映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「あさひなぐ」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「プラネタリウム」「ユリゴコロ」etc.

田中麗奈

幼な子われらに生まれ

幼な子われらに生まれ (幻冬舎文庫)
バツイチの中年のサラリーマン・信は、2人目の妻・奈苗と再婚。今度こそ幸せな家庭を築きたいと願っているが、奈苗の連れ子と上手くいっておらず、前妻と暮す娘との面会を楽しみにしていた。そんな時、奈苗の妊娠をきっかけに、情緒不安定になった長女・薫が反抗的な態度を取りはじめ、本当の父親に会いたいと言い出す。奈苗は元夫のDVが原因で離婚しており、薫が彼に会うことは信も奈苗も反対だった。ぎくしゃくする家庭に疲れた信は、現在の家族に息苦しさを感じてしまうのだが…。

再婚した中年男性が新たに授かった命をめぐり家族関係を模索する姿を描く人間ドラマ「幼な子われらに生まれ」。原作は直木賞作家・重松清の小説だ。家族や仕事に悩みながら、精一杯誠実に生きていこうする平凡な中年男・信を演じるのは、尖がった役が多かった浅野忠信で、このキャスティングはとても新鮮だ。専業主婦で依存心が強い奈苗、信の前妻でキャリア志向の友佳、平凡や退屈を嫌って奈苗と別れた沢田。登場人物たちは誰もが、鬱屈とした心情を抱えて生きている。田中麗奈、寺島しのぶ、宮藤官九郎らのアンサンブルの演技も味がある。男性と女性では、共感する部分も異なるはずで、そのあたりの温度差をセリフで上手く表した脚本もいい。観ている間はずっと息苦しいのだが、悩んだり失敗したり、傷ついたり傷つけられたりしながら、懸命に家族になろうとする不器用な人々の姿には、感動すら覚える。

家族のつながりとは?という普遍的なテーマは、洋の東西を問わず繰り返し映画で描かれてきた。血のつながりのない家族と、血がつながった他人という複雑な家族関係の中に、新しい命が宿ることで、彼らの関係性はどう変わるのか。これはちょっとしたサスペンスである。友佳の「理由は訊くくせに、気持ちは訊かないの、あなたって」のセリフにはどきっとさせられるが、終盤、何かが変わり始めた信が父親として薫に発する言葉に、ツギハギだらけの家族が、それでも強くて優しい家族に変化するための“ヒント”が見えた。自分の気持ちを偽らず、相手の気持ちを量り、歩み寄る行為の繰り返し。家族とは、何と、めんどくさくて愛おしい存在であることか。安易な癒し系ムービーの初期作品から、らしくなかった前作「少女」を経て、三島有紀子監督自身が、鋭く深いヒューマンドラマの作り手へと変わろうとしているように思えた。
【65点】
(原題「幼な子われらに生まれ」)
(日本/三島有紀子監督/浅野忠信、田中麗奈、池田成志、他)
(不器用度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

王妃の館

王妃の館 [DVD]
(ショートバージョン)
パリ随一の格式を誇るホテル“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”、別名「王妃の館」。ベストセラー作家の北白川右京は、新作取材のため、このホテルを利用する豪華ツアーに参加する。だがこれは、倒産寸前の旅行会社が起死回生で組んだいわくつきのツアー。曲者ぞろいの旅行客を持前のマイペースで翻弄しながら、小説のアイデアを練る右京だったが…。

原作は直木賞作家・浅田次郎の長編小説。パリの最高級ホテルのスイートルームを、豪華ツアーと格安ツアーでダブルブッキングするというアリエナイ旅行プランの中で、現実の旅行客それぞれの人生と、主人公の右京が執筆する小説の物語が同時進行するという作りだ。内容は、もう、どこからツッコミを入れたらいいのかわからないほど、ヒドい。キャラクターは悪い意味で立っているが、誰にも共感できないし、右京の小説のルイ14世の物語はミュージカル仕立てで「レ・ミゼラブル」の劣化版のよう。「相棒」の右京こと水谷豊が、おかっぱ頭にド派手な衣装というキテレツなルックスでもう一人の右京を演じることと、日本映画初のベルサイユ宮殿ロケが話題…、というかそれ以外の何を話題にすればいいというのか。パリ観光気分とグルメ。とりあえずこの2つは味わえる。
【30点】
(原題「王妃の館」)
(日本/ 橋本一監督/水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、他)
(残念感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
王妃の館@ぴあ映画生活

種まく旅人〜みのりの茶〜

種まく旅人~みのりの茶~ [DVD]種まく旅人~みのりの茶~ [DVD]
クチコミを見る
農業を通して豊かな生き方を改めて問いかける「種まく旅人〜みのりの茶〜」。茶畑の美しい緑が目にしみる。

農林水産省官房企画官という身分を隠しながら、日本各地の農家を回っては作業を手伝い、酒を酌み交わす、金ちゃんこと金次郎。大分県臼杵市に転勤になった彼が訪ねたのは、有機緑茶農家を営む修造のところだ。だが修造は突然の病に倒れる。偶然、訪ねてきていた、デザイナーの仕事をリストラされたばかりの孫娘みのりが、なりゆきで畑仕事を引き受けることになるが、農業のノウハウなど何も知らないみのりはとまどうばかり。そんな彼女を、金ちゃんと、市役所に務める木村がサポートする。みのりは、修造が求める、飲む人の心に響くお茶作りを目指して奮闘するが…。

本作は、名付けて“農業振興映画”。典型的なご当地映画だが、お茶作りを通して、日本の農業の実態を真面目に描いた、塩屋俊監督らしい良作だ。エコ、有機栽培、田舎暮らしなどは、都会では、ヘルシー、おしゃれと、もてはやされる。だが、実態は甘くないのだ。この映画では、有機農業の苦労や採算性の難しさ、後継者問題、企業や役所の思惑など、多角的な視点を盛り込んで、農業の現状を伝えている。その分、ドラマ部分のストーリーは、少々甘いのだが、それをカバーするのが、陣内孝則、田中麗奈の、九州ゆかりの俳優の存在感だ。コミカルな味がある陣内孝則演じる金ちゃんが、農業ド素人のみのりをサポート。最初はいやいや手伝っていたみのりも、有機栽培の奥深さを知って、お茶栽培の魅力に目覚めるようになる。無論、一気に解決する親子の葛藤や、身分を隠しての役所仕事など、安易な設定がないわけではない。それでも、この作品が、栽培から製茶までのお茶作りのプロセスを丁寧に描いていることが、好感度を高くしている。「大切なのは喜んでくれる人をイメージして作ること」。「きちんと手を掛けた分だけ、お茶はちゃんと答えてくれる」。いいセリフだ。何よりも、おいしいお茶を飲んだ時の何ともいえない幸福感は、日本人ならきっと分かるはず。お茶作りとヒロインの成長を重ね合わせ、自然とのかかわりを大事にしながら生きることを提案している。
【60点】
(原題「種まく旅人〜みのりの茶〜」)
(日本/塩屋俊監督/陣内孝則、田中麗奈、吉沢悠、他)
(オーガニック度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
種まく旅人〜みのりの茶〜@ぴあ映画生活

築地魚河岸三代目

築地魚河岸三代目 [DVD]築地魚河岸三代目 [DVD]
シリーズ化が決定しているだけあって、脇役までキャラが非常に立っている。恋人の窮地を救うため魚河岸に飛び込んだ主人公が、悪戦苦闘しながらもたくましく成長する姿を描く。会社組織を悪、魚河岸を善として対比するのは少々安直だが、人間同士の嘘のないつきあいは、現代人なら誰もがあこがれるはずだ。大沢たかおと田中麗奈は共にさわやかな好演。主人公の特別な舌の活躍や、魚のうんちくがもっと知りたかったが、次回に期待だ。
【60点】
(日本/松原信吾監督/大沢たかお、田中麗奈、伊原剛志、他)
(人情度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

山桜

山桜
藤沢周平の原作では珍しく、主人公は女性。不幸な結婚生活を送る女性が、誠実な武士との再会で生きる希望を取り戻す物語だ。あの短い小説をよくここまでふくらませたと感心するほど、原作はささやかな小品。田中麗奈がヒロイン野江を丁寧に演じて好感が持てる。だが、物語そのものは抑揚が少なく、野江の生き方も現代では共感は難しい。映画にするにはあまりに保守的な物語だが、登場人物のたおやかさが心に残った。
【55点】
(日本/篠原哲雄監督/田中麗奈、東山紀之、篠田三郎、他)
(保守的度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

犬と私の10の約束

犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]
平凡だが素直な作品で、好感が持てる。作者不詳の短編詩「犬の10戒」が原作。描くのは、主人公あかりと飼い犬ソックスとのかけがえのない日々だ。何より効いたのはキャスティング。子役の福田麻由子と田中麗奈がそっくりで、時間経過に違和感がない。エピソードは犬を飼った人にはうなずけるものばかりで説得力があるが、犬小屋の中の手紙はさすがに無理があるのでは。ソックスの愛らしいしぐさに、思わずニッコリしてしまった。
【65点】
(日本/本木克英監督/田中麗奈、加瀬亮、福田麻由子、他)
(思わず涙度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

銀色のシーズン

銀色のシーズン スタンダード・エディション
雪山版「海猿」というふれこみは見当違いで、根性や恋愛、笑いに至るまで、何もかもが中途半端だ。まるでTVの2時間ドラマのようで情けない。いったい何がしたいのやら。高品質と評判の映像もさしたる効果はない。小さな驚きは、3日後に結婚式をひかえる花嫁に仕込まれた意外な秘密だ。冬に封切ることだけが目標のこんな季節映画が、邦画の質を落とすことになる。せめてスキーの達人を主役に据えるわきまえがほしかった。
【30点】
(日本/羽住英一郎監督/瑛太、田中麗奈、玉山鉄二、他)
(人間描写度:★☆☆☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

映画レビュー「夕凪の街 桜の国」

夕凪の街 桜の国 [DVD]夕凪の街 桜の国 [DVD]
◆プチレビュー◆
被爆者の心と体の消えない傷を、何気ない日常の中で描く新感覚の原爆映画。どこかの政治家に「しょうがなかった」なんて絶対に言わせない! 【80点】

昭和33年の広島。皆実(みなみ)は原爆で生き残ったことに負い目を感じながらも同僚からの愛を受け入れようとする。それから半世紀後、現代の東京で暮らす皆実の姪の七波(ななみ)は、挙動不審の父を追って広島へと旅をする。2つの物語でつづる被爆者の悲しみと生きる希望とは…。

どこか寂しげな表情の麻生久美子の入魂の演技が素晴らしい「夕凪の街」は、原爆症発症におびえるあまり愛に臆病になる皆実の物語だ。近年、懐かしさと楽しさで描かれがちな昭和30年代だが、こと広島(と長崎)は復興の気運の裏側に癒しがたい傷があったのだと思い知らされる。若くして死を迎える皆実の運命に、多くの人が涙するだろう。だが、この映画の真の求心力は現代から被爆を考える七波の物語「桜の国」にこそある。現代っ子らしい、はつらつとした七波を演じる田中麗奈の、麻生久美子と同じくらい深い演技を見てほしい。七波は旅を通して、父親の秘密や自分のルーツ、今も感じる原爆の影を知る。その過程で、彼女と同様、戦争を知らない私たちの中で、広島はヒロシマになる。被爆2世、3世の体に居座る原爆の痕跡と、何気ない日常のいとおしさの対比に、平和の尊さが見えた。皆実から七波へ、白い髪飾りが受け継がれるように、過去と現在の二つの物語はやがて一つに溶け合っていく。

また、この物語は原爆を直接的に描かない。これが現代に生きる私たちと共有できる視点を与えてくれた。原爆投下直後の地獄絵は、予算の都合もあったのだろうか、実写ではなく印象的な「原爆の絵」が使われる。自らの体にケロイドの跡を残しながら原爆のことには口をつぐむ人々。この深い悲しみとあきらめも、ナレーションでさらりと語る。さらには、被爆者が同じ被爆者を差別する実態は、原爆投下時だけを描いていては決して発見できない歪んだ哀しみだ。忘れてはいけない。向き合って、受け入れて、生きねばならない。原爆を単なる歴史上での出来事ではなく、今もこれからも、途切れることのない悲劇として描くこと。これは、立ち位置を“現代”において初めて可能になる。

この作品は、皆実と七波という二人の若い女性を通して、戦争への憤りを浮き彫りにするが、決して女性特有の視点ではない。戦争は知っていても原爆を知らない人々の目線、また広島に生きる人も含め全ての現代人の目線で見る映画だと思う。「原爆は落ちたんじゃのうて、落とされたんよ」、「生きとってくれて、ありがとうな」。心に染みる言葉が多かった。時折挿入されるコミカルな場面は、ふんわりとした灯火(ともしび)のように温かだ。ラスト、瞳に涙をためながらも、堂々と前を向く七波から、生きる喜びを教えられた気がする。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)アプローチの良さ度:★★★★☆

□2007年 日本映画 
□監督:佐々部清
□出演:田中麗奈、麻生久美子、藤村志保、堺正章、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ