映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「アトミック・ブロンド」「バリー・シール」「あゝ、荒野 後篇」「我は神なり」etc.

野村周平

サクラダ リセット 後篇



特殊能力を持つ人々が住むサクラダ(咲良田)の街では、過去のすべての出来事を記憶する浅井ケイらが暮らしていた。ケイは、自らの記憶保持の能力と、時間をリセットする春埼の能力とを組み合わせて、死んだ同級生・菫を蘇らせようと奮闘する。一方で、サクラダでは、いたるところで能力の暴発事件が発生していた。強大な権力を持つ管理局が、サクラダの能力を一掃するという重大な計画をひそかに進めていることを知ったケイは、仲間の能力を組み合わせて、何とかそれを阻止しようとする…。

特殊能力を持つ者たちが暮らす街で繰り広げられる攻防を描く青春ミステリー2部作の完結篇「サクラダ リセット 後篇」。命を救えなかった菫を蘇らせようと奔走するケイは、仲間が持つ、ものを消す能力や、声を届ける能力、記憶操作、さらに、過去に体験したすべての記憶を保持する自らの能力と、リセットで世界を最大3日分巻き戻せる春埼の能力を使って、サクラダの能力を一掃しようとする管理局の計画の阻止を図る。この計画が複雑すぎて、混乱するのだが、そこは能力者である少年少女たちの奮闘として理解しておこう。ケイを巡っての菫と春埼のマイルドな三角関係や、ケイと母親との関係性など、この後篇では、心理描写もそこそこ描かれる。だが問題は、後篇こそは、彼らの特殊能力のパワーがさく裂するのかと思いきや、管理局の室長や彼の補佐であるキーパーソンとのバトルが、実際はバトルでもなんでもなく、話し合い…というより説得…というより会話になってしまっていることだ。無論、ハリウッド大作などに匹敵する迫力など期待してはいないが、単なる言葉のやりとりでは、特殊能力者である必要性も薄くなる。ストーリーとは関係ないが、前篇の不評からか、後篇の公開日を変更する劇場まであったと聞くと、そもそも、2部作という公開スタイルが間違っていたのでは…と思ってしまう。物語の性質上、かなりややこしい展開なので、一気に見る方がスッキリするはずだ。「泣いている人を見たらリセットしてしまう」という優しさの本質の是非と、悲しみや後悔があるのが人生だということを、彼らが本当に学んでいくのは、年齢を重ねてから。サクラダで生きると決めた主人公ケイに、静かな覚悟を感じた後篇だった。
【50点】
(原題「サクラダ リセット 後篇」)
(日本/深川栄洋監督/野村周平、黒島結菜、平祐奈、他)
(複雑度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サクラダリセット 後篇|映画情報のぴあ映画生活

帝一の國

「帝一の國」オリジナルサウンドトラック
国内屈指の名門校・海帝高校に首席で入学した新1年生の赤場帝一は、将来、総理大臣になって自分の国を作るという野望を抱いていた。その夢を叶えるため、政財界に強いコネ持ちを、将来の入閣が確約されている生徒会長の座を目指すことに。2年後の生徒会長選挙を見据え、誰よりも早く動き出した帝一だったが、彼の前には800人の超エリート高校生たちというライバルがいた。やがて帝一は、想像を絶する罠と試練が待つ、壮絶な派閥闘争に巻き込まれていく…。

名門高校の生徒会長の座を巡る激しいバトルを描く学園闘争コメディ「帝一の國」。原作は古屋兎丸の大人気同名コミックだ。菅田将暉演じる主人公・帝一が野心の男なら、ライバルキャラたちは、策略、正義、支配、戦術と、それぞれの役割が分かりやすく描き分けられていて、戯画的演出とギャグのつるべうちで笑わせる。時代が昭和という設定なので、どこか浮世離れした雰囲気や、テクノロジーに頼らない戦略が、物語にフィットしているのだ。親の代からの因縁や腐れ縁、誤解に策略が交錯し、生徒会長選挙は余談を許さない。1年生の帝一は、まずは次期生徒会長になる2年生を見極めてその派閥に入るが、そこで、姑息なライバルに罠をしかけられたことで大ピンチに。そんな中、状況を一気にひっくりかえす奇策“マイムマイム事変”には大爆笑した。生徒会長になるためには、どんな汚いことも辞さないと心に決めている帝一が自分の国を作りたい本当の理由は、意外にもセンチメンタルなもの。原作に登場する、帝一の恋人の美美子を巡る恋愛バトルはバッサリと割愛されてしまったので、物語は、イケメン男子たちの学園闘争に絞られた印象だ。恋愛より野心と友情。負けるのではなく勝たせてやる懐の深さに、ピアノ曲・マリオネット(操り人形)のメロディーが不敵に響いた。
【65点】
(原題「帝一の國」)
(日本/永井聡監督/菅田将暉、野村周平、竹内涼真、他)
(カリカチュア度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
帝一の國|映画情報のぴあ映画生活

サクラダ リセット 前篇

サクラダリセット(角川文庫)【全7冊 合本版】
住民の多くが特別な能力を持つ咲良田市。高校生のケイは記憶をすべて保持する能力を、同級生のハルキは世界を最大3日分巻き戻せるリセットの能力を持つ。彼らの持つ力は「管理局」と呼ばれる公的機関によって慎重に監視・制御されていた。だがケイとハルキには、かつてリセットの影響を受けて命を落とした同級生・相麻菫を救えなかったという過去があった。ある日、ケイが所属する高校の奉仕クラブに「写真に入る能力」を奪われた老人から能力を取り戻してほしいという依頼が舞い込む。さらに未来を知る力を持つ“魔女”と呼ばれる老女と出会う。ケイは、一見関連がないように見えたそれらから、菫を蘇らせる可能性に気付くのだが…。

特殊な力を持つ高校生たちが、その力によって死んでしまった同級生を救おうと奮闘する青春ミステリーを2部作で描く前篇「サクラダ リセット 前篇」。原作は河野裕の同名小説シリーズだ。特殊能力を持つ者の力や葛藤を描くのは「X-MEN」シリーズや「SPEC」シリーズと共通するが、本作の主人公ケイは、世界を救ったり破壊したりの、大きなコトを成し遂げようとするわけではない。自分の能力を静かに受け止め、それを持つことを許すサクラダという街を愛している繊細な少年だ。そのため、特殊能力というSF的要素はあるものの、スケール感は小さいし、青春学園ドラマとしての魅力が全面に出ている。ケイたちは、死んでしまった同級生・菫を蘇らせるため、さまざまな能力を組み合わせながら作戦を練るのだが、それはほとんど裏技のようで、説明されれば「なるほど」とは思うが、何だか都合が良すぎる気も。さらに、2部構成で描く前篇なので、状況説明や登場人物たちの能力の説明が多く、物語はさほど進まないし、サクラダや能力に対する決まり事、能力を組み合わせる構成などがややこしく、ストーリーがモタついてしまっているのが気になる。そんなモヤモヤの解決は、ひとまず後篇までお預けということだ。周囲が記憶を失くしても、自分だけがすべてを覚えている孤独と悲しみを背負うケイを演じる野村周平の、終始憂いを含んだ表情が印象的だ。
【50点】
(原題「サクラダ リセット 前篇」)
(日本/深川栄洋監督/野村周平、黒島結菜、平祐奈、他)
(煩雑度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サクラダリセット 前篇|映画情報のぴあ映画生活

ミュージアム

ミュージアム [Blu-ray]
現場に“ドッグフードの刑”や“母の痛みを知りましょうの刑”などの謎のメモが残される猟奇殺人事件が発生する。犯人はカエルのマスクを被った、通称・カエル男で、事件は必ず雨の日に起こっていた。警視庁捜査一課の刑事・沢村は、一連の事件の関連性に気付き、犯人に近づいていく。だが、カエル男の次のターゲットは、沢村の妻子だった。犯人を追っていた沢村は、追われる立場になり、次第に追い詰められていく…。

残忍な猟奇殺人事件を繰り返すカエル男と、彼に妻子を狙われた刑事の命がけの攻防を描くサイコ・サスペンス「ミュージアム」。原作は巴亮介によるサイコスリラー漫画だ。一定の目的を持って、猟奇殺人を繰り返し、それを世間に“見せる”ことを喜びとする犯罪は、米映画「セブン」を連想させる。他者に見てもらうことで犯人が自分を主人公のように見立てる犯罪を、劇場型犯罪と呼ぶが、本作の犯人のカエル男は、自分を天才的な芸術家(アーティスト)だと思っている。彼が残すメモと常軌を逸した死体の造形は、カエル男の美術館(ミュージアム)に飾る作品なのだ。犯人の主張はどこまでも身勝手なのだが、刑事の沢村は、仕事に忙殺されて家庭を顧みなかった“罪”がある。一方で、沢村の妻には、夫の仕事を理解しない“罪”があった。夫婦の間には深い溝が出来てしまっているが、彼らの愛情を試すのがカエル男という構図なのだ。カエル男が雨の日だけを選んで凶行に及んでいるのは、実はワケがある。ここにたどり着くのがトントン拍子すぎることや、猟奇殺人事件を扱うのにR指定を避けたことで、残酷描写は控えめ。ただ、はっきりと写さない分、想像力を刺激するし、薄暗い雨の中でのカーチェイスやアクションは、スピーディかつ洗練されていて、さすがは「るろ剣」で日本映画離れしたアクションを披露した大友啓史監督だと感心してしまう。家庭と仕事、冤罪と裁判員制度、心に深い傷を残すPTSD(心的外傷後ストレス障害)と、劇中には現代の病巣がしっかりと描きこまれていた。ラスト、一見ほのぼのとした風景の中に、身体を掻く何気ない描写が。これは原作にはない設定で、背筋が寒くなるような余韻となっている。
【70点】
(原題「ミュージアム」)
(日本/大友啓史監督/小栗旬、尾野真千子、野村周平、他)
(夫婦愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ミュージアム|映画情報のぴあ映画生活

森山中教習所

森山中教習所 [Blu-ray]
愛想はいいが、何事にもテキトーな大学生・清高と、クールでネクラなヤクザの組員・轟木は、高校の同級生。ひょんなことで再会した二人は、同じ非公認教習所に通うこととなる。いわくつきの人間ばかりが集まるその教習所で、清高は教官・サキに恋心を抱きはじめ、穏やかで甘酸っぱい夏を過ごすことになるのだが…。

真造圭伍の人気コミックを実写映画化した「森山中教習所」は、マイペースな大学生とネクラなヤクザという対照的な青年が、風変わりな非公認教習所で、忘れられない夏休みを過ごすというストーリー。全体的にユルいムードが漂い、廃校を利用した教習所のほのぼのとしたたたずまいや、風変わりなキャラなどが、独特の世界観を作り出している。清高は能天気に見えるが、家庭環境は複雑。免許を取ることで、閉塞的な町を離れ、どこにでもいけると漠然とした未来を夢見ている。一方、クールなヤクザの轟木は、免許をとればさらにヤクザの組織に縛られる将来が待っていると知っている。そんな二人が過ごすひと夏は、ちょっぴり成長、ちょっぴり友情、ちょっぴり恋という、意外なほど普遍的な青春ドラマだ。いいかげんにみえる清高が、実はブレないポリシーがあるのがいい。「いいんじゃない。自分で決めたことなら」。細かいことは気にせず、どこまでも前向きな清高の存在は、轟木にとって青春そのものだ。しかもそれは二度と取り戻せないとわかっている。同級生だった頃には、たった一度会話しただけ。教習所ではひと夏を過ごしただけ。それでも一生忘れられない友となる。ユルユルな作品にみえて、これは案外、拾い物の青春映画かもしれない。
【65点】
(原題「森山中教習所」)
(日本/豊島圭介監督/野村周平、賀来賢人、岸井ゆきの、他)
(ほろ苦度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
森山中教習所|映画情報のぴあ映画生活

ちはやふる 下の句

ちはやふる -下の句- 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)
瑞沢高校で再会した幼馴染の太一とともに、競技かるた部を作った千早は、同じく幼馴染で自分にかるたの魅力と夢を持つことの大切さを教えてくれた新に再会したい一心で、全国大会に出場し、東京代表となる。他の部員たちと共に、懸命に練習に励んでいた千早だが、「もうかるたはやらん」と言う新の言葉にショックを受ける。そんなある日、千早は自分と同じ年ながら“最強のクイーン”と呼ばれる若宮詩暢の存在を知る。クイーンに勝ちたいという思いと新に会いたいという思いが混在し、千早の気持ちは詩暢の存在にとらわれ、次第にかるた部のメンバーから離れていってしまう…。

末次由紀の人気コミックを原作とし、競技かるたに青春をかける若者たちの群像劇を2部作で描く後編「ちはやふる 下の句」。前作「上の句」では、かるた部創設に伴い、部員の成長に寄り添いながら、競技かるたのルールや魅力を伝える作りになっていた。後編で完結編にあたる「下の句」では、いよいよ最強クイーンで、新とも交流がある詩暢が登場することで、より個々のキャラクターの性格やかるたへのそれぞれの思いが浮き彫りになっている。ただ、長い長い原作を2部作にまとめているので、どうしても魅力的なエピソードは抜け落ちているので、原作ファンの不満はやむをえない。それでも、あえて、原作に登場する脇キャラをばっさりと切り捨て、千早、太一、新、詩暢だけに絞ったのは、まとまりという意味では正解だろう(とはいえ、新と詩暢の背景は描き切れていないが)。この物語は、直球すぎるほどストレートな青春物語だが、映画では恋愛要素はあえて控えめ。実はすこぶる過酷な競技であるかるたを、まるでスポ根もののように描いて面白さとスピード感を際立たせている。広瀬すずは演技は少々つたないが、そのまっすぐな視線が何より好印象だし、クイーン役の松岡茉優のクールなたたずまいも悪くない。男性キャラに魅力が乏しいのは残念だが“仲間と共に”というメッセージは、しっかりと伝わった。“ちはやふ(ぶ)る”とは荒々しいという意味だが、単に勢いが激しいだけではない。劇中に、高速回転するまっすぐな軸のこまは、まるで止まってるように見えながら、前後左右上下に偏りなく力が集中している状態のイメージだというせりふがある。このブレない姿勢が、かるたの美しさと重なった。
【60点】
(原題「ちはやふる 下の句」)
(日本/小泉徳宏監督/広瀬すず、野村周平、真剣佑、他)
(恋愛度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ちはやふる −下の句−@ぴあ映画生活

ちはやふる 上の句

ちはやふる -上の句- 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)
千早は小学生の頃、同級生の綿谷新と出会い、競技かるたの素晴らしさを知る。それ以来、同じく同級生の太一と共に、かるたに情熱を傾けてきた。やがて新は福井に転校し、3人はバラバラになるが、単独で競技かるたの腕を磨いていた千早は、高校で太一と再会。競技かるた部を作って、この世界に導いてくれた新と再び出会える日を願いながら全国大会を目指すのだが…。

末次由紀による大人気コミックを実写映画化した2部作の前編「ちはやふる 上の句」。競技かるたという、シブい世界を背景にした青春ストーリーだが、青春“スポ根もの”としてうまくまとまっている。主演を務める広瀬すずちゃんは、原作漫画のルックスとは少し違う気がするが、これはこれでアリだろう。黙っていれば美少女だが、中身は体育会系で、思い立ったらまわりが見えなくなるほど一本気な性格の女の子は、青春映画のひたむきなヒロインとしては、男女ともに好感度が高いはずだ。前編の“上の句”では、学校に競技かるた部を作るところから、東京代表になるまで、小学校時代仲間だった3人の思い出などが描かれるが、何しろ前編なので、中途半端さは否めない。その分、かるたの女王が登場する、後編の下の句への期待値を高めてくれるという仕掛けだ。太一が千早に恋しているのは明確だが、千早の新への思いは、夢や目標を教えてくれた感謝や競技かるたのチャンピオンである彼へのあこがれ、さらに幼馴染としての友情と、さまざまな思いが入り混じる。千早が愛や夢に向かって走り出すときこそ、百人一首の情熱的な歌のように、世界が鮮やかに色づきはじめるのだ。「海街diary」で演技開眼の広瀬すずの魅力を堪能したい。
【65点】
(原題「ちはやふる 上の句」)
(日本/小泉徳宏監督/広瀬すず、野村周平、真剣佑、他)
(ひたむき度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ちはやふる・上の句@ぴあ映画生活

台風のノルダ

台風のノルダ Blu-ray豪華版
(ショートバージョン)
文化祭を翌日に控えた、とある離島の中学校。幼い頃から打ち込んできた野球をやめた東は、そのことで親友の西条とケンカしてしまう。島には、観測史上最大級の台風が接近していたが、そんな中、東は、赤い目を持つノルダという不思議な少女と出会う。ノルダは「地の渦と空の渦と私がひとつに繋がれた時、この星は生まれ変わる」と言うのだが…。

固い友情で結ばれた少年たちが台風と共に現れた不思議な少女に遭遇するファンタジー「台風のノルダ」。監督は、スタジオジブリ出身で、現在は気鋭クリエイターが数多く所属するスタジオコロリド所属の新井陽次郎だ。かつて映画「台風クラブ」でも描かれたように、台風という気象現象は、大きな被害をもたらず自然災害にもかかわらず、どういうわけか、人々、とりわけ若者たちをワクワクさせる。離島という隔離された場所を背景にすることで、ミステリアスな少女との遭遇というファンタジーがスッと入ってくる。物語は少年の友情と心の成長という普遍的なものだ。だが、ノルダの意図は、あまりにも宇宙的規模でまったく響いてこない。日常に潜む不思議や少しノスタルジックなビジュアルの風情は好感を持てるので、あくまでも友情物語に絞るべきだった。
【50点】
(原題「台風のノルダ」)
(日本/新井陽次郎監督/(声)野村周平、金子大地、清原果耶、他)
(友情度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
台風のノルダ@ぴあ映画生活

日々ロック

日々ロック [Blu-ray]
ヘタレロッカーの音楽への情熱を描く「日々ロック」。音楽界こそ究極の格差社会かもしれない。

さえない高校生の拓郎は、ロックをこよなく愛する気持ちだけは人一倍だ。友人とバンドを結成した拓郎は卒業後上京し、ライブハウスで住み込みで働きながら音楽を続けるが、さっぱり人気は出ない。そんなある日、世界的に名高いトップアイドル・宇田川咲が拓郎らのライブに乱入。その後、自分に歌を書いてほしいと依頼してくる。売れないバンドとトップアイドルの出会いは、彼らの運命を変えることになるのだが…。

原作は、榎屋克優の同名コミック。いじめられっ子、勉強もスポーツもダメ、女にもてない。どこから見ても負け組だが、ロックを愛する心だけは誰にも負けない。主人公はそんな音楽バカだ。とはいえ、音楽の道は険しく、自分のやりたい音楽を目指せば売れないし、売れるためには世間に迎合せねばならない。薄暗いライブハウスでも、人気バンドとそうでないバンドとでは待遇も違うし、客の態度もはっきりとしている。音楽プロデューサーからは才能がないときっぱり言われる始末。これほど過酷な環境でもロックへの熱い魂を忘れない拓郎の情熱を、自分が使い捨てのアイドルだと自覚する咲は、本物だと見抜いたのだ。やりたい音楽を、自由に歌い叫ぶ拓郎に自分の夢を託して。もっとも、クライマックスは拓郎のサクセスではない。ある秘密を抱えた咲のため、音楽への情熱を共有できた咲のため、ヘタレの拓郎がド根性を見せるのである。それが嵐の中での命がけの爆音ライブだ。このエモーショナルなシーンは本当に素晴らしく、挫折や苦悩を突き抜けたピュアな情熱が胸を打つ。その後のノホホンとしたシークエンスもまた良し。売れっ子の二階堂ふみが、歌、ダンス、ギターを熱演。勢いのある女優は何でもできるんだなぁ…と感心した。
【65点】
(原題「日々ロック」)
(日本/入江悠監督/野村周平、二階堂ふみ、前野朋哉、他)
(ロック愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
日々ロック@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ