映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「美しい星」「光をくれた人」「家族はつらいよ2」「光」etc.

西島秀俊

クリーピー 偽りの隣人

クリーピー 偽りの隣人 豪華版[Blu-ray]
刑事から犯罪心理学者に転身した高倉は、前の同僚・野上から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。だが、ただ一人の生存者である長女の早紀の記憶の糸をたぐって調査を進めても、事件の核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が妻・康子と共に引っ越してきた新居の隣家の住人、人が好さそうなのにつかみどころのない主人の西野、病弱な妻、中学生の娘・澪の3人は、どこか奇妙な一家だった。ある日、その澪が高倉に 「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」 と突然告げ、高倉はその言葉に衝撃を受ける。未解決の失踪事件と隣人一家の不可解なつながりが、やがて高倉と妻を恐ろしい事件に巻き込んでいく…。

前川裕の傑作ミステリー小説を映画化した「クリーピー 偽りの隣人」。タイトルのクリーピーとは、気味が悪い、ぞっと身の毛がよだつような、という意味なのだが、本作は、そのエッセンスを十分に映像化している。それは役者陣の演技力であり、黒沢清監督の演出力であり、現代社会とリンクした物語の同時代性のためだ。映画では、精神的に他者を支配する悪意と、それに翻弄される人間たちが描かれるが、こんなことが実際に可能なのか?と思っていたら、日本で、人を支配しての犯罪の実例もあるし、アメリカにいたっては凡例が多すぎて困るほどなのだ。一家失踪事件と奇妙な隣人の西野家とのつながりは、じわじわとわかってくるが、原作と大きく違うのは、高倉の妻の存在である。原作では高倉をサポートする役割だったのが、映画では西野に取り込まれ憔悴し常軌を逸していく役どころで、高倉、西野に続く物語のもうひとつの軸になっていく。演じる竹内結子が好演だ。演技派の香川照之の“クリーピー”な演技は上手すぎて気味が悪いほどである。西野に翻弄され事件に巻き込まれながら真相に近づく高倉も、過去に犯人を目の前での自殺という形で取り逃がしたトラウマを背負っており、心に深い闇を抱えた人間だ。つまり登場人物の誰もが、少し、あるいは大きく心を病んでいる。そんな人間たちが作り出したのが、西野家に内部にある“悪魔のいけにえ”的隠し部屋なのだ。恐ろしいクリーチャーや悪霊は登場しない。だがこの得体のしれない不条理は、底なしの恐怖である。やはり、黒沢清監督はホラーの名手だと改めて感心した。
【70点】
(原題「クリーピー 偽りの隣人」)
(日本/黒沢清監督/西島秀俊、竹内結子、川口春奈、他)
(気味悪さ度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
クリーピー 偽りの隣人|映画情報のぴあ映画生活

女が眠る時

女が眠る時 (特装限定版) (メーカー特典なし) [DVD]
スランプ中の作家の健二は妻で編集者の綾と共に、リゾートホテルで1週間の休暇を取ることに。そこで偶然出会った初老の男・佐原と若く美しい女性・美樹のカップルに目を奪われる。彼らの部屋を覗き見た健二は、毎晩彼女の産毛をカミソリで丁寧に剃り、眠る姿を撮影し続ける佐原の姿を見てしまう。「あの子の最後の日を記録しようと思って」という佐原の言葉に恐怖を覚えながら、好奇心を掻き立てられた健二の行動は、次第に常軌を逸していく…。

スペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説をベースにしたミステリアスな人間ドラマ「女が眠る時」。「スモーク」や「ジョイ・ラック・クラブ」で知られる香港出身のウェイン・ワン監督が初めて手掛ける日本映画だ。スランプ中の作家という設定だけで、物語に妄想が入り込むのは予想できるが、夢か、幻か、それとも自分自身が狂ってしまったのか?!と自問する主人公のとまどいと焦燥がただならぬムードを醸し出している。ビートたけし扮する初老の男の行動も異様だが、彼に近づき、部屋を覗き見るだけでは飽き足らず、黙って部屋に侵入までしてしまう健二の行動も尋常ではない。作家ゆえの創作意欲なのか、それとも男女のゆがんだ愛の形に魅せられたのか。ある事件が起こってからは物語は急展開するが、結末の解釈は観客に委ねられている。ひとりよがり? そうかもしれないが、わかりやすい映画ばかりが横行する昨今、こういうモヤモヤ感(?)満載の映画で頭をひねってみるのも一興だろう。それにしても忽那汐里がファム・ファタールって…。健康的すぎて、どうみてもミス・キャストだ。
【60点】
(原題「女が眠る時」)
(日本/ウェイン・ワン監督/ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、他)
(妄想度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
女が眠る時@ぴあ映画生活

劇場版 MOZU

劇場版MOZU 通常版Blu-ray
公安警察官・倉木が、大杉、明星とともに一連の「MOZU事件」で警察内部に存在する闇を暴いてから半年。ペナム大使館襲撃と高層ビル占拠爆破という大規模テロが同時に勃発する。事件は犯罪プランナー・高柳と、暗殺専門の殺し屋・権藤らによる犯行だった。彼らは、日本犯罪史の重大事件を影で操ってきた存在・ダルマの名のもとに、ある犯罪計画を極秘裏に進行していたのだ。灼熱の地・ペナム共和国に飛んだ倉木は、ついに姿を現したダルマと対峙し、妻子の死の謎を知ることになるが…。

逢坂剛のベストセラー警察小説「百舌シリーズ」を基にしたテレビドラマの初の劇場版となる「劇場版 MOZU」は、数々の謎が解き明かされる完結編という位置付けだ。テレビドラマをまったく見ていない私が、この作品を語る資格があるのだろうか??と激しく疑問なのだが、とりあえず“一見さん”的な評ということでかんべんしてもらいたい。主人公の倉木の妻子が理不尽に殺されたこと、謎の敵・ダルマの存在など、事件の背景は、特に問題なく把握できる。レギュラーメンバーに加えて劇場版から参加している敵キャラもいるようだが、異様な言動のぶっ飛んだキャラが、良くも悪くも印象的なのは、長谷川博己演じる東だ。長谷川博己という俳優は、恰好つければつけるほど笑いがこみあげる稀有な俳優だが、本作で演じる狂気キャラ・東は、どうみてもヘンである。倉木に異常なまでに執心し、敵なのか味方なのかがわからない立ち位置(彼がどう行動するかは映画を見て確かめてほしい)の東は、おそらくドラマファンの間でも特別な存在のはずだ。映画は大規模なフィリピンロケを敢行し、カーチェイスや爆発などスケールの大きさが売りだが、ストーリーはかなり雑。西島秀俊演じる倉木は、さすがは主人公だけあって、どれほど痛めつけられても元気いっぱいだ。潜在意識に入り込むという設定が面白いだけに、ラストの幕切れも拍子抜けしてしまった。う〜む…、ドラマファンの意見が聞きたい。
【50点】
(原題「劇場版MOZU」)
(日本/羽住英一郎監督/西島秀俊、香川照之、真木よう子、他)
(リアル度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
劇場版 MOZU@ぴあ映画生活

脳内ポイズンベリー

脳内ポイズンベリー スペシャル・エディション(Blu-ray2枚組)
アラサー女性の恋と彼女の頭の中の脳内会議を描くラブ・コメディー「脳内ポイズンベリー」。これは一種の密室劇だ。

30歳のケータイ小説家のいち子は、飲み会で同席してずっと気になっていた7歳年下の男子の早乙女に偶然再会する。声をかけるかどうするかで、いち子の脳内の5つの役割を持つメンバーは大パニック。理性担当の議長の吉田のとりまとめにより、思い切って早乙女を食事に誘いベッドイン、その後交際することに。しかし30歳という年齢を気にしたり、早乙女の元カノが現れたりで双方に誤解が生じた時、いち子の仕事相手で、頼れる存在である越智がいち子にアプローチし、脳内会議はさらなる紛糾に陥る…。

原作は「失恋ショコラティエ」で知られる水城せとなの同名コミック。脳内の感情である、ポジティブ、ネガティブ、理性、衝動、記憶の5つの役割を擬人化し、ヒロインの恋の行方を描くという設定がユニークだ。いち子の恋の相手は、心惹かれる不思議系年下男子・早乙女と、優しくて頼りになるがときめきは感じない年上の男性・越智。5つの感情の脳内会議によって、いち子の言動が決まるという設定から、このヒロインがいかに優柔不断かがわかる。しかし実際には人はさまざまなかけひきや計算で動いていて、単にときめきだけでは恋はできないのだ。実際、現実世界の恋の三角関係よりも、脳内会議の紛糾の行方の方に興味を引かれる。佐藤祐市監督は「キサラギ」でも披露した密室劇の濃厚な面白さを持ち込んだ。ヒロインを演じるのは、クールなイメージが強い真木よう子。優柔不断でグダグダのアラサー女子という役柄が新鮮だが、脳内会議に、セクシーなコスチュームで登場するキャラを演じて、一人二役を熱演。それにしても後発のディズニー映画「インサイド・ヘッド」と同じ“脳内感情もの”とは大胆な!本作では5つの擬人化した感情の内面を掘り下げるより、アラサー女性が自分の力で一歩前に踏み出す異色ラブコメを目指しているのだろう。最終的にヒロインが下す決断には、ちょっと胸がすく思いだった。
【65点】
(原題「脳内ポイズンベリー」)
(日本/佐藤祐市監督/真木よう子、西島秀俊、古川雄輝、他)
(ユニーク度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
脳内ポイズンベリー@ぴあ映画生活

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 [Blu-ray]
上書きされた記憶の謎の真相を追うサスペンス・アクション「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」。西島秀俊が体当たりでアクションに挑む姿が新鮮。

平凡な会社員の石神武人は帰宅すると妻の他殺死体を発見しショックを受けるが、その時に鳴った電話に出ると、相手は死んだはずの妻だった。石神は混乱するが、この日から別の記憶が混在するようになる。警察を名乗る怪しい男たちに追われながら、たどり着いたのは、本当の自分は石神ではなく韓国人科学者オ・ジヌだという事実。彼の記憶は“上書き”され別人として生きていたのだ。自分を助けてくれた韓国人の女性記者カン・ジウォンと共に真実を追うが、石神の記憶が消えるまで残された時間は5日間だった…。

原作はサントリー・ミステリー大賞読者賞に輝いた司城志朗の同名小説。バイオテクノロジーとミステリーを融合した物語は複雑だが、何も知らない男が理由もわからないまま事件に巻き込まれる、いわゆる巻き込まれ型サスペンスである。監督のキム・ソンスはヒッチコックを敬愛しているそうで、どうりでヒッチ風な演出が随所にある。記憶を上書きされ、本物の記憶を取り戻すためのタイムリミットは5日間。時間が制約されるため、物語は非常にスピーディに展開する。実際、こうも都合よく、敵や味方に巡り合うものか?と首をかしげるが、そこは映画の世界だし、物語は文字通り、予測不可能だ。話せるはずがない韓国語を口走り、知らないはずの薬品名をスラスラと並べる、自分とはいったい…というアイデンティー探しは駆け足で、明かされるのは主人公が実は遺伝子研究者だということ。驚愕の真実と結末は映画を見て確かめてもらうとして、善にも悪にも利用できる重要な、だが不安定な研究に携わっていたというのが、最大のヒントだと言っておこう。カーチェイスや銃撃戦といったアクションがてんこもりだが、どちらかというと“静”のイメージの西島秀俊が、ほとんどのアクションを自分でこなしているそう。最近は映画やTVでひっぱりだこの人気俳優だが、海外の作品にも積極的に出演する、チャレンジ精神旺盛な役者だ。本作では、一人二役とも違う、別人格の記憶を持つキャラクターという難役を熱演している。
【60点】
(原題「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」)
(韓国・日本/キム・ソンス監督/西島秀俊、キム・ヒョジン、真木よう子、他)
(アクション度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間@ぴあ映画生活

メモリーズ・コーナー

メモリーズ・コーナー Blu-ray プレミアム・エディション
阪神・淡路大震災後の日本をテーマに描く異色の人間ドラマ「メモリーズ・コーナー」。外国からみた日本を、少し変わった形でとらえたファンタジー。

フランス人ジャーナリストのアダは、1995年に起きた阪神・淡路大震災の回顧式典を取材するために神戸を訪れる。“孤独死”をテーマにした取材を行うアダは、通訳の岡部と共に、今ではすっかり復興した街で暮らす、かつての被災者たちの家を訪ねて回る。彼女は、今も震災の後遺症に苦しむ寡黙な男性・石田と出会い、頑なな彼の心を開かせようと、対話を続ける。だが岡部は、石田は現世の人間ではなく、幻なのだ、関わってはいけないと忠告する…。

主人公のアダが取材する石田は、この世の人間ではない。彼はかつて、震災後に作られた仮設住宅で暮らし、孤独死したという設定だ。その死は映画冒頭で描かれるが、チラリと写る石田の住まいは、殺伐としていて、悲しみが漂っている。

仮設住宅の正式名称は「応急仮設住宅」。地震や水害などの自然災害により、住む家を失くし、自らの資金では住宅を得ることのできない者に対し、行政が貸与する仮の住宅を指す。あくまでも仮住まいということから、プレハブなどの簡易の住宅で、組立タイプとユニットタイプが用いられる。着工は災害の発生の日から20日以内としており、貸与期間は完成の日から2年以内と規定されている。

阪神・淡路大震災の震源地は、淡路島。主人公のアダの通訳である岡部の生まれ故郷だ。石田が現世の人間ではないと理解したアダは、淡路島を訪れ、石田の記憶と向き合うことに。物語の死生観は、あくまでも外国から見たもので、日本人には共感できない部分も多い。だが、阪神・淡路大震災後に建設された仮設住宅が、地域のコミュニティを無視したものだった結果、孤独死を招いたという視点は重要で、それは、東日本大震災や今後起こりうるかもしれない災害復興にも共通する見逃せないテーマだ。そこに海外メディアが注目した点は評価したい。

(出演:デボラ・フランソワ、西島秀俊、阿部寛、他)
(2011年/仏・カナダ/オドレイ・フーシェ監督/原題「MEMORIES CORNER」)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

メモリーズ・コーナー@ぴあ映画生活

蟹工船

蟹工船 [DVD]蟹工船 [DVD]
言わずと知れた小林多喜二の傑作小説の映画化だが、ポップな地獄絵図とでも呼びたいライトな「蟹工船」に仕上がった。カムチャッカ沖の船上で蟹の缶詰を加工する蟹工船で働く労働者たちが、過酷な重労働と横暴な支配者に対してついに立ち上がる姿を描く物語だ。

ユーモアを漂わせ、シュールな映像を作り出したのは面白いが、演技が軽すぎて、限界ギリギリの絶望は伝わってこない。また、共産主義のソ連の船上にユートピアを見るのなら、時代設定を小説と同じにすべき。ただ、どこか線が細い西島秀俊の悪徳監督ぶりは意外にもハマッていて、原作の時代と現代との接点を感じさせた。しかしこの暗くてやるせないプロレタリア文学が再ブームになってしまう現代という時代は、やはり不安の中にあると言わざるを得ない。
【55点】
(日本/SABU監督/松田龍平、西島秀俊、高良健吾、他)
(ユーモア度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

真木栗ノ穴

真木栗ノ穴 [DVD]真木栗ノ穴 [DVD]
白昼夢のようなこの官能ファンタジーは、鎌倉という土地の独特の空気が活きている。売れない小説家の真木栗は古いアパートで執筆しているが、ある日壁に穴を発見。覗き見するうちに、隣に住む若い美女のとりこになっていく。多くの映画に登場する釈迦堂切り通しが印象的だ。こっち側とあっち側の世界をつなぐ役割を果たし、摩訶不思議な物語のランドマークになっている。西島秀俊がドンピシャリのハマリ役。寝転がって壁に張り付く真木栗に「ヨガですか?」と声をかけるなど、意外にもセリフがユーモラスだ。覗きは映画の本質にも通じる行為。そう考えるとこの作品、案外深い。
【65点】
(日本/深川栄洋監督/西島秀俊、粟田 麗、木下あゆ美、他)
(エロチック度:★★☆☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

東南角部屋二階の女

東南角部屋二階の女 (プレミアム・エディション) [DVD]東南角部屋二階の女 (プレミアム・エディション) [DVD]
小品なのに西島秀俊や加瀬亮と妙に豪華キャスト。貧乏臭くて地味なキャラばかりなのに、妙に見応えがあるストーリー展開。このアンバランスの中に小さな感動が隠されている。現実に真剣に対処できないでいる3人の若者がひょんなことから古アパートで暮らすことに。土地を売って借金を返そうとしていた主人公が、祖父とアパートの大家である老婦人の思いを知って、彼らの過去の大切な思いを受け止めていく。名女優香川京子の存在感は特筆。白い着物で窓辺に立つ美しさが目に焼きついた。この映画は、少しの勇気で冴えない人生にも温かい光が差し込むと、そっと告げている。
【60点】
(日本/池田千尋監督/西島秀俊、加瀬亮、竹花梓、他)
(地味度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

春よこい

春よこい [DVD]春よこい [DVD]
国際派女優の工藤夕貴主演の小品は佐賀の漁村が舞台。指名手配のポスターに写る父の写真を見つめる少年の姿を、新聞記者が“感動記事”にしたことから激変する一家の物語だ。田舎町ゆえの人情と偏見が親子を追いつめるが、同時に突破口にもなる。懸命に生きる親子の愛は心温まるものの、物語は古臭く、彼らを助ける周囲の人間の描写も中途半端。ただ、報道による暴力というマスコミ批判を含むなど、意外な鋭さがあった。
【50点】
(日本/三枝健起監督/工藤夕貴、西島秀俊、時任三郎、他)
(ご当地映画度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
トラックバック(承認済)
美女と野獣(2017) (映画的・絵画的・音楽的)
美女と野獣
帝一の國 (映画的・絵画的・音楽的)
帝一の國
無限の住人 (映画的・絵画的・音楽的)
無限の住人
追憶 (映画的・絵画的・音楽的)
追憶
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ