映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

複製された男

ドッペルゲンガーものあれこれ

コラム映画で時々登場するドッペルゲンガー。ドイツ語で、分身、複体、ダブルを意味する言葉で、日本語では自己像幻視と訳されています。自分自身の姿、あるいは自分とそっくりの姿をした分身を見る幻覚の現象で、第2の自我との解釈もあるそう。

ドッペルゲンガーを題材にした映画には、

オムニバス映画「世にも怪奇な物語」(1967)の第2話「影を殺した男」
黒沢清監督の「ドッペルゲンガー」(2002)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「複製された男」(2013)

などがあります。

「世の中には自分とそっくりな人間が3人いる」、「自分の生き写しを見たら、その後に死ぬ」。ドッペルゲンガー現象には、いくつかの謎めいた恐ろしい言い伝えがあるためか、ホラーやサスペンス、ミステリーとして描かれることが多いモチーフです。そっくりな“人間”ではないのですが、オスカー・ワイルドの小説で何度か映画化された「ドリアン・グレイの肖像」も、ドッペルゲンガーものの一種と考えていいでしょう。

そんなちょっとコワいドッペルゲンガーですが、現在公開中の映画「風の色」は、この題材を不思議なラブストーリーとして描いた異色の恋愛映画です。日本・韓国合作の本作は、出演俳優は日本人、メガホンを取るのは韓国のクァク・ジェヨン監督。「猟奇的な彼女」や「僕の彼女はサイボーグ」などで日本でも人気のこの監督は、ドッペルゲンガーにマジック(手品)を組み合わせて、風変わりな物語を作り上げました。正直、ご都合主義や突飛な展開もあるのですが、2組の男女が紡ぐファンタジックなストーリーを、こんな語り口で描けるのは、ジェヨン監督ならでは。流氷の北海道の雪景色や、桜が舞い散る東京の風景など、映像センスの良さも見所です。

もし、別次元にこの世界と同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きていたら? 時空を超えて再び出会う恋人たちの物語で、ロマンチックな気分にひたるのもいいかもしれません  (*^.^*)


風の色 (講談社文庫)
鬼塚 忠
講談社
2017-11-15


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

複製された男

複製された男 (日本語、吹替用字幕付き) [Blu-ray]
自分にそっくりな男と出会った男性が体験する悪夢のような出来事を描く異色のミステリー「複製された男」。現実と妄想世界が混濁するストーリーの答は、一つではなさそうだ。

平凡な大学教授のアダムは、ある日、何気なく見ていた映画の中に、自分とそっくりの人間をみつけて驚く。その俳優アンソニーについて住所や電話など徹底的に調べあげたアダムは、しばらく彼を監視していたが、ついに直接彼と対面する。顔、声、体型、生年月日も体にある傷痕までも同じだと分かり、2人は激しく混乱する。なぜこんな人物が存在するのか。自分は本当にオリジナルなのか。アダムとアンソニーは、それぞれの妻と恋人を巻き込みながら、極限状態へと陥っていく…。

原作はポルトガルのノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説。自分と瓜二つの人間というと、分身、ドッペルゲンガーなどがすぐに思い浮かぶ。出会うと死ぬ、この世にはそっくりな人間が3人いて…などなど、まことしやかな都市伝説もあるようだ。実際に確認された事例もあり、研究も盛んだそうが、視覚的な面白さがあり、非常に映画的な魅力的な題材でもある。本作では、瓜二つの存在と出会い、実際に対面し、互いに触れるという現実的な展開が興味深いが、劇中にさまざまな謎めいたモチーフが散りばめられていて、謎が謎を呼ぶ仕掛けだ。妊娠している妻、繰り返し登場する蜘蛛、なぜかこだわるブルーベリー…。終盤になればなるほど非現実的でシュールな映像が挿入され、観客を激しい混乱に導いていく。要するに「?」な映画なのだが、カナダの鬼才で、今、最注目のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の手にかかると、そのワケのわからなさが、自己確立という深淵なテーマ性を持って立ち上がってくる。前作「プリズナーズ」でも組んだジェイク・ギレンホールが、一人二役を意図的に曖昧に演じ分けていて、上手い。普通に解釈すれば、2人は同一人物で、意識下での分裂で、その原因はどうやら浮気で…と、生臭い答にたどりつくのだが、個人的には、カフカ的な不条理劇と思いたい。だって、ラストショットが“あれ”だもの。
【65点】
(原題「ENEMY」)
(カナダ・スペイン/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督/ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、他)
(シュール度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
複製された男@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ