画皮  あやかしの恋 [DVD]画皮 あやかしの恋 [DVD]
清代の短編小説を、ホラーあり、恋愛あり、アクションありで映画化した「画皮 あやかしの恋」。最後は結局“愛”なのだ!

蓁から漢に至る時代。将軍のワンは、盗賊に捕らえられていた美少女シャオウェイを救い、身寄りのない彼女を家に連れ帰る。ワンの妻ベイロンとも親しくなったシャオウェイだったが、実は彼女の正体はキツネの妖魔だった。ワンに恋したシャオウェイは妖術を使い、ワンを誘惑、妻の座を奪おうと画策する。同じ頃、街では人の心臓がえぐり取られる残忍な殺人事件が連続して発生していた…。

原作は、清代の短編小説集「聊斎志異(りょうさいしい)」の中の1篇。「聊斎志異」は、幽霊や妖魔、狐狸、神仙などを描く怪異譚で、日本でも大ヒットした香港映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」は、その中の一編を映画化したものだ。「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」は幽霊が人間に恋する物語だが、本作は白狐の化身の妖魔が美貌を保つために人間の心臓を食らい、美形の将軍ワンに一目ぼれして彼の妻の座を狙うという、ちょっと生々しい設定になっている。だがそこに、ワンと妻ベイロンの固い絆、流浪の士で剣の達人のパンヨンによる超絶的な武術が加わり、アクションやVFXも盛りだくさんの、サービス満点の怪奇ロマンスとなった。シャオウェイは小悪魔的な存在の妖魔で、実はまだ妖魔としては修行中の身。そのためだろうか、彼女がついに正体を見せるときの、人間の皮を脱ぎ、異様な姿を現すシーンのおぞましさ以外は、怖さは皆無だ。女同士の対決の様相をみせるストーリーなのだが、ヴィッキー・チャオ演じる妻ベイロンが、自分を犠牲にし、罪を被っても夫を守ろうとする究極の愛を見せ、“真実の愛”が武器となる。夫もまたその愛に答え、妖魔シャオウェイも、ワンを愛してやまない。さらにいえば、剣の達人で妖魔と対峙するパンヨンはベイロンを心の奥底で愛しているし、パンヨンと行動を共にする、魔物退治を生業とする降魔師の娘もまた、愛によって覚醒する。ベイロンがシャオウェイによって白髪の妖魔の姿になり、血の涙を流す場面はこの映画の白眉だが、恐怖よりも美しさが勝る。ホラーとしては、さっぱり迫力不足だが、摩訶不思議なラブロマンスとしてはなかなか面白い。2009年米アカデミー賞香港代表作品で、あやかしに魅入られた夫を守る貞淑な妻を演じたヴィッキー・チャオが熱演。あどけない少女のようだった彼女が、大人の女性の雰囲気を醸し出していて、新鮮な驚きだった。
【60点】
(原題「画皮・Painted Skin」)
(シンガポール・中国・香港/ゴードン・チャン監督/ジョウ・シュン、ヴィッキー・チャオ、チェン・クン、スン・リー、ドニー・イェン、他)
(ロマンス度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

画皮 あやかしの恋@ぴあ映画生活