のバトル度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ