映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

錦戸亮

羊の木

映画「羊の木」オリジナル・サウンドトラック
さびれた港町・魚深市。市役所職員の月末一(つきすえ はじめ)は、移住してきた6名の男女を受け入れるよう上司から命じられる。この6人は実は全員が元殺人犯で、移住は、受刑者を仮出所させ、過疎化が進む自治体で受け入れる国家の極秘プロジェクトだった。6人は、互いに接触しない、住民には素性は知られないようにする、最低10年は居住するなど、いくつかのルールの中で、町に馴染もうと努力していた。そんなある日、港で身元不明の死体が発見される。月末は不安にかられ、町と住民の日常が少しずつ狂い始める中、魚深市の奇祭“のろろ祭”の日が近づいていた…。

元殺人犯を受け入れた町を舞台に、異物が入り込んできたことで日常が歪んでいく様を描くヒューマン・サスペンス「羊の木」。原作は、山上たつひこといがらしみきおによる同名漫画だ。実写映画化された本作は、映画オリジナルの結末も含めて、原作からかなり離れているが、上手くまとまっている。元殺人犯の受刑者は、皆、挙動不審で、いつ爆発してもおかしくない人々ばかり。そんな緊張感の中心にいるのが、善良で凡庸な“普通の青年”月末というところが面白い。中心に平和を、周囲に波風を据える構図は、吉田大八監督の代表作の一つ「桐島、部活やめるってよ」にも通じる奇妙なテイストを感じさせる演出だ。

極端に臆病だったり、几帳面だったり、はたまた傲慢、迫力、過剰な色気、天真爛漫と、6人それぞれの個性はやがて衝突し連鎖していく。異物を排除する不寛容と、異質なものとの共生という寛容。その接点でせめぎあうこの物語には、奇祭の神・のろろが導く、思いがけない結末が待っている。それにしても、受刑者を受け入れることで刑務所の経費(税金)を削減しながら、同時に過疎化問題も解決してしまおうという突飛なアイデアは、架空なのに妙にリアルで生々しい。ユーモラスかつスリリングな演出、俳優たちの妙演のアンサンブル、そこに浮かび上がる人間の本性。なかなか奥深い群像劇だ。主人公・月末はいわば狂言回しなのだが、普通の青年役なのに群像劇に埋もれない錦戸亮の存在感が光っていた。
【70点】
(原題「羊の木」)
(日本/吉田大八監督/錦戸亮、木村文乃、松田龍平、他)
(オリジナリティー度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

抱きしめたい 真実の物語

抱きしめたい -真実の物語- メモリアル・エディション [Blu-ray]
障害に負けず愛を貫いた男女の実話「抱きしめたい 真実の物語」。思ったほどお涙頂戴じゃなかった。

北海道・網走。タクシー運転手の雅己は、バスケット・ボールが趣味の、ごく普通の青年。ある時彼は、市民体育館のコートで車椅子に乗った気が強い女性つかさと出会う。つかさは高校時代に壮絶な事故に遭い、その後遺症で左半身の自由と記憶する力を失っていた。過酷な状況にありながら明るく前向きに生きるつかさと、そんな彼女に恋した雅己は真剣に交際をはじめ結婚を考えるようになる。小さな命を授かり、両親の反対や多くの障害を乗り越え結ばれた二人だったが、彼らには非情な運命が待っていた…。

物語のベースになっているのは、ドキュメンタリー番組「記憶障害の花嫁・最期のほほえみ」として紹介された実話だ。ヒロインがすでにこの世にいないことは、映画冒頭で分かるのだが、そこには夫である雅己と愛らしい息子の幸せな姿がある。これは悲しい出来事を乗り越えた先にある、生きる希望を描いたストーリーなのだ。二人が出会い、愛し合い、最初は反対していた両親にも祝福されて結ばれる。ベタなお涙頂戴物語ではなく、また、死をクライマックスにせずに、喜びや優しさを盛り込んで描くスタンスは好感が持てる。北川景子と錦戸亮という若手人気俳優を起用したラブロマンスではあるが、ドキュメンタリーで紹介されたご本人やご家族は、網走という地方都市で今も生活する一般人。モデルとなった人々へのさりげない配慮が、大げさすぎない演出に表れているのだろう。ただ記憶障害は、ちょっとした物忘れ程度にしか思えないので、描き方の軽さが少々気になった。映画を見て号泣したいと望むファンには物足りないかもしれないが、平凡な男性と障害をものともしない強気な女性という構図の面白さ、二人の純愛、残された人々の心に宿した希望を感じ取りたい。
【50点】
(原題「抱きしめたい」)
(日本/塩田明彦監督/北川景子、錦戸亮、上地雄輔、他)
(泣ける度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

抱きしめたい−真実の物語−@ぴあ映画生活

県庁おもてなし課

県庁おもてなし課 Blu-ray コレクターズ・エディション(本編Blu-ray1枚&ビジュアルコメンタリーDVD&特典映像DVD付き3枚組)
ふるさとを愛し、仕事を愛する若き公務員の頑張りを描くハートフル・ドラマ「県庁おもてなし課」。すべてが薄味だが後味はさわやかだ。

高知県庁に勤める掛水は、やる気はあるが空回り気味の職員。彼は観光促進のために新設された“おもてなし課”に配属されるが、何から手を付けていいか分からない。とりあえず観光大使をお願いした高知出身の人気作家・吉門からスローな仕事ぶりを批判され、彼の入れ知恵で、優秀なアルバイトの女性・多紀をスカウト。かつて大胆なアイデアを提唱したあげく県庁から追われた伝説の元職員・清遠の力も借りることに。高知の魅力をアピールするべく奮闘の日々が始まった…。

原作は、著作の多くが映画化される人気作家・有川浩のベストセラー。高知県庁に実在するおもてなし課は、そのユニークな名前が何より魅力的だ。おもてなしの心とは、本来、家に来てくれたお客を、楽しく快適に過ごしてもらおうと精一杯気を配る心。その思いやりと心意気を観光促進にあてはめるとは、なるほど志が高いネーミングだ。“自然しかない”高知の現実を逆手に取り、県をまるごとレジャーランドにしてしまおうという壮大なプランに驚くが、登場人物たちが一丸となって頑張る姿は悪くない。一方で、すべてがスローペースで、問題を先延ばしにし、独創的で前例のない行動を嫌うお役所気質を痛烈に批判する描写は、民間人としては思わず頷いてしまう。自然や人情など、ふるさとの素晴らしさをアピールするために知恵を絞る観光促進振興と、2組の男女のラブストーリーがほんのりからむ展開は、優しさにあふれていて、典型的なご当地映画だ。人気アイドルグループの関ジャニ∞の錦戸亮が、頼りないが人がいい主人公を好演。お役所という不自由な場所では厳しい現実も多いはずだが、故郷、仕事、家族を愛する気持ちを前面に出した楽観的なストーリーで、優しい気持ちになれる物語だ。映画の舞台は高知県だが、それぞれの故郷にあてはめれば、自分の街をきっと好きになる。
【60点】
(原題「県庁おもてなし課」)
(日本/三宅喜重監督/錦戸亮、堀北真希、高良健吾、他)
(地元愛度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
県庁おもてなし課@ぴあ映画生活

ちょんまげぷりん

ちょんまげぷりん [DVD]ちょんまげぷりん [DVD]
江戸から現代にやってきたお侍がお菓子作りに目覚めるというハートフル・コメディーには、現代人が忘れがちな“1本通った筋”がある。シングルマザーのひろ子は、息子の友也と二人暮し。ある日、侍姿でうずくまる木島安兵衛という男に出会う。安兵衛は江戸時代から現代の東京にやってきた侍だというのだ。驚き怪しみながらも、なりゆきで彼を居候させることになり、安兵衛はお礼として家事いっさいを引き受けることに。友也に対して叱るべきところは叱り、礼儀を教え、病気になれば必死に看病する安兵衛。3人は不思議な絆で結ばれていく。ある時、友也のためにプリンを作ったことから安兵衛はお菓子作りに目覚め、人気パティシエになって外で働くようになるが、3人のバランスが崩れ始める…。

当たり前だが、江戸時代と現代の東京では、カルチャーギャップは大きい。安兵衛のさまざまな驚きが笑いを誘うのだが、江戸のお侍から見れば、現代は“あさましき世”だと言うのが耳が痛い。他人を思いやることもなく、礼儀もわきまえず、分不相応なことを望んでしまう現代人。ひろ子母子だけでなく、観客である私たちも、安兵衛からさまざまなことを教わることになる。だが、安兵衛の側にも学ぶことはあった。「男は外向きの仕事、女は家内の仕事」との考えが必ずしもセオリーではないこと、働くことの意味などがそれだ。あっさりと現代になじんで電化製品をたちまちマスターするなど、生活の描写にご都合主義のところはあるが、子育てと仕事の両立に奮闘するひろ子の生き方と、安兵衛が江戸から現代にやってくる不思議の理由が絶妙に重なる構成は上手い。テイストはあくまでもライト感覚。それでも物語はタイムスリップもの特有の楽しさにあふれていた。散歩の途中で立ち寄った和菓子店での思いがけない“再会”が待つ最後のオチがなかなかいい。目にも美しく美味しそうなスイーツがふんだんに登場するので、グルメ映画としても楽しめるハートフル・コメディーだ。
【60点】
(原題「ちょんまげぷりん」)
(日本/中村義洋監督/錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、他)
(ホロリ度:★★★☆☆)
【60点】
(原題「ちょんまげぷりん」)
(日本/中村義洋監督/錦戸亮、ともさかりえ、鈴木福、他)
(笑い度:★★★☆☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ