映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

鬼塚忠

花戦さ

花戦さ [DVD]
戦国時代末期。京都の中心、頂法寺六角堂の花僧・池坊専好は、天下統一目前の織田信長の前で見事な生け花を披露し、茶人の千利休らの心をつかむ。直後、思わぬ失態から信長の怒りを買うが、それを救ったのが若き武将・木下藤吉郎、後の豊臣秀吉だった。それから十数年後、秀吉が天下人となるが、愛息・鶴松を亡くして正気を失った秀吉は圧政を敷き、共に美を追い求めた専好の友・利休を自害に追い込む。さらに一般庶民をも粛清する秀吉に対し、専好は、武力ではなく生け花の力で、一世一代の戦いを挑もうと決意する…。

時の天下人・豊臣秀吉に刃ではなく花で戦いを挑んだ華道家元・初代池坊専好の姿を描く歴史劇「花戦さ」。物語の着想を得たのは、鬼塚忠による小説だ。秀吉と茶道は、茶人の千利休との確執が有名で、しばしば映画でも描かれるが、秀吉と華道という組み合わせの作品は非常に珍しい。若き池坊専好は、立花の名手だが、ひょうひょうとした性格の花僧で、戦国の乱世で命を落とした無縁仏の前で手を合わせ小さな花を供えることで、世の平穏を願う心優しい人物である。前半は、信長の前での立花や人々に生け花を教える姿、秀吉の茶会での奮闘や口をきかないワケありの少女とのエピソードなど、ほのぼのとした人情劇のよう。だが、秀吉が、極度の被害妄想のため、敵対する武将だけなく、自分の意のままにならない利休を死に追いやり、ついには冗談半分の陰口をたたいただけの庶民まで、粛清で命を奪うようになる後半の物語はシリアスで悲しみを帯びる。政治とは無縁のはずの専好だったが、狂気の秀吉の暴挙を止めるため、花を使った命がけの“戦い”を挑むクライマックスは、美しくも壮絶だ。終盤には、絵が得意で心を閉ざした少女・れんの存在が効いてくる。出世も名誉も興味がなく、ただひたすらに花を愛した人間が、花を武器に、命を賭けて、権力者に意見する。天下を取ろうとする信長のため、日々の暮らしを楽しむ町衆のため、秀吉から追い詰められた利休の翻意を促すため、幼くして逝った秀吉の子の魂を慰めるため。その時々の花は、すべて大切な人への美しくも強いメッセージとなって画面に現れた。主役級の俳優たちの豪華競演もさることながら、花そのものが主人公のような役割を果たしている。凛と咲く花の中に、生きる願いと平和への祈り、理不尽な権力に立ち向かう勇気が込められている映画だ。
【65点】
(原題「花戦さ」)
(日本/篠原哲雄監督/野村萬斎、森川葵、市川猿之助、他)
(勝負度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
花戦さ|映画情報のぴあ映画生活

カルテット!

カルテット!〜Quartet!〜 [DVD]カルテット!〜Quartet!〜 [DVD]
クチコミを見る
家族の絆と再生を描いた音楽映画「カルテット!」。浦安市民の復興への願いが込められている。

永江開(かい)は、将来を有望視されている中学生バイオリニスト。生活のために音楽をあきらめた両親は、才能あふれる開に期待している。だが、姉の美咲はそんな弟へのコンプレックスを抱き反抗的になり、父は失業という状態で、家族はとうとう崩壊寸前に。何とかして皆で笑い合って音楽を演奏した昔の家族に戻りたい。そう願う開は、家族カルテットを結成しようと奮闘するのだが…。

千葉県浦安市は、東日本大震災による液状化で大きな被害を受けた土地。これはそんな街で、一度は製作が危ぶまれながらも、住民の復興への強い願いによって完成した市民参加型の作品だ。父はピアノ、母はチェロ、姉はフルート、主人公の開はバイオリン。音楽一家の再生物語の原作は、映画「Little DJ 小さな恋の物語」の作者である鬼塚忠。生活のために音楽をあきらめた両親の屈折した思いや、失業問題、姉弟の才能の違いや、音楽そのものに対する家族それぞれの温度差など、実はなかなかテーマは深いのだが、物語にはあまり深刻さが感じられない。才能豊かな上、素直な性格の主人公の頑張りで、ほとんどとんとん拍子に話が進み、予定調和のハッピーエンドへ。だがそれでもいいのだと思う。この作品の役割は、町や人々を元気にすることだ。震災によるさまざまな影響で、撮影は何度も変更や延期を強いられ苦労が多かったと聞く。そんな中、被災者を含む700人以上の市民がエキストラとして参加したというからすごい。震災後の浦安市の状況が映し出されるエンドロールが胸に迫った。
【50点】
(原題「カルテット!」)
(日本/三村順一監督/高杉真宙、剛力彩芽、鶴田真由、細川茂樹、他)
(健全度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

カルテット!@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ